スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
初ヒットと初HR
 22歳の菊池と40歳の三浦の年の差対決、現在リーグ屈指の好投手と言っていい菊池と怪物ブランコとの勝負と見どころの多い試合でした。土日だったらハマスタ行けたのに。ハマスタは「Major」の聖地なので好きなんですよ。ちなみに神宮は「GO And GO」の聖地で、東京ドームは「刃牙」の聖地。

 荒れていてもストレートで押す菊池、コントロールよくストライク先行の三浦と両投手とも、持ち味を出したいい投手戦でした。「投手だからボール球、変化球から入るとかないし、コーナーすら狙わず甘く入ってくるだろうから思い切って打つ」とタイムリーを打った三浦はお見事でした。その後ヒット、盗塁とやり返した菊池も見事。両者は打席でも意地の張り合いがあったと思います。

 中盤以降ギアを上げた菊池には凄みを感じました。131球投げていたし、8表に打席が回っていたので降板はしかたがないと思いますが、もっと観ていたかったです。制球をよくして球数を抑えて長いイニングを投げられるのが今後の課題といいたいところですが、菊池はまだシーズンで10勝挙げたことがないので、課題がどうこうとは言えないです。

 制球はおいおいよくしていけばいいので、まずは10勝ですね。そういえば松坂も最初は同じようなことを言われていたね。徐々に制球がよくなっていってからメジャーに行ったような。

 木村のプロ初HRには驚きました。接戦で三浦から打ったからたいしたものです。投手として初勝利を挙げるまで五年掛かったのに、初打席で初ヒット、三打席目で初HRって木村の適性は打者だったんだな。最初から打者として育成したら今頃一億円プレーヤーになっていたかもしれない。

おまけ

 今年のオールスターでパリーグ監督を務める栗山監督がこんなことを。

「ちゃんと規定打席に達するとか、ある程度登板数がないと選びたくても選べない。オールスターは開幕から頑張った選手たちが夢見る場所であるべき。頑張った選手たちに失礼になる」

 栗山監督は現役時代オールスターに選ばれたことはないとか。おそらく「オールスターに出たかった」という思いがあるんでしょう。その分「オールスターは結果を出した選手が出るべきで、人気先行の選手が出るのはよくない」という考えがあると察せられます

 これはファンに「自分は結果重視で選ぶ、あなたたちはなにを重視して選ぶ?」と問いかけているように思えます。晴れの舞台にふさわしいのは誰か、ファンもじっくり考えないと
スポンサーサイト

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2013/05/28 22:59] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<WBCの後遺症 | ホーム | 雑草メジャーリーガー>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1324-6e86bcc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。