スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
北海道旅行記.2
 ビジターゲームのときは、場内演出を見るのも楽しみの一つで、「ライオンズもこれやればいいのに」と思われるものが一つか二つはあるものですが、ファイターズの場合ありませんでした。以下書きます。

 最初に驚いたのは、東京時代にあったOB紹介、「ファイターズメモリアル」が無かったことです。東京時代はこれを見る度に、「○○さんの若い頃ってこんな感じだったんだ」と勉強になったものですが。東京復刻を札幌でやらないところを見ると、ファイターズのフロントは東京と北海道は切り離したいんだろうね(これは後日掘り下げて書くつもりです)

 初回にファイターズの選手が守備に就くとき、東京時代はスタジアムDJ(通訳さんだったそうです)が「レディース・アンド・ジェントルメン!」から始まり、「ファースト・ベースマン、ミチヒロ・”ガッツ”・オガサワラー!」とか「ショートストップ、”マック”・カネコー!」という迫力のあるメンバー紹介が好きだったのですが、これもなかったです。敵ながら熱くなったんだけど。

 東京時代は五回のグラウンド整備のとき、YMCAが流れる中、売り子さんからグラウンドキーパーまでみんな踊る、いい意味でのバカバカしさがあったんですが、札幌では踊るのはファンだけでした。これも寂しい。なにか東京時代のいいものを全部切り捨てている気がしました。

 29日は負けたんですが、「せっかくだから勝利演出まで見て帰るか」と見ていたら、ヒロインのあと、照明を落として球団旗を広げて小さな花火を打ち上げていました。そのあとサインボールを複数の選手が投げるんですが、暗いし、煙があるわで誰が投げているかわからない。オーソドックスに照明を着けたまま、お立ち台に上がった選手がサインボールを投げた方がいいのに。

 結局、目を引く演出はありませんでした。そもそも、球場に着いたとき、入場で並んでいるのか、チケットを買うために並んでいるのもかもわからなかったし。これじゃ客の案内、誘導になっていない。

 正直、ファイターズは移転してまだ10年と目新しさと、移転後4回リーグ優勝を成し遂げている強さでファンを呼んでいるんだとしか思えませんでした。いやね、目新しさは年を重ねるにつれて無くなって来るし、戦力が揃わない低迷期に入ったらどうするんだろうと。どこのチームも戦績が冴えなくても、お客さんが入るように演出を強化しているんだから。ファイターズはもっと演出を考えた方がいいと思います。

ファイターズチケ

 チケットからしてこれだからね。日付とカードと座席しか書かれていなくて味気ないコンビニ発券より、現地で買った方が記念になるしとわざわざ当日で買ったのがバカみたい。チケットって記念になるんだから、もっとしっかり作ろうよ
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

[2013/09/03 22:22] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<北海道旅行記.3 | ホーム | 北海道旅行記.1>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1387-8dd5b2ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。