スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
15年ぶりの鴨池参戦
 明日は鹿児島でホークス戦。さすがに試合を見るために帰省はしませんが、明日の会場、鴨池は思い入れがかなりあるので、心情としては帰って観たいです。

 数年前までマリーンズは鴨池でキャンプを張っていました。まだマリーンズがオリオンズだったころ、小学生だった僕はキャンプを観に行ったものです。そこで村田の遠投を見て、プロの凄さを感じたものです。おそらくプロの凄さを認識した最初でしょうね。

 ライオンズは98年にブルーウェーブと鴨池で試合をしたことを知るファンは少ないでしょう。イチローとカズオを並べた新聞広告を覚えています。15年前でも記憶に残るぐらいだから、かなりカッコよかったんだろうな。僕は当然行きました。開催二試合全て行った記憶があります。

 そのときはライオンズの二連勝だったので、鹿児島はライオンズに取ってゲンのいい地かもしれません。明日勝って、15年越しの三連勝して欲しいなあ。明日勝つという前提なら、今夜は天文館でいくらでも飲んでいいから。

 マリーンズがキャンプ地を移転したので、鹿児島はヘタしたらキャンプ、オープン戦、公式戦がないプロ野球不毛の県になりかねなかったということを思えば、鹿児島で試合組んでくれるホークスに感謝です。お客さんが来なかったら、ホークスも開催するかどうかを考えるので、明日はたくさん入って欲しいなあ。そこでライオンズが勝ったら言うこと無し

おまけ

 朗報です。一翔が視聴率で亀田に勝ちました!

井岡が今年のボクシング中継の視聴率でトップに立った。TBSで放送された井岡―ウィサヌ戦は、ビデオリサーチ調べで関東地区の平均が13・5%(関西18・7%)、瞬間最高は午後9時2分で17・8%(同22・2%)だった。

 4月7日の亀田興毅―パノムルンレック戦の平均11・2%(同13・9%)、瞬間最高17・0%(同19・4%)を上回った。


 常々、ボクシングというと亀田が引き合いに出される現実にウンザリしていました。「金メダルを取った村田選手は亀田と違って謙虚でいいね」という言葉を知り合いから聞いたときは、「一翔、内山、山中と世界チャンピオンは他にもいるのに、なんで亀田が比較対象になるの、世間じゃボクサー=亀田なのか」とガッカリしたものです。

 だから、一翔が視聴率で亀田に勝ったのが嬉しい。このまま世間の認識をボクサー=一翔と塗り替えていただきたい。

 一翔の今後ですが、ライトフライで戦う限りローマン・ゴンザレスと戦うことは避けられないし、いずれ井上尚弥を迎え撃たないといけないし、フライに上げたら八重樫とのリマッチとやること多すぎですね。名王者になるには、ライバルと名勝負、死闘を繰り広げることは避けられないので、一翔頑張って
スポンサーサイト

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2013/05/10 23:10] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<最初の山場 | ホーム | ある映画配給会社の倒産>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1310-fe2e7c0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。