スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
キャンプ前日に思ったこと
 明日からキャンプイン。NHKでライオンズ南郷入りの映像を見たら気づいたことが。選手のヒゲがないし、スーツ、ネクタイも選手全員同じものを着けています。沖縄入りした横浜はスーツとネクタイはバラバラでした。伊原監督はライオンズを規律あるチームにしたいという思いはホンモノということは伝わりました。

 伊原監督の発言を見てみると、「優勝する」と言っても、「プレイオフに出たい」とは言っていないんですよね。興味深いです。この時期に、「プレイオフに出たい」と選手、監督が語っているのを見て、「それは優勝が絶望的になったときのでしょ。なぜ今そういう話をするの?勝率一位が優勝という現行のルールを知らないはずはないのに」と疑問を持っていました。

 伊原監督は、「優勝しないで日本シリーズに出ても面白くないし、リーグ優勝を逃して日本一になっても誇れない」と思っているに違いないです。ライオンズはプレイオフに出るだけではしゃいでいいチームではありません。
 
 ブレず、妥協しない伊原野球を貫いた結果、秋においしいお酒が飲めることを信じます。でも、伊原監督は「ライオンズはメジャーで言ったらヤンキース」って言ってたらしいけど、「大型補強はせず、育成主体で強い」という意味では、カージナルスだと思うよ。ナリーグで一番優勝回数が多いのはカージナルスらしいしね。

スポンサーサイト

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2014/01/31 22:50] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
木曜はチャンピオンとモーニングの日です!
 3/20売りのチャンピオンにて刃牙が再開するらしいのですが、勇次郎と刃牙の親子喧嘩が終わった今、なにがテーマになるんだろうと疑問です。刃牙は「勇次郎以外とは戦う気がしない」とやる気がないし、刃牙に「地上最強を名のれいッ」と言った勇次郎に魅力を感じることができるんだろうか。

 勇次郎は「人間、動物問わず自分より強いものは認めない」から魅力があると思うんだけど。原作では生きているのに、負けた清十郎は魅力がないと清十郎を退場させた「バガボンド」と同じです。だから、勇次郎と刃牙に魅力は感じないのに、面白くなるのか疑問です。

 無理に刃牙を描かなくても、「餓狼伝」の続きを描けばいいじゃない。巽×象山の頂上対決はマジメに読みたい。

 「グラゼニ」の話ですが、初めて一年通じて一軍完走した選手をポスティングに掛けるとは思えないんだけど。ポスティングって、もうすぐFA権を取る選手に、「FAで0円移籍させるより、移籍金を取った方がいいし、今まで頑張ってきたご褒美」という感じで認めるんでしょ。年俸が高くなりすぎて、「これ以上雇えないから出す」という理由もあるし。凡田がそこまでの存在とは思えないけど。

 でも、60試合以上登板して、防御率一点台というWBCがあったら選ばれてもおかしくない凡田をこれ以上出世させるとは思えないし。今季頑張りすぎた凡田が来季リハビリという展開を予想。大幅アップしても、「プレーしていないから来季25%ダウンは確定、投げられるかわからないから再来年以降も危うい」と心配するのが凡田だよなあ。思い切って移籍させるというのも手かと。凡田、ライオンズに来ないか

テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

[2014/01/30 22:20] | サブカル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
160億円は回収できるか?
 田中の契約に驚かなかった人はいないでしょう。もちろん僕もその一人でした。よかったねと思うより、田中は大変だなと思いました。まだ一球も投げていないのに、7年約162億円というMLB投手の中で五番目にランクされる契約を結んだらいけないでしょう。

 田中の契約は、6年約60億円とされる契約を結んでいるダルビッシュが次回に交わす契約です。これで田中は、「一年目は環境に慣れる年、10勝少し挙げて規定投球回に到達できればよし」と言えなくなりました。一年目から15勝、オールスター選出、サイヤング賞候補入り、タイトル争いに絡むぐらいはやらないとニューヨークのファンやメディアは納得しないでしょう。

 これは田中にとってでしょう。松坂、ダルビッシュと同じぐらいの契約、6年60億円ぐらいでよかったのに。田中争奪戦から撤退した球団もあると聞きます。おそらく、「田中はいい投手だけど、ルーキーに100億円用意するなんて馬鹿げている」という判断でしょう。僕がGMでも同じことを考えますね。

 個人的には過去人種、国籍問わずスターを出して、去年プレイオフに出たドジャース入りを推していました。ヤンキースは補強をしたといっても、カノーとグランダーソンを出しているので、結果がどう転ぶかはやってみないとわからないとしか言えないです。歴史のないチーム、イーグルスを優勝に導いた田中が、伝統のあるチームを再建するのはドラマ性があっていいかもね。サブウェイ・シリーズで松坂と投げ合って欲しいな。

テーマ:MLB - ジャンル:スポーツ

[2014/01/29 22:31] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
相内に対して思うこと
 予告通り相内のことを書きます。前回は、「名前が出た以上進学、就職がしづらくなったので救ってやれないか」と同情しましたが、今回は同情できません

 疑問なのは、「今後不祥事を起こすと、『施設育ちは手に負えない』と施設育ちの子は取りづらくるから、不祥事は起こしちゃいけない」ということをフロントは教えなかったのか?本人は自覚しなかったのか?」ということですね。殿堂入りした人を引き合いに出すのもどうかですが、野茂は「僕が失敗したら日本人はメジャーに行けなくなる」という使命感を持ってメジャーに臨んだとか。相内に足らないのは「不祥事を起こすと施設育ちの子はプロ野球に入れなくなる」という使命感でした。

 この記事を読んで、今季の相内に期待していたので残念です。球団が下したペナルティーにどうこう言う気はありません。ただ、相内に最も傷つけられたのはファンということを考えると、広報を通じて反省のコメントを出すだけじゃ足りません。日曜、タイガース戦とお客さんが入る要素がありまくる、3/16のオープン戦でファンに直接謝罪していただきたい

 野次とかブーイングとか罵声とか飛んでくるでしょう。これを自分への罰だと受け止めない限り、相内の更生はないと思います。

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2014/01/28 22:16] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
チェスの本の次はチェスの映画
 「完全なるチェス」を読んだ影響で、「ボビー・フィッシャーを探して」をTSUTAYAで借りて観ました。この映画は失踪したボビー・フィッシャーを探すドキュメンタリーではなく、「第二のフィッシャー」と言われた実在するチェス少年、ジョシュの話なので、念のため

 でも、ボビー・フィッシャーの映像がところどころに出るので、見る価値はあります。学校の先生がジョシュのことを「チェスばかりやりすぎ」と注意して父親がキレるシーンを見て、「アメリカでは一つの競技に特化した教育はしないんだな」と納得しました

 だって、「MLBとNFLの掛け持ち」とか、「MLBとNFLの両方にドラフト指名されて迷う」という話があるぐらいだから。確かに、「才能が複数ある」ケースもあるし、将来を考えたら勉強もおろそかにはできないので、一つに特化するよりはあれこれやらせた方がいいでしょう。チェスに特化して過激な人生を送ったフィッシャーは反面教師です。

 指したらすぐに時計を止めて、相手がすぐ指したら指し返すチェスのシーンが迫力あります。普通のアクション映画より迫力あったよ。撮り方を工夫したら、ボードゲームでもアクション映画が撮れるんだなと感心しました。

 お金を賭けてストリートチェスをやる人と、まともなチェスクラブで教える人の二人からチェスを教わることになります。ストリートチェスをやる人は「攻撃的に指せ」と教えて、チェスクラブで教える人が「防御を考えろ」と逆のことを教えているのが気になりました。おそらく、ストリートチェスは「引き分けだったら稼げない」と攻撃的に指すことを考えるし、公式大会に出て記録に残るチェスをやる人は「トーナメントで負けて勝率を下げるよりは引き分けで勝率を維持した方がマシ」という考えなんでしょう。立場でチェス、勝負に対する考えも違うのかと考えさせられました

 優勝を賭けたトーナメントの決勝で有利な状況にあるのに「優勝の座をお互い分け合った方がいいから」とジョシュは引き分けを提案します。これを見る限りでは、ジョシュは勝負事には向いてないです。おそらくフィッシャーなら、「有利な状況で引き分けを提案するバカがいるか」と勝ちにこだわるでしょう。勝負事で生きるなら、貪欲すぎるほど勝ちにこだわらないと生きていけないと思います。

 「現在ジョシュは18歳以下のアメリカチャンピオンで、チェスの他に野球とサッカーをプレーし、夏は釣りを楽しむ」と字幕で出るので、「この子は過激な人生は送らないだろうな」とホッとしました。現在30歳後半に達しているはずのジョシュに会ってみたい

 これを撮った監督って、「マネー・ボール」の脚本書いた人なんだね。全く想像していないところで繋がりがあったことに驚いています。

 
 

テーマ:見た映画の感想 - ジャンル:映画

[2014/01/26 20:33] | サブカル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
写真展に行ってきました
 野球の写真展に行ってきました。「メジャーからアジア、中南米、ヨーロッパ、東南アジアと幅広い」と聞いたので、興味を持って出かけました。

 フェンウェイパークとか、PNCパークの写真を見るとため息が出ます。芸術的に美しいし、何度も「おう」とため息が漏れました。メジャーリーグにいつか行きたいですね。

 世界各地の写真を見ていると、どこのファンでも楽しそうなんですよね。野球を楽しむのが基本だなと。ドミニカ代表の喜び方やアメリカ代表が真剣に打ち合わせをしているところを見ると、「WBCにムキになっているのは日本だけ」という指摘は間違っていると改めて思いました。

 ロシア、ドイツ、チェコ、イラン、ミャンマーで野球が行われていることを知って驚きました。失礼ながら、ヨーロッパで野球があるのはオランダとイタリアしか思っていなかったし、東南アジア、中東は全く考えていませんでした。将来WBCで日本はこれらの国と対戦することがあるかもしれません。

 写真を見ていると、野球が見たくなってきました。キャンプイン、オープン戦、プロ野球開幕、センバツ開幕が待ち遠しいです。やっぱり僕は野球が好きなんだなと思いました。今年も思いっきり野球を楽しんでやるからな

テーマ:日記 - ジャンル:日記

[2014/01/25 22:19] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
不完全な人生
 三日間更新しなかったのは、「完全なるチェス」を読んでいたからです。「チェスの知識もないし、翻訳文が苦手な僕が『完全なるチェス』を読むのはチェレンジ」と以前書きましたが、チェレンジは成功でした。そうそう、相内と田中のことはおいおい書きます。

 一読して思ったのは、「ボビー・フィッシャーって難儀な人だな」ということでした。「世界一のチェスプレイヤーになったのに、年収は平均的なアメリカ人の1/5しかない」と思うなら、テレビCM、世界タイトル戦の手記出版などをやれば稼げたのに、「自分を利用して稼ぐ人間がいるのは許せない」という理解不能なことを言って拒否するのを見ればわかってもらえるかと。

 せっかく世界チャンピオンになったのに、防衛戦で「10勝挙げるまでマッチを続けるという、何十局掛かるかわからない恐ろしいルール(羽生善治)」という主張が受け入れられないのを見ると返上してしまうし。「せっかく世界タイトルを取ったのだから、ルールは妥協して試合すればいいのに」と普通は思うのですが、なぜか意地を通すのがフィッシャー。

 世界タイトルを失って20年後に、かつて世界タイトルを賭けて戦ったスパスキーと再戦をしますが、これは当時の世界チャンピオンカスパロフが、「スパスキーもフィッシャーも現役じゃない、脅威でもなんでもないよ」と語ったのに関わらず、フィッシャーは「この試合を世界タイトルマッチと呼べ」とまた理解不能なことを主張します。

 書きながら思いますが、フィッシャーって自己愛、エゴが異常なんですよね。もう少し折れることを覚えたら、たくさん稼ぐこともできたし、世界タイトルを何度も防衛できたし、1990年代経済制裁を受けていたユーゴスラビアでスパスキーとの再戦をしたことで、アメリカには帰れなくなり、生まれ育ったブルックリンから遠く離れたアイスランドで最期を迎えることもなかったでしょう。

 本書の解説で羽生善治はフィッシャーをモーツアルトに例えていますが、昔見た「アマデウス」を思い出すとモーツアルトは人格的には問題があるから友達にはなりたくないけど、音楽の才能は認めざるを得ないという人でした。フィッシャーもそのままあてはまります。

 フィッシャーとの対局でサンザン待たされたり、テレビカメラの位置からチェスの駒、テーブルまで注文を着けられたのに、「フィッシャーは弟のように思っている」や「フィッシャーには(自分に)勝ってほしい、フィッシャーはチェスに戻ってくるべきだと信じている」と愛情を示したスパスキーにはモーツアルトを嫉妬しながら愛したサリエリに通じるものを感じます。もっとも、モーツアルトやフィッシャーが同じように愛情を持つとは限りませんが

 もしフィッシャーに「チェスしかない過激な人生かチェスはないけど、平凡な人生どちらがいい?」と言ったら、前者と即答するだろうな。他人に理解できなくても、本人がよければいいのだろうか。

おまけ

 祝神村学園、大島センバツ出場決定!「今回は神宮枠もあるし、21世紀枠を含めると九州6校になるから大島の選出はないだろうな」と思っていたので、大島の選出には驚きました。離島の学校がどこまでできれば楽しみです。いつもの二倍楽しめるね。

テーマ:読書感想 - ジャンル:本・雑誌

[2014/01/24 22:07] | サブカル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
キャンプ班分けに思うところ
 キャンプ班分け発表。メンツ見ているだけでも面白いですね。

 西口がA班に入っているのが興味深いです。確か去年はB班だったはず。「40代で二年連続未勝利の選手はユニフォームを脱がなければならない」と西口は背水の陣を敷く覚悟で今季に臨んでいるはずなので、西口の覚悟を他の選手に見て欲しいという思いがあると見ます。

 ローテは岸、牧田、菊池の三人は当確で、あとは野上、レイノルズ、岡本洋が有力というところでしょうか。西口もこの中に割って入らないとローテは取れないので、西口の頑張りがキャンプ、オープン戦の見どころになると思います。

 永江がB班に入っているのも興味深いです。昨季永江は一軍完走を果たしましたが、打率.141は非力すぎです。昨季見ていて、「守備はレギュラーというか、ゴールデングラブを狙えるのだから、打撃がしっかりしたらレギュラーを取れるのに」と歯がゆく思ったものです。

 厳しい言い方をしたら、「打撃は一軍のレベルに達していないので、二軍に行ってもらう」ということでしょうか。永江は課題がはっきりしている分やりやすいはず。永江は将来的には守備が上手く、二番に入ってバント職人という川相、宮本の路線だと思っています。永江の打撃が向上して、レギュラーを取る姿が早く見たい。

 入寮初日からブルペンに入って、やる気は買えると僕が評価した豊田がA班入りしているのは嬉しい。新人王を争うぐらいの活躍を期待しています。久しぶりにクローザー豊田と言いたいぞ。

 なんだかんだであと10日余りでキャンプイン。楽しみです!

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2014/01/20 22:11] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
大人のチームに
 伊原が監督に就任して以来、発言を細かく見ていますが、また面白いことを言っていますね。

2002、03年の前政権時代と同様、全体練習は午前10時開始で、午後2時に終了。2時以降は「自分がいたら自習にならない。コーチも帰らせる」という徹底ぶりだ。

 前回監督をしていたとき、視察に来た他球団のスコアラーが「こんなのでいいの?」と思ったぐらい練習量が少なかったとか。2002年は90勝を挙げてリーグ制覇、2003年は二位になっているので伊原のやり方は正しかった

 そのころカープが地獄の練習を課していたのにBクラスに低迷していたので、プロは量より質なんだなと思ったものです。

 他の選手との差を着けるには、14時以降の時間をどう使うかに掛かっているでしょう。選手は「どういう練習をやればいいのか?」という内容から、「どれぐらい練習すればいいのか?」という量まで考えないといけません。疲れているなら、あえて14時で帰るのもアリでしょう。

 伊原監督はライオンズを言われてからやる受け身な集団ではなく、言われなくてもやる自発的な集団、大人のチームに変えていくつもりだと思います。キャンプを終えて、大人のチームになったライオンズを見るのが楽しみです。

おまけ

 新年一発目のチャレンジ!ということで、「完全なるチェス」を読んでいます。チェスが全くわからず、翻訳が苦手でエルロイを投げ出した僕に取ってこの本を読むことはチャレンジです。

 たまたま「ボビー・フィッシャーがチェスの世界チャンピオンに輝いた後、20年姿を消していた」というあらすじを読んで興味を持ちました。チェスや読みづらい訳文に飽きずに完走できたら、チャレンジ成功ってことで。

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2014/01/19 21:25] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
殿堂入りおめでとうございます
 秋山、野茂、佐々木三氏の殿堂入りおめでとうございます!

 殿堂は、リアルタイムの記憶がなく、記録でしか知らない選手が入るイメージがあったので、現役時代を知っている三氏が入るのは意外でした。逆に言ったら、現役時代を知っている選手が殿堂に入る歳に僕がなったってことだね。

 子供のころ秋山、清原に憧れた人は多数でしょう。もそうです。盗塁王とホームラン王を同時に狙える選手って、秋山以来見たことがない。全盛時にメジャーに行っていたらと考える選手です。2011年に西武ドームで胴上げを見せつけられたときに、「秋山さんなら許せるか」と拍手したのを覚えています。

 野茂は説明不要ですね。ライオンズファンからするとバファローズのエースだった野茂はでした。でも、野茂なら負けても仕方がないと思えるほど認めていた部分もあります。三振かフォアボールかの荒々しいトルネード投法は忘れられません。野茂以降、トルネード投法を誰もマネしないところを見ると、野茂にしかできないオンリーワンの投法だったと思います。

 余談ですが、メジャーで騒がれているのを見て、「日本でプレーしていたころ、なぜ野茂の凄さに気づかない?メジャーに行った途端に大エースになったわけじゃない」と一人憤慨したのを覚えています。

 佐々木のホームプレートに直撃するフォークも忘れられません。佐々木のフォーク見たさに、21時ごろから横浜戦を見ていたことを覚えています。交流戦があったら、佐々木をもっと見られたのにと思うと残念です。佐々木×イチローなんて見たかったな。

 毎年行っていますが、今年も三氏のプレートを見に野球殿堂に行かないと

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2014/01/17 22:27] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
怪物復活を願って
 続報がないので、ヤキモキしていましたが、安心しました

メッツからFAとなっていた松坂大輔投手(33)が、メッツとマイナー契約で合意したことが14日、分かった。

 「二か月プレーしてチーム、投手が打席に立つナショナルリーグに慣れたはずだから、メッツ残留がいいのでは」と思っていたので安心しました。

 それにしても、マイナー契約でキャンプには招待選手で参加って厳しいね。昨季三連勝で締めたので、メジャー契約取れるかと思っていましたが、甘かったです。でも、松坂ならロースター枠40人に入り、ベンチ入り25人に残れることを信じています。MLB100勝まであと約50勝。これからです

 伊原がまたまた面白いことを言っています。

近年は各球団とも2月の早い時期に実戦を開始するが、伊原新監督は時代に逆行したキャンプを敢行する。

 「2月1日に100%で仕上げてこいという球団もあるが、バタバタすることはない。3月28日の開幕から逆算して、どっしり体を鍛える」


 2000年代のライオンズは競り合いに弱いというイメージというか、事実があります。踏ん張り切れなかった2012年、悪夢のスィープを喫した2010年、競り負けた2006年、2003年。優勝した2008年でさえ6連敗しながらの優勝だったし。

 伊原がこれを踏まえて、「スタートダッシュより、終盤まで戦えるチームを作りたい」という意図でキャンプをやるなら期待大です。

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2014/01/15 22:13] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
自主トレで組む相手の選び方
 あまり選手のプライベートはそっとしてあげたいというか、そもそも興味がないです。選手がグラウンド外でなにがやろうが(犯罪以外は)どうでもいいし。選手のブログとかツィッターも見ないしね。だって広池のブログぐらいしか読み応えがない。

 でも、プライベートを聞いて「今季はやるだろうな」と思うこともあります。たとえば、菊池が外車を買ったという話を聞いて、「外車に乗る二軍の選手じゃ恰好がつかないから、あえて背伸びして外車を自分にプレッシャーを掛けようと思って買ったのなら今季の菊池は期待できる」と思ったものです。そうしたら菊池はケガさえなければエースクラスということは証明したし。

 大石が昨季結果が出なかった大学の同級生斎藤、福井と組んで自主トレするという話を聞いて、「大石は今季も期待できないだろうな」とガッカリしています。なぜ、岸、牧田、菊池、十亀など結果を出したチームメートと組んで自主トレをしないのだろうか

 実績のある選手と組むことで、野球の技術から取り組む姿勢まで得られる部分は多々あると聞きます。菊池のブレイクの影には自主トレで一久と組んで影響を受けた部分が大きいと聞くし。頭さえ下げれば、よほど嫌われていない限り自主トレを組んでくれると思うけど。

 大卒の四年目とは退団者も出てくるから結果を問われる年数だと思うので、大石は今季勝負を賭ける、背水の陣的なシーズンだと思うんだけど。同年代に当たる増田、高橋の活躍を気にしないわけがないと思うけど。新人自主トレ初日からブルペン入りするほど体を作ってきた豊田、人的補償で来た中郷の存在を考えると、今季も二軍に置かれてもおかしくありません。

 6球団競合のドラ1がこんなものとは思えないので、期待しているけどね。

おまけ

 昨年のクリスマス前の三連休に買った新PCで書いています。前のPCよりコンパクトなサイズのものを買ったので、キーボードが打ちづらいです(汗)こればっかりは慣れるしかないですね。これからよろしく

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2014/01/13 21:30] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
2019年は盛り上がるか?
 TVKで大学ラグビー決勝帝京×早稲田戦を見ながら書いています。別に、もう一度見てプレーのおさらいをしようという殊勝な考えではなく、昼間に見逃しただけなんだけどね。だってNHK総合で昼に女子駅伝やっているから、ラグビーは明日だなと思ったんだよ。

 調べてみたら、帝京×早稲田戦はEテレでやってたとこに驚きました。NHKはメジャースポーツは総合でやって、Eテレはマイナースポーツや総合で中継できない場合間借りするイメージがあったからね。甲子園は主に総合でやるのを思えばわかってもらえるかと。

 2020年五輪は東京で行われることを知らない人は多いと思うけど、2019年ラグビーW杯を日本で行われることを知らない人は意外というか、圧倒的に多いのがガッカリです。2019年ラグビーW杯の認知度が高かったら、今日の試合は2019年にジャパン入りする有望株を発掘する機会と注目度が高かったはずなのに。

 ラグビーって学閥のスポーツだから、出場校のOBか在学生じゃないと興味が持てないという部分がイタイです。日本選手権の決勝より、早明戦の方が盛り上がるのは異常だ。社会人に至っては、誰も知らないだし。自分が出場校と関係がなくても甲子園は盛り上がり、自分がチームと運営している会社とは関係なくてもプロは盛り上がるから、野球って凄いな。

 2019年W杯を思うと、ラグビーはもっと盛り上がって欲しいなと思います。オールブラックス入りができるほどのスーパースターが出たら盛り上がるだろうか。

テーマ:★ラグビー★ - ジャンル:スポーツ

[2014/01/12 20:25] | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
7の重み
 少し前から脇谷に背番号7を与えると聞いていましたが、「公式発表まで待たないと」と我慢していましたが、我慢を解きます。ライオンズのフロントは背番号7をどう考えているんだろうか

 背番号7は豊田、石毛、カズオ、片岡とチームを超えてリーグを代表する選手が着けるナンバーであって、ライオンズの中では背番号3と並んでステイタスの高いナンバーだと思っていました。失礼ですが、規定到達が一回しかない脇谷が着けるナンバーではありません。僕自身、子供の頃石毛に憧れた記憶があり、カズオを見て黄金時代のあとの新生ライオンズを感じ、入団時から背番号7を着けて盗塁王を取り、ジャパンに入った片岡を見ているので、脇谷に背番号7を与えたのはいい気持ちがしません

 「契約更改後の移籍だったので、背番号の変更ができなかった」という考えもあると思いますが、そういうときにゼロナンバー、00を着けさせたらいいのに。昨季0と00のゼロナンバーを空けたのは、シーズン中に入団した選手に着けさせる緊急用のナンバーに使いたいからと思っていました。

 脇谷もやりづらいよね。さすがに本人が望んで着けたとは思えない。一試合も出ていないのに、ファンからネガティブな視線を向けられるのはかわいそう。脇谷に背番号7を着けさせることで、誰が得したんだろうか。今となっては、脇谷が打撃三冠、盗塁王、最多安打、最高出塁、ベストナイン、ゴールデングラブなどのタイトルを取って、ファンを納得させるのを祈るしかないです。

おまけ

 昨日の続き、ドラ1森については言うことはないですね。いい意味ではなく、どうこう言う材料がないという意味で。伊原監督が二軍スタートを明言しているのが興味深いです。

 普通、監督は高校生、大学生、社会人に関わらずドラ1は一軍キャンプに連れていきたがると思うんです。理由は単純で、フロントがナンバーワン評価を下した選手を実際に見てみたいということ。監督がシーズン中にドラフトに掛かる選手を視察するヒマがあるわけもなく、スカウトが用意した映像でしか選手を評価しないだろうし。

 おそらく伊原監督は、森はどう考えても炭谷、星、上本に次ぐ四番手以下。四番手以下の選手を一軍キャンプに連れていく必要はなしと判断したと思います。こういう伊原の冷静でブレない姿勢が好きなんですよね。

 ライオンズはプロスペクト、有望株と判断した選手は結果に関わらず、二軍で最低でも300打席は立たせると聞いたことあります。これは中島、中村、栗山も辿った道とか。二軍でみっちり経験を積んで、たくましく日焼けした森を一軍で見られる日が楽しみです。

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2014/01/11 23:37] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
ルーキー初回感想
 あと三週間でキャンプインだと思うと、時間が経つのは早いと感じます。キャンプに入ったらあっという間にオープン戦に入るし、シーズン始まるし。着いていくだけでいっぱいいっぱいですね。

 ドラフトで指名された新人も入寮、自主トレと動いているのですが、そのことでいろいろ書きます。

 ドラ2山川が8キロ増やして入寮という話を聞いて呆れました。やる気が全く見えません。「ベストは95~100ぐらいですが、キャンプまでには落ちるので大丈夫」と自信満々。とありますが、三週間で8キロ落ちるわけがない。毎日サウナに籠るんだろうか。

 一つ上の浅村、金子、二つ下の永江が一軍でプレーしているので、「同世代の選手が一軍に入っているので、僕も負けてはいられない」と絞って入寮しないとダメでしょう。山川の一年目は体力、技術の前にプロとしての心構えを学ぶことになるでしょう。

 ドラ3豊田とドラ7福倉が自主トレ初日からブルペン入りという記事を見たときは頼もしく思いました。豊田の26歳という年齢はプロに入る歳ではなく、退団する歳なんですよね。よく言えば一億円プレーヤーになる歳でもあり、メジャーリーガーになる歳でもあります。

 豊田は「26歳でプロに入るからには、一億円プレーヤーにならないと意味が無い」ぐらい考えていると思われます。こういう選手は応援したい。福倉のドラフト7位という指名順位を考えると、二軍に埋もれたまま三、四年経って退団してもおかしくありません。だからこそ、「目立たないと一軍にはいけない」と危機感を持って調整してきたと思われます。こういう選手は応援したい。

 2013年組の活躍が今から楽しみです。新人王出したいなあ。


 

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2014/01/10 22:32] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ホームタウンの意義
 なにげなく公式サイトを見たら、呆然としました。ホークス主催試合を博多じゃなくて大阪ドームでやっていいの?

>日付・ 8月21日(木) → 8月18日(月)

ホームチーム・ 福岡ソフトバンク

開催球場・ ヤフオクドーム → 京セラドーム大阪

ホームチームがある球場で、他カードが組まれるのだけでも嫌なのに、同一リーグのカードを組んでいいの?と疑問です。これが通るなら、西武ドームでホークス×バファローズが組まれてもいいことになります。納得できない

 プロ野球チームはもっと、フランチャイズ、ホームの意義を考えて欲しい。再三書いているけど、MLBでヤンキースの主催試合をドジャースタジアムで組んだ前例はないと思うけど。ホームチームのある球場で、他チームが主催試合を行うのは、NPBだけじゃないの。

 2014年に入って、初めてムカつくというか、ガッカリした話題でした。南海復活がやりたいなら、大阪ドームのバファローズ戦でやればいいじゃない。ライオンズだって、福岡ドームで主催試合を組んで西鉄復活はやらないでしょうが

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2014/01/09 21:43] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
パフォーマンスの是非
 タイガースのHR打ったときのパフォーマンス、「グラディ」を今季も継続するかで揉めているとか。ライオンズも得点時にwin-winというパフォーマンスをやっているので、他人事だとは思えません。今日は得点時、HR時のパフォーマンスについて書きます。

 過去「パフォーマンスで士気が高まるならいいんじゃない」と書いたことがあります。でも、「まだ勝ったわけではないのに、はしゃぐのはどうか」とも思っていました。パフォーマンスを見せられて相手の戦意が高まったら意味ないし。

 ライオンズのwin-winは発案者の片岡もいなくなったし、伊原監督も大仰なパフォーマンスを好む人じゃないと思われるので、今季はやらないような気もします。キャンプに入ったら、win-winの継続についての方向性が出るでしょう。やるかどうか見ものですね。

 WBCドミニカ代表のフェスタ・オンは勝ったときにやるものでした。「勝ったらはしゃいでもいいだろ」ということで、グラディとwin-winは勝った場合のみやったらどうだろう。最良な落とし所だと思うけど。

 

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2014/01/08 21:46] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
正しいプロテクトリストの作り方
 ライオンズにようこそ!これで人事の話は終わって、あとはキャンプですね。そういえば、ラミレスを取る話はどうなったんだろう。代打要員、坂田の壁として取るならアリだと思うけど。

 人数を揃えないと、ケガ人が出たら投手が投手以外の守備位置に就く悲惨なファームになるので、移籍金ではなく選手を取ると思っていました。片岡の代わりに二遊間ができる要員として脇谷、ブルペンを固めたいから中郷というのは納得の人選です。そもそもプロテクトリストが非公開なので、フロントの判断を信じるしかないし。

 人的補償の話で驚いたのは、横浜の鶴岡がプロテクトリストから漏れていたことですね。捕手の中で昨季最も試合に出た人間がプロテクトリストから漏れるのは信じられない。高田GMはなにを考えてリストを作ったか疑問です。

 タイガースには鶴岡と年齢が近い日高、藤井がいるから、鶴岡を指名しないと考えて外したという見方もできますが、「いい選手はポジションに関係なく取る」という考えを相手側が持っていたら、通用しないですね。変に策を練らずに昨季を含めた過去の実績と、将来性を考えて28人を選出するのが正しいプロテクトリストの作り方だと思います。

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2014/01/07 21:37] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
1.4ドームルポ
 行って来ました1.4!行く前は、「去年の棚橋×オカダによる因縁の清算みたいなドラマがないから今年はどうかな?」と思っていましたが、大満足でした。入場で並んでいるときから「三銃士がいてドーム開催を連発した黄金時代を知らないだろうな」と思うぐらい若いファンが多いことに驚きました。

 木谷社長は「いきなり新規客を作るのはキツイから、三銃士のころ好きだった昔のファンを戻したい」と言っていました。昨日見た限りでは、段階として昔のファンを戻し終えて、新規客を作っていることを感じます。これは凄いことです。

 お互い攻撃を避けず、男の戦いを演じた後藤×柴田戦がよかったです。このカードってG1で観れなかったから、期待感はありました。競技を問わず真っ向勝負は痺れますね。この二人がタッグを組んで、IWGPタッグを狙うのもアリかと。

 オカダを見ていると、王者というか、プロレス業界を背負っている格すら感じます。野球で言うと、いきなり200安打を打って、その後も球界を背負い続けたイチローを思い起こさせるブレイクです。二年前、「オカダが二年連続でプロレス大賞を取って、業界の真ん中に座る」と言ったら、ギャグにすらならなかった。

 コーナーポストに座らせて、ドロップキックを放つを見ると、オカダの身体能力がハンパないことを改めて感じます。こういう人材がよくプロレスに来てくれたものです。個人的には花道を疾走して、内藤に非情なスライディングキックを喰らわせたのがツボでした。ベルトも似合っているじゃないの。
王者オカダ

 おそまきながら、棚橋が上手い理由がやっとわかりました。ドラゴンスクリュー、テキサスクローバーホールドで中邑のヒザを痛めつけているのを見て、三年前の1.4小島戦を思い出しました。あのときも小島のヒジを痛めつけていたものです。

 そう、棚橋は勝因、勝てた理由を作るのが上手いんです。だからファンもブックがあることがわかっているのに、棚橋の勝因について語れることができるわけで。四年連続でドームのメインを張って、全勝するぐらいフロントに信頼を置かれている理由がわかりました

 IWGP王者として、団体を引っ張るのはやりつくしたと思えるので、今後はIWGPインタコンチを持って、海外とか他団体に行って欲しいなと思っています。そもそもIWGPインタコンチってそういう性格のベルトだし。
王者棚橋

 飯伏も頑張りました。ブックがわかっているお客さんに、怒声を出させるバレットクラブはヒールとして見たら優秀。この日もベビー飯伏とヒールデヴィットというわかりやすい構図が出せたし。
王者飯伏

 プロレスって面白いなと思ったのは、結末は決まっていることがわかっているのに、引き込まれることですね。何度飯伏、オカダ、棚橋の名前を叫び、技が決まるたびにガッツポーズしたか。プロレスの魅力って、リアルを飲み込むフィクションなんだな。

 おまけ

 8月のG1決勝は西武ドーム開催決定だって。1月の東京ドーム、8月の西武ドームとスタジアムで二回開催するって、相当新日本も勝負したね。西武ドームでやるからには、相当なメンツおよび、カードを準備しているはずなので期待します。

 オールスターも7月に西武ドームであるから、夏は楽しい季節になりそうだ。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

[2014/01/05 19:47] | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
あけおめです
 年を越して三日も経ちますが、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 大阪から友達が来たり、兄夫婦のところに行ったりと、忙しい年末年始でした。それなりに楽しかったし、充実していたから寝正月よりはいいけどね。

 明日は1.4ドームに行って来ます。IWGPオカダ防衛、IWGPインタコンチ棚橋獲得と見ていますが、果たして。年末年始で一番楽しみにしているイベントなので、楽しめたらいいなあ

 

テーマ:日記 - ジャンル:日記

[2014/01/03 22:00] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。