スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
八回忌
 日テレはテレ朝W杯予選に惨敗覚悟で巨人戦やる度胸はないのかねえ。とグチりながらTVKの横浜戦見てました。最近TVKでナイターを見る機会が多いので、横浜の選手を覚えてきたぞ。そろそろ熱き星たちよをソラで歌えるようになるかもしれません。

 試合中ファイターズの応援団が、白いボールのファンタジーを歌っていたのを聞いて、交流戦は近鉄バファローズ(現存のバファローズとまぎわらしいので、以下近鉄)の犠牲の元に成り立っているという事実を思い出しました。あの騒動は忘れちゃいけないでしょう。

 あの騒動で思い知らされたのは、「プロ野球チームは文化財ではなく、興行。つまり稼げないと潰れる」ということでした。近鉄と同じく経営に問題を抱えていたホークスが生き残って、近鉄が潰れた理由は、ホークスは稼げるコンテンツなので救えたけど、近鉄は稼げないコンテンツなので救えなかったということでしょう。大阪ドームが毎日フルハウスになっていたら、どこかの企業が手を挙げて近鉄は救えたはずです。

 プロ野球は稼げるものが強く、稼げないものは救えないというマーケットの論理で動いていることがあの騒動でよくわかりました。あの騒動の後、稼げるようにならないと生き残れないとパリーグの意識が変わっていったと思います。

 稼げるようになるには、球場に来てお金を落としてくれる地元のお客さんを大事にしないとと、六チーム中五チームがチーム名に地域名を入れるようになりました。地上波が着かなくても、ネット環境さえあれば毎日試合を見れるようにしようとネット配信もやるようになりました。あの年売却手前まで追い込まれたライオンズは黒字を出すようになりました。

 セリーグが関東から広島までしかチームが無いことに比べると、パリーグは札幌、仙台、関東、関西、博多とチーム分散したこともいいことでしょう。あの騒動と比べると露出も上がったし、交流戦、日本シリーズの戦績でセリーグを圧倒しているので、実力のパ、人気のパになりつつあるといっていいでしょう。

 好きなチームを失う悲しさは想像もつかないので、軽々しく言えないことを承知で書きますが、あの騒動はパリーグにとってプラスになったと思います。

 あの騒動を知るファンとしては、一年に一度でいいからあの騒動を思いださないと近鉄に申し訳ない。あの騒動を過去にしたらいけない。そう思って今日は書きました。

 明日は色々あって東京ドームではなくハマスタに行って来ます。紀洋見てきます。
スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2012/06/08 22:14] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<王朝の終わり | ホーム | オーティズ来る>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1055-c3401f05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。