スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
みんなプロレスが好きだった
 昨日に続いてプロレスのことを書かせていただきます。桜庭、柴田参戦表明に思ったことを書こうかと。

 桜庭、柴田以外でも鈴木、船木と総合、UWFからプロレスに移ってくる選手が多いです。これを「ガチで通用しなくなったから、プロレスに戻ってきた」と皮肉を言うのは簡単です。でも、僕は「みんな原点にもどったんだなあ」としみじみ思います。

 Uインター時代新日本と対抗戦をやることを聞いた桜庭は「長州力とできるんですか?」と話したそうです。鈴木、船木も新日本出身ですし、小川直也も金曜8時のワールドプロレスを楽しみにしていたといいます。そう、初めはみんなプロレスがやりたかったんだ

 総合、UWFである程度のキャリアを積んだ後、自分を見つめ直して残ったものが「プロレス」だったことは意外でもなんでもないでしょう

 G1に出た面々に桜庭、柴田がどう絡んでいくのか楽しみです。順当に考えると、桜庭・柴田組が1.4ドームでIWGPタッグに挑戦ですが、それを引っ繰り返すのも面白い。この二人をどう使うか、木谷会長の手腕が問われますね。
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

[2012/08/14 21:35] | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<いざ聖地へ | ホーム | 国技館に金の雨が降った日>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1104-1b1e8c1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。