スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
神様逝く
 神様逝く。川上の93歳という年齢を考えると大往生と言っていいのですが、三、四年前ONのドキュメンタリーで元気にベラベラ話す姿を見て、「あと20歳若かったらWBCの指揮を取るとか真顔でいいそう」と思ったので、信じられないという思いがあります。

 選手として史上初の2000本安打達成、監督としてV9を達成とここまで選手、監督として高みに達した人はいないでしょう。強引に挙げるなら落合でしょうか。

 僕が物心ついたときはV9はとっくに終わっていたので、語る言葉が出ませんが、沢村栄治から田中将大までスタープレイヤーを見続けた人と思うと、凄さがわかります。MLBだったら、ベーブ・ルースからミゲル・カブレラだね。

 川上は日本プロ野球の歴史そのものだったんだな。川上 哲治さんのご冥福をお祈ります
スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2013/10/30 21:35] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
小久保ジャパン選出
 小久保ジャパン発表。ライオンズからは秋山、浅村、炭谷が選出されるのはだいたい想像が着いていました。WBC経験者は炭谷と中田しかいないので、炭谷にはリーダーシップを取ることも要求されます。小久保ジャパン初代主将ぐらいの気持ちでやって欲しい。

 それにしても、記者会見がなくネットだけの発表って。小久保ジャパン最初の代表選出なんだから、記者会見ぐらいやればいいのに。マスコミだって「選出の意図」とか「初試合の意気込み」とか聞きたいだろうに。ネットだけじゃ記事書けないでしょ

 ジャパンのサイト見てみたら、かなりしっかりしたものが出来ていたので驚きました。サッカーみたいに、A代表を頂点にして、年代別代表を下に置いて、ユニも統一するとは聞いていましたが、改めてホントだったんだなと。これだけみたら加藤コミッショナーは有能だったんだなと思います。統一球が無かったらねえ。

 A代表と高校、大学ジャパンはわかりますが、21Uはわかりません。プロ、大学、社会人の中から、高卒三年目を対象に代表を組むってこと?HPを見た限りでは、21Uの代表選手はいないし、21Uの大会もないので、はっきりしたことはわかりません。

 21Uに相当する選手と言えば永江、藤浪、武田、釜田、吉永ぐらいでしょうか。松坂、マー君、藤浪のように高卒一年目でいきなり10勝を挙げるぐらいの怪物的な選手が、高校ジャパンから飛び級で21Uに入ることもあるんでしょうか。21Uの使い方も楽しみです。

 まずは小久保ジャパンがどう戦うのか見ものですね。

テーマ:野球 - ジャンル:スポーツ

[2013/10/28 21:33] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ドラフ総括(ザッと)
 日本シリーズをやっていますが、空気を読まずにドラフトのことを書きます。昨日は忙しくて書けなかった。ライオンズ二位の山川(富士大)ってどっかで聞いたと思ったら、去年神宮大会で観たじゃないか。「ファーストで一番を打つとは珍しい」とか「いいガタイしているな」と思ったことを覚えています。

 山川は大学ジャパンで主軸を打ったこともあるとか。今年は高校、大学ジャパンの主軸を両取り出来たったことね。いいドラフトだね。数年後は重量打線の出来上がりだね!

 例年指名選手をザッと見るのが楽しみですが、四国リーグから、二位で又吉選手がドラゴンズに指名されたことに驚きました。今まで独立リーグの指名というと、下位か、育成かというイメージがあったので。毎年独立リーグの選手が下位や育成で指名されるのを見て、「大学、社会人より評価は低いのか」と感じていました

 今回又吉選手が二位という高い評価で指名されたのを機に、独立リーグが高い評価を得られるようになってくれたら嬉しいです。給料をもらってプレーしているという意味ではプロに相当するのに、大学、社会人より評価が低いのは悔しいしね。「プロからの評価が高いし、大学や社会人よりたくさん試合が出来るのも魅力」と甲子園で活躍した選手が独立リーグに入るようになったら嬉しいな。

 バファローズが三位で、若月捕手を指名したのには驚きました。伊藤光と競い合わせたいという意図で去年二位で伏見を指名したのに、今年も三位で捕手を指名するとは。どうしても正捕手、いや名捕手を育てたいんだな。名捕手を育てることが出来るなら、上位枠を二、三年潰しても文句ないし。バファローズの正捕手争いが楽しみです。

 ファイターズが三回連続でクジを外したのは残念ですが、疑問を持ったのは栗山監督がクジを引いたことです。ファイターズは「指名はフロントがやるので、監督は見ているだけで結構です」という姿勢なのにね。斎藤を引いたのは梨田監督じゃないし。

 ファイターズは「編成はフロント、試合の指揮は監督」とはっきり分けていると聞きますが、この方針がブレているのかなと疑問を感じます。今年最下位に終わったといっても、これまでの実績を否定しなくてもいいのに。今後のファイターズが不安です。

 鹿児島県民の僕にとっては、横田(タイガース)、二木(マリーンズ)、福倉(ライオンズ)と三人プロ指名が出たのが嬉しいです。地元の選手はチームを越えて応援したくなります。横田を交流戦で観たり、二木、福倉の投げ合いを見たりすることができたらいいですね。

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2013/10/26 20:11] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
熱烈歓迎森 友哉!
 俺のライオンズが無難な指名をするわけがない。と思っていたらやってくれました。前日に「松井、大瀬良、吉田の三択」と言っておいて、高校生捕手の単独指名とはね。ドラフトのたびにライオンズファンでよかったと楽しませてもらえます。

 森は去年の甲子園でホームランを打ったのを見て以来、注目していたので嬉しいです。打力もですが、去年の高校ジャパンで一つ上の田村を差し置いて正捕手を務めたのを見ると、守備もしっかりしていると伺えます。

 さすがに森が来年炭谷の脅威になるとは思いませんが、三年後、五年後を考えると脅威になるでしょう。そのとき、森が炭谷を抜いていたらパリーグを代表する捕手になっているだろうし、炭谷が森を控え捕手に置いたり、コンバートさせたら名捕手の仲間入りをしているでしょう。二人の争いが楽しみです。

 上位二名が野手って今まであったんだろうか。高校生投手を取らないって今まであったんだろうか。今回は攻めたドラフトだったと思います。無難にバランスよく取るより、たまには思い切った攻めるのもいいでしょ。四位金子のポジションはショートらしいので、永江、金子(紛らわしいな)の刺激になってくれたら。三位豊田と五位山口の社会人二人が、今季の増田、高橋みたいになってくれたらと楽しみがあります。

 左投手を取らなかったのは気になります。ウィリアムズは年齢、菊池、高橋はシーズン通して投げたことはないと、心もとないので補強して欲しいポジションだったんですが。小石がしっかりして、佐藤が伸びてくれたらいうこと無いんですけど。

 最後に甲子園で実現しなかった森と松井の対戦が観られるのは嬉しいし、森と藤浪が交流戦、日本シリーズで戦うのが見たいし、中村、浅村、森の大阪桐蔭トリオが打撃三冠を独占するのが見たいし。ホントに森を取ったのは嬉しいです

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2013/10/24 21:27] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
所信表明
 伊原監督の所信表明を読んで、伊原さんに指揮を託したのは間違いじゃないことを確信しました。

「西武鉄道の初乗り運賃はいくらか、知っているか? 140円だ。みんな高い給料をもらっているが、それはすべて140円から始まっている。ファンは額に汗をかいて高いチケットを買い、球場に来る。そこでダラダラしたユニホームや長髪、ヒゲ面を見に来るわけじゃないんだ」

 プロ野球は庶民の娯楽であり、庶民が買うチケットで高年俸をもらっているんですよね。先日退任した、デトロイトの監督ジム・リーランドも、「君たちが内野ゴロでチンタラ走る姿にチケット代を払っているわけではない!」と選手を一喝したらしいし。

 さらにドレスコードも制定と。「個性を出したいなら、ファッションじゃなくて、プレーで出せ、ファッションに個性を出しても稼げないけど、プレーに個性を出したら稼げるようになる」という意味でしょう。心に響く言葉です。ロッカーに貼って、試合前に毎日読んで欲しいぐらいです。

 伊原名言集を作りたいぐらいのいい言葉を昨日、今日ともらっています。こういう名言でいっぱいになったら、来季は優勝だな。

おまけ

 明日ドラフト。先日欲しいポジションは左投手、大卒、社会人の捕手、二遊間の内野と書きましたが、実際にはどういう指名するんだろう。楽しみです。

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2013/10/23 21:41] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
祝第二期伊原監督決定!
 祝伊原監督誕生!「初年度で90勝したのにたった二年で退任させるのはかわいそうというか、ありえないだろ」と思っていたので、いつか監督になれたらと思っていました。今日の就任会見で痺れる言葉連発ですよ。

パ・リーグを牽引していくのはライオンズ。決して戦力は劣っていない。常にリーグ優勝が宿命づけられると思う。優勝しかありません

 「ライオンズの目標は優勝であって、プレイオフに入っただけで喜ぶチームではない」と高らかに宣言するとともに、「パリーグを引っ張っていくのはライオンズ」と他のチームに宣戦布告と。素晴らしすぎてなにも言えません。

西武の伝統である、守りから入って点をやらない野球です。スキを見つけて、スキを突いて、僅差のゲームをモノにしていく野球。キーマンは全員です

 「僅差、ロースコアで勝つ黄金期の野球をやりなおす、特別扱いはなく全員にチャンスを与える」ということですね。かつてカブレラがいい加減な守備を見せたら、容赦なくDHに落とした人なので、怠慢守備、走塁を見せたら即ベンチか二軍になるのは覚悟した方がいいでしょう。来季は緊張感のあるベンチになると思います。

選手である前に社会人としてのキチッとした点。ルールの中での自由ならいいが、現在の選手は自由をはき違えている選手もいる。そういう点は教育していきたい

 大雨の中、ケガに繋がりかねないベースランニングをやるのを見て、「このチームに欠けているのは規律だな」と思ったので、こういう厳格な指導者を待っていました。ライオンズがノビノビ、明るくやりながら、規律のある大人のチームになれたら、優勝いや、黄金期が近づいてくると思います。楽しみ。

 
 「ライオンズは優勝してナンボ」という思いを渡辺SD、伊原監督が共有しているのも頼もしいです。現場が頑張っても、フロントがうまくサポートしないと勝てないし、逆も同じです。この二人なら現場も頑張り、フロントがうまくサポートしてくれると信じています。今回はいい人事でした。

 今回嬉しかったのは、フロントが「集客は営業が頑張るから、現場は勝つことのみ考えて欲しい」という考えを持っていることが伝わったことです。もし監督にスター性とか人気を求めるなら、潮崎二軍監督に一軍指揮を任せるし、できないなら黄金期のOBを戻すことを考えたでしょう。

 それをしなかったのは、前述のような考えがあるから察せられます。終わったばかりですが、来季が待ち遠しいです

 

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2013/10/22 22:01] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
新監督に思うこと
 あさって秋キャンプが始まります。今日現在ライオンズの新監督は発表していないので、このままだと残ったコーチ陣、田辺、河田、奈良原が合議制で指揮を執ることになります。それはカンベン願いたいので、明日は絶対新監督発表するよね?

 新コーチは佐々木、山村、鈴木健、森、松沼兄、石井丈、高山とOBリスト片手に並べただろと疑いたくなるぐらい、挙がっていますが、新監督は伊原と潮崎しか挙がっていないので、この二択と思っていいでしょう。この二人に思うところを書きます。

 潮崎監督は見たいですね。僕が知る限り、リリーフ出身で監督を務めた人は牛島しかいません。日本では監督にスター性、人気を要求するので、人気が集まりやすい元エースが監督を務めやすいってことでしょう。だから、リリーフ出身の監督がどんな野球をやるのか見てみたい

 リリーフを固めないと接戦を取れないとリリーフを強くするのか、先発がゲームを作り、イニングを喰わないとリリーフは過労死すると先発を固めるのか。気になるところです。

 2002年の90勝が忘れられないので、伊原に指揮を執らせたいという気持ちがあります。一年目90勝して優勝、二年目二位で三年目がないのはありえないと当時憤慨したものです。「伊原は参謀向きで、監督には向かないよ」と言われたら、「監督に向かない人間が指揮を執って90勝できるぐらいプロ野球は甘い世界なの?」と言い返したものです。

 日本のプロ野球は監督にスター性、人気を求めるので、選手としては二流だけど、監督としては一流みたいな人ってほぼいないんですよね。僕が知る限りでも上田さんぐらいかなあ。日本にラルーサは存在しない。そうじゃなくて、選手として失敗しても、監督にはなれるというキャリアプランを示すという意味でも伊原に指揮を執って欲しい。

 さすがに明日なにかしらの動きはあるはずなので、楽しみに待ちます。
 

 
 

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2013/10/21 22:02] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ドラフトで補強して欲しい箇所
 気がつけばもうすぐドラフト会議じゃないか。今年は行きませんが、行けた去年は楽しかったな。クジ引きのとき、監督たちが目の前に並ぶのは壮観でした。王さんを見たときは感動を覚えたものです。

 今年は左投手二遊間を守れる内野手、大学、社会人の捕手を補強していただきたい。理由は以下書きます。

 戦力になったと言える左投手は高橋、菊池、ウィリアムズしかいないと左投手がいないチームなんですよね。ウィリアムズは年齢とシーズンが終わるたびに契約を結ばないとすぐ出ていく外国人という不安要素があるし、高橋、菊池はシーズン通して投げていないと計算できる左投手はなきに等しいというのが現状です。桐光・松井はぜひ取っていただきたい。渡辺SDのクジ運を信じてますよ!

 鬼崎、山崎、片岡、渡辺は30代に入っていることを思えば、二遊間を守れる内野手も欲しいところ。二遊間を守れる内野手の年齢層を見て、「三年後は俺らの時代」と永江、金子に思わせないように同世代のライバルを作りたいという考えもあります。

 伊東はレギュラーを掴みかけたころに、ライオンズはドラフト一位で大久保を取ったと聞きます。そのときの伊東は「なぜドラフト一位で捕手を取る?そんなに俺は信頼されていないのか?」と疑問いや、「俺がダメなら大久保が守るのか」という恐怖を感じたと思います。

 かのV9巨人は正捕手に森がいるのに、甲子園や神宮で活躍した捕手を取って来て森の恐怖心を煽ったと聞きます。そう、炭谷を伸ばしたいなら、ドラフト上位で即戦力と言われる大学、社会人の捕手を取るべきでしょう。昔のライオンズや大昔の巨人に「正捕手に恐怖感を与えるために、いい捕手を取るのはもったいないのでは?」と聞いたら、「新人をかませ犬にするつもりはない、上手い方を使う。優秀な第二捕手がいるのは心強いし、常時出したいほど打力があるならコンバートすればいいんだ」とあっさり流したと思われます。

 バファローズの捕手は若い伊藤光がいるのに、ドラフト二位で伏見を取ったのは上記のような意図があったと思われます。僕が去年のドラフトで一番唸ったところですよ。こういうことをライオンズはやって欲しい。

 今頃フロントは作戦を練っている最中だと思われますが、どういう指名をしてくるのか楽しみに待ちます

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2013/10/19 20:22] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
監督からシニアディレクターに
 渡辺元監督がシニアディレクターに就任という一報を聞いて、「クジ引き係に残すんだな」と不謹慎なことを考えたのは僕だけじゃないだろう。今年は桐光・松井君をお願いします。

補強や新人選手発掘などの編成業務に携わり、海外視察や助言などを行うという
 
 この一文を読むと、決定権があるGMではなく、フロントに助言を行うアドバイザーみたいなものという解釈でいいの?つまり、ここ数年のライオンズの長所、短所を知り尽くした人がフロントにモノを言えるというのはチームに取って美味しい。例えるなら、体を知り尽くした主治医が常にいてくれるってことだろうし。

 まず、今季の敗因ケガ人の多さと、新外国人の不振を進言して欲しい。ベストメンバーが揃ったのは九月じゃ勝負になりません。菊池だって、後半戦は全て棒に振ったし。マジで医療部門は充実させて欲しい

 不動の三、四番がいないという絶望的な欠点をカバーするために入れた新外国人がモノにならなかったというのも敗因の一つでしょう。アブレイユとかキラを見る度に、「ライオンズはどこを見て外国人を入れているのだ?」と頭を抱えていました。もし新外国人が活躍していたら、余裕で二位をキープしていたし、イーグルスともっといい勝負が出来ていただろうに。

 渡辺シニアディレクターはこういうことをフロントに進言していただきたい。監督は魔法使いじゃないんだから、フロントがうまくサポートしてくれないと勝てません。

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2013/10/18 22:53] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
今季の終わりを感じた出来事
 前々から、「八月に今季は諦めた、九月は浅村の打点王争いしか興味はなかった、八連勝もほとんど見ていない、具体的になにが気に入らなかったのかはシーズンが終わってから書く」と書いていましたが、今日はそれを書きます

 帰宅してから動画で見ましたが、雨天中止になった大宮で信じられないものを見ました。土砂降りでグラウンドがぬかるんでいるのに、ベースランニングをしているバカがいる。それを止めないでベンチで手を打って煽っている選手がいる。ホームインした選手にバケツで水を掛けているバカもいる。これを見てあ然としました。土砂降りでグラウンドコンディションが悪いということは、風邪や捻挫をする可能性が高まるということなのに。シーズンが大事な時期に差し掛かっているという自覚と緊張感が無い

 もし自覚と緊張感があるなら、バカ正直にベース一周する必要はないと一塁にヘッスラしたら帰ってくるでしょうし、他の選手もグラウンドに向かう選手に「一塁にヘッスラしたら帰ってこい」と耳打ちするでしょうし、ベンチから、「帰ってこい!」と一喝するでしょうし、風邪を引きかねない水かけなんて論外です。

 これを見て、「今のライオンズは戦う集団じゃない、明日以降は個人戦だな」と思ったものです。渡辺監督が六年指揮を執った結果がこれかと思うと、ガッカリしました。六年掛けて選手を指導して精神的にも伸ばすことができたなら、こういうことはやらないでしょう。この時点で渡辺監督の指導力にも疑問を持ちました。

 次期監督にお願いしたいのは、選手を精神的に成熟させることですね。雨で中断しているときのベースランニングそのものを禁止するほど堅くやれとはいいませんが、ケガや病気に繋がるようなことはやらないぐらい選手を大人にして欲しい。そうしないとペナントは取れません。

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2013/10/16 21:24] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
渡辺監督が最後に示したもの
 渡辺監督の進退は今週中には決まるだろうなと思っていたら、今日辞任だって。驚きました。

結果的に優勝できず、こういう世界ですから自分の中では優勝しなくては意味がないというところで、今年の優勝が楽天に決まったときには監督を退こうかなと思っていました。

 公式サイトでコメントを読みましたが、ライオンズは優勝してナンボのチームなんだなと改めて思いました。渡辺監督は六季中五季でAクラス、リーグ優勝一回、日本一一回を記録しているので、名将とは言えなくても、いい監督の部類に入ると思います。前々から「六年間指揮を取って、優勝一度の監督が七年目の指揮を執った事例は無い」と書いてきましたが、このことを一番よくわかっていたのが渡辺監督本人だったんだなと。 

 ライオンズは優勝してナンボのチームであり、Aクラスに入ってはしゃぐチームではないという渡辺監督が示した精神を胸に刻んで来季以降戦わないといけません。五年連続V逸は埼玉移転以来初めてらしいので、来年は優勝しないと。最低でも三年に一度は優勝しないとイラつくしね

 渡辺監督は48歳とまだ若いので、今後ユニフォームを着る機会があるでしょう。ジャパンのコーチになる可能性もあるし、全体の面倒を見ないといけない監督ではなく、専門性が高い投手コーチをやるのも面白いかもしれません。台湾でコーチをやった経験があるので、台湾代表監督に抜擢されたりして。指導者として渡辺監督がどう歩んでいくのか楽しみです

 後任に伊原の名前が挙がっていますが、人事の話は確定してからじゃないとどうこう言えないので、今は見守るだけですね。

 渡辺監督お疲れさまでした


 

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2013/10/15 21:42] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
今季終了
 今季終了。とりあえずお疲れ様でしたと言った方がいいかな。今日はテレビで観ていました。初回ライトフライに倒れたとき、ベンチでヘルメットを叩き着けた栗山を見て、今日は落としそうな予感がしました。

 かの落合は手も足も出ず三振に倒れても、「四番が動揺している姿を見せたら、周りの士気に影響する」ということで、「まぐれ、次は打つよ」と言っていたとか。栗山も主将という役割に着いているなら、「アンラッキー、次は打てる」ぐらいの態度を見せて欲しかった

 6裏無死一、三塁打者浅村がフェンス間際のライトライナーを打った際、一塁走者の栗山が二塁に行かなかったところを見て、あ然としました。初回に感じた悪い予想が当たりました。もし二塁に行っていたら、次打者秋山のセカンドゴロで三塁に進塁できたから、同点のチャンスが生まれたのに。主将がしっかりプレーできない時点で、勝ち目は薄かったと見ます。

 渡辺監督の去就はどうなるんだろうね。「進退はポストシーズンの戦いぶりを見て決める」という方針なら、退任でしょう。ホームで下位チームを倒すのは当然のことなので、それができなかったのなら不合格です。おそらく来週中には進退がはっきりすると思うので、フロントがどう判断下すのか見ものですね。

 とにかく、みなさん今季はお疲れさまでした。プレイオフ二回戦、日本シリーズ、ドラフトとまだまだ野球は続くので、これからもあれこれ書いていくつもりです

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2013/10/14 20:39] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
CS一回戦初戦
 明日は予定があるから行けず、あさっても不明なので、今日が最後の観戦になるかもしれないのにヒドイ試合しやがってとお怒りです。怒らないライオンズファンはいないだろうし。

 岸は抑えるか、長打を浴びるかの二択という信じられないピッチングでした。二人打ち取ったのを見て、「今日は三点取ればいいでしょ」と思った直後に井口のソロを浴び、五回五失点なんてありえない。「なにの冗談?」としか思えませんでした。

 この試合を分けたのは両チームの監督が初戦をどう考えているかのだったと思います。伊東監督は「今日取らないと、仙台には行けない」と相当気合を入れたことが察せられます。ピッチングコーチをマウンドに行かせるタイミングは敵ながら、いいところで出していると思いましたし、満塁になったとはいえ、4点リードしているのに、5回途中1失点の古谷を降板させる厳しさもよかったです。

 渡辺監督は「一回戦の初戦から総力戦をやったら、疲れるから仙台では勝てない」と思っていたフシがあります。五回五失点でノックアウトされた岸に代わって大石を出したのを見て、「野上、十亀とロングリリーフ要員はいるのになぜ出さない?野上、十亀を出すことで『まだギブアップしていない』とベンチやファンの士気を高めることができるのに」。と疑問でした。いや、三回三失点の時点で、野上、十亀に代えるべきでしょう。

 渡辺監督は「今の勢いをさらに加速させないと、レジェンドになったマー君擁するイーグルスには勝てない」という考えを持った方がよかったのに。

 明日は勢いが消えたライオンズを渡辺監督がどう立て直すかが見ものだと思いますが、見られないのが残念です。

 おまけ

 今日は増田、高橋、金子、加藤、田村と五人ルーキーが出場する快挙が達成されたことに気づいたひとはそんなにいないだろうね。公式戦でも凄いのに、ポストシーズンで達成出来たのは凄いというか、ありえないです。今日出たルーキーたちの未来に幸あれ

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2013/10/12 19:34] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ポストシーズン前夜
 例年「ベルトが掛からないプレイオフは興味ない」と書いて、実際球場に行っても「野球そのものを考察する機会」と静かに見ていて、行けないときはテレビはおろか昼寝していて結果を知ったのは夜というテキトーさなのに、今年はワクワクしてます。

 「今のライオンズは戦うチームじゃない、今季は興味ない」と書いてからの快進撃は驚くばかりです。このチームは僕が関心を持たないと勝つわけ?皮肉だな。今のライオンズなら、CS一回戦はもちろん、マー君も倒せるんじゃないかという期待があります。

 わかった、今年ワクワクしている理由は、ライオンズがどこまで勝ち抜けるかが見たいんだな。もし日本シリーズまで出れたらどうしよう。

 誰のところにボールが飛ぶかとか、チャンスに誰に打席が回ってくるかなんて予想できないから、キーマンを挙げることはしません。あえて言えば全員です。といっても、打点王を当確させた浅村には興味があります。ビッグマッチで活躍してこそスーパースターなら、浅村には活躍してスーパースターになって欲しい。もし活躍出来たら、文句なしの背番号3継承です。

 シーズン中のライバルシリーズは、お互い楽しくみたいな雰囲気でしたが、CSは楽しくなんて言っていられません。ダービーマッチは緊張感がないとね。CS一回戦が本当のライバルシリーズでしょう。

 明日はとにかく勝ちたいです

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2013/10/11 23:30] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
来季監督の話
 谷繁プレーイング・マネージャー誕生には驚きました。だってドラゴンズは老舗球団だから、候補者はいくらでもいるに違いないのに、なぜ選手?横浜をAクラスに導いた牛島とか、どう考えても戦力的には苦しいイーグルス初年度を率いた田尾にはもう一度監督をやらせてあげたいし、エースとして活躍した華やかな部分と、ケガで投げられない苦しみの両方を味わった今中はいい指導者になれると思うし。諸先輩を差し置いてなぜ谷繁?プレーイング・マネージャーは古田という失敗例があるのに。

 今のドラゴンズは世代交代期に差し掛かっているので、誰が率いても苦しいだろうなと思っています。ファンの恨みを買うことを覚悟して、ベテランをベンチや二軍に追いやり、走攻守一つでもあとよかったら、あとの二つは目をつぶって起用しないと若手は伸びないしね。

 谷繁は今までプレーしてきた仲間をベンチや二軍に追いやることができるだろうか。谷繁にチームの世代交代をやらせるのはかなり残酷だと思います。なにより、自分の後継を作らないといけないし。谷繁もこういう事情はわかって受けたと思うので、来季は谷繁の覚悟を見るシーズンになりそうです。

 ライオンズの渡辺監督の去就が決まっていないのも気になります。渡辺監督が指揮を取って以来、ポストシーズン前には続投が決まっていたのに。最終戦でAクラスを賭けるほど追い込まれた、一昨年でも最終戦の日に続投が決まったのに。

 六年指揮を取って優勝一回の監督が七年目の指揮を執った事例はないと退任させるか、六年中五回Aクラスに入る安定性は素晴らしいと続投させるか判断に悩むところです。おそらく、フロントもポストシーズンの戦い方を見てから決めるつもりでしょう。

 ただ、ポストシーズンが終わってから後継監督を決めるとなると、在野の人間は他のチームや解説者として来年の契約を決める可能性があるので、内部昇格しか選択肢がなくなります。現役生活で主にリリーフを務めた投手が指揮を執ったのは牛島ぐらいしか知らないので、潮崎二軍監督が一軍で指揮を執るのも見てみたいような。あさってからのポストシーズンもですが、監督選びからも目が離せないです。

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2013/10/10 21:58] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ワンデー・プレイオフルポ
 西武ドーム開催、ライオンズは月曜休み、マリーンズは月曜は大阪で試合、当日移動で西武ドーム入り、ライオンズは最終戦にAクラスが掛かる可能性があるから牧田起用、マリーンズは最終戦で順位は確定しているから、CSを睨んで、三ヶ月ぶりの成瀬調整登板。ここまで有利な材料が揃っていて負けるのはどうかだし、CS一回戦も期待薄だな。と思っていたら、ライオンズが勢いのままマリーンズを圧倒する試合になりました。

 球場に着いたのは4裏。勝っていることを確認したときは嬉しかったし、座席に着いていきなり片岡がタイムリーを打ったので、興奮しないわけがありません。片岡、栗山、浅村とタイムリーが続いたら勢いが出ないわけがありません。試合を決定づけたのは、ファンを熱狂させた、4裏の攻撃でしょう。これで熱くならないライオンズファンはいない。

 マリーンズは後手というか、勢いに押され続けたとしか思えませんでした。4裏に西野が打ち込まれたときも交代はおろか、ブルペンで肩を作る様子もなく、6表投手高橋、一死一、二塁打者ブラゼルのとき、代打GGを送ったときは、ライオンズとタイガースで打ちまくったブラゼルが左投手を打てないわけがないのに?と疑問でした。もし左投手を嫌うなら、鈴木にも代打を出さないとスジが通りません。

 プロ初勝利を挙げた高橋も褒めないわけにいきません。6表一死一、二塁打者ブラゼルのときマウンドに上がったのを見て、「ホームランが出たら二点差になるから、キツイマウンドになるな」と思ったら代打GG、鈴木を打ち取り失点ゼロ

 145キロのストレートでストライクを取れたら簡単には打てないですね。珍しいスリークォーターから放たれるストレートは見づらいし、速いしと打ちづらいでしょう。抑えたときのガッツポーズを見ると、気持ちが入っているのがわかるので頼もしいです。勝負度胸満点な中継ぎって近年いなかったような気がする。

 来季は8回高橋、9回増田or大石みたいなリレーが出来たら素晴らしい。よくこんな投手がドラフト四位まで残っていたなとヘンな意味で感心しています。
 
 この勢いでCS一回戦を取って、マー君を倒したら奇跡が起こると思いますし、今のライオンズには奇跡を期待してもいいと思います。
2013.10.8スコア

 菊池から一久への花束贈呈はファン同士が日本の左投手と聞かれたら菊池!と言われる投手になれという菊池への継承式のように見えました。あえてマウンドに息子を登らせて、一久がキャッチャーを務めたのは、「ここで戦ってきた」ということを息子に伝えたかったのだろうし、「父親としての背中を見せてきた」という言葉には男としてのカッコよさを感じました。

 場内一周のときコールや、拍手をするのが礼儀だと思いますが、感極まって一久を見つめることしかできませんでした。

 石井一久投手お疲れさまでした
一久ありがとう

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2013/10/09 22:44] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ワンデー・プレイオフ前夜
 明日の二位を賭けたワンデー・プレイオフを思うと、つぐつぐポストシーズン制を考えた(たぶん)アメスポって偉大だと思います。もしプレイオフが無かったら、明日は「二位も三位も一緒だよ」と関心の薄い一戦になったでしょう。

 それが、「二位になってプレイオフ一回戦のホーム開催権を取った方が、プレイオフを有利に戦えるし、興行的にも潤えるし」とビッグマッチになるんだもん。消化試合をプラチナカードに変えるんだから、ポストシーズン制を考えた人は凄い

 明日は牧田×成瀬。最終戦にAクラス入りを賭ける可能性は十分あるからと、渡辺監督は前々から牧田先発を考えたと思いますが、三カ月ぶりに成瀬を投げさせるところを見ると、伊東監督は「最終戦は消化試合」だと思っていたに違いないです。ここの差で明日はライオンズ有利かなって思います。

 明日勝った方が勢いでプレイオフ一回戦を制するような気がします。負けた方が中三日で気持ちを切り替えてプレイオフ一回戦に臨めるとは思えない。優勝争いに負けてプレイオフ一回戦も負けた2010、2012、三位を取ってプレイオフ一回戦を制した2011という実例があるし。

 週末は忙しいので、プレイオフを観に行けない可能性があるので、明日は楽しんできます。

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2013/10/07 21:38] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
ワンデー・プレイオフへ
 全て接戦を制しての七連勝って記憶にない。こんなに勝負強いチームって観たことないというか、知らないな。このチームはケガ人さえいなかったら勝てるってこと?来季にそなえてまずは医療部門を補強しないと。

 8日の最終戦がマリーンズと二位を賭けた試合になるようです。二位を賭けたワンデー・プレイオフと書いたらカッコいいですね。お世話になっている人に挨拶したいし、一久観たいし、半年待たないと野球を観れないから観ておきたいしと最終戦は行くつもりでしたが、こんなに凄い試合になるとは思ってなかった

 二年前の最終戦はAクラスが掛かっていたので、お客さんのテンションが異様に高かったことを覚えていますが、あさっても異常なテンションの中観ることになるんだろうか。もし負けてもAクラスは確保しているので二年前よりは落ち着いて観れそう。二年前は「ライオンズが勝ってもバファローズが勝ったら意味がない」とずっとドキドキしていました。もうあんな緊張感は味わいたくない。

 サンザンイヤゴト書いてきましたが、あさっては楽しんできます

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2013/10/06 19:52] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
Aクラス当確
 Aクラス入り確定。八月にある光景を見て、「このチームは戦う集団じゃないな」と思って以来、愛情が一気に冷めて、九月以降ほとんど試合は観ていないです。個人的にもいろいろ忙しかったしね。

 だから、心折れたなと判断したチームが、怒涛の追い上げでAクラスに入った現実がわからない。誰が、どうやってチームを立て直し、引き締めたんだろう。

 日々勇ましくなる渡辺監督の発言や、得点したときのベンチの雰囲気を見て違和感を持ったのも事実です。このチームは常に優勝争いに加わり、Aクラスは最低限の目標じゃなかったのかと。例えAクラスに入ったとはいえ、首位に八ゲーム差(今日現在)着けられて優勝を逃したという事実は変わらないし。

 ヤンキースのジーターは去年プレイオフ進出を決めたとき、「ここからが本番」と語ったそうです。これは「ヤンキースの目標は世界一なので、プレイオフに入るのはたいしたことではない」という意味でしょう。こういうことを意識しているコーチングスタッフ、選手はライオンズにどれだけいるかを問いたいです。

 もちろん、去年までの不動の三、四番を欠いていたことを思えば、Aクラス入りは喜んでいいと思います。だからといって、はしゃぐ気にもなりませんが。

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2013/10/05 21:47] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
小久保ジャパン
 昨日の深夜に小久保日本代表監督就任というニュースを聞いたときは驚きました。これマジ?としか言葉が出なかったです。今年最も驚いたニュースです。代表監督を無難に考えるなら、監督としての優勝経験があって、WBCのベンチにも入った梨田か東尾でしょう。

 次に思ったのは、「小久保よく受けたな」ということでした。あらゆるスポーツの中でも、最も注目を集めるチームは日本代表ということは説明不要ですね。もし小久保が結果を出せなかったら、サンザン叩かれて、将来的にも指導者になりづらいでしょう。現在41歳で、2017年WBCでも45歳という若さなのに。

 星野監督だって、ドラゴンズ、タイガースで合計三回優勝しているから、北京は不問にできたわけで。まだ監督、コーチにすらなっていない小久保にはフォローする部分が無い。僕だったら、もし小久保が代表で結果を出せなかったら、指導者としての未来を潰しかねないといって代表監督はやらせませんが。

 WBCの優勝監督は過去三大会とも現職の監督、コーチから出ていることを思えば、現職の監督、コーチに代表監督を依頼するのもアリかなと思っています。現職、グラウンドレベルじゃないとわからない強みってあると思うし。

 それは試合勘も含まれるけど、近い距離で観ているから選手の性格まで見抜けることもあるだろうし。ドミニカのペーニャ監督は同じチーム、ヤンキースで観ていて、カノーのプレースタイル、性格まで知り尽くしているからカノーならチームをまとめられると信頼を置いていたということは想像に難くありません。カノーも期待に応えて、MVPを取るほど活躍したし。

 守護神ロドニーはヤンキースと同じ地区のレイズ所属ということを思うと、ロドニーなら代表のクローザーを任せられると信頼を置くことができたし。だから、代表監督を現職の監督、コーチから出すというのは悪い考えじゃないと思います。

 でも、キャンプ後半からオープン戦までチームを留守にはできないって反論されるとなにも言えないんですよね。代表監督選びは難しいです。
 
 

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2013/10/03 21:21] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
高校生最強左腕の最後
 この時期は退団の話が出るので、寂しくなるし、プロの厳しさを思い知ることになります。辻内退団のニュースを聞いたときは、しかたないなとしか思えませんでした。プロ八年で一軍未登板じゃ残したくても残せません

 実は辻内が甲子園で奪三振の記録を作った試合を現地で観てました。150キロのストレートを全く打てないのを見て、「とんでもない投手が出てきたな」と驚いたものです。「甲子園最強の投手は?」と聞かれたら、「右は松坂、左は辻内」と即答します。菊池はほとんど観ていないし、島袋は辻内以上のインパクトを残せなかったし、松井は変化球で三振を取るので、力感はそんなに感じなかったし。

 だから、辻内が一軍未登板で終わるのが信じられない。いくらケガがあったといっても、未登板はないでしょう。もし取り違えが無く、バファローズに入っていたらと妄想しますが、四球団競合の川口を育てられなかったのを見ると、結果はそんなに変わらないだろうか。

 今思うと、高校生だけの分離ドラフトでなぜ二チームしか辻内に入札しなかったか?が辻内が未登板に終わった答えなのかなという気もします。プロにもそんなにいない150キロのストレートを投げる高校生左腕なら、もっと入札するチームは増えそうなものなのに。

 きっと、素人が観ているところと、プロが観ているところは違うんだろうね。その違いを知りたいものです。

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2013/10/01 21:30] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。