スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
3ランカウンター
 ホワイトセルが2ランを打って勝ち越せば、中村が3ランを打って逆転。ホームランの打ち合いは統一球導入後少なくなったと思いますが、こういうマンガみたいな展開がプロ野球の楽しさであり、醍醐味だよなあ。四番の優劣が勝敗に直結するのはわかりやすくていいじゃない

 野上はまだ25歳と若いのになぜ6.7回しか投げないと疑問を持ってましたが、今日疑問が解けた気がします。常にボール先行のピッチングしていて球数が多くなるからでしょう。ストライクを取ってカウントを戻せるのはいいけど、ストライクが投げられるならストライク先行の投球をやろうよ。そうしたら球数も減るから完投だって出来るのに。

 野上のあとを受けた十亀、ウィリアムズ、長田、涌井の四人が許したヒットは十亀のヒット一本だけとパーフェクトに役割を果たしてくれました。見ていてウィリアムズ、長田、涌井の安定感、信頼感が日に日に高まっています。 

 全盛時の佐々木、豊田、JFKが登板すると、相手の士気は下がったものですが、ウィリアムズ、長田、涌井もその境地に近づいているような気がします。この三人に名前着けたいな。プロレス団体みたいだけどWOWはどう?

 マリーンズ負け、ホークス、ファイターズ引き分けと三チーム全て離すことができる理想的な日になりました。ライオンズが勝てば、三チームのどこかを離せることができるしと他チームの動向は気にしていないです。まずは(ムリのない程度で)目の前の一戦を取らないと。

 ガッツボーズで荒ぶるレオがカッコイイ。中村の3ランで壊れないファンっていないよね。2ランを3ランで返すってマンガだよ。
2012.8.31スコア

 今日気づいた稲尾ボード。一塁内野の日本一ボードの隣にあります。稲尾さんが見ていると思うと、いい加減なプレーは出来ませんね!

稲尾ボード
スポンサーサイト

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/09/01 00:01] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<強い野球、強いチーム | ホーム | 残り33戦戦う心構え>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1117-152c3d89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。