スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
2020東京五輪に思うこと
 おそらく、「2020年東京五輪」の話をしなかった日本人はいないんじゃないか?とか七年後の話なのに、テンション高くて大丈夫なんだろうかと思う昨日、今日でした。「生きている間にオリンピックは見たいよな」と思っていたので、僕も嬉しいです。W杯は2002年に見たので、東京五輪を見れたら、二冠王になりますな。

 東京五輪への喜びとか経済効果については、いろんな人や場所でサンザン語られていると思うので、少しばかり捻ったことを書きます。1964年東京五輪を舞台にした、「オリンピックの身代金」を読んで、前回の東京五輪の裏側というか、語られない部分に驚きました。

 「東京はインフラが充実しつつあるが、地方(秋田)は電気さえまともに通らない」という一節があります。つまり、地方から出稼ぎ労働者、労働力ばかり吸い上げて、東京だけ繁栄したということです。今回の東京五輪で経済が潤うなら、地方にも分配しないといけないでしょう。今回のテーマが、「東北地震から復興した日本」を謳うなら、なおさら東京一人勝ちは許されません

 「東京五輪関連の工事で、数百人の死者が出た」という一節を読んで、あ然としました。マラソンの円谷、バレーの東洋の魔女は語られるのに、犠牲者は語られないのではあんまりです。閉会式で犠牲者に黙祷ぐらいやってもよかったのに。

 その他、大手建設会社が出来るとは思えない工期を守らせ、人員を出すように容赦なく下請業者を痛めつける描写もあります。今回の東京五輪では、下請業者を守るために国が監督しないといけないでしょう。人柱の上に成り立つオリンピックが見たい人がいるとは思えない

 前回の東京五輪の負の部分を繰り返さないためにも、あえてお祝いムードに水を差すようなことを書きました。浮かれてばかりではなく、現実をみないといけないと思います。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

[2013/09/09 21:08] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<55 | ホーム | 北海道旅行記.4>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1390-c6b31489
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。