スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
ドラフト雑感(横浜編)
 ドラフトの話、もう少しおつき合いを。今回最も驚いたのは横浜のドラフトでした。本指名の一位から六位まで全て大学、社会人。内訳は投手三人、内野手二人、外野手一人とバランスよく取っています。捕手を指名しなかったのは毎年ドラフト、移籍で取っているから、あえて取らずに今のメンツの底上げをやるということでしょう。

 言うまでもなく、横浜は最下位がデフォ、90敗行かなきゃいいというシーズンが続いています。こんな状況で高校生をのんびり育てている暇はありません。去年「育成に時間掛けられる余裕あるの?」と驚くぐらい高校生を取ったし。横浜の方針は、育成より即戦力重視してチームを強くしないとお客さんは来ない。いつまでも親会社が変わったことによるご祝儀効果はないということね。

 GMに就いて札幌移転後強くなったファイターズの基礎を作った高田は有能な人だと思いますが、横浜のGMに就任したのは去年の12月。ドラフトはとっくに終わって、トレードをやるにしても時期的に出遅れてとGMとしてなにもできなかったというのが現実でしょう。「やっとGMとして采配が振るえる」という高田GMの喜びが伝わるような指名でした。

 高田GMはもちろんトレードも考えているはずなので、オフの横浜からは目が離せないです。ホークスのGMに就任した根本は「ヘタなやつよりうまいやつを揃えた方が強くなるんだ」と言って、積極的にトレードを仕掛けたといいます。高田GMは主力の何人かを引き換えに他球団の主力を狙う、久しくなかった大型トレードを仕掛けていただきたい。これぐらいやらないと横浜は変わらないでしょ。
スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2012/10/29 21:16] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<来季人事についてあれこれ | ホーム | ドラフト雑感2012>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1167-558a7e4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。