スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
さよなら一久
 一久引退。前回書いたとおり引退は覚悟していました。でも、実際に引退するというと寂しいです。今だから書けますが、八月のホークス戦で今季HR1本、HR5本しか打っていないバッター(誰かは忘れた)から、ライトスタンド中段に打ち込まれたとき、一久辞めるだろうなと思っていました。

 力は衰えても、コントロールをよくしたり、変化球を増やしたり、配球を工夫することで抑えることはできますが、非力なバッターにスタンド中段まで打たれたら、どんなに工夫しても通じないし、ごまかせません。あの日のホークス戦で投手一久は終わりました

 FAで出ていくばっかりのチームに、FAで来てくれるなんて!とライオンズに来てくれたときは嬉しかったです。2008年プレイオフ、日本シリーズ第七戦、2011年プレイオフで鬼気迫る投球で抑えこんだのが記憶に残ります。修羅場が似合う投手でした。

 一久のベストは2001年日本シリーズ初戦で、バファローズ相手に完封したときですね。松坂でさえ打ち崩したバファローズ打線を抑え込むのは凄いと思ったし、改めて石井一久という凄い投手がいることを感じました。

 岸、菊池を引き連れて自主トレをやると、人望はあるといいます。左のパワーピッチャーという意味では菊池のいい教科書であり、師匠だったと思います。野球以外の世界を見ていたいということで吉本の契約社員をやるのもいいのですが、いつか球界に帰って来て欲しいです。投手コーチならいつでもお待ちしています

 石井一久投手お疲れさまでした
スポンサーサイト

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2013/09/24 23:17] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<これでいいのかイーグルス | ホーム | 200勝へのリスタート>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1399-52d2f5d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。