スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
求むイニングイーター
 継投は人数が多くなればなるほど調子の悪い投手が出やすくなる、ロシアンルーレットという典型のような試合でした。先発が6.7回まで投げてもらわないとキツイよ。誰を出しても抑えてくれる層の厚いブルペンだったら、今頃マジックが出ているわけで。

 ライオンズ在籍時の松坂はブルペンに「今日は有休でいいですよ」と言って完投したといいます。「完投してブルペンを休めるのもエースの役割」ということでしょう。そういうことを岸、牧田に望みたいな。来週の博多で完投してみないか

 疲れが出ているのか、長田、ウィリアムズが打たれているのが気になります。岡本篤、十亀が抑えているので、7回岡本篤、8回十亀、ビハインド、6回長田、ウィリアムズと役割を変えてみるのもいいかと。

 ところで、7裏無死一塁打者大松ピッチャーフライはインフィールドフライにならないの?大松アウト、落球により鈴木進塁で一死二塁で再開だと思ったら、大松も一塁セーフで無死一、二塁になったのに驚きました。渡辺監督も抗議に行かなかったから、問題はなかったんだろう。でもなぜインフィールドフライにならないのか引っ掛かる。もしインフィールドフライにならない理由がわかる方がおられたら、ご教授ください

追記

 調べましたら、無死一塁の場合はインフィールドフライは適用されないみたいです。

 今まで、ダブルプレーが成立する状況で、内野フライを打ち上げたらインフィールドフライが適用されると思っていました(汗)インフィールドフライは小学校四年生で理解したと思っていたら、理解できていなかったとは。野球って難しい。野球は球技スポーツの中では最もルールブックが厚いと言われているらしいよ。

スポンサーサイト

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/09/15 19:36] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<今カードから見るライオンズのドラフト戦略 | ホーム | 完投しようぜ>>
コメント
お久しぶりです!
ランナー二人以上で「故意落球を防ぐため」と覚えると分かりやすかったような。
私、無死1塁(俊足のランナー)、バッターランナーが鈍足で、内野フライを打ち上げた時、故意に落球して2塁フォースアウトにする例がないのが不思議でなりません。
[2012/09/17 23:31] URL | 88yasu #- [ 編集 ]
88yasuさん

>ランナー二人以上で「故意落球を防ぐため」と覚えると分かりやすかったような。

 インフィールドフライのルールを覚えた小学四年の僕には「ダブルプレーが取れる状況で内野フライを打ち上げたらアウト」と言った方が覚えやすかったようで、これが修正しないままここまで来ました(汗)

>私、無死1塁(俊足のランナー)、バッターランナーが鈍足で、内野フライを打ち上げた時、故意に落球して2塁フォースアウトにする例がないのが不思議でなりません。

 使えますね。ランナーを足の遅い方に入れ替えただけでも儲けものですし。でもこの手のプレーって見たことないですね。どうしてだろう。
[2012/09/18 21:51] URL | だい #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1130-02e8e210
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。