スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
祝第二期伊原監督決定!
 祝伊原監督誕生!「初年度で90勝したのにたった二年で退任させるのはかわいそうというか、ありえないだろ」と思っていたので、いつか監督になれたらと思っていました。今日の就任会見で痺れる言葉連発ですよ。

パ・リーグを牽引していくのはライオンズ。決して戦力は劣っていない。常にリーグ優勝が宿命づけられると思う。優勝しかありません

 「ライオンズの目標は優勝であって、プレイオフに入っただけで喜ぶチームではない」と高らかに宣言するとともに、「パリーグを引っ張っていくのはライオンズ」と他のチームに宣戦布告と。素晴らしすぎてなにも言えません。

西武の伝統である、守りから入って点をやらない野球です。スキを見つけて、スキを突いて、僅差のゲームをモノにしていく野球。キーマンは全員です

 「僅差、ロースコアで勝つ黄金期の野球をやりなおす、特別扱いはなく全員にチャンスを与える」ということですね。かつてカブレラがいい加減な守備を見せたら、容赦なくDHに落とした人なので、怠慢守備、走塁を見せたら即ベンチか二軍になるのは覚悟した方がいいでしょう。来季は緊張感のあるベンチになると思います。

選手である前に社会人としてのキチッとした点。ルールの中での自由ならいいが、現在の選手は自由をはき違えている選手もいる。そういう点は教育していきたい

 大雨の中、ケガに繋がりかねないベースランニングをやるのを見て、「このチームに欠けているのは規律だな」と思ったので、こういう厳格な指導者を待っていました。ライオンズがノビノビ、明るくやりながら、規律のある大人のチームになれたら、優勝いや、黄金期が近づいてくると思います。楽しみ。

 
 「ライオンズは優勝してナンボ」という思いを渡辺SD、伊原監督が共有しているのも頼もしいです。現場が頑張っても、フロントがうまくサポートしないと勝てないし、逆も同じです。この二人なら現場も頑張り、フロントがうまくサポートしてくれると信じています。今回はいい人事でした。

 今回嬉しかったのは、フロントが「集客は営業が頑張るから、現場は勝つことのみ考えて欲しい」という考えを持っていることが伝わったことです。もし監督にスター性とか人気を求めるなら、潮崎二軍監督に一軍指揮を任せるし、できないなら黄金期のOBを戻すことを考えたでしょう。

 それをしなかったのは、前述のような考えがあるから察せられます。終わったばかりですが、来季が待ち遠しいです

 
スポンサーサイト

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2013/10/22 22:01] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<所信表明 | ホーム | 新監督に思うこと>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1419-a371bc66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。