スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
シーズン終わり
 昨日は西武ドームに行って来ました。一夜経った今でも悔しいです。ホームで順位が下のチームに負けたらいけないでしょう。二戦目のように大差を着けられるなら勝てるけど、初戦、三戦目と接戦で負けるところにライオンズの脆さを感じます。まだまだライオンズの野球を見たかったな

 4表一死一、二塁の場面でまだ三塁を踏ませていないのに関わらず一久を代えるのはいいとしても、リリーフはなぜ十亀?と思いました。ランナーを背負った場面でのリリーフは難しいと聞きます。そうでしょうね。ランナーなしから一発喰らっても一点ですが、ランナーを背負って一発喰らったら最大四点入りますから。だったら、ルーキー十亀ではなく、経験のある岡本篤でしょう。と思っていたらペーニャにレフトオーバー喰らったよ。

 7裏二死ランナーなしから炭谷に代打を送らないのも疑問でした。長打を打てばチャンスですし、一発を打てば得点になります。二死ランナーなしから得点はしづらいではなく、一振りで流れを変えて欲しいと判断する場面でした。8表のホークスは二死ランナーなしから追加点を取ったし。

 
 渡辺監督には2008年日本シリーズ第七戦、昨年のプレイオフ一回戦のような采配の冴えが見られないまま終わったとしか言えないです。

 初めてのポストシーズンに関わらず、四イニングを一点に抑えるロングリリーフを果たした野上、9表打者小久保のとき、今まで観戦した中でベストと言っていいウルトラスーパーファインプレーを見せた秋山と来季への期待が少しでも見えたのが収穫かなと思います。秋山のプレーなんて、勝敗抜きにしてチケット買ってよかった、いやもっと出しますと言っていいレベル。

 今日からオフに入ります。コーチ人事、ドラフト、トレードとストーブリーグが始まります。本ブログでも、シーズン振り返りから、シーズン中に書きづらかったあれやこれや書いていくのでお楽しみに。

おまけ

 昨日菊池、野上がブルペンで投げているのを見て、札幌での二回戦初戦はどっちが投げるんだろうと考えていました。野上がロングリリーフをやった時点で、勝ったら二回戦初戦は菊池を先発させるプランがあったんだろうね。プレイオフで投げる菊池見たかったなあ



 
スポンサーサイト

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/10/16 21:16] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<ライオンズの悪しき傾向 | ホーム | 偉業ならず>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1157-23761f25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。