スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
サバイバルマッチ
 中島のようにケガを押して最後まで出た選手とか、アジアシリーズに出場する巨人からは投手は選びづらいだろうから、キューバ戦のメンツは格落ちになるだろうなと思っていたらやはりでした。

 今季わずか5勝しか挙げていない斎藤を見ていると痛々しさすら感じます。若さ重視で選ぶなら、釜田、武田、西が選ばれてもいいのに。斎藤は明らかに集客要員だよね。斎藤についていろいろ書きたいこともあるので、いずれ書きます。

 ライオンズファンとしては、涌井、炭谷、秋山の選出は嬉しいです。涌井はジャパンのクローザー候補になるでしょうし、プレイオフでは1Sも挙げられず消化不良のまま終わったので、キューバ戦で憂さを晴らしていただきたい。

 炭谷は台湾戦以来二回目の代表入り。秋山、山本と監督が代わっても選ばれるということは、球界では炭谷の評価は高いんだろう。盗塁阻止率リーグトップというだけで選ばれる資格はあるし。本選ではすばしっこい中南米の選手を刺して欲しいね。

 一番嬉しいのは秋山の代表入り。プレイオフ三戦目、最終回のスーパープレーは目に焼きついています。今まで見た中で最大のファインプレーでした。その秋山が選ばれるということは、見ている人は見ているってことだね。

 アメリカ本土で行われる準決勝、決勝で秋山がレーザービームを見せて、アメリカのファンに「イチロー以外にもレーザービームを投げられる日本人がいるんだ」と思わせて欲しい。秋山は今後、ホークス秋山監督の現役時代のような、スケールの大きい5ツールプレーヤーになると信じています。

 格落ちと言われても、キューバ戦で結果を出せば本選のメンバーに選ばれる可能性が高まるでしょう。キューバ戦はサムライジャパンに残るためのサバイバルマッチとして見ることにします。
スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2012/11/07 21:38] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<今週のチャンピオンの感想 | ホーム | 怪物帰るか?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1175-f0bd12f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。