スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
来季監督の話
 谷繁プレーイング・マネージャー誕生には驚きました。だってドラゴンズは老舗球団だから、候補者はいくらでもいるに違いないのに、なぜ選手?横浜をAクラスに導いた牛島とか、どう考えても戦力的には苦しいイーグルス初年度を率いた田尾にはもう一度監督をやらせてあげたいし、エースとして活躍した華やかな部分と、ケガで投げられない苦しみの両方を味わった今中はいい指導者になれると思うし。諸先輩を差し置いてなぜ谷繁?プレーイング・マネージャーは古田という失敗例があるのに。

 今のドラゴンズは世代交代期に差し掛かっているので、誰が率いても苦しいだろうなと思っています。ファンの恨みを買うことを覚悟して、ベテランをベンチや二軍に追いやり、走攻守一つでもあとよかったら、あとの二つは目をつぶって起用しないと若手は伸びないしね。

 谷繁は今までプレーしてきた仲間をベンチや二軍に追いやることができるだろうか。谷繁にチームの世代交代をやらせるのはかなり残酷だと思います。なにより、自分の後継を作らないといけないし。谷繁もこういう事情はわかって受けたと思うので、来季は谷繁の覚悟を見るシーズンになりそうです。

 ライオンズの渡辺監督の去就が決まっていないのも気になります。渡辺監督が指揮を取って以来、ポストシーズン前には続投が決まっていたのに。最終戦でAクラスを賭けるほど追い込まれた、一昨年でも最終戦の日に続投が決まったのに。

 六年指揮を取って優勝一回の監督が七年目の指揮を執った事例はないと退任させるか、六年中五回Aクラスに入る安定性は素晴らしいと続投させるか判断に悩むところです。おそらく、フロントもポストシーズンの戦い方を見てから決めるつもりでしょう。

 ただ、ポストシーズンが終わってから後継監督を決めるとなると、在野の人間は他のチームや解説者として来年の契約を決める可能性があるので、内部昇格しか選択肢がなくなります。現役生活で主にリリーフを務めた投手が指揮を執ったのは牛島ぐらいしか知らないので、潮崎二軍監督が一軍で指揮を執るのも見てみたいような。あさってからのポストシーズンもですが、監督選びからも目が離せないです。
スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2013/10/10 21:58] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<ポストシーズン前夜 | ホーム | ワンデー・プレイオフルポ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1410-c91db5c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。