スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
検証、エースはいたのか?
 今日も記録の検証。こういうことはオフ、年内しかできないならしょうがないね。今季のライオンズチーム最多勝は岸と野上の11勝。少ない

 岸は前半戦悪かったし、野上は終盤中継ぎに回ったしと今季はエース不在だったと言っていいでしょう。エースの効用として、連勝を加速させて連敗を阻止するという部分もあると思います。負けないエース田中の存在がどれだけイーグルスを支えたことかと。

 田中が24勝できた一因に「今日は田中が投げるから勝てる」とか「田中で負けたら当分勝てない」という安心感と悲壮感が入り混じったからだと思っています。今季のライオンズにはこういう投手がいなかった。もしチーム最多勝が15勝を記録していたら、イーグルスとは3.5差に詰め寄った計算になります。そうなったら、二位も余裕で取れたのに。

 来季のライオンズの目標はエースを作ることでしょう。涌井、西口を除くとタイトルホルダーはいないので、ローテ入りした投手全員にエースを取る権利はあると行っていいです。個人的には菊池を推しますね。前半戦に見せてた、圧倒的としか言えないピッチングを見て「こんなに凄い投手は松坂以来」とゾクゾクしたのが忘れられないんですよ。
スポンサーサイト

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2013/12/09 21:57] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<検証、クローザーはいたのか? | ホーム | 大谷の二刀流について検証してみた>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1454-60519c07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。