スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
来季人事についてあれこれ
 日本シリーズを見ながら(略)。先日ライオンズのコーチ陣が発表されました。「一位と三ゲーム差の二位は客観的に見て悪くはない成績だから、大きな入れ替えはないだろうな」と思っていたらやっぱりでした。ドラフトといい、予想通りでつまらないな。例えば「武田久、寺原を取ってクローザーにする」とブチ上げて驚かせるぐらいやって欲しい。

 土井コーチが抜けた打撃コーチに田辺が昇格したのは嬉しい。中島、中村、栗山、片岡を入団当初から面倒を見た人だと聞きます。田辺が基礎を作って、土井が仕上げるというイメージもあるぐらい。だったら、功績を称えないといけないでしょう。

 一軍昇格させるとか、若手の基礎を作るために二軍に置くなら他の二軍コーチより年俸を高く払うとか。どんどん若手を一軍に送り出しているのに、本人は二軍で年俸も据え置きじゃかわいそうです。「一軍でコーチやりませんか」と他のチームがオファーが来て移籍しても責められません。それだけに田辺コーチの一軍昇格は嬉しい。とりあえず、永江の面倒を見てください

 二軍は潮崎が監督として戻ってきました。二軍投手コーチ時代、選手が泣きをいれるまでしごいた人らしいので、若手の育成には持って来いの人でしょう。高木浩之を打撃コーチに置いたのは面白い発想だなと。高木浩之は現役時代、「規定到達者で最も三振が少ない」という記録を作った(はず)の人です。つまりむやみに振らず、ボールを見極めていたと。

 ピッチャーはたくさん投げるほど、失投・ミスが起こりやすいんだから、初球はド真ん中しか振りませんでいいのにと今季何度思ったことか。初球から難しいコースを打ちにいって打ち取られたり、ファール、空振りでカウント稼がせるのはバカらしいでしょう。

 スロットを回すほど当たり(失投)は出やすくなるし、マシンも消耗して壊れやすくなる(投手の体力消耗)スロットマシンの理論を教えるには持って来いの人材だと思います。高木浩之からスロットマシンの理論を伝授された選手が一軍に上がって、「こいつを打ち取るには5.6球投げないといけないのか」と相手投手を嘆かせてもらえたら嬉しい。

 友亮はスカウトに転身するらしいです。僕は友亮に将来GMをやって欲しいと(勝手に)思っているので、スカウト転身はいいと思います。スカウトはアマ関係者に顔と名前を売る仕事だから、ここで人脈を作っておけばGMになった場合有利に働くでしょう。根本は「1,000人の連絡先を知っているよ」と豪語していたとか。

 普通、スカウトって知名度の高い地元を担当すると思うんだけど。選手として大成しなくても、甲子園で活躍したってだけで覚えてもらえるわけで。友亮の野球人生と縁のない東海地区を担当するのはキツイでしょう。GMへの最初の試練です。

 日本シリーズも終わっていませんが、このコーチ陣、スカウトで迎える来季が楽しみです。
スポンサーサイト

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/10/30 21:47] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<去る人来る人 | ホーム | ドラフト雑感(横浜編)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1168-7a010c93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。