スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
強い野球、強いチーム
 序盤のチャンスを活かして主導権を掴み、先発はゲームを作って、ブルペンは失点を最小限に留めてゲームを終わらせる。強い野球です。今さらですが、ライオンズは前半戦までとは全く違うチームになりました。

 2裏二死一塁からヒットを打って、返球のスキを着いて二塁まで走った秋山に唸りました。こういうスキを着くプレーをするライオンズの伝統が継承されていて嬉しい。二死二、三塁打者中島でピッチングコーチがマウンドに行って、間を取らないマリーンズのベンチに疑問を感じました。もし中島がヒットを打って四点ビハインドになれば、ブルペンが安定している今のライオンズ相手では致命傷になるのは誰でもわかります。

 その後あっさり中島がヒットを放って4-0。西村監督の勝負勘が冴えていないです。9表打者今江に代打鈴木を送ったのもわからないし。最近の今江は当たっていないと聞きますが今江ほどの選手なら、ラストチャンスを与えてモノにできなかったら、明日スタメン落ちでいいのに。それなら今江本人も納得するだろうし。もう少し、展開というか流れを読まないか。

 一久の力投が光りました。三回終わって被安打五、一失点と不安定だったのが、七回に降板するまで四イニングパーフェクトと別人のようなピッチングを見せてくれました。悪い調子を修正できるのがいい投手といいますが、ここまで修正できるものなんだろうか。改めて、一久の経験値って凄いなと思いました。

 8表に山場が来ました。長田が一点失って、一死二塁でウィリアムズがリリーフ。ウィリアムズがホワイトセルを三振、角中をショートゴロとパーフェクトな火消しを見せてくれました。映像で見ましたが、ホワイトセルを三振に取ったボールは凄く落ちていました。2Mの長身左腕から150キロのストレートと凄く落ちるスライダーを投げられたら打てないです。

 前半戦のライオンズだったら、山場で遭難して負けていました。山場を凌げるようになったのが素晴らしいし、ブルペンの成長を感じます。

 明日はマイケルがNPB初の先発を務めます。おそらくNPBでは最長で3イニングぐらいしか投げたことがないはずので、先発が務まるのかかなり不安です。もしマイケルで勝つ奇跡があるなら、優勝を信じてもいいかもしれない

2012.9.1スコア
スポンサーサイト

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/09/02 00:05] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<国籍を越えて | ホーム | 3ランカウンター>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1118-f4c74d62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。