スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
ポスト88年組対決
 今日は7/8イーグルス戦のレビュー。菊池×釜田の若手同士のマッチアップでしたが、結果は両者ノックアウトとプロの洗礼を味わうことになりました。

 菊池は「先週のファイターズ戦はなんだったの?」とクビを捻るほど悪かったです。好投しても、次にノックアウトされたら評価が下がるのがプロの世界。100点を取ることは望みませんが、コンスタントに7.80点を取らないとローテに定着できません。

 5表に喫した牧田の2ランが余計でした。あの2ランがなかったら、5回3失点ギリギリ及第点で終わったのに。去年の菊池はいつも試合を作っていたイメージが強いので、ここまでわかりやすくノックアウトされたのは初めてでしょう。ノックアウトされないピッチャーなどいないので、この試合をいい経験にして、ローテに入ってくる後半戦に臨んでくれたらと思います。

 釜田も楽しみにしていましたが、印象に残りませんでした。5 1/3回、被安打9、失点4じゃ記憶に残りませんね。釜田はまだルーキーなので、菊池同様この試合をいい経験にしてくれたらと思います。マー君がダル、涌井、岩隈を越えようとしたように、いずれは菊池、釜田も球界の中心に座りつつある88年組と世代闘争をしていかないといけないし。そうじゃないとプロ野球は盛り上がりません。

 この試合を決定づけた6裏も語らないといけないですね。ハウザーを見たときは、左サイドで右バッターのインコースにクロスファイアを投げられたら手が出ないなと思っていたら、栗山、片岡に連打を喰らってノックアウト。そもそも左サイドでストレート150キロ出るなら日本に来ないよね。打ちづらそうなピッチャーだけど、なにかしら悪いところがあるんだろうな。

 後を継いだ橋本も最悪でした。中島死球、ヘルマン死球、暴投、カータータイムリーってなにしに来たのかと。ドラゴンズ一次政権時の星野だったら、ベンチ裏でボコボコにされています。いかに中継ぎが頼りないと試合にならないかがよくわかりました。まあ交流戦までのライオンズはこんな試合ばっかりでしたが。

 大石にプロ初勝利が着きました。球速は出ていませんが、ファール、空振りを取れていた印象があります。球速じゃなくて、ファール、空振りを取れる実用的なストレートを求めているかもしれません。来年以降は十亀、大石で8.9回を任せられたらよしと思っているので、大石の今後も楽しみです。

珍しい外国人三人並ぶスコアボード。ピッチャーが外国人だったら四人だね。インターナショナル。  
外国人三人

8回中5回で得点できるのは理想。ビッグイニングもいいけど、小まめに得点して相手の心を折るのもいいね。

2012.7.8スコア
スポンサーサイト

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/07/17 21:03] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<2013年WBCについてあれこれ | ホーム | 想定外>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1078-cbef77b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。