スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
10年ぶりの映画館
 先日約10年ぶりに飯田橋ギンレイホールに行って来ました。ギンレイホールとは、少し前に終わったばかりの映画を二本立てで映してくれるお得な名画座です。ただ二本組むだけではなく、気の利いたラインナップを揃えています。

 例えば「マネー・ボール」と「ソーシャル・ネットワーク」の二本立ては野球とITで共通点が見つかりませんが、「ソーシャル・ネットワーク」の監督を務めたソダーバーグが「マネー・ボール」の監督を務める予定だったということを思えば納得です。僕が以前観た中でも、チャン・イーモウ繋がりの「初恋のきた道」と「あの子を探して」とかどっちも後味悪く終わる「リプリー」と「ボーイズ・ドント・クライ」とかね。映画好きだったら楽しめる映画館ということは保証します

 僕が上京したときの住まいは新小岩で職場は飯田橋でした。その頃の楽しみといったら平日は会社帰りに金券で安く買って東京ドームのファイターズ戦を観ることだったし、休日はギンレイホールに通うことでした。二本立て観て映画館から出るときはいつも、入ったときは明るかったのにもう暗いんだと思ったものです

 さて、約10年ぶりに行ったギンレイホールでしたが、楽しかったです。「10年経ったからボロくなっているだろうな」と思っていたら、意外にキレイでした。日頃からメンテと掃除を欠かさないスタッフの努力を察します。「苦役列車」で森山未来を初めて観ましたが、上手いなって感じましたし、「鍵泥棒のメソッド」には笑わせてもらいました。

 次は10年後の2023年なんて言わずに、また行きたいな
スポンサーサイト

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

[2013/02/15 23:22] | サブカル | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<オセロの理論 | ホーム | 五輪の定義>>
コメント
おはようございます。
いつも多彩な話題で楽しませていただいております。

この記事を読んで、亡くなった父が生前によくギンレイホールに足を運んでいたことを思い出しました。

名画座はお得ですよね。大分前ですが私は池袋の文芸座によく行きました。「男たちの挽歌」と「ダイハード」の二本立て、なんていう何とも熱苦しい日もありました(笑)。

「鍵泥棒のメソッド」は面白かったですね。近所のワーナーマイカルで観ましたが、私を含めて客は三人。もっと多くの人に見てもらいたかったなぁ。

今後も楽しませていただきます。更新期待してます。
[2013/02/16 05:36] URL | EILEEN #- [ 編集 ]
>EILEENさん

 おはつですね。よろしくです。「男たちの挽歌」と「ダイハード」の二本立ては絶対狙っていますね(笑)支配人が映画を選ぶ意図を読むのも名画座の楽しみの一つだと思います。

>今後も楽しませていただきます。更新期待してます。

 ありがとうございます。これからも頑張りますね。 
[2013/02/17 00:06] URL | だい #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1247-21db62d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。