スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
ドラフト雑感2012
 日本シリーズ見ながら書いています。ライオンズ黄金時代の選手は「日本シリーズは出て当たり前だと思っていた。出れずに秋キャンプやるのは違和感があった」と言っていたとか。来年こそ日本シリーズでライオンズを応援したいですね。もちろんベルトは持って出ると。

 書くと言っていたドラフトの感想を書きます。ライオンズが指名した選手は、本指名は投手四人、内野手一人、育成は内野手一人。投手と内野手中心の指名になると予想していましたが、そのとおりの指名になりました。

 投手は社会人二名、高校生二名、それぞれ左右一人ずつとバランスよすぎな指名になりました。東浜を外した時点で、北條の繰り上げ指名もあるなかなと思っていましたが、NTT西日本・増田投手を指名。「一位は即戦力の投手を取るんだ」というフロントの強い意志を感じます。方針をブレずに取ったというところは評価していいかと。

 注目は四位指名の西濃運輸・高橋投手。173cmと低い身長の投手です。前武田久が「身長が低いと自然とリリースポイントが低くなるから、ボールが高めに浮きづらく低めに集まるから身長の低さは利点になります」と言っているのを聞いてから、低身長の投手を取るのも面白いかもしれないと思っていました。

 プロのスカウトはどうしてもガタイのいい選手を評価したがるので、身長の低さがネックになって、いい投手でも低い順位で取れるという美味しさもあります。もし高橋投手が180cmあったら、四位まで残っていないかもしれないし。高橋投手の指名はけっこう面白いかもしれません。

 内野手は浅村、永江の競争相手にしたいから、高校生より大学、社会人の選手を取れたらいいなと思っていたら、三位で立命館大・金子選手。いい指名です。珍しいアマから両打ちの選手というのも面白い。来季浅村、永江とポジションを争ってもらいたいです。

 内野手は育成でもう一人、香川オリーブガイナーズ・水口選手を取りました。ライオンズ初の独立リーグ出身の選手ということは↓に書いたとおり。中島のMLB移籍が決定すると、内野手の枠が一つ空くので、早めの支配下登録もあるかもしれません。独立リーグの選手は、給料は安く、シーズン中しかもらえないと聞きます。過酷な環境で培われたハングリー精神を見せていただきたい。

 友亮、大島が抜けたので、枠を埋めるためにも外野手の指名があるだろうなと思っていたら、指名のないまま選択終了。木村の外野コンバートで枠が一つ埋まったとして、もう一つは移籍やトライアウトで埋めるんだろうか。枠を満たさないまま編成すると、ケガ人が出たらファームの人数が足らなくなって他のポジションの選手が外野に入ることになります。こんなことやったら選手が育つわけがない。鈴木GMの手腕が試されます。

 欲しいポジションに的確に選手を取れたいいドラフトになったと思います。10年後「2012入団組は逸材ばっかりだった」と言えるドラフトになったらいいですね。

おまけ

 競合でクジを引くときはテレビを見ていてもドキドキしますが、会場で見るともっとドキドキしますね。開始前は「藤浪、東浜行け、勝負しろ」と思っていましたが、始まってみると「単独でスッキリ決めて」と心境が変わりました

 清原、松坂を例に出すまでもなく、競合クラスは逸材が多いということは言うまでもないです。つまり、当たりを引くかどうかで今後の戦績なり、興行収入なり変わってくると。引く人は責任重大ですね。僕だったら、他の人引いてと避けるだろうな。泣きごと言わないで毎回引いている渡辺監督は偉いよ
スポンサーサイト

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/10/28 20:17] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<ドラフト雑感(横浜編) | ホーム | ドラフト観覧記>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1166-bf322911
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。