スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
エース復権
 エース復権。後半に入るにつれてギアが上がる涌井のピッチングを見て、「これが涌井のピッチングだよ」と一人で頷いていました。涌井に取って、六戦目、ローテのトリを務めるのは本意ではないでしょう。初戦に投げて、「初戦を取ったから、残り一つ取ればよし」と思わせるのがエースの務めですし。

 エースに返り咲く涌井を見てみたいし、「涌井=エースとは誰が決めた?自分だってエースを務める資格はある」と他の先発投手も頑張ってくれたらより優勝に近づきますね

 ちょうど一週間前のホークス戦から七戦中六試合でライオンズは先制点を取られています。最初に主導権を取れないので、いい戦い方が出来ているとは言えません。それでも四勝三敗と勝ち越せているのが凄い。苦しい展開でも、なんとかモノにするのが渡辺監督が望む骨太野球でしょう。これがシーズン通じて出来れば楽しみです。

 選手名鑑片手に見ていましたが、マリーンズの野手外国人はホワイトセル一人しかいないんだね。気になって調べたらマリーンズ以外のチームは、最低でも投手二人、野手二人ずつ外国人を取っていました。どんなチームでもやっていることができないチームを率いる伊東監督には同情します。新監督への祝儀として、外国人野手二人ぐらい取ろうよ。

 8裏ゲッツー崩しのスライディングをしてベンチに帰る際、スライディングを受けた金子に「一歩間違ったらケガするプレーをやって悪かったな」と体を叩く今江には好感を持ちました。普通、「プロ野球にはこんなプレーはつきものだから」と気遣わないでベンチに帰るからね。

 負けたのに、「勝敗はともかく、応援してくれたファンに挨拶しないと」とベンチから出て一礼するマリーンズにも好感を持ちました。こういう気遣いなり、礼儀正しいチームの雰囲気が悪くなるとは思えないので、伊東マリーンズは手強い相手になるかも知れません。
スポンサーサイト

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2013/04/11 22:47] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<本領発揮 | ホーム | 関西遠征ルポ.2>>
コメント
>「これが涌井のピッチングだよ」と一人で頷いていました

私も同じく!(笑)。

ロッテ今江選手についても同じこと思いました。
あのさりげない気遣いは個人的には好感持てます。
[2013/04/11 23:00] URL | jil #- [ 編集 ]
>jilさん

>私も同じく!(笑)。

 やっぱり(笑)去年は徐々にギアを上げていく凄みのあるピッチングが見られなかったので、今季は期待大です。岸、牧田、菊池、野上とのエース争奪戦も今季の見どころですね。

>ロッテ今江選手についても同じこと思いました。

 ルールで認められている以上、ゲッツー崩しのスライディングやキャッチャーへのタックルはしかたがないと思いますが、一歩間違えばケガに繋がるプレーなので、気遣いぐらい見せてもいいのにと思っていました。

 今日の今江の気遣いは見ていて嬉しかったし、気持ちのいいものでした。
[2013/04/11 23:41] URL | だい #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1287-49f9610c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。