スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
松井秀喜に持つ二つの疑問
 PCで観てましたが、凡戦でしたね。片岡2ランで勝負ありにしないといけないのに、熱い試合にしてどうしますか。勝った側の監督とは思えない渡辺監督の試合後のコメントそのままです。

 あえて褒めるなら、8裏勝ち越しの四球を取ったヘルマンです。観てて、「ヒット打たなくても四球選べば勝ちなんだぞ」と思っていたら、期待通りのことをやってくれました。さすが、出塁の意識を叩きこまれているオークランド出身なだけあります。

 伊原さんの「ゲッツー崩れでも決勝点になるんだから、ファイターズの内野は前進しろ」とか「外角ばかり構えている大野のリードはおかしい」と苦言ばかり語っているのが面白かったです。2002年の90勝が忘れられないので、伊原さんにもう一度指揮を取らせてみたいなあ。

 明日はミスターと松井の国民栄誉賞授与式がありますね。二人とも渡すタイミングが遅かったと思います。ミスターなら2001年の巨人監督退任、松井なら2009年のワールドシリーズMVPのとき渡せばよかったのに。まあ国民栄誉賞なんて、総理大臣のきまぐれで渡される賞だしね。金四つ持ってる北島康介とか、五大会連続でメダルを獲得した谷亮子ももらってよさそうなのに。

 松井の一般的なイメージとしては、「年長者に逆らわない従順な人」というのが挙げられますが、唯一逆らったのが、巨人の高額なオファーを断ってニューヨークに行ったことと、2006年WBCに参加しなかったことの二つでしょう。もし松井の評伝を書くなら、この二つの理由を掘り下げて書かないと成立しないと言い切ります。タイトルは「松井秀喜はなぜニューヨークに行ったのか」か「松井秀喜はなぜWBCに参加しなかったのか」で決まりだ。

 松井を見て思ったのが、「左打者で外野手ということしか一致しないのに、いつもイチローが比較対象になってかわいそうだな」ということでした。まあ同じことがイチローにも言えますが。本人は「比較対象になるのは、アリーグのラミレス、カブレラ、ゲレーロみたいなパワーヒッターでしょう、もっとメジャーを勉強して来てください」ぐらい言いたかっただろうに。言わないまま引退した松井は大人だよ。

 引退したとき、「まだ日本だったら活躍出来るのに」という声もありましたが、本人が「もし復帰するとHR3.40本を期待されると思うけど、その期待に応える自信はない」と語っていたので、日本に帰らないまま引退するのは正しかったと思います。日本でHR10数本しか打てない現実を見せられるより、まだ出来るのにと幻想を持たせたいいかと。
スポンサーサイト

テーマ:読売ジャイアンツ - ジャンル:スポーツ

[2013/05/04 22:10] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<左のエースと左の大砲 | ホーム | ファームを見てきました>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1307-daf1a027
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。