スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
キャンプあれこれ
 明日は「球春到来」という言葉がいろんなメディアに並ぶでしょう。「『球春到来』とは誰が考えたんだろう?」とネーミングセンスのよさに毎年感心するのは僕だけじゃないだろう

 今週売りの週刊ベースボールを見て気づきました。プロ野球のキャンプ地は宮崎(巨人、カープ、ホークス、ライオンズ)と沖縄(ドラ、スワローズ、トラ、ハマ、ファイターズ、イーグルス、マリーンズ、バファローズ)に二極化されているのね。

 そういえば海外でキャンプを張るチームも無くなったな。バブルのころは、海外でキャンプを張る三、四チームあったはず。プロ野球はたくさん稼げる夢のある商売と思ったら、こういうところに影響来てます。ホークスが南海時代、広島県呉でキャンプを張っているのを見て、「なぜホークスだけ本州でキャンプを張るんだろう」と子供のとき不思議に思ったものです。数年後球団買収、博多移転したことで理由を察してください

 僕が子供のときはマリーンズ(オリオンズか)の鴨池キャンプを観に行くのが楽しみでした。村田兆治がホームからライトフェンスまでの遠投を見たのが、プロの凄さを感じる最初の出来事でしたね。試合じゃ観れない練習を見られるので、ある意味試合よりキャンプの方がプロの凄さを感じられるかもしれません。

 マリーンズが鹿児島から撤退したのはバレンタインが「鴨池は球場から室内練習場まで遠すぎる」と不満を言ったのが一因と聞いたことがあります。「弱くて、お客さんも来なかったオリオンズ時代から支援しているのにあんまりだ、だいたいスポーツマンだったら少しばかり離れていても走って行け」と憤慨したものです。そのおかげで、鹿児島はヘタしたらキャンプ、オープン戦、公式戦がないプロ野球不毛県になったからね。

 キャンプではありませんが、2/23.24のホークス×ライオンズ(宮崎アイビー)を帰省がてら行って来ます。ライオンズとホークスの新戦力をチェックしてきますよ。増田と東浜見たいな。
スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2013/01/31 23:33] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<キャンプイン | ホーム | 2/15のチャンスを誰が掴むか?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1235-9f8692ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。