スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
今季ベストマッチ
 会社帰りに週刊ベースボール決算号を買いました。これにはチーム、選手の全成績が載っているので、オフは毎年買ってます。大げさに言えば、この雑誌一つでオフを過ごせます

 ということで、今まで控えてきた今季総括をやります。まずはベストマッチから。

3/8 日本×台湾

 例年ライオンズ戦から選んでいますが、これを上回る試合はありせんでした。チケットを買ったときは「2009年WBCは行かなかったから、今回は行きたいな」という軽い気持ちしかありませんでした。「台湾だから楽勝だろ」という舐めた気持ちもあったのも事実です。

 それが死闘になりました。イニングが進むにつれて、「台湾戦は負けたことが無いのに、しかもホームで負けたら日本野球の恥だぞ、なんとかしろ」と焦りを感じたことを覚えています。今でも、よく勝てたなと思っています。8回以降二度ビハインドを追いついた試合なんて、シーズンでもそんなにない

 ブラジル、台湾に苦戦し、オランダが四強に入ると、いろんな国が強くなっていることを思わせたWBCでした。しっかり強化しないと、一次ラウンドで敗退する悪夢を見ることになるかもしれません。

 今季のベストマッチにWBCの試合を選びましたが、ライオンズ戦から選ぶと6/12ドラゴンズ戦ですね。菊池が9回途中までノーヒットノーランを続けた試合です。あの試合での菊池はストレートが走り、変化球で空振りを取り、コントロールもいいと手が着けられない投球でした。大器の片鱗ではなく、そのものが見えた試合だったと思います。来季はケガなく一年投げて伊原ライオンズのエースになれたらいいな。

おまけ

 今季終盤に好投を見せた高橋朋己は18 2/3イニングしか投げていないので、来季に新人王の権利を持ち越しているのに気づきました。新人王の本命だな!


 
スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2013/12/04 22:07] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<発表野手MVP | ホーム | ガッカリの統一戦>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1450-d6a6350b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。