スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
野球マンガ開拓記その2
 以前書いた「マックミラン高校女子硬式野球部」の続刊が出たので買いました。今日はそのレビューで。

マックミラン

 相変わらず、デティールが細かいですね。主将和泉のユニの袖に「主将」と書かれたワッペンが貼られている意味が、先週末TVKで神奈川予選を見てわかったよ。神奈川の高校は、ユニの袖に「主将」と書かれたワッペンを貼るのね。

 甲子園で神奈川代表が主将ワッペンを着けているのを見た覚えが無いのは、主将ワッペンを着けていいのは神奈川予選だけ(多分)ということだろう。こんなに細かく描かれている野球マンガってだけでも読みたくなるでしょ

 対戦する球陸大学のマネージャー箕田が問いた「マックミランは長打率と出塁率を同等に評価しているOPSと、長打率より出塁率に重きを置いたNOIどっちを評価しているの?」には驚きました。OPSは知っていたけど、NOIなんて知らなかった。もうこのマンガは普通に野球マンガだよ。

 球陸大学の監督(選手兼任)が「感情を出さないで、客観的に試合を見たいから試合は直接観ないで、結果だけを知りたいからベンチ裏にこもる」ってビリー・ビーンまんまだし。すぐ感情的になるのもビリー・ビーンまんま。この作者マネボ読んでるな

 P83の打席の足場を固めるために、審判に手をかざしてタイムを要求する和泉とか、イチイチ描写が細かいのがツボです。捕手有田のミットがキャッチャーがよく使うメーカー(例、炭谷)のハタケヤマとかね。ただ残念なのは、秋から掲載誌が週刊マガジンから、月刊の別冊マガジンになるので、月一でしか読め無くなることですね。「進撃の巨人」とセットで読めってことかい。
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:本・雑誌

[2013/08/01 22:54] | サブカル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<夏の予定 | ホーム | 試練の夏>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1369-ea244d29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。