スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
新コミッショナーに思うこと
 加藤良三コミッショナーが辞めるそうな。「加藤コミッショナーからペナントや表彰をもらいたいチーム、選手っていないだろうから、早く辞任してくれ」と思っていたので、いいやと。「今季限りで辞任」って聞いたけど、もし明日巨人が優勝したら、加藤コミッショナーからペナントの授与があるの?気まずいだろうなあ。

 後任のコミッショナーがやるべきことをザッと考えました。イカ書きます。

・NPBを安全に運営するために、収入の増加。要するに12チーム儲かるビジネスモデルを考えろってことです。

・WBC、アジアシリーズなどの国際大会に向けて、ジャパンの強化と他国との外交。外交という意味では、元駐米大使の加藤コミッショナーが適任だったんですが、選手会から「WBCのビジネス周りはコミッショナーがやって欲しい」と言われるようでは、ダメでしょう

 ドラフト対象外のクラブチームの選手がMLBに入るというニュースを最近聞きました。なんでも、紳士協定しか結んでいなかったから、阻止できないみたいです。紳士協定を信じるなんておめでたい

 もし安楽君を「高校を中退しても、現地のハイスクールに入れて高校は出させるよ」と言って、MLBに取られたらどうするんですか。もっとMLBとしっかりした協定を結ばないとダメでしょう。

・アマとの連携の強化。プロが高校生を指導しやすくなったという点では加藤コミッショナーを評価するところかもしれません。Jリーグのようにユースチームを持たず、選手の育成をアマに任せている現状を思うと、もっとアマとの連携を深めて選手を育てていかないといけません。個人的には12チーム共同出資で、高校生以下を対象にアカデミーを作るのもいいと思っています。

・12チーム制が50年以上(おそらく)保たれていることを思えば、エクスパンションもやって欲しいなと。以前静岡市がNPB加盟を希望していると聞きました。個人的には東海にパリーグのチームを置いて、南九州にセリーグのチームを増やしたらと思っています。

 やることいっぱいあるじゃないか。これだけのことを短期間にやるのは不可能なので、しっかりした長期政権の元、球界改革を行っていただきたい。個人的には球界再編問題に取り組み、大学、社会人まで出ていてアマの世界がわかっていて、五輪に出て国際大会の経験のある、古田を推したい。古田なら年齢的に十分長期政権が作れるし。高齢者で大病を患った王さんを担ぎ出すのはやめようよ

おまけ

 後藤オーナー曰く、ライオンズの来季監督は白紙だそうです。

来季に関しては「とにかくペナントレースと、その先があるわけですから、戦っている間は、絶対に人事問題について発言しない。白紙だと申し上げる」と語るにとどめた

 Aクラスに望みを持って戦う現場を思うと、これしか言えないですね。模範回答です。僕は在位六年で一度しか優勝していない監督が七年目の指揮を執った事例を聞いたことがないので、渡辺監督は辞任していただきたい。もしAクラスに入ってプレイオフを制しても、手に入るのは優勝ではなく「日本シリーズ出場権」だし。

 日本シリーズに出たとしても、首位から10ゲーム以上離されたチームが日本一になれるとは思えない。後継監督に誰がいいかはまた別途書きます。
スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2013/09/20 23:49] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<200勝へのリスタート | ホーム | 野球は難しい>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1397-732cc70a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。