スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
42の意味
 「映画は期待しすぎるとつまらない」という嫌なジンクスがあるのですが、「42」はジンクスを破りました。映画館で泣いたのは「レスラー」以来です。

 ジャッキー・ロビンソンが3Aのチームに合流しただけで、「黒人が何しに来た」という目で選手に見られたり、ファンからは「ニガー」と連呼されたら「白人のリーグ、メジャーリーグでプレーする限りこれがずっと着いてくるのか」と思うと、誰でも心が折れると思います。その場で退団願書いてもおかしくありません。

 ロビンソンの偉大さは抵抗せず、プレーし続けることで周囲を変えていったことですね。一度だけベンチ裏でキレるシーンがありますが、実際のロビンソンは人前でキレることは一度も無かったと町山智浩は言っていました。ここまで、無抵抗を貫いて周囲を変えていける人っていないです。

 球場でブーイングを浴びた後、歩いていたら白人のファンに「才能がある人間は公平にチャンスを与えられるべきだ」と励まされたり、球場でラフプレーとか監督にヤジられたあと、チームメートが監督に抗議したり、慰めたりと悪いことがあるたびに、いいことがあって、一歩ずつでも前に歩いて行けるという脚本がよかった。世界は一気によくなることはないけど、一歩ずつよくすることはできるってことだし。

 ロビンソンをドジャースに入れて守り続けるリッキー・ブランチGM役のハリソン・フォードがよかったです。近年のハリソン・フォードはやる気が無いと低評価らしいのですが、今回は気合入れてやったとか。

 南部出身の選手が「人種差別のある南部でロビンソンとプレーすると、自分の立場がないけど」とハリソンに話したとき、「俺がどれだけ苦情を受けているのか知っているのか」と苦情の手紙の山を見せるシーンはカッコよかったし、「なぜ俺をここまでかばうんです?金になるだけじゃ割に合わないでしょう」とロビンソンに問われて、「昔大学でコーチをやっていたとき、黒人の選手をかばえなかった」と語るシーンでは泣きました。来年のオスカーで助演にノミネートされて欲しいな。

 ロビンソンが南部でプレーしていてブーイングを浴びたとき、ショートを守る選手に肩を抱かれて、「野球には人種は関係ないんだ」と話すシーンを見て、全員背番号42を着けるジャッキー・ロビンソンデーの意味がわかりました。ロビンソンを称えるだけではなく、野球には人種、国籍は関係ないという意味でやっているのね

 こういう映画を見ていると、「もっと頑張ろう」って思えますね。精進しないと

おまけ

 この映画で一番驚いたのは1946年の段階でMLBはアイシングを取り入れていたということですね。日本でアイシングを取り入れたのは1970、80年代と聞いたので驚きました。アイシングの氷をウィスキー(多分)に落として飲むのはもっと驚いた。飲料用と医療用の氷は違うだろうに。豪傑だな

 
 
スポンサーサイト

テーマ:映画 - ジャンル:映画

[2013/11/04 20:06] | サブカル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<お願い、残って片岡! | ホーム | イーグルス日本一おめ!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1428-4dfaa856
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。