スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
甲子園雑感
 去年の今頃は甲子園にいたんだなと思うと、一年は早い。ということで、甲子園のどこに惹かれるかを考えました。

 率直に書くと、プロスペクトの品評会ですね。横浜戦で前橋育英の高橋投手を見ましたが、凄いボールは持っていません。でも、四試合、32イニングス、一失点ということを考えると、彼の凄さはどこかにあるはずです。これだけで、高橋投手を追いかけたい気持ちが出ます。

 明徳×大阪桐蔭戦は見応えのある場面がありました。5-1と明徳四点リードで迎えた8回ランナーを置いて森を迎えたとき、「四点差あっても大阪桐蔭の主軸はやっかい」と伝令を送ったタイミングはよかったし、森の打球を深く守ったセカンドが回り込んで捕ったところを見ると、左打者の森の打球は一、二塁間に飛ぶから、セカンドを深く守らせたことがミエミエです。さすが馬渕、勝ち方を知っていると唸りました。

 結局、プロと同じく、試合とプレーしか興味がないんじゃないか。そもそも高校野球の汗と涙が好きじゃないし。甲子園で泣いている球児を見る度に、「高野連加盟約4,000校のうち、夏の甲子園に行けるのは49校しかないんだから、『甲子園で終われてよかったです』ぐらい言って笑って帰ればいいのに」と思うぐらいです。考え方が、鈴木みのるとかカシンみたいにヒネてるね。

 あと、「甲子園はプロより一生懸命やっている」という言葉を聞くたびに、「趣味でやっている高校野球と生活と競技人生を賭けてやっているプロを同列に論じるな、ハアちゃん(「気が利かない」とか「マヌケ」という意味の大相撲の隠語)が」とイラつくぐらいだし。

 やっぱり鈴木みのるとか、カシンみたいな性格だな!気が向いたら続き書きます。
スポンサーサイト

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

[2013/08/19 22:15] | 高校野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<甲子園雑感、続き | ホーム | あの花デールポ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1379-8c0e7216
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。