スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
雪解け
 しまった、書かなきゃいけないことを忘れていた。正月ボケだね。

日本高野連は17日、プロ野球経験者の高校球児指導条件を撤廃する決断を下し、半世紀に及んだプロ側とアマ側のこじれた関係が雪解けを迎えた。「学生野球資格に関する協議会」が都内で開かれ、高校の監督などの指導者になるための規定「中学、高校で2年の教諭歴」を撤廃し、座学による研修を受ければ学生野球資格を認めるという大幅な条件緩和案を日本野球機構(NPB)に提示した。

アマ側の研修は「校内における部活動の位置づけ概論」など8項目あり、1項目に対して1時間。計8時間を3日間で行う方向。

 教員免許取得+待機期間二年から、研修三日ってエライ早くなったもんだ。驚きました。

 プロの指導が高校生に出来ることは望ましいというか、反対する理由がありません。これでリトル、シニアはプロの指導が受けられるのに、高校は受けづらいという矛盾が解決したし。

 なにかで読んだかは覚えていませんが、今江が「アマ指導者の教える場が減る心配がある」と言っていました。プロとプロ経験のないアマ指導者をどう折り合いを着けていくかも今後の課題になると思います。個人的にはプロにアマ指導者が着いて(逆でも可)「プロと高校生じゃ体の作りが違う」とか助言しながら二人三脚で教えていくのが理想だと思います。

 逆にアマ指導者がプロを教えるのもアリだと思います。教え子をプロに多数送りこんでいる高校野球の監督が、プロでコーチやるのもいいし。中村、中田、西岡と教え子プロ多数の大阪桐蔭・西谷監督がプロの指導をやるのはマジメに見てみたい

 これで高校野球がどう変わっていくのか興味があります。これは壮大な試みであることは間違いありませんから。

 おせっかい承知で書きますが、高校野球の指導をマジメにやるなら、不要と知りつつも教員免許は取った方がいいと思います。教員免許を取って、非常勤でも講師になれば職員会議に出席できるので、学校の雰囲気がわかりやすくなるとか。実際に後から教員免許を取ったプロ監督は多数いるらしいです。

 中学生を勧誘するとき、「部活以外でも面倒見ます」という殺し文句も使えるし。万が一野球を教える指導の才能が無くても、講師として学校に残れるし。高校野球の監督をマジメにやるなら、プロ監督をやりつつ、教員免許を取るのがベターでしょう。
スポンサーサイト

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

[2013/01/20 21:13] | 高校野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<キャンプ展望投手編 | ホーム | MLBに乗っ取られたらどうなるか?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1227-97fabf03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。