スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
読書家になりたい
 オフぐらい野球から離れないか?野球しか話題のない人間になるのはつまらんぞというわけで、野球以外の話をいろいろ書いている今日この頃
 
 今読んでいるのは「どん底」。「部落に住んでいる人間が自分に向けて脅迫状を送り続けた」という一回聞いただけじゃ意味がわからない事件を取り上げています。

 まだ途中までしか読んでいないので、感想は言えませんが、「部落差別が無かったら、こんな事件は起きなかったのでは」とか「非常勤職員という不安定な立場だった犯人が騒動の渦中にある人間を退任はさせづらいはずだから、契約を更新させるためにやった」というところを読むと、「非正規じゃなくて正規雇用だったら事件は起きなかったのでは」と読んでいて複雑になります。

 続けて読む予定なのは「球界消滅」、「ボールパークの魔法」どっちも野球モノです。野球を離れないなんて書いたんじゃないの?なんて言わないでください(笑)

 「球界消滅」は「12チームを4チームにして、MLB傘下に組み込む」というショッキングな話です。これ、2004年の球界再編騒動のとき、「10チーム、一リーグ制をムリに通すとファンはNPBを見限ってもおかしくないから、この機会にメジャーがマイナー相当のリーグを日本に作って、日本侵略を考えてもおかしくないな。『日本にいながらメジャーを狙える』という殺し文句で甲子園、神宮のスターを入れていって、ファンをNPB側からMLB側に着けるためにメジャーの試合を日本で多く組めばいいし」と考えてゾッとしたものです。

 これを実際に小説化するとはさすがだよ。読ませていただきます。「ボールパークの魔法」は肩ひじ張らず読める軽いミステリらしい。処女作「ノーバディ・ノウズ」でのメジャーリーグの描写が面白かったので、ニューヨーク・メッツが舞台になる「ボールパークの魔法」も楽しみです。

 というわけで、オフは読書に励みます


  
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

[2013/01/13 21:33] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<大雪の一日 | ホーム | 怪物の行き先>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1222-92024476
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。