スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
現代版仁義なき戦い
 前々からNFLは「世界で最も成功しているスポーツビジネス」と聞いていたので、「ドラフト・ディ」を見てきました。序盤でGMってやるもんじゃないなと思いました。ドラ一を誰にするかだけで頭が痛いのに、オーナーから「スプラッシュ(お客さんを沸かせられる攻撃的な選手という意味でしょう)を浴びせられる選手を取れ」と圧力を掛けられて、監督からは「QBは選手がいるからいらない、そもそも有望株を取るために向こう三年一位指名権を渡すなんて馬鹿げている」と突き上げられて、正QBを張っている選手からは「俺がいるのになぜQBを取る?取るなら出て行ってもいいんだぞ」とキレられるし。これじゃ彼女が妊娠しても、「今日だけは喜べない」というヒドイセリフを吐くのもわかります。

 おそらくGMに向いている人は周囲の顔を立てながら、自分の意見を通す調整型の人なんだろうな。「俺の言うことを聞け」と独裁的にやれるのはビリー・ビーンみたいに誰もが認める圧倒的な実績を出した人だけだろう。

 NFLのドラフトって、弱いチームから指名する完全ウェーバー制なんだけど、指名権をトレードできるのがGMの腕の見せ所だろうね。例えば松坂、田中、藤浪のような初年度から10勝以上挙げられる甲子園スターがいたら最初の指名、全体一位になることが目に見えますが、来年以降のドラ一指名権とか現在所属している選手を譲る代わりに指名順を変えてもらうことができるわけです。

 そこに駆け引きが発生すると。見ていてこれは頭を使った仁義なき戦いだなと思いました。つまりルーキーを取るときルールをいっぱい作ると駆け引きが出来るから、見ていて面白いし、「あのクラスを取るためには来年度のドラ一指名権を譲ってもかまわないのに」とファン同士で語り合えるし、「わざわざドラ一指名権を譲って取ったルーキーはなにもの?」とプレーする前から興味が湧くしと興行、エンタメ的にもよく出来ています。NFLドラフトの仕組みを作った人は天才だな!

 向こう三年分のドラ一指名権を譲ってもらって狙っていた選手を指名しないことで、ドラフトに混乱が起こるところは面白かったです。「補償を出したのに取らないのは知らない欠点、もしくは問題があるのでは?」と考えて他球団も指名を見合わせますし、「元々QBを取る予定がなかったのに、取れと言われても」という理由もあったのでしょう。こういうところが駆け引きだよねえ。

 NFLドラフトのいところは会議中の指名する選手を決める10分間でも駆け引きができるところです。思わぬ事態にとまどっているGMに、「向こう三年のドラ二指名権を譲るからドラ一指名権を譲って」と誘うところは悪魔的なものを感じました。どうやらNFLの世界ではお人よしの類の人間は生きていけないみたいです。

 見ていて面白かったのはドラフト会議そのものがショーアップされているところですね。雰囲気がアカデミー賞の会場みたいでファンに開放しているNPBドラフトの比じゃないです。「NFLはエンタメの世界なんだから楽しまないと」ということでしょうね。指名される選手も会場の控室にいるのは驚いた。なんでも控室でユニフォームを渡されて笑顔で写真撮影されるのも珍しくないとか。

 NPBドラフトもこんな風にやらない?前に挙げた松坂、田中、藤浪クラスが取れるなら翌年のドラ一指名権を譲ってもかまわないし。全体一位を巡って六位チームと熱い交渉、駆け引きというのも見て見たいような。

おまけ

 最近映画熱が戻っていまして、二月は「フォックスキャッチャー」、「アメリカン・スナイパー」を見るつもりです。だんだん映画の話題が増えていって、野球ブログから映画ブログに変わるかもしれません。元々のブログの主旨が「自分の書きたいことを好き勝手に書く」というものなので、映画ブログになるのも一興かなと思います。
スポンサーサイト
[2015/01/31 22:13] | サブカル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
一、二軍班割りに見る春キャンプ
 あさってからキャンプなので、一、二軍の班割りの感想を書きます。

 田邊監督はキャンプで競争を打ち出しているそうです。ルーキーが全員二軍にいるところを見ると、これはリップサービスではなく本当でした。一イニングもプレーしていない人間は一軍扱いできないということですね。普通、「スカウトが一番評価を出したなら見て見たい」と即戦力扱いされない高卒でもドラ一は一軍入りしますし、大卒、社会人の上位指名者は即戦力になるからと一軍に入れたがると思うのですが。発言に責任を持つ田邊監督はさすがです。

 昨年一軍でプレーしていない福倉を一軍に入れたのは秋キャンプから、ウィンターリーグまで見た上での抜擢でしょう。同じ鹿児島県民として応援したいです。昨季一軍でプレーできなかった坂田が一軍に入ったのが意外でした。ホームランが打てる左バッターという立ち位置にはがいますし、年齢的にもラストチャンスに差し掛かっているので頑張って欲しい。

 二軍メンバーの中で一番危機感を持っているのは西口なんだろうな。開幕までに間に合わせてくれたらいいからとベテランが二軍スタートというのは多々ありますが、昨年未勝利だった西口にはあてはまりません。むしろ、二軍から一軍メンバーを蹴落とさないと一軍に入れない窮地、背水の陣という言葉しか思いつかないです。

 今季の密かな楽しみとして、西口、松坂、涌井のライオンズ歴代エースのバトルロイヤルを期待しているので西口は一軍に入ってローテの一角に入ってもらわないと困ります。ベテランのもう一頑張りを期待します。

 最近野球、ライオンズに対して冷めている自分がいましたが、やっぱり野球とライオンズが好きなんだなと書いてて思いました。

おまけ

 一週遅れましたが、ドカベンドリームトーナメント編に極道くんが参戦したのが嬉しかったです。というのは、子供の頃「極道くん」を読んでいましたし、親にコミックス買ってもらったぐらいでしたから。今のドカベンって昔の読者を呼び戻しているし、新しい読者が昔のキャラを知るために過去作品を読みたがるとWinWinになっているじゃない。

 ということで、昔の作品を再販してはどうか。「Major」がかなり影響を受けて、水島作品の中でも泣けると言われている「球道くん」を再販したら買います
[2015/01/30 22:09] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
NPBが新日に学ぶ日
 部屋のスペースの都合上モノを増やしたくないので、本は図書館で借りるようにしているのですが、「木村政彦は~」のように「文庫化したら買おう」と思うこともあります。「球界消滅」もその類でした。

 細かい話は初めて読んだ時の感想文に譲るとして、なぜNPBとMLBの経営規模が全く違うのか?と疑問に思いながら読み進めるうちに、NPBの野球協約に「プロ野球は文化的公共財」と書いているのに対して、MLBの野球協約には「国民的娯楽(ナショナル・パスタイム)」と書いてあることに気づきました。答えはそこに全てあります

 2004年のバファローズ・ブルーウェーブの球団合併のとき、「近鉄バファローズが吸収合併されるのは、お客さんが入らずに興収が上げられないから」という事実を見て見ぬフリをしたことについては自戒を込めて書きます。もし近鉄バファローズがお客さんが入って、興収が上げられるならホークスを買収したソフトバンクのようなホワイトナイトが現れたでしょう。

 つまり、プロ野球はエンタメ産業なのだから、お客さんが入らずに興収が上がらないなら最悪チーム消滅もありえるということを頭に入れた方がいいです。ドジャースのフロントはエンタメ産業を学ぶためにディズニーランドに行くという話を聞いたことがありますが、これには「ディズニーランドはエンタメ産業として、競合相手の一つだから、ディズニーランドからお客さんを奪うぐらいじゃないといけない」という意図もあると思います。

 今新日本プロレスの人気が上がり続けていると聞きます。お客さんも入るようになったし、本屋に行ったら新日本プロレス関係の本も多いですし、新日復興についてビジネス誌で特集を組まれるほどと聞きます。NPB機構、球団関係者含めて「プロレスのチケットはプロ野球のチケットより遥かに高いのに、なぜ新日にお客さんが入る?」と疑問を持って、新日視察に行った人間はいるのだろうか。もし「親会社になったブシロードがお金を出すようになったから、新日は復興している」ぐらいの考えしかないのなら、NPBの将来は暗いと言うしかないです。

 NFLは大相撲を参考にして、強いチームは強いチームと戦わせて独走するチームを出さないようにすることでシーズンの興味を持たせていると本作に出ています。NFLが大相撲を参考にするなら、NPBが新日を参考にするぐらいはやっていいと思うけど。

 長くなりそうなので、続きはまた書きます。
[2015/01/26 21:37] | サブカル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
センバツ前に見たい映画
 「台湾で戦前台湾代表として甲子園に出場した話を撮っているらしい」と聞いて一年余り、やっと「KANO」を観てきました。よく「映画に期待しすぎるとガッカリする」と言いますが、想像以上に感動しました。映画を観て泣いたことが少ない僕が泣いたぐらいです。

 永瀬正敏演じる近藤監督の下で甲子園目指して練習に励む嘉農の選手を観て、「甲子園に行きたいという気持ちは現代と1930年代も変わらないんだな」と思うだけで目頭が熱くなります。嘉農の選手たちの顔つきも近藤監督就任時と甲子園予選、甲子園本選では変わっているし。これは演出というより、役者として成長したからできた、つまり映画での選手の成長と役者本人の成長もリンクしているかなと。

 嘉農が甲子園に出場したとき、嘉義市民がみんなで嘉農戦をラジオで聞いているところは、僕が鹿児島にいたときイチローと松井しか知らないおばちゃんでも鹿児島代表が出る日は熱くなっていた頃を思い出しました。上京して最も驚いたのは、誰も東京代表の結果を気にしないところでした。職場の先輩にこの疑問をぶつけたら、「関東、特に首都圏の人間には郷土愛はないから」とあっさり返されていたっけ。

 連投で指先に出来た豆を破って出血しながら投げるツァオ・ヨウニン演じる明を見ると、「高校球児の連投を心配するのは今も昔も変わらない」と思いましたし、「高校時代もっと投げるのを控えていたらケガせずに済んだ、もっと多く勝てた」と発言する選手が皆無というところを見ると、「甲子園のマウンドには立った人間しかわからない魅力があるに違いのだから、連投を批判するならその魅力を知らないといけないのでは?」と思っています。バムガーナーがワールドシリーズで二度先発、一度リリーフに立ったのも軽々しく批判できないです。、チャンピオンリングの魅力はメジャーリーガーにしかわからないからだろうし。

 「決勝戦はお前のものだけではないのだから、降板しろ」という捕手の意見も正しいと思いますが、「ここで降りたらなんのために今まで頑張ったかわからないから」と続投を望む明とそれを容認する近藤監督の気持ちもわかるのでただ応援するしかない場面でした。

 観終わって思ったのは、近藤監督は人種の違いを考えず全員等しく扱ったなということでした。人種が混ざっているチームで、偏見を持たず、全員等しく扱うのは想像以上に難しいはずです。そこを全員等しく扱うことでチームワークを作った近藤監督のチーム作りって凄いなと。

 80年前も現代も変わらず高校球児の憧れであり、野球ファンを引き付ける甲子園って凄いなと改めて思います。甲子園こそ、日本が世界に誇っていいスポーツイベントかもしれない。センバツが楽しみです!

 
続きを読む
[2015/01/25 20:58] | サブカル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
失望からの2015年
 VBA合格から一日経ちました。VBAの学習をしなくていうということは、夜が長いということですね。せっかくご褒美で「球界消滅」買ったから読まないとね。

 久しぶりにライオンズのことを書きます。ハッキリ言いますが、優勝はない、プレイオフに行けたら上出来ぐらいの評価しかしていません。というか、オフのライオンズを見ていると失望ばっかりなんですよね。それを書きます。

 年明け最初の話題は髙橋光成が私服で入寮したことでした。これを聞いたときはホントにガッカリしましたね。新人が入寮して最初にやることは、チーム関係者、同じ寮に住む先輩方に挨拶することでしょう。だったら私服より制服で挨拶させた方が無難というか、いい印象を持つのに。

 プロ野球は実力の世界と言われていますが、遠征、オフの表彰式、契約更改ではスーツ着用と一般社会と同じく固い部分があります。月間MVP、オールスター選出の記者会見でユニフォームを着るのも、野球選手の正装はユニフォームということだし。

 こういうことを教えるためにも、入寮は制服でやって欲しかった。入寮時に高校生は私服で、大学生、社会人はスーツというのはおかしいということは考えなかったのだろうか。髙橋入寮と同じ頃に巨人の岡本が制服で入寮したという話を聞いて、さすが巨人はしっかりしている、それに比べてライオンズは。両チームの2008年以降の優勝回数の差がここに出ているとガッカリしました。

 今季のスローガンで「ガチ、マジ」という言葉を使っているのもガッカリしました。真剣勝負しかないプロ野球には真剣勝負を意味する隠語はないというのは間違いだったか。昨季は本気でやっていなかったとでも言いたいのだろうか。そんなチームを応援していたのが情けない。チケ代返せ。チームスローガンは一年通じて使うものなので、もっとしっかり考えてはどうか

 今季のライオンズって髙橋光成と森の十代バッテリーしか見どころないかもしれないなと思っています。それが覆ってくれたらいいけどね(ため息)
[2015/01/18 22:38] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
勝ったぞ!
 やっとVBAの資格を取りました。学習を始めたのが去年の5月だったことを思えば、長い戦いでした。夏には取ると豪語していたのは我ながら甘かったなと(汗)

 合格点700点に対して、得点733点なのでヒヤヒヤしながらの合格でした。もし、一、二問落としていたら不合格だったと思います。

 勝因はわからない問題が出ても「合格点700点らしいから、300点は落としてもかまわない」と割り切ったのと、「最低でも700点は取らないといけない」と粘ったことですね。問題を一通り解くのに20分掛かりましたが、「あと30分は見直しに使える」と試験時間50分をフルに使いました。割り切りと粘りは矛盾しているようですが、勝てたからいいです。

 VBAの学習に時間を取られていたので本ブログも更新できなかったのですが、勝ったのでどんどん更新していこうかと思っています。新日1.4東京ドームのルポも書いていないし。

 実はこの試験を12月に受けるつもりですが、風邪を引くわ、腰を痛めるわとサンザンだったので翌年の今日に持ち越していました。去年からの課題をやっとクリアしたのでホッとしています。やっと年が明けた気がするな

取ったぞー!
[2015/01/17 21:16] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
名手海を渡れず
 ご存知のとおり鳥谷はメジャーに行かずにタイガースに残留しました。これにはショックを受けましたね。鳥谷は全試合出場、打率三割、ゴールデングラブ、ベストナイン獲得と結果を出したのに関わらず、メジャーからはまともなオファーがなかったことを意味しているからです。これだけ結果を残したのにメジャーに行けないのなら、内野手のメジャー挑戦は絶望的と言っていいです。

 鳥谷の四球が多く出塁率が高いのはビリー・ビーンの好みに合う選手だと思うのですが、中島のトラウマがあるからオファー出さなかったんだろうな。

 鳥谷が「チャンスがもらえるだけでもいい」とマイナー契約、招待選手として行くこともできたと思いますが、34歳の鳥谷がマイナーから這い上がるのは難しいし現実的ではないでしょう。鳥谷の年齢を考えると、五分の成績なら若い選手を抜擢するはずなので、相当結果を残さないとメジャー昇格はないと言っていいです。鳥谷がメジャー行きを断念したのはこの理由もあると察せられます

 青木が30歳で渡米したことを考えると、鳥谷もあと3.4歳若かったらと思うと残念です。高卒の場合FA権を30歳前で取れるのに対して、大卒がFA権を取るときは30歳を越えてしまうので、メジャーに行きたいなら大卒は不利ですね。大卒で将来メジャー行きを視野に入れてプロに入る場合は、ポスティング可のチームに入ったほうがいいでしょうね。どうしてもメジャーに行きたいなら、田沢のように直接行けという話にもなりますが。この問題は追って考えたいと思っています。
[2015/01/10 22:58] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
棚橋弘至に見るライオンズの弱点
 一昨日の東京ドームは面白かったです。ルポは後日詳しく書くとして、一番印象に残ったのは、負けて泣きながら引き上げるオカダに向かって棚橋が「IWGPは遠いぞ!」と一喝したところです。

 これは敗者に追い打ちを与えるというより、新日のトップである俺を越えたら新日のトップに立つことになるのだから頑張れ!という叱咤に聞こえました。新日を引っ張って、オカダの壁になる棚橋が凄くカッコよく見えた。ところで疑問、ライオンズには棚橋のような選手はいたのだろうか

 松坂がメジャーにいかなかったら涌井、岸、牧田、菊池に「エースは遠いぞ」と言えたし、カズオがメジャーにいかなかったら中島、浅村、金子、永江に「ショートは遠いぞ」と言えたし、和田が移籍しなかったら中村に「中軸は遠いぞ」と言えたし、細川が移籍しなかったら炭谷、森に「捕手は遠いぞ」と言えたでしょう。チーム内で世代間抗争をしながら他チームと戦えたらライオンズの優勝回数はもっと増えたと言い切ります。

 98年以来ライオンズの優勝は独走かプレイオフからの逆転で、競り合いを制したことはありません。前々からなぜライオンズは競り合いに弱いのか?という疑問がありましたが、やっとわかった。主力クラスの選手が移籍してばかりで、壁にならずに若手にポジションを明け渡しているようでは、勝負強くて逞しい選手が育つわけがない。黄金時代の頃はFAは無かったしね。

 複数年契約を結んだ岸、中村、栗山はまだベテランとは言えない年齢ですが、将来的には「俺を越えてみろ」と若手の壁になって欲しい。もちろんポジションを明け渡さないまま引退してもかまわないし。

 今年のライオンズの最大の見どころは炭谷が森の壁になるか?ということです。炭谷が森に越えられて正捕手の座を明け渡すか、大きい壁として森を退けて正捕手の座を守るか、楽しみです。
[2015/01/06 23:01] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
1.4ドームレビュー
 仕事始めを無事終えたので、明日は初詣と1.4東京ドームに行くつもりです。ということで、1.4レビューを

 IWGPインタコンチ戦 中邑×飯伏

 「こう来るか」と唸ったカードです。IWGPインタコンチは外国人とか他団体、フリーの選手と取り合うIWGPヘビーとは毛並みの違うベルトだと思うので、DDTと新日本の両団体に所属して、ウェイトはジュニアヘビーに入る飯伏が挑戦するのはアリでしょう。

 一昨年の対戦は中邑が飯伏を挑発的に蹴りを入れたら、飯伏がキレるという展開で年間ベストバウトを取った試合でした。今度は飯伏が中邑を挑発してキレさせたら面白いかなと。キラー中邑が見たいような。

 IWGPヘビー戦 棚橋×オカダ

 昨年オカダがG1を取った時、来年のドームメインはAJ×オカダだと思っていました。G1終了時に1.4ドームのメインが決まると、秋のシングル戦線の興味が薄まってしまうので、AJから棚橋がベルトを取ってオカダを迎え撃つのもありかなと。来年はG1覇者がIWGP挑戦権を取られたりして

 39歳の棚橋が26歳のオカダに負けると、世代交代という言葉がチラついてくるので残酷なカードを組んだなと思ったりもします。世代交代なるか、阻むか、見届けてきます。

 丸藤参戦は驚きましたが、第三試合という扱いはもっと驚きました。GHCヘビー王者であり、ノアの副社長である丸藤が第三試合に出ていいのだろうか。棚橋、中邑、オカダが他団体に参戦する場合はメインかセミを用意するだろうし。

 なにかノアの地盤沈下を見るようで辛いものがあります。僕が学生の頃は新日派と全日派でファンが分かれていたけど、今は新日一択の時代なんだな。興行戦争という言葉が死語になるのもどうかなので、今年は新日以外の団体の頑張りを期待したいです。って1.4とはズレたオチじゃないか!
[2015/01/03 21:52] | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
あけおめです。
 今年もよろしくです。毎日出歩いていた去年と違って、今年はほぼ家から動かない静かな年末年始を過ごしています。腰と足を痛めて外出を控えているのもありますが。でも、「ゴーン・ガール」は観に行きました!

 明日、あさっては出勤なので、人より少し早い仕事始めになります。2015年の運命を占うつもりで明日は出社せねば!(大げさ

 今季のライオンズですが、補強の失敗と何を意図しているかわからない外国人の人選を見る限り、今季も厳しいかなと思わざるを得ません。日本一を取った2008年も下馬評が低かったことを思えば、下馬評を覆す活躍を期待したいのですが。

 今年も更新頑張りますね!

おまけ

 昨日のリゴンドー×天笠戦で、天笠の男気を見ました。リゴンドーからダウンを奪ったときは、アップセットを期待しました。試合後天笠がリゴンドーから写真撮影に招かれたのを見ると、天笠の戦いがリゴンドーの心を打ったと思います。リゴンドーが天笠の勇気を称えるコメントもあったし。

 2014年の年間ベストマッチはナルバエス×井上だと思いますが、心情的にはリゴンドー×天笠に与えたいです。いい試合でした。
[2015/01/01 22:19] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。