スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
二塁守備について思ったこと
 どんなチームだってホームなら勝率五割を上回るのが常識なのに、五戦全敗はありえないな。お客さんの入る土日は勝とうよ。どんなに営業がファンサービスを頑張っても、チームの勝利に勝るファンサービスは無いんだから。

 0勝3敗防御率7点台の涌井はエースとは言えないな。涌井は元々ヒジを痛めていてオペも考えたそうですが、保存療法を選んだらしいです。不調の原因が保存療法によるものとしたら、即刻オペをしていただきたい。涌井が選手寿命を縮めながらムリして投げることは望んでいる人は誰もいないでしょう。

 これで終わるのもなんなので、二塁守備について思ったことを書きます。

  
ライオンズ二塁守備
バファローズ二塁守備

 上は大引、下は浅村に対して取って原、後藤それぞれの守備位置。見ていて「左打者の引っ張りに対応するために深く守るのはわかるけど、右打者の大引、浅村になぜ深く守る?」と疑問でしたが、あっさり解けた。二塁は一塁に近い。

 つまり、一塁に近いだけ肩の強さは要求されないので、深く守ることができるし、そもそも右方向のヒットは内野安打より外野に抜けるヒットの方が遥かに多い。だったら、深く守って外野に抜けるヒットを防いだ方がいいってことでしょう。納得です。

 誰か忘れましたが、二塁手は肩の強さを要求されない分、正確なスローイングが要求されるって言っていました。日本人は肩は強くないけど、スローイングは正確だし、データ、状況に応じたポジション取りはお手のものだからとカズオ、岩村がメジャーで日本では守ったのを見たことが無いセカンドを守らされたのもわかります

 川崎、西岡もセカンドを守るならレギュラー定着できる可能性が高まると思いますし、中島がメジャー行きを諦めていないなら、セカンドの練習をした方がいいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/04/15 19:50] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<ジョバー結構! | ホーム | タイガーマスクに見るマット界の移り変わり>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dai0711.blog113.fc2.com/tb.php/1011-ccb5e48b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。