スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
野茂はクーパースタウンに入れるのか?
 現役中は罰を与えなかったのに、引退後罰を与えるのはどうなんだろう。後出しジャンケンみたいで納得できません。「後出しで罰を与えるのはよくない」といって渋々ながらも殿堂入りさせた方がいいと思うけど。

> 野球殿堂入りを決める全米野球記者協会(BBWAA)による投票結果が現地9日に発表され、今年は17年ぶりに該当者なしだった。

また、歴代最多7度のサイ・ヤング賞を誇るロジャー・クレメンス氏(元ヤンキースほか)や歴代最多の762本塁打を放ったバリー・ボンズ氏(元ジャイアンツほか)、通算609本塁打のサミー・ソーサ氏(元カブスほか)という、輝かしい実績を残しながら現役時代の薬物疑惑が浮上している3人が今回候補入り。しかし、クレメンス氏は37.6%、ボンズ氏は36.2%、ソーサ氏は12.5%の得票率にとどまった


 ここから本題、来年野茂はMLB殿堂に入れるんだろうか。以前、「アジア人にMLBへの道を拓いて、MLBにアジアマーケットを開拓させた野茂の功績は大きいが、通算120勝を挙げて殿堂に入れない投手はいくらでもいるから野茂のMLB殿堂入りはないだろう」というMLB関係者のコメントを読んで寂しくなりました

 アジア人にMLBへの道を拓いて、MLBにアジアマーケットを開拓させたのはかなりの功績でしょう。野茂の活躍が無かったら、「アメリカ、中南米だけでナンバーワンを決めても意味がない」と国別対抗戦、WBCが創設されたどうかも怪しいし。野茂が活躍する前はアジア人がMLBで活躍することは誰も想像できなかった

 野茂が渡米した95年は前年のストライキの影響でMLB人気が落ちていたと聞きます。野茂が活躍したことで、MLBの人気を上げたとも聞きます。成績以上の貢献は十分したじゃない。野茂はMLB殿堂に入れてあげたい

 野茂と言えば、ライオンズ黄金時代に立ち向かったバファローズのエースであり、清原と名勝負を繰り広げたことが忘れられませんが、キャリアをアメリカで終えて、「メジャーで通用しなかったら日本に帰ればいい」という甘い考えで渡米したわけではいということを示した潔い生き様が好きです

 「野球人生のラストは日本で迎えたい」と日本に帰ることは出来たと思います。メジャーでの野茂の実績を考えたら、メジャーで通用しなかったから都落ちしたと悪口言う人はいないでしょう。むしろ、野茂を生で観たかったとウェルカム状態だったと思います。

 野茂の不器用に生き様を貫く姿が美しく見えます。松井秀喜も同じようなことを感じました。どうやら僕は不器用に生きていく選手が好きらしい。フルラウンド終わってきれいな顔でいるより、ボコボコに腫れた方がカッコいいよね

スポンサーサイト

テーマ:MLB - ジャンル:スポーツ

[2013/01/10 23:31] | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<二兎追うものは... | ホーム | 引っ掛かってきた疑問>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1219-234788a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。