スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
実験しようぜ
 ついこの間まで育成選手がいないチームだったのに、外国人育成選手が出来るとは。育成制度を使ったり、主力と複数年契約を結んだりと鈴木GM体制になってから、チームが変わってきたような。早く実が出て欲しいものです。

 チームが新しいことに取り組むのは歓迎ですが、育成制度を外国人に使うのは感心しません。元々育成制度は、「社会人チームが潰れてばっかりで、プレーする場が少なくなっているアマの救済」という趣旨だったわけで。だったら、育成選手は日本人を取らないとダメでしょう

 去年のホールトンを例に出すまでもなく、ゼロ円移籍をする外国人は多々います。日本人はFA権を取るまで移籍の自由は無いのに、なぜ外国人はあっさり移籍できるかというと契約が違うんだろうね。おそらく「何月何日まで契約しないとFAになる」という条項があるんだろう。だから何年もプレーしないうちに移籍できると。

 育成選手から育てて、やっとレギュラーを張ったら移籍じゃ育てた意味ないでしょ。日本人と同じように、FA権を取るまで移籍の自由を奪わないと外国人を育成選手にする意味がありません。それに外国人の場合外国人枠がどうしても絡むので、現場は即戦力を求めるから、やらかしにはあえて目をつぶってガマンしながら使うことはできないでしょう。もし堂林が外国籍だったら、野村監督はガマンしなかったと思うよ。

 ただ、身体能力が高い外国人を、環境の悪いマイナーではなく、寮、食事、練習場完備の日本で育てたらどんな選手になるか?という興味があります。逆大谷だね。ということで、イヤゴト言いながらも、育成契約を結んだ外国人二選手には期待するのです。(出たよ、ツンデレ)

  
 
スポンサーサイト

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/11/21 21:39] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<発表、今季の野手MVP | ホーム | ショートストップの需要について>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1186-98ee210a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。