スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
リアクションなし
 ウン年ぶりにプログラム言語を勉強したり、読書したりと忙しい今日この頃みなさんどうお過ごしでしょうか。交流戦のセリーグ主催試合は見ることができないから、勉強に集中できると考えたらいけないですね(汗)

 先週、自民党がエクスパンションを提案するという凄い出来事があったのですが、反響が今一つないことに驚いています。だって、球界関係者がコメントを出したのは、星野、中畑監督しか見てないもん。コミッショナーとか、球界の一大事には口を挟まずにはいられないあの人とか、嶋選手会長とかのコメントを見ないのは疑問を感じます。球界中に緘口令でも敷かれているんだろうか。

 今日売りの週刊ベースボールを読んでみたら、エクスパンションに全く触れていないのにあ然としました。後追いでいいから、エクスパンションの記事をとりあえず書いて、後日エクスパンションを提案した自民党、候補地に挙げられた自治体の知事、市長、コミッショナー、嶋会長のインタビューを取って、「MLBのエクスパンションはどう行われたか?」という実例を示すという、特集記事を書いてくれるよね、小林編集長!

 僕は長くプロ野球を見てきたつもりでも、エクスパンションは経験したことがないので、ワクワクしているんですけどねえ。僕と世間の間に温度差があるんだろうか。
スポンサーサイト
[2014/05/28 22:34] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
カリビアンデー
 疲れる試合でした。岸が7回を乗り切ってくれたら、もっとスッキリ勝てたのに。バレンティンの2ランを防いで、7回4失点で乗り切ったら、疲れる試合にはならなかったのですが。8回に被安打2、四球1の無死満塁で降りた豊田が誤算でした。豊田が一、二失点で凌いで、8回を終えられたら疲れる試合に(略)

 今日はアブレイユ、メヒアの両外国人につきます。アブレイユの四安打には驚きました。支配下登録二日目で四安打を記録した育成選手っているんだろうか。ライオンズで育成から一軍に上がったのはアブレイユが初めてなので、そういう意味ではアブレイユはライオンズの歴史に残ったと言えるでしょう。

 アブレイユは三塁打、盗塁と脚力もあるところも見せました。体格は細い印象がありますが、スピードを活かすという意味では、体重を増やさない方がいいかもしれません。日本屈指の5ツールと言われる糸井も細いしね。

 これからアブレイユは木村とライトのポジションを争うことになるでしょう。開幕前、木村とアブレイユがポジション争いをするなんて、想像する人っていたんだろうか。ホントにプロ野球って面白いなと感じます。

 同じく四安打を記録したメヒアもお見事でした。4裏の三塁線を破った打球は、当たったらケガするだろうなと思わせるほど、強い殺人的な打球でした。打った瞬間に長打を想像できる選手って、カブレラ以来だ。ホントにいい選手取ったなと思いますし、最初からメヒアがいたらと思わなくもありません。

 開幕以来、最下位が定位置になったライオンズですが、メヒアとアブレイユが起爆剤になってくれたらと願うばかりです。

2014.5.24スコア
[2014/05/24 22:52] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
エクスパンションなるか?
 NPBの12チーム制になったのは50年前ということを聞いていたので、「50年も定数が変わらないのもどうかだから、エクスパンションをやって欲しいな」と思っていたら、意外なところからエクスパンションの声が。

アベノミクスの成長戦略に、プロ野球16球団構想も加わりそうだ。政府が6月中にまとめる成長戦略に、プロ野球の球団数を現在の12から16に増やすことが盛り込まれる見込みとなった。

 エクスパンションが政府主導のプロジェクトになるとは思っていなかった。MLBのエクスパンションは、フロリダ、コロラド、アリゾナ、タンバとMLBチームのない空白地にできたことを思うと、NPBのエクスパンションもNPBチームのない空白地にできると想像されます。

 人口100万人ぐらいの土地を本拠地にして、資金、イメージ的に健全と思われる企業が手を挙げるのがエクスパンションの最低条件になるでしょう。いきなり4チーム増やして競技レベルを維持するのは難しいと思われるので、まずは二チーム増やして14チームにするのが目標になるかと。

 もしエクスパンションをするなら、MLBがエクスパンションをしたときと同じく、28人プロテクトした上で、選手を新球団に供出する分配ドラフトをするべきでしょうね。イーグルスも分配ドラフトをしたら、もう少しまともに戦えたのにと思ったものです。

 まず二チーム増やして14チーム制にするなら、増えた方のリーグが注目を浴びるのが目に見えているので、パセ両方に入れて、チーム数を7対7で運営して欲しいです。MLBみたいに、余ったチーム同士で交流戦をやったら、開幕戦から毎日交流戦が見られるので、面白いと思うよ。

 マジック1を着けたチーム同士が戦う最終戦なんてワクワクするじゃない。勝って胴上げ、負けて胴上げで二つの胴上げを見るというシュールな光景も見てみたい。

 エクスパンション楽しみだな!


 
[2014/05/23 22:42] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
交流戦2014
 明日から交流戦!毎年のことですが、交流戦は総合ではない異種格闘技戦的な興奮を感じます。交流戦じゃないと、セリーグのチームや選手を見る機会がないので、楽しみにしてます。セリーグの中で一番興味があるのはカープですね。

 単純にセリーグで今一番強いのはカープだし、もし前田健太が来季メジャーに移籍するなら、見ておきたいし、日本で一番上手いセカンドと言われている菊池の守備が見たい。それに去年カープ戦全敗を喫したので、リベンジしたいなと。カープファンで真っ赤に染まるライトスタンドを見て、「球場ラヴァーズの娘たちは来ているんだろうか」と思うのはお約束

 今年は神宮とハマスタが週末に組まれているので、行こうかなと思っています。ハマスタ参戦は数年ぶりになるので、楽しみです。ハマスタは帰りに中華街でメシが食えるという楽しみもあります(笑)

 交流戦は毎年パリーグが強いと言われていますが、その理由は移動距離でしょうね。パリーグは札幌から博多まであるのに対して、セリーグは東京から広島しかありません。たとえばライオンズの場合、一週間甲子園とマツダに行ったら、あとの関東以外の開催はナゴヤしかないからです。これがセリーグだったら、札幌に行かされて、博多に行かされるので、コンディションを保つのが大変でしょう。

 そもそも、パセが同じようにドラフトで選手を取っているのに関わらず、パリーグの方が強いなんてありえません。だから、移動距離が勝敗を分けているのかなと。

 これを書いている中、頭を抱えたくなる記事を見つけました。

プロ野球のセ・リーグが、パ・リーグとの交流戦について、来季以降の試合数を現行の24試合から半分の12試合に削減するようパに申し入れていることが19日、分かった。

 勝敗もですが、交流戦より通常の公式戦の方が集客できるという理由もあると思います。ライオンズはセリーグ出身のOBを呼んでトークショーをやらせたり、野球殿堂からセリーグのユニフォームを借りてきたり、セリーグのご当地グルメを出したりと集客するために工夫していますが、セリーグはなにかやっているんだろうか。去年神宮に行ったら、スタジアムDJが「ライオンズファンのみなさんよーこそー」と挨拶するだけだったのにガクゼンとしました。

 セリーグは交流戦を減らす前に、お客さんを呼ぶ工夫ぐらいしたらどうだろうか。だからセリーグは巨人とタイガースと(最近は広島だね)に食べさせてもらうだけのニートと嫌味言われるんだよ!
[2014/05/19 23:02] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
41試合目に組んだベストオーダー
 PCにて今季初めて10点越えの試合を観ました。2表の4点は、打線って繋がるものなんだという感動を覚えました。得点圏にランナーを置いても返せない場面を今季何度も見たもので。

 今季41試合目にして、やっと理想のオーダーが組めたと思います。一番秋山に長打を打ってもらって、二番山崎(脇谷、渡辺直人)に繋いで、三番以降栗山、中村、メヒア、浅村で畳みかけて、七番木村で終わらせると。開幕からこういうオーダーで戦えたら、借金は無かったと言い切れます。五番森本とか渡辺直人とか脇谷を観なくて済むと思うとホッとしてます

 初めて再昇格した秋山を見ました。逆方向に長打を打てたのに驚きました。降格前の秋山は弱々しいライト前しか打てなかった。やっと秋山の今季が始まるのかなと。今から打率三割は目指せるかな?浅村の二塁守備もうまくなっていますね。3裏銀次のライト前を追いついてアウトにしたのは唸りました

 二塁守備を見る基準として、ライト前の打球をどれだけ取れるか?で判断しています。片岡は、ライト前の打球をよく追いついていました。今季はムリでも、来季以降ゴールデングラブを取れる選手になって欲しいです。強打のセカンドって、カノーみたいでカッコいいな。

 塩見が4表に8失点を喫しても、簡単には代えないところに星野監督の厳しさを観ました。もし塩見を4回途中で代えたなら、なぜすでに3回6失点を記録しているのに頭から代えない?という疑問が残ります。3回終わった時点で、先攻のライオンズの攻撃があと6回残っていることを考えると、ブルペンの負担を減らすために少しでも長く投げて欲しいと思うのは当然です。

 先発投手は打ち込まれても、ブルペンの負担を思うと簡単には代えられないことを星野監督は塩見に伝えたかったと思います。塩見に4回を投げさせたのは、田中の24勝を埋めるために必要な教育だったと。

 この試合を見ていてガッカリしたのは、外野芝は剥げていて両翼が90mしかない盛岡のショボさでした。近年岩手から菊池、大谷とドラ一を出しているし、昨夏の甲子園では花巻東が四強に入りました。岩手の野球熱を上げるために、もっと野球場をよくして欲しいです。

 地方球場はプロがキャンプ、オープン戦、公式戦で使い、甲子園を賭けた県予選決勝で使うので、地元の野球好きの憧れの存在になると思っています。僕だって、マリーンズがキャンプに使って、プロがオープン戦、公式戦を組んだ鴨池球場に愛着がありますし、鴨池球場の両翼が100mに拡張されると聞いたときは嬉しかったものです。だから、岩手の野球好きのためにもっと盛岡はいい球場になれないかなと。
[2014/05/18 22:13] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
メヒアあらわる
 メヒアの起用は交流戦が始まる来週からと聞いていましたが、前倒しして本日デビュー。メヒアがダメならもう打つ手は思いつかないという、悲壮感あふれる試合でした。メヒアは当たったら嬉しいじゃなくて、やってくれないと困るんだよねと思っていたら、いきなりホームラン

 ネットでメヒアのバットが背中に着くぐらいのスィングを見ていたので期待してましたが、打った瞬間ホームランとわかる一発は久しぶりに見ました。ライオンズの外国人で打った瞬間ホームランとわかる打球を放ったのはカブレラ以来見たことないです。メヒアが最終的にどれぐらいの成績を残すかはわかりませんが、今日の一発を見ると期待するなというのがムチャです。

  メヒアの体格は198cm、112kgと聞きますが、見るとそんなに太いとは感じないです。むしろ痩せている印象があります。脂肪より筋肉が多いんだろうか。体格だけでも期待しますね。

 8表三点ビハインドから脇谷を盗塁させたのは笑えました。二点と引き換えにアウト6つ取ればいい状況で、盗塁されても怖くないと思うんだけど。むしろランナーを動かすことで、アウトカウントが増える可能性が高まるからリスクしかない作戦としか思えない。伊原采配とは何なの?という疑問しかありませんでした。

 スタメンサード大崎というのも疑問しかありません。メヒアの加入で得点力を増したのに、守備力を落としてどうするんですか。「伊原監督は三塁守備を軽視しているのか?」と脇谷、山崎の士気が低下してもおかしくありません。渡辺監督も、外野守備を練習していない浅村、金子を外野で使うことはありましたが、これは二人の打力なり将来性を買うという理由があったけど、大崎サードにはなんの理由も感じられません。伊原さんもヤキ回っているなとしか思えない采配でした。
[2014/05/15 21:44] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
一大事件
 少々のことでは驚かないつもりですが、横浜がグリエルを取ると聞いたときは驚きました。グリエルはWBCや五輪のときに必ず聞く名前なので、キューバ野球を知らない僕でも知っています。現役キューバ代表が来日するのはNPB史上初だと思うので、これは一大事件と言っていいです。

DeNAは13日、キューバ代表の中心選手、ユリエスキ・グリエル内野手(29)=右投げ右打ち=と契約したと発表した

 キューバの現役代表クラスがメジャーでプレーするために亡命するのが後を絶たないと聞くので、「アメリカに行くぐらいなら、日本に行ってくれ」ということで来日を許可したんでしょう。選手も、家族、故郷を捨てて亡命するより、安全に日本に行った方が嬉しいだろうし。

 外貨獲得とかのキューバの政治的な事情も絡んでいるんだろうね。共産国家は世界大会で活躍してナンボみたいな傾向が強いので、「WBC、五輪(復活したら)など世界大会に行かせること」みたいな条項も契約に入っていると思われます。選手を海外に出すことを認めた理由の一つに、キューバが2013年WBCで二次ラウンド敗退したのは、亡命した代表クラスが多々いるので、できるだけ選手を亡命させないで世界大会に参加させたいということもあるでしょう。

 グリエルがどこまでできるか楽しみです。まず日本の環境、日本野球から慣れないといけないので、いきなり打ちまくるとは思えません。もし打てても、二回目の対戦から攻略されるだろうし。二か月ぐらいプレーした夏以降に真価を発揮しそうな感じがするんですよね。カリブの人間は夏好きそうな感じがするし。

 グリエルが前田健太、菅野、オ・スンファンと対戦するということは、毎日WBCやるようなものじゃないですか。興奮してきた。今季の大物外国人はユーキリス、オ・スンファンで打ち止めかと思っていたら、こんな大物が来るとはやっぱりプロ野球は面白いな!

 グリエルのデビューは交流戦になるだろうか。ライオンズ戦で岸、牧田と対戦したら気分はWBCだよ!

テーマ:横浜DeNAベイスターズ - ジャンル:スポーツ

[2014/05/13 21:54] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ご報告
 いろいろあってウン年ぶりにプログラム言語を勉強しています。今までライオンズ戦を見ていた時間を、勉強時間に当てているので、最近はライオンズ戦をまともに見れていません。岸のノーヒットノーランでさえ、スポーツニュースで知ったぐらい。

 ということで、当分は平日のゲームレビューを書くのは難しいです。パリーグTVを音声だけ流しながら、勉強することを試したけど、集中できないのでやめました。僕の場合、音声なしの方が集中しやすいみたいです。

 さすがに、野球観戦を辞めてまで勉強する気はないので、週末のライオンズ戦はできるだけ行きたいなと思っています。休みに家で一人で問題を解くのも寂しいというか、そこまでのストイックさはないです。遊びも仕事も全力でやる板垣イズムでやりたいと思っていますが、さすがに難しいですね。でも、一カード一回は行く交流戦フルコンプを数年ぶりにつもりなので、できるだけ、板垣イズムをやろうかと思っています。

 今後のブログの方針として、伊原監督のヒステリックな試合後のコメントをどうこう書くのも一興かなと思っています。冗談ですが。文章を書くのも気晴らしになるので、なんとかネタ拾って書きたいなと思っています。もちろん週末のライオンズ戦に行けたら、ゲームレビューを書くつもりです。

 以上ご報告でした

テーマ:日記 - ジャンル:日記

[2014/05/11 21:09] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
一幕目終り
 一翔残念。アムナットは強かったです。アムナットの右腕を下げるデトロイド・スタイルを見て、軽量級でこの構えは珍しいなと思ったら、一翔のボディーブローを打ちづらくするデトロイド・スタイルは理に適っていると舌を巻きました。このときから一翔の苦戦を想像しました。

 一翔よりアムナットの方がリーチがあると聞いたので、一翔はアムナットの空いた顔にパンチを打つのも難しかったと思います。一翔のボディーブローと上下の打ち分けを封じたアムナット陣営の作戦勝ちです。前半で主導権を取って、終盤に一翔の攻撃を交わして判定で勝つというのもアムナットの作戦プランだったんだろうし。

 同階級とは思えないぐらい一翔よりアムナットの方が体が大きく感じたのも気になりました。以前辰吉がSバンタムのベルトに挑んで届かなかったとき、「階級を一つ上げて戦える体を作るのは簡単にできることではないから、ノンタイトル戦を一、二戦を挟んで、長期的にSバンタムで戦える体を作った方がいいのに」と言われたことを思い出しました。

 一翔も一、二戦挟んでフライで戦える体を作った方がよかったのに。作戦プランから体作りまで含めて一翔陣営の完敗でした。

 手元にある「Number」で一翔の叔父、元世界王者の弘樹が、「負けたときにどれだけ頑張れるかが大事」と語っているので、これからが一翔の正念場かなと思います。モハメド・アリだって負けてベルトを失ってからが伝説の始りだったので、この一敗で一翔が終りだとは思いません。むしろ、アムナットへのリベンジ、八重樫とのリマッチ、ローマン・ゴンザレスとのスーパーマッチ、井上尚弥とのドリームマッチと再起後の一翔がやることが多くなったから面白くなるんじゃないの。

 一翔が再起して、真のカリスマになり、伝説を作ることを信じます

テーマ:ボクシング - ジャンル:スポーツ

[2014/05/07 22:50] | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
クローザーとショートについてあれこれ
 今日はPC観戦。チャンス潰しまくって、一点が重いまま終りかと思っていたら、6~8回に三イニング連続タイムリーで快勝。もっと早くこういう野球が出来たら借金10を背負うことは無かったのに。

 さすがに危機感を持ったのか、3回に円陣を組んでいたのはよかったです。何度、なぜ円陣を組まない?なぜマウンドに行かないとベンチワークにイライラしたことか

 クローザーは高橋に固定するみたいね。昨季までの実績を踏まえて決めるなら、高橋でいいかと。十亀はいきなりクローザーを任せるより、7.8回を任せて経験を積んだ後にクローザーを任される岩瀬、藤川みたいな起用がよかったのかなと。

 左はワンポイントに使いたいので、左のクローザーは岩瀬ぐらいしかいないのは現実です。でも、クローザーはブルペンのナンバーワンが務めるポジションだと思うので、左腕の高橋がクローザーを務めるのは納得です。高橋はクローザーを務めるなら、セーブ王を取るとか、ジャパンでクローザーを務めるぐらいの選手になって欲しい。応援してます

 昨日、今日とショートのカズオが途中からサードに入っていました。ショートを任せられる選手がわざわざサードに入るとは考えづらいので、カズオにショートはやらせたくないというのを察せられます。カズオは昨季盗塁は一つしか記録していないので、脚力の衰えは明らかでしょう。サードに回すのは脚力は衰えたけど、肩はまだいけるということだし。

 昨季ファーストを務めた銀次がサードに入っているのは、ファーストは外国人のポジションだからなるべく空けたいということでしょう。去年浅村を見て、守備範囲が広いファーストというのもアリだなと思ったので、銀次にファーストを守らせてみてはどうだろうか。銀次がファーストに回れば、カズオもサードに入れるし。

 今年で39歳になるカズオに運動量と身体能力が問われるショートを守らせて、チームキャプテンも任せるのはだと思うんだよね。カズオはサードに回して、キャプテンも嶋か藤田に任せたらいいのに。

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2014/05/06 21:56] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
いつになったら我慢大会は終わるのか?
 昨日、「劇的な勝ち方をしても、勢いが着かないのはどうなの?」ということを書きましたが、ホントでした。昨日今季無失点のクローザー西野から、二点ビハインドからの逆転劇を見せたのに、今日もあっさり負けました

 負けた瞬間にブチ切れて、「いつになったら、我慢大会は終わるんですか!」とヤジってしまいました。ヤジっているのは僕だけ(たぶん)でしたが、甲子園だったらブーイングの嵐なんだろうな。

 一応試合レビューも書いときます。何度もチャンスを作っても得点できないライオンズ、チャンスを活かす相手チームという開幕以来ずっと続いている構図です。前半に一本出ていたら、展開が変わったのにって今季何回思ったんですか。

 伊原監督は少し前に、「今は我慢大会だよ」と語っているのを何かで読みましたが、借金11はすぐ返せるとは思えません。2勝1敗ペースでも、30試合は掛かります。借金を返し終えるときには首位から遠く離れて、プレイオフ進出が目標になってもおかしくありません。ライオンズはプレイオフ進出ではしゃぐチームではない、優勝してナンボのチームと言ったのは伊原監督自身だよね?

 もし借金を返し終えて、プレイオフ進出して、来年も伊原監督が続投するなら、キャンプはみっちり練習させて、紅白戦、練習試合を多く組んでいただきたい。そうそう、フロントにも言いたいことは多々ありますが、もう少し経ってから書くつもりです。まだGWなのに監督、フロント批判なんてやりたくないよ

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2014/05/05 22:07] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
四年ぶりの千葉マリン
 昨日は四年ぶりに千葉マリンに行ってきました。屋外デーゲームはドーム球場より野球を見ている気がするので、好きです。いや、屋外デーゲームを嫌いな人っていないか。
2014.5.3マリン

 試合はあっさり負けました。前日に岸がノーヒットノーランを達成して勢い着いたんじゃないの?と疑問に思うぐらいあっさりでした。岸がパーフェクト・ゲームを達成したり、MLBでもない五打席連続ホームランを中村が打っても、勢いは着かないでしょうね。残念ながらこれがライオンズの現状です。

 土曜に登板しているので、菊池を見る機会は多いのですが、ランナーを出さなかったら無失点、ランナーを出すと失点と、ランナーを出した時の粘りがありません。意識的にパーフェクト・ゲームを達成できる投手などいないので、ランナーを背負った時が投手の力量、能力が問われると思うんですが。

 松坂、ダル、田中はランナーを出したときこそ、打たれなかったしね。菊池にスーパーエースの域に達しろとは言いませんが、もう少し粘ってくれないと勝ち星は増えません。今の菊池の1勝5敗という成績には寂しさを感じます。

 気になったのは、菊池はランナーがいないときでもセットポジションで投げているところです。菊池の持ち味は150キロ近いストレートなんだから、振りかぶって投げてみてはどうかと。振りかぶらないパワーピッチャーなんて魅力がないです。

 頭を抱えたくなったのは、6裏に四点目を取られてから清川コーチがマウンドに行ったところです。四点目を取られるとほぼ勝負が決してしまうので、取られる前、無死二塁のところで行かないとダメでしょう。今のライオンズは、ベンチワークも冴えていないとしか思えません。

 昨日は球場、今日は後半からPCで見ていましたが、ライオンズの選手はスリーアウト目のボールを取った時に、ボールをスタンドに投げないですね。ファンサービスがどうこうという問題ではなく、スリーアウト目のボールが来たらスタンドに投げようと思う遊び心、余裕がないんだなとしか思えません。借金を返済したときは、スタンドにボールを投げてくれるだろうか。

 今日のスタメンを見て「渡辺監督なら今日昇格した梅田を使うよね?」と疑問を持ちました。渡辺監督は、「昇格してきた選手はやる気があるし、他の選手の刺激になるから」と昇格即スタメンが多かったです。伊原監督には、渡辺監督のような起用方針が見えないです。結果に関係なく起用方針を貫くことで、選手が采配を理解するので、チームがまとまると思うんですが。伊原監督はライオンズをまとめているんだろうか

 負けて悔しかったし、屋外ゲームが楽しかったので、8/9の千葉マリンに行こうかなと思っています。去年千葉マリンで行われたライバルシリーズに行けなかったしね。8/9は千葉マリン、8/10は西武ドームでG1クライマックスを見れたら、けっこうな夏の思い出になると思うし。

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2014/05/04 20:13] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。