スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
青踏軍復刻
 クラシック初戦行って来ました。球場到着後見たバファローズのシートノックを見て驚きました。普通試合のノックはキャッチャーに返球して終わりですが、今日のバファローズは6-4-3、4-6-3の練習をしていました。試合前のシートノックで連携の練習をするのは初めて観た

 バファローズは最下位折り返しの状況に立たされていたので、なにかを変えたいという森脇監督の気持ちはわかります。おそらく二遊間に不満があるので、試合前のシートノックの時間すらムダにはしたくないということじゃないかと。

 それでもセカンド原がエラー、エラーが着いてもおかしくないショートとぶつかってのヒットと練習の効果が出ないのが残念です。

 牧田の調子はよかったです。ストライク先行の投球ができたし、高めで空振りを取るいいときのピッチングができたと思います。4表に4安打喰らったときは5回以降が心配になりましたが、5回以降は締めたし。ヒットを打たれたと言っても、得点圏にランナーを進ませないし、長打も糸井の一発だけと安心して見てられました。

 明日涌井が好投してくれたら、後半戦もローテに不安を持つことはありませんが。どうなるかな
  
2013.7.26スコア

 70年前のペナント、バット、ポスター、写真が残っているところに、プロ野球は単なる興行ではなく、文化、歴史的な側面があることがわかります。戦火を避けてよく残っていたものです。

 プロ野球オリジナルチームは東京(巨人、セネタース、大東京)、名古屋(金鯱、名古屋)、大阪(タイガース、阪急)と七チームが三都市に存在していたらしいです。なぜバッティングしまくるチーム配分にしたのか?と疑問に思いましたが、答えはすぐに出ました。当時の交通事情を考えたら、東京から大阪までしかチームを置けなかったのかと。

 当時の日本には大相撲ぐらいしか参考になるプロスポーツはないので、手探りの中リーグを運営したことが伺えます。創成期プロ野球の苦労をもっと知った方がいいかもしれない。今回のクラシックは創成期プロ野球を学ぶいい機会だと思います。
セネタース
スポンサーサイト

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2013/07/26 23:49] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<悩めるエース | ホーム | 松井君お疲れさまでした>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1365-3a0d7a52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。