スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
キャンプ展望(捕手、内野手)
 今日は野手編で。

・捕手
 
 昨季ゴールデングラブを取り、代表にも選ばれた炭谷で決まりです。昨季前半までは「ピンチになったらアウトローばかり要求するのはちょっとなあ」と思っていましたが、気づいていたらピンチになったらアウトローは無くなりました

 今まで炭谷にはプレーに一生懸命やる高校野球っぽさがあったのが気にいりませんでした。捕手は打者、相手チームの裏をかいてナンボのポジションなので、一生懸命より相手をだます黒さがないといけないでしょう。昨季後半以降の炭谷に一生懸命さは感じなくなりました

 盗塁阻止率がパリーグトップなのも、走ってくる状況を読めるようになったということもあるだろうし。守備に自信が着いて、余裕が出た分、打撃をなんとかしたいですね。接戦の8.9回に代打を送られるようでは、規定打席に到達することはできません。往年の伊東のように、二割五分、HR10本打てたら上出来でしょう。今気づいた。伊東・細川・炭谷とライオンズは三代続けて捕手でゴールデングラブを出しているんだ。チームが安定して強い理由がわかります

・内野手

 二遊間は少し前までは片岡、中島で鉄板でしたが、今年は二遊間が熱い。二遊間を想定して一軍キャンプに呼ばれている片岡、浅村、永江、鬼崎、山崎、金子、誰が取ってもおかしくありません。開幕戦で永江、金子の若い二遊間が実現する可能性だってあるし。

 注目しているのは片岡。渡辺監督には片岡をショートで使う構想もあるとか。ショートはセカンドより一塁から遠い分、セカンドよりキツイという話を聞いたことがあります。セカンドより肩と足を求められるしね。病み上がりの片岡はショートより慣れているセカンドを守らせるのがベターだと思います。

 渡辺監督の片岡コンバートの理由は、おそらく「より高いハードルを課した方が燃える」という片岡の気性を知っているからこその意図でしょう。日本シリーズで死球喰らってガッツポーズして、その直後に盗塁決める人ですから。片岡の復活、いや逆襲が今キャンプ最大の見ものかもしれません。

明日は外野とDHを書きます。

おまけ

 驚きました。往年の秋山・佐々木の3対3をホウフツとさせます。普通なら「ダル、賢介、糸井と主力が揃って抜けたら、チームの雰囲気も悪くなるし、ファンも離れる」とか、「糸井は功労者だから、メジャーに行くならポスティング、海外FAで円満に行かせたい」とか思うはずなんだけど。

 ファイターズのフロントにはこういう感情的な部分は無くて、「決められた総年俸の中で最高のチームはどうすれば組めるか」ということしか頭にないんだろうな。
スポンサーサイト

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2013/01/22 20:50] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<キャンプ展望(外野手、DH) | ホーム | キャンプ展望投手編>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1229-b1dcfd4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。