スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
日大三おめでとう
 行って来ました神宮球場。人が多くてネット裏に座れず、ブルペンの上あたりで見ていました。試合開始時に、外野も入って満員御礼になったのには驚いた。都立高が出るから、注目度高かったのね。

 結果から書くと、スキを見せずに日大三の完勝でした。日大三のエース大場に手も足も出ず、二安打、無四球、二塁も行けずと日野は全く勝機すらありませんでした。敗因を挙がるなら、日野は全て後手に回ったってことですね。

 まず、日野が後攻と知ったとき、「番狂わせを起こすなら、先制するのが前提条件になるから日野は先攻を取りたいだろうに」と思いました。初回に先制されたあと、ランナーを溜めているのに伝令を送らないベンチを見て、「ここでビッグイニングを着けられたら試合にならないから、伝令を送って一呼吸置くぐらいやればいいのに」ともどかしく思いました。

 6回終わって、ランナーを二人しか出せず、得点圏にも置けないので、「代打出して流れを変えた方がいいのに」と思っていたら、代打を送らず試合終了。大場が完璧なピッチングをしているのに、7.8回で日大三のブルペンで控え投手が投球練習しているのを見て、「日大三は徹底してリスクを減らしているのに、動かない日野は勝てないな」と悟ったぐらいです。

 西東京で都立が決勝に出るのはおよそ30年ぶりとか。だったら、もっと動いて欲しかった

 文句なしのMVP大場。ストレートも速く感じなかったし、そんなに曲がる変化球もないのですが、コントロールがメチャクチャよかったです。ですが、コントロールだけで、ここまで抑えられるとは思えない。大場の本当の凄さを探すために、甲子園での日大三の試合を観ることになるでしょう。

 余談ですが、「ストレートとか変化球に凄みを感じないということは、他球団のスカウトは見落としているはずだから確実に取れる」とビリー・ビーンが喜びそうな投手かと。

大場

 取れるかどうかというギリギリの打球を日大三の内野はかなり取っていたので、今年の日大三の本当の長所は守備にありそうです。早実との一昨年の決勝も2-1の投手戦だったし。今年も日大三は強そうです。

 一試合見ただけで、かなり疲れました。西武ドームとのダブルも考えなくもなかったのですが、そんな元気はないですね(汗)
 
日大三三連覇
スポンサーサイト

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

[2013/07/28 21:04] | 高校野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<試練の夏 | ホーム | 悩めるエース>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1367-3120e020
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。