スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
時代の終わり
 吉川完封、中田5ランで完敗でした。前回中田に打たれているので、データ見直して今日の試合に臨んだはずですが、それでも打つのが中田の凄さなんだろう。明日勝って2ゲーム差に戻しても、相当キツイと思いますが可能性が残っている限りは諦めたくないので、最後の一頑張りを望みます。

 城島引退には驚きました。

引退を決めた第一の理由は「(ケガをして)キャッチャーとしてもうできないから」

 今年はリハビリで、来年勝負と思っていたので、引退するとは思わなかった。「キャッチャーができないから」という引退する理由には考えさせるものがありました。プレー出来る限りは続けたいと、独立、アジア、マイナーでプレーする選手もいますが、「キャリアハイが望めない、レギュラーとしてプレーできないならプレーする意味がない」とまだできるのにと思わせながらも辞める選手もいます。城島は後者ですね。

 ボロボロになるまで続けるのか、まだできるのにのと惜しまれながら辞めるのかは選手本人が決めることだと思うので、僕はどうこう言うつもりはなく、ただお疲れさまでしたというだけです
 
 城島は「リードが悪い」とか「スローイングが悪い」とか叩かれていたころから観ている選手なので、辞めるのは寂しいものがあります。最初は王監督がコンバートを考えるぐらいのレベルだったとか。そこからベストナイン、ゴールデングラブを何度も取り、五輪、WBCに出場して、アジア人唯一メジャーでキャッチャーを務めるほどになるとは。城島は相当努力したんだろうなと今さらながら思います。

 特に、城島がアジア人唯一メジャーでキャッチャーを務めたことはもっと評価されていいと思います。今、メジャーでキャッチャーを務められそうなアジア人なんて思い当たらない。FA権を取ったのに国内に残った阿部、細川はメジャーには行かないだろうしね。嶋、炭谷がメジャーに行くのはまだまだ想像できないし。

 2000年代初めのホークス三割打線で一番怖かったのは城島でした。松中が三冠取ったシーズンでも、城島の方が怖かったです。敵ながら認めることができる選手でした。それにしても、小久保と同じ年に辞めて、松中より先に辞めるとは思わなかった。城島選手お疲れさまでした

おまけ

 金本、城島が引退、藤川、鳥谷がMLB移籍の可能性とタイガースは今後変革期に入っていくんだろうな。どうチームを再生させられるか、中村GMの手腕が問われます。って中村GMがバファローズ時代監督、GMを務めて強くした覚えがないのは気のせいだろうか
スポンサーサイト

テーマ:阪神タイガース - ジャンル:スポーツ

[2012/09/28 21:23] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<バッドエンド | ホーム | 天王山へ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1142-ce00914e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。