スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
大罪の一つ
 「FA交渉解禁日から二週間すぎて手を挙げるチームはないでしょ」と思っていたらいた

西武から国内フリーエージェント(FA)宣言した片岡治大内野手(30)が27日、東京都内で巨人と初交渉した。2年総額3億円と原監督の現役時代の背番号8を提示され、「いい評価をいただいた。ありがたい」と話した。

 「二週間過ぎてオファーを出すなんて信じられないし、大竹にはすぐオファーを出して、自分は後回しというのも納得いかない、今さら他のチームと交渉するのは既に交渉を終えたライオンズ、イーグルス、バファローズに失礼」と僕なら断りますが。というか、オファーの時点で断って会わないな

 三年連続100試合に出られなかった片岡に二年、総額三億円って巨人は太っ腹だねえ。落合だったら、単年で大幅ダウンぐらい提示しそうなものを。

 僕が納得行かないのは、巨人は二年連続二位に10ゲーム差以上着けて優勝しているのに、大竹を取り、片岡にオファーを出すところですね。七つの大罪の一つに「強欲」という言葉があることを巨人の球団事務所に「セブン」でも送りつけて教えてやりたい。フィンチャー×ブラピなら「ファイトクラブ」の方が好きだけど。

 ここまで圧倒的に勝てているのに、補強を望むチームって競技、リーグを問わずあるんだろうか。教えて欲しいね。

 巨人とは対象的に、補強なしを宣言した落合GMが不気味です。前回監督に就任したとき、「まず選手、戦力を見ないとどうこう言えない」とトレードをしなかったことを思い出しました。おそらく、今回も同じ理由でしょう。

 普通GMという要職に就任したら、FAとかトレードに手を出したくなると思うんです。よく、監督に就任したら、必要以上にサインを出したり、打順を変えたり、一、二軍の昇降格をやりたがるといろいろ動くのをガマンするのが大変と聞きます。それと同じかなと。

 新任に関わらずガマンして落ち着いて構える落合GMはやっぱり大物だなと。動きたがる巨人と動かないドラゴンズの対比が来季のセリーグの焦点かも知れません。
スポンサーサイト

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2013/11/27 22:26] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<プロへの近道 | ホーム | 勝手に考えた田中将大の移籍先>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1445-d69fbb30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。