スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
伝説の真偽
 「『ゴルゴ13』はさいとうたかをがコンテ切ったら、後はアシにおまかせ」という伝説はホントなのか?を確かめたくて昨日観ました。結論から書くと、伝説はホントでした。さいとうたかをってコンテ切ったら、ゴルゴの顔しか描かないの

 しかも武器、背景、キャラの顔とアシも役割分担されていて、メチャクチャ合理的にマンガが作れるようになっているの。有能なアシスタントはいると思っていましたが、ここまでやっているとは思ってなかった。さいとうたかをは「人には向き、不向きってあるから、人の能力をより活かせるようにした」って言ってた。

 ゴルゴの話はあらゆる分野に精通した人がストーリー作っていると言っていました。その中には金融マンがいて、メガバングの合併を描いたら、数年後に三菱・東京が合併して新銀行が出来たらしい。鳥越俊太郎が「よく調べている」と評価するだけあるよ。

 東西冷戦があった時代に、東側の話を描くときは東側で行われる学会に出席する医者に写真撮影を依頼したらしい。スパイと間違われて捕まったらどうするつもりだったんだろう。現実がゴルゴを越えるなんてシャレにならない。メチャクチャ危ない橋を渡りながら描いてたんだな。ちなみに、若いころの小池一夫もゴルゴの話描いてたらしいよ。

 NHKはバガボンド執筆時の井上雄彦を取り上げたりして、マンガに理解あるから好きです。水木しげるで朝ドラ作ったぐらいだし。次はマンガ界のレジェンド水島新司取り上げて欲しいなあ。朝草野球、昼マンガ執筆、夜ホークス戦をテレビ観戦という生活はホントなのかと。
スポンサーサイト

テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

[2013/01/17 21:55] | サブカル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<MLBに乗っ取られたらどうなるか? | ホーム | フェイスブック始めました。続き>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1225-d6f2b77a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。