スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
今季最もいいニュース
 最終戦でプレイオフ進出を確定した一昨年は、「Aクラスに入らないと、『常に優勝争いに絡み、Aクラス入りは当たり前』というライオンズの伝統は守れない」と応援していましたが、今年はそういう熱さは全くないですね。八月のあの出来事が全てを奪ったようです。もしライオンズが日本シリーズに進出しても、冷めているだろうな。

 ライオンズが三試合早く、観客動員数150万人を突破したらしいです。このニュースを聞いたときあ然としました。今年のライオンズには集客できる要素はない

 五月以降首位に立った記憶はなく、現在四位と苦しい戦いを強いられ、チームで一番声援が飛んだ中島はおらず、ケガさえなければホームラン王を取るのは当たり前になっている中村が復帰したのは九月、前半ブレイクした菊池は週一しか登板しないので、集客に巨大な影響を与えたとは思えないし、9/14にリードされた終盤ゾロゾロ帰るお客さんを見て、「浅村の最終打席に興味ないの?23歳の打点王は凄いことだよ?」と絶句したことを思えば、浅村が客を呼んだとも思えない

 アニメとのコラボは二試合しかやっていないので、集客に巨大な影響をもたらせたとも思えない。ホントにお客さんが増えた要因がわからない

 ここから本題、敗因を分析するのは誰にもできる、一流は勝因を分析すると聞いたことがあります。つまり、勝因を分析すると勝ちパターンが浮かび上がってくるので、今後が戦いやすくなるとか。かの川上監督は勝った試合こそ、コーチ陣と話し合ったと聞きます。

 ライオンズの営業は今季お客さんが増えた要因を分析するべきでしょう。第三者の視点から分析したいなら、年に一、二度ファンにアンケートを取る慶応大に協力を求めてはどうだろう。分析した結果を基に戦略を立てられたら、来季以降は安泰です。もし年間200万人入るようになったら、どんな会社でも優良コンテンツを切り捨てるなんてありえないと判断するだろうから、もう外資なんて怖くない
スポンサーサイト

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2013/09/30 21:39] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
昨日あったけっこう凄いというか、面白いこと
 昨日イーグルス優勝の陰に隠れたけっこう凄いことを書きます。

 浅村が100打点を達成しました。23歳での達成は歴代最年少記録らしいです。もう背番号3を差し上げたい、いやもらってくださいとお願いする立場ですね。今日マギーは打点を挙げられなかったので、マギーとの差は10点差をキープしています。ライオンズ、イーグルスともに残り9試合ということを考えれば、浅村の打点王はほぼ確定といっていいでしょう。

 高卒五年目、23歳で打点王を取った選手はそうはいないでしょう。浅村がレジェンドの領域に入りつつあるなんて考えられない。僕たちは大打者の誕生を見るシーズンになるかもしれません。

 松坂が三勝目を挙げました。最初は打たれたけど、ここ三試合連続で勝ち星が着いたということは、松坂自身がメッツとナショナル・リーグに慣れたってことかなと。最初は打席に入っていいの?と疑問に思っていたのが、自然に打席に入るようになったかもね。

 他チームに入って慣れるところからやるのもやっかいだと思うので、このままメッツでプレーして欲しいです。イチローと交流戦のサブウェイ・シリーズで戦えば盛り上がると思うけど。

 投げているところを動画で見ましたが、ライオンズで投げているころのような躍動感はなく、手投げになっていました。今のイチローが振り子打法を死語にするぐらい、コンパクトに振っているのは「コンパクトに振らないと100マイルのストレートや直前で曲がるカットボールなどの変化球を打てないし、体を大きく使うと体力も消耗するから」という理由だと思います。今の松坂はこの投手版じゃないかなって思っています。

 手投げと言われるぐらいコンパクトに投げると、体力の消費を抑えられるし、コントロールも着くし、変化球も曲がるから、ストレートの球威を犠牲にしてまで手投げで投げるメリットがあるのかなって思っています。もちろんメジャーリーガーの技術を語れるぐらいの知識が無いので、想像でしかありませんが。

 来年メッツで10勝、いや15勝以上挙げて、未だ出ていないオールスターに投げて、ポストシーズンで黒田、ダル、岩隈と投げ合って怪物復活しないかなと楽しみにしています。

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2013/09/27 22:22] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
イーグルス優勝おめでとうございます
 イーグルス優勝おめでとうございます。夏以降、今季はもういいと冷めた態度を取ってきましたが、優勝を逃した悔しさ、目の前で胴上げを見る悔しさはあります。来季は頑張らないとね。

 9裏はNHKで見てました。田中が栗山に三球続けて投げたアウトロー150キロのストレートは唸るしか無かったし、現在打点王の浅村を力で捻じ伏せる三振には唸るしかないです。ストレートの球威、アウトローに決めるコントールだけでも打ちづらいのに、変化球を混ぜられたら打てないですね。今季田中が神の領域に達した理由がわかる気がしました。気迫も凄いし。

 どう考えても戦力的には厳しく、勝敗、順位は問えず一年完走が目標だった初年度を思えば、よく9年で覇権を取れたと感心するしかありません。正直、優勝旗の白河の関越えはイーグルスより高校野球が先だと思っていました。

 次の目標は日本一ですね。一、五戦で田中を使えば六、七戦でブルペン待機も出来ますし、田中がいなかったら最多勝を狙えた則本も控えているので、可能性は十分と見ます。大舞台を数多く踏んだカズオ、AJの存在も大きいし。応援してます。もしプレイオフにライオンズが出たとしても、「ベルトもないのに日本シリーズなんて出たくもない」と無関心でいるでしょう。優勝しないとプレイオフは燃えないんだよね。

 僕が知る限り在位期間全て優勝、三チームの指揮を取って優勝した事例はないので、星野監督も凄いですね。あとは日本シリーズに勝てば文句なしの名将と言えるでしょう。個人的には日本一にも世界一にも縁が無いカズオが頂点に達してくれたら嬉しいなと。アトランタ黄金時代に在籍しながら、不思議に世界一に縁が無かったAJが日本一を取るのは微笑ましいものがあるし。

 イーグルス優勝おめでとうございます!

 さて、ここからは小言を少々。イーグルスが優勝するまでに掛かった9年間で優勝(勝率一位)ができなかったチームがあります。マリーンズ、横浜、広島の三チームです。どう考えても、イーグルスが生まれた2005年当時はイーグルスより状況はよかったはずです

 なのにイーグルスより先を越されるのはいかがなものかと。マリーンズは二度日本一になりましたが、勝率一位はないので恥じるところでしょうし、カープはAクラスに入っただけではしゃいでいる場合ではありません。横浜には語る言葉はありません

 来年はプロ野球の先輩として、もっと頑張っていただきたい

テーマ:東北楽天ゴールデンイーグルス - ジャンル:スポーツ

[2013/09/26 22:27] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
これでいいのかイーグルス
 今までの僕なら、「二夜連続のサヨナラ勝ちの勢いでいざAクラス!」と興奮しているはずですが、冷めてますね。ホントに今季は浅村の打点王しか関心がないんだな。まあ冷めた理由はオフに書きますが。

 書き加えるなら、なぜ片岡を歩かせて金子と勝負しなかったのか疑問です。どう考えても片岡の方が手強いし。なにを考えて片岡勝負を選んだ理由を聞いてみたい

 6裏から見ましたが、登板した小山を見て目を疑いました。帽子にチョークらしきもので「17」って書いている。「17」の意味は離脱したラズナーの番号だと思いますが、帽子にシール貼ったりするのは禁止じゃなかったっけ?まさかシールはダメだけど、チョークで書くのはいいという小学生みたいなことは言わないよね。

 一番悪いのはチョークを消させるか、帽子を代えさせない審判ですが、「『ラズナーの分まで頑張りたい』という気持ちはわかるけど、ルールに触れる恐れがあるからやめろ」と言えないイーグルスのベンチも問題です。ルールとかモラルを守れないチームが優勝目前なんて、プロ野球ってチョロイな。

おまけ

 昨日ドラマ「ブラックジャック創作秘話」を見てました。大島優子がどうこうなんて巨大掲示板でいろいろ書かれているから書きませんが、壁村編集長役の佐藤浩市が怖かったです。だって、先日観た「許されざる者」の悪徳警察署長そのまんまなんだもん。いつ原稿を仕上げない手塚治虫をボコボコにしないかドキドキしてました。

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2013/09/25 22:57] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
さよなら一久
 一久引退。前回書いたとおり引退は覚悟していました。でも、実際に引退するというと寂しいです。今だから書けますが、八月のホークス戦で今季HR1本、HR5本しか打っていないバッター(誰かは忘れた)から、ライトスタンド中段に打ち込まれたとき、一久辞めるだろうなと思っていました。

 力は衰えても、コントロールをよくしたり、変化球を増やしたり、配球を工夫することで抑えることはできますが、非力なバッターにスタンド中段まで打たれたら、どんなに工夫しても通じないし、ごまかせません。あの日のホークス戦で投手一久は終わりました

 FAで出ていくばっかりのチームに、FAで来てくれるなんて!とライオンズに来てくれたときは嬉しかったです。2008年プレイオフ、日本シリーズ第七戦、2011年プレイオフで鬼気迫る投球で抑えこんだのが記憶に残ります。修羅場が似合う投手でした。

 一久のベストは2001年日本シリーズ初戦で、バファローズ相手に完封したときですね。松坂でさえ打ち崩したバファローズ打線を抑え込むのは凄いと思ったし、改めて石井一久という凄い投手がいることを感じました。

 岸、菊池を引き連れて自主トレをやると、人望はあるといいます。左のパワーピッチャーという意味では菊池のいい教科書であり、師匠だったと思います。野球以外の世界を見ていたいということで吉本の契約社員をやるのもいいのですが、いつか球界に帰って来て欲しいです。投手コーチならいつでもお待ちしています

 石井一久投手お疲れさまでした

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2013/09/24 23:17] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
200勝へのリスタート
 「時期的にも40歳前後以上の選手はフロントと話し合いは持っているはずなので、西口、一久もフロントと話し合いを持っているんだろうな」と思っていましたし、「40歳で未勝利の投手は雇えない」と退団通告をされてもしかたないと覚悟を持っていました。それだけに、西口に来季があるのは嬉しい。

 来季西口に期待される部分は、先発のバックアップ要員でしょう。ライオンズの先発陣でファームに落ちないのは十亀だけと、一年ローテを守るのはけっこうキツイ。西口はローテから誰かが落ちたときのバックアップ要員として来季構想に入ったと思っています。

 しかし、来季も未勝利では再来年はないでしょう。西口はファームで結果を出し続けて、先発陣に「お前ら代わりはいるんだからな」とプレッシャーを掛けて、チャンスが来たら結果を出してローテに定着して欲しい。そううじゃないと200勝はないし、現役生活そのものも終わります。

 一久はどうなるんだろうな。一久も「40歳で未勝利は雇えない」と退団通告を受けてもしかたがないと覚悟を固めています。実は、西口、一久引退というニュースが流れないかと、帰宅してネットを見るのが怖いです。 

 ところで、一時代を作ったスターには、少なくともシーズン最終戦から一ヶ月前には話し合いを持って、退団するならセレモニーをやって、現役続行を望むなら自由契約にするとお互い握手して別れないとダメだよね。話し合いの前に「誰々解雇」と書かれて、外堀を埋めるように退団させるのが一番よくない

 こういう扱いをすると、他の選手が「こういうチームに愛情を持ってもしかたがない」と冷めた考えを持つから、個人成績がよくても勝てないチームになると、「4522敗の記録」にありました。

おまけ

 優勝チームが決まると「こういう時期なんだ」という思いや、ドキドキ感もあるのですが、それらを全く感じない巨人優勝でした。バレンティンとマー君に隠れましたね。

 二年連続で二位に10ゲーム差以上離しての優勝はいかがなものかと思います。ふがいない。来季こそ、巨人にエースクラスをぶつける巨人包囲網を敷くぐらいやって欲しい。そうじゃないと、セリーグはプレイオフしか見どころが無い退屈なリーグになるでしょ。

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2013/09/22 21:21] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
新コミッショナーに思うこと
 加藤良三コミッショナーが辞めるそうな。「加藤コミッショナーからペナントや表彰をもらいたいチーム、選手っていないだろうから、早く辞任してくれ」と思っていたので、いいやと。「今季限りで辞任」って聞いたけど、もし明日巨人が優勝したら、加藤コミッショナーからペナントの授与があるの?気まずいだろうなあ。

 後任のコミッショナーがやるべきことをザッと考えました。イカ書きます。

・NPBを安全に運営するために、収入の増加。要するに12チーム儲かるビジネスモデルを考えろってことです。

・WBC、アジアシリーズなどの国際大会に向けて、ジャパンの強化と他国との外交。外交という意味では、元駐米大使の加藤コミッショナーが適任だったんですが、選手会から「WBCのビジネス周りはコミッショナーがやって欲しい」と言われるようでは、ダメでしょう

 ドラフト対象外のクラブチームの選手がMLBに入るというニュースを最近聞きました。なんでも、紳士協定しか結んでいなかったから、阻止できないみたいです。紳士協定を信じるなんておめでたい

 もし安楽君を「高校を中退しても、現地のハイスクールに入れて高校は出させるよ」と言って、MLBに取られたらどうするんですか。もっとMLBとしっかりした協定を結ばないとダメでしょう。

・アマとの連携の強化。プロが高校生を指導しやすくなったという点では加藤コミッショナーを評価するところかもしれません。Jリーグのようにユースチームを持たず、選手の育成をアマに任せている現状を思うと、もっとアマとの連携を深めて選手を育てていかないといけません。個人的には12チーム共同出資で、高校生以下を対象にアカデミーを作るのもいいと思っています。

・12チーム制が50年以上(おそらく)保たれていることを思えば、エクスパンションもやって欲しいなと。以前静岡市がNPB加盟を希望していると聞きました。個人的には東海にパリーグのチームを置いて、南九州にセリーグのチームを増やしたらと思っています。

 やることいっぱいあるじゃないか。これだけのことを短期間にやるのは不可能なので、しっかりした長期政権の元、球界改革を行っていただきたい。個人的には球界再編問題に取り組み、大学、社会人まで出ていてアマの世界がわかっていて、五輪に出て国際大会の経験のある、古田を推したい。古田なら年齢的に十分長期政権が作れるし。高齢者で大病を患った王さんを担ぎ出すのはやめようよ

おまけ

 後藤オーナー曰く、ライオンズの来季監督は白紙だそうです。

来季に関しては「とにかくペナントレースと、その先があるわけですから、戦っている間は、絶対に人事問題について発言しない。白紙だと申し上げる」と語るにとどめた

 Aクラスに望みを持って戦う現場を思うと、これしか言えないですね。模範回答です。僕は在位六年で一度しか優勝していない監督が七年目の指揮を執った事例を聞いたことがないので、渡辺監督は辞任していただきたい。もしAクラスに入ってプレイオフを制しても、手に入るのは優勝ではなく「日本シリーズ出場権」だし。

 日本シリーズに出たとしても、首位から10ゲーム以上離されたチームが日本一になれるとは思えない。後継監督に誰がいいかはまた別途書きます。

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2013/09/20 23:49] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
野球は難しい
 今日の試合をテレ玉で観ていて気づいたことを二つばかり。今季のライオンズに興味ないというなら、宮城谷昌光の「三国志」でも読めばいいのに。ツンデレだ。

 8表一死一、三塁打者稲葉の場面で、3ストライク目のボールを炭谷パスボール。ここで書きたいのは炭谷のキャッチングではなく、一塁に走った稲葉。お察しの方もおられるかと思いますが、この状況では振り逃げは成立しないので、稲葉は一塁に走っても意味がありません。

 つぐつぐ野球はルールが難しいスポーツなんだなと思わされました。2000本安打を打ち、ジャパンにも選ばれて、引退後は野球殿堂入り当確の稲葉でも、ルールを理解していないんだから。この手のルールには人一倍厳しいであろう、野村克也門下生でさえルールをわかっていないのだから、他の選手は推して知るべしでしょうね。

 野球は球技の中でも最もルールが多いスポーツというのはホントなんだろう。

 8裏二死一、二塁から四球を取ってガッツポーズを取った浅村には唸りました。もし打点王が欲しいならガッツポーズはしません。周りは打点王争いで騒ぐ中、浅村本人はタイトルよりプレイオフを優先しているのが頼もしい

 かつて背番号3を背負った清原がノンタイトルに終わった理由として、清原本人がタイトルより勝利、優勝にこだわったからというのを聞くと、この日の浅村は背番号3を背負う資格が十分と見受けられました。9表のエラーはしらない。

 おまけ

 イーグルス×ホークスが11-10という打ち合いになったと聞いて、マギーが打点を稼いだのか?とヒヤヒヤしながら調べましたが、AJが稼いだだけでマギーは打点なしだったそうです。ホッとしました。最終回にマギーを歩かせたホークスバッテリーGJ

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2013/09/18 22:21] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
レジェンド・シリーズルポ
 レジェンド・シリーズのルポ書いてなかったことに気づいたので、書きます。今日は書くことないしね。

 西武黄金時代ユニを見る度に、「ライオンズのユニってこれだよな」と思います。正直これ以上にカッコいい野球のユニってあるんだろうかと思うぐらい。黄金時代ユニに戻せとまでは言いませんが、年一度ぐらいはこのユニで試合をして欲しい。

 2003年までの着用だったので、ギリで栗山、中村も着ている計算になりますが、一軍でプレーした印象が無いので西口が一番印象にあります。観ていて「これを着ていたときの西口は沢村賞、MVP、最多勝を取ってブレイクというか、キャリアハイだったよな。カズオ、大友、大成と並んで、新生ライオンズの旗頭的な選手だったし」と感慨深いものがありました。この日の結果については書きたくない。

西口

 胸のロゴが見やすいので、三塁側からは左バッターが撮りやすい。ということで秋山を載せます。左バッターで脚を高く上げて打つのは佐々木誠をホウフツとします。構えるキャッチャーも中島聡に見えてきます。未だ現役なのは凄い。
秋山

 試合前に当時の映像が流れてまして、イチローが一番歓声が多かったです。NPB時代のイチローが想像できない若いファンも多くいることを思えば、イチローの映像を流したのはよかったです。個人的には田口、大島、谷の優勝メンバーがツボでした。

 写真は糸井ですが、観ていて違和感ないですね。いいユニは人を選ばないんだろう。2004年の球界再編は「バファローズを潰した」と言われますが、本当はブルーウェーブが潰れたんですよね。神戸復興の象徴だったブルーウェーブを潰した罪は重いです。
ブルーウェーブ

 2009年の西武黄金時代復刻は選手Tシャツが売っていたので、今回も期待しましたが、今回はなし。菊池買いたかったのに。おそらく、パリーグで歩調を合わせるイベントだったので、独自にグッズを売ることができなかったのでは?と察しています。それは来年(もしあったら)の課題ということで。

 レジェンド・シリーズについては他に書きたいこともあるので、今後書くつもりです。お楽しみに。

おまけ

 八月下旬以降ライオンズへの記事が少ないことに気づいている人もおられるかと思います。事実、今のライオンズには興味を持てません。それは単に順位が振るわないからではないとは書いておきます。興味を持てない理由はオフに書きます。いろいろあって、球場に行けるのもあと一、二回だろうし。

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2013/09/16 22:15] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ようこそニューヨークへ!
 ようやく松坂に復帰初勝利が。登板五試合目で初勝利は長く掛かった気もしますが、久しぶりのメジャーに慣れるのに時間が掛かったし、新しいチーム、土地に馴染むには時間が掛かるので、こういうものかなと思っています。9人制を採用するナショナルリーグすら初めてだし。

 残りシーズンを考えると、あと登板は1.2回。あっても3回かなと言う気もします。そこで結果を出して、来季もメジャーで頑張っていただきたい。松坂が渡米したときに期待した、日米100勝づつの通算200勝は諦めていません

 松坂に取ってナショナルリーグはやりやすいのではと思っています。ナショナルリーグは9人制なので、投球数の上限が見えてきたなら、代打を出してもらえるし。DH制のあるアメリカンリーグなら、投球数の上限が迫っているのはわかるけど、あと一イニング投げてくれになりやすいし。だから、球数制限を課すなら代打で強制終了させるナショナルリーグの方がいいのかなと。

 話変わりますが、同じ意味で、高卒一年目で体に気を使わないといけない藤浪は9人制のあるセリーグに入ってよかったのではと思っています。DH制のあるパリーグなら、あと一イニング行ってくれになってもおかしくないし。

 松坂は打つのも好きだしね。甲子園で四番を打って、甲子園でプロ初ホームランを打ったぐらいだし。松坂のメジャー初ホームランも見たいです。ところで、投手で日米どっちもホームランを打った人はいるんだろうか。カープで投げて、ナショナルリーグのロスで投げた黒田は打ってそうだけど。

テーマ:MLB - ジャンル:スポーツ

[2013/09/15 22:14] | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
遅れてきたベストオーダー
 明日、あさっては台風が来るから行けるときに行かないとと西武ドームに行って来ました。打ち込まれるリリーフ、相手のリリーフを打ちこめない打線とここ二、三年ウンザリするほど見せられている試合でした。語るところといえば、打点王争いで、二位マギーに9点差を着ける浅村の三打点しかないです。

 これが今季のベストオーダーだよね。あえて言うなら、直人のところに片岡で、四番以降は中村、秋山、浅村、坂田とシャッフルするぐらいでしょうか。今季のライオンズにおける最大の敗因は、「ケガ人ばかりでメンツが揃わず、ベストオーダーが組めなかった」ことでしょう。
ベストオーダー

 今季初めての中村剛也。あと何度西武ドームに行けるかはわかりませんが、ホームラン見たいですね。それと、来年はバレンティン越えを達成することを信じています。
おかえり

 気になることを二つばかり。9裏二死一、三塁打者秋山の場面で勝負を選んだマリーンズの判断には疑問を持ちました。炭谷、星孝典は退いて、第三捕手の武山が次打者ということを考えたら、秋山敬遠、武山勝負でいいでしょう。同点に持ち込んで延長に入る場合を考えると、武山には代打を出せないし。秋山に同点3ランを打たれる可能性より、武山に満塁ホームランを打たれる可能性が高いなんて判断はありえない。気になる采配でした。

 終盤ゾロゾロと帰っていくお客さんを見て不思議でした。「最終回に回ってくるかもしれない浅村の最終打席ぐらい見ていけばいいのに」と。浅村が打点王を争っていることを思えば、大事な打席になります。もし最終打席で浅村が満塁ホームランを打ったら、二位マギーとの差は13点差になるので、打点王をほぼ確定づける打席になるのに。みんなタイトル争いって興味ないの?

 もし浅村が打点王を取ったら、高卒五年目、23歳で取る快挙なのに。そうなったら、来季から背番号3を着けてもおかしくないし、若き打点王としてオフは取材が殺到するだろうし、もしオフにジャパンが組まれたら新生ジャパンの顔として、代表入りは間違いないしと、もの凄く世界が変わることになるんですが。当然年俸もハンパなく上がるし。

 なので、浅村の打点王争いは凄く興味があるんですが。みんな興味ないの?

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2013/09/14 20:57] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
Jリーグから思うアメスポの優秀さについて
 Jリーグがポストシーズン制を導入するとか。

Jリーグは11日、都内でJ1とJ2の合同実行委員会を開き、2015年から前後期(2ステージ)制とし、年間王者を決めるポストシーズンを導入する方針を決めた。スポンサー収入の増加などで現状より10億円以上の増収を見込む改革で、17日の理事会で正式決定する。

 この改革にはファンからかなり批判があったと聞きます。つぐつぐ思うのは、NPBといい、Jリーグといい、説明がホントにヘタだなと。NPBの飛ぶボールの問題だって、シーズン前に「今までのボールでは投手が有利すぎるので、今季は少し飛ぶように調整した」と言えば済む話だったのに。Jリーグだって、「夢や理念だけじゃリーグは運営できない、運営資金を獲得するためにポストシーズン制を導入する」と説明したら、もっとファンにわかってもらえたんじゃないの。

 これに関する記事や意見をいろいろ読んでみたら、「海外では一シーズン制が主流」という意見が多かったのに驚きました。なぜ、「ポストシーズン制を導入したがるのか?」という素朴な疑問とか、ポストシーズン制を採用するスポーツはアメスポが多いんだから、アメスポからポストシーズン制のメリット、デメリットを探すとかしないの?ファンとかマスコミはもっと「スラッガー」でも読んだら?というのが感想です。

 ここからアメスポの話になります。アメスポで一番頭がいいなという部分は、勝率一位のチームをそのままチャンピオンにしないところだと思うんです。だって、一チームに独走されたら興行的に美味しくないし、選ばれた二チームによる直接対決、タイマンでチャンピオンで決めた方が盛り上がると。チャンピオンを決める試合は「ワールドシリーズ」とか「スーパーボウル」とか「NBAファイナル」とかカッコいい名前を着けて、お祭り感を出すと。よく出来てます。

 勝率一位チームがチャンピオンにならない矛盾を解消させるために、試合数を調整するというのも気が利いています。例えばMLBでは、二リーグ15チーム制ですが、15チームが同数で試合をするわけではありません。地区別に分けて、同地区のチームを多く対戦させて、他地区とのチームとの対戦は減らして、さらに交流戦もあるので、素直に勝率一位チームがチャンピオンとは言えないと納得させているわけです。

 だから、地区王者、ワイルドカード、平たく書くなら上位10チームを選抜して、プレイオフをやってチャンピオンを決めると。興行をやらせたらアメリカ人が世界一だろうな。

 それと、アメスポは昇降格制を導入しないというのも興味深い。きっと二部に落ちた瞬間に、「一部でプレーするのを前提に複数年契約を組んだんだから、前提が崩れる来季はFAだな!」と代理人に通告されるし、スポンサーからも似たようなことを言われるし、自治体からも「露出が高い一部だから、格安でスタジアムを貸していたけど、露出が低い二部なら家賃を上げる」と言われるしと。おそらく、ここまで考えて固定制にしたんだろうな。昇降制を導入しているプロリーグって理解できないってアメスポの偉い人に思われているだろうね。

 とにかく、Jリーグの試合数を考えると参考にしやすいのはNFLだと思われるので、サッカー関係者とかファンはNFLを研究したらどうだろう。
 

 

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

[2013/09/13 23:41] | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
55
 バレンティン選手55HRおめでとうございます。(これを書き終える頃に56HR打つ可能性もあるけど)「帰宅したら既に打っていた可能性もあるよな」と思っていたら、やはりでした。帰らないで神宮に行くべきだったか。

 別に55HRを頑なに守るつもりもないので、56HR、なんなら60HR打ってくださいという気持ちです。来年中村がその記録を抜くから!

 野村克也が「メジャーに残れなかったマイナーリーガーに新記録を作られるのはどうか」と語っていたと聞きます。これは野村克也が人種差別主義者というわけではなく、「マイナーリーガーに負けてどうする、悔しかったら日本人が新記録を作ればいいんだ」という意味でしょう。同感です

 打撃三冠のシーズン記録は打率はバース、打点が小鶴、本塁打が王、ローズ、カブレラ、バレンティン(今書いている現在)。外国人ばっかりじゃないか。日本でやっているんだから、日本人が打撃記録を作らないと。日本人の四割越えとか、HR60本とか観たいじゃない

 バレンティンの55HRのうち、2本は生で見たことが自慢になるので、タイ記録は嬉しいです。岸から打ったときは、9裏二死から同点というイタイ場面だったのに関わらず、「ボールってあんなに飛ぶんだ、すげー」としか思えませんでしたし、交流戦のファイターズ戦で打ったときは「負け試合濃厚のときに、一発打ってスワローズファンの不満を解消させるとはやるもんだ」と思ったものです。ずっと自慢してやる。

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2013/09/11 20:55] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
2020東京五輪に思うこと
 おそらく、「2020年東京五輪」の話をしなかった日本人はいないんじゃないか?とか七年後の話なのに、テンション高くて大丈夫なんだろうかと思う昨日、今日でした。「生きている間にオリンピックは見たいよな」と思っていたので、僕も嬉しいです。W杯は2002年に見たので、東京五輪を見れたら、二冠王になりますな。

 東京五輪への喜びとか経済効果については、いろんな人や場所でサンザン語られていると思うので、少しばかり捻ったことを書きます。1964年東京五輪を舞台にした、「オリンピックの身代金」を読んで、前回の東京五輪の裏側というか、語られない部分に驚きました。

 「東京はインフラが充実しつつあるが、地方(秋田)は電気さえまともに通らない」という一節があります。つまり、地方から出稼ぎ労働者、労働力ばかり吸い上げて、東京だけ繁栄したということです。今回の東京五輪で経済が潤うなら、地方にも分配しないといけないでしょう。今回のテーマが、「東北地震から復興した日本」を謳うなら、なおさら東京一人勝ちは許されません

 「東京五輪関連の工事で、数百人の死者が出た」という一節を読んで、あ然としました。マラソンの円谷、バレーの東洋の魔女は語られるのに、犠牲者は語られないのではあんまりです。閉会式で犠牲者に黙祷ぐらいやってもよかったのに。

 その他、大手建設会社が出来るとは思えない工期を守らせ、人員を出すように容赦なく下請業者を痛めつける描写もあります。今回の東京五輪では、下請業者を守るために国が監督しないといけないでしょう。人柱の上に成り立つオリンピックが見たい人がいるとは思えない

 前回の東京五輪の負の部分を繰り返さないためにも、あえてお祝いムードに水を差すようなことを書きました。浮かれてばかりではなく、現実をみないといけないと思います。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

[2013/09/09 21:08] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
北海道旅行記.4
 今回の旅行は一人旅だったので、孤独のグルメをしてきました。でも、ゴローちゃんならガイドブックに書いていないものを食べるよね(汗)

 新千歳空港で食べたバターコーンラーメン。美味しゅうございました。移動の途中で食べたのか、マー君、嶋、青山、AJのイーグルス勢のサインが置いてあったり、旅行する前に引退会見を行った宮本のサインも置いてありました。AJに「ジャパニーズ・ヌードル食べてみろ」と煽ったんだろうなと思うと、微笑ましいものを感じましたし、宮本のサインにはグッと来るものがありました。

バターコーンラーメン
 
JR札幌駅の駅ビルで食べたスープカレー。美味しゅうございました。涼しいし、カレー食べたいなと探して食べた逸品です。あまり辛くなく、食べやすかったです。考えてみたら、スープカレーって食べたのは初めてかもしれないってほど記憶にないです。東京でスープカレーってメニューすらみた記憶が無い。今度探してみよう
スープカレー

 小樽で食べたジンギスカン。小樽といえば寿司と聞いていましたが、肉の魅力には負けました。ボリュームもあったし、満足です。ラーメン、スープカレー、ジンギスカン、寿司の中から三つは食べたいなと思っていたので、ジンギスカンを食べ終えたとき、今回の旅行に対して満足感を覚えました。
ジンギスカン

 残念なのは、ススキノに行けなかったことですね。もちろん健全な意味で。試合はナイターだったので、時間的にもススキノで食べる余裕はなかったんですよ。次回札幌に行くなら、デーゲームを見て、夜はススキノで食事するぐらいの余裕のある日程を組みたいものです。

おまけ

 明日のU18高校世界選手権のテレ朝での中継が急きょ決まったらしいです。番組編成をいきなり変えるのは難しいことは、テレビ業界に疎い僕だって想像が着くので、テレ朝の英断には拍手を送りたいです。

 明日は朝はオリンピック東京招致決定、夜は高校ジャパン世界一で喜べたらいいですね

テーマ:日記 - ジャンル:日記

[2013/09/07 20:30] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
北海道旅行記.3
 今回の旅行は観光がメインで、野球はサブという位置づけだったので、観光ルポを書きます。札幌に着いた27日の試合前にクラーク像に行って来ました。
クラーク像

 最寄りの福住駅からクラーク像のある羊ヶ丘展望台まで、一時間に二本しかバスが無いのを見てあ然としました。クラーク像は北海道について書かれたどんなガイドブックにも載っている人気スポットなのになぜアクセスが不便なの?

 帰りはうまくバスに乗れたからよかったものの、「試合に遅れたらどうしよう」とヒヤヒヤものでした。札幌の自然も見れたし、クラーク像そのものはよかったし。後ろに札幌ドームが写っているのがポイント高い。見てのとおり、札幌ドーム周辺は土地が余っているから、室内練習場でも造ったらいいのにという疑問が次の日解決するとは、その日は全く思いもしませんでした。

 翌29日はサッポロビール園に行って来ました。200円(多分)でグラスビール一杯飲めます。ビールは三種類ありまして、ビール醸造所を造ったときのビールを再現したオリジナル版を飲んで来ました。普段余り飲まない僕でも、美味しく飲めたのでビール好きの人はたまらないだろうな。
 
 ビールを飲んだのは11時前。そう、お昼どきですらありません。そういう時間に飲むのはイケナイというか、背徳的な気分になりますが、たまにはいいよね。ちなみに入館料はタダということを考えると、200円のビールが入館料代わりってところでしょうか。ビール園に来た人で、ビールを飲まないで帰る人なんていないだろうし。

昼からビール

 ビール園には早く着いたので、散歩がてらフラフラしていたらファイターズの室内練習場を発見しました。これには驚きましたね。ガイドブックに乗っている観光地にスポーツチームの練習場があるなんて、想像できません。埼玉の観光施設の中にライオンズの練習場があったら、驚くでしょ?

 もし昭和だったら、ビール園で一杯ひっかけて球場入りする猛者がいたんだろうなと想像してみたり。今だったら、罰金+二軍降格でオフに放出されるのは目に見えています
ファイターズ練習場

おまけ

 「ANGEL VOICE」でとうとう麻衣ちゃんが亡くなりました。試合中にも関わらず、「市蘭が優勝したよ」という母親の優しい嘘を信じて旅立ったのはよかったんだろうか。後付けでもいいから、現実になったら問題なしと思いたい

 麻衣ちゃんの死を淡々と描いたのは、優勝旗を持って見舞いに来たとき麻衣ちゃんの死に気づいた市蘭イレブンの動揺への伏線なんだろうか。古谷野には全く気が抜けない

 ところで、乾にはユゥエルのマーク役を任せるという伏線はいつ回収されるんだろう。キッチリ伏線を回収してきた古谷野が忘れるとは思えない。クライマックスに差し掛かる「ANGEL VOICE」が読みたくて、これからもチャンピオンを買い続けるんだろうなあ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

[2013/09/05 22:39] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
北海道旅行記.2
 ビジターゲームのときは、場内演出を見るのも楽しみの一つで、「ライオンズもこれやればいいのに」と思われるものが一つか二つはあるものですが、ファイターズの場合ありませんでした。以下書きます。

 最初に驚いたのは、東京時代にあったOB紹介、「ファイターズメモリアル」が無かったことです。東京時代はこれを見る度に、「○○さんの若い頃ってこんな感じだったんだ」と勉強になったものですが。東京復刻を札幌でやらないところを見ると、ファイターズのフロントは東京と北海道は切り離したいんだろうね(これは後日掘り下げて書くつもりです)

 初回にファイターズの選手が守備に就くとき、東京時代はスタジアムDJ(通訳さんだったそうです)が「レディース・アンド・ジェントルメン!」から始まり、「ファースト・ベースマン、ミチヒロ・”ガッツ”・オガサワラー!」とか「ショートストップ、”マック”・カネコー!」という迫力のあるメンバー紹介が好きだったのですが、これもなかったです。敵ながら熱くなったんだけど。

 東京時代は五回のグラウンド整備のとき、YMCAが流れる中、売り子さんからグラウンドキーパーまでみんな踊る、いい意味でのバカバカしさがあったんですが、札幌では踊るのはファンだけでした。これも寂しい。なにか東京時代のいいものを全部切り捨てている気がしました。

 29日は負けたんですが、「せっかくだから勝利演出まで見て帰るか」と見ていたら、ヒロインのあと、照明を落として球団旗を広げて小さな花火を打ち上げていました。そのあとサインボールを複数の選手が投げるんですが、暗いし、煙があるわで誰が投げているかわからない。オーソドックスに照明を着けたまま、お立ち台に上がった選手がサインボールを投げた方がいいのに。

 結局、目を引く演出はありませんでした。そもそも、球場に着いたとき、入場で並んでいるのか、チケットを買うために並んでいるのもかもわからなかったし。これじゃ客の案内、誘導になっていない。

 正直、ファイターズは移転してまだ10年と目新しさと、移転後4回リーグ優勝を成し遂げている強さでファンを呼んでいるんだとしか思えませんでした。いやね、目新しさは年を重ねるにつれて無くなって来るし、戦力が揃わない低迷期に入ったらどうするんだろうと。どこのチームも戦績が冴えなくても、お客さんが入るように演出を強化しているんだから。ファイターズはもっと演出を考えた方がいいと思います。

ファイターズチケ

 チケットからしてこれだからね。日付とカードと座席しか書かれていなくて味気ないコンビニ発券より、現地で買った方が記念になるしとわざわざ当日で買ったのがバカみたい。チケットって記念になるんだから、もっとしっかり作ろうよ

テーマ:日記 - ジャンル:日記

[2013/09/03 22:22] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
北海道旅行記.1
 北海道旅行記書きます。まずは8/28の試合ルポからいきましょう。29はウルフゴロアウトショー以上。

 札幌ドームの外野ビジターエリアからの一枚。スタジアムそのものが新しい分、座りやすいです。外野なのに背もたれとジュースホルダーが着いているのは気が利いています
ビジター外野から

 これが屋根。白ではないので、フライが見やすいです。現地入りしたら、印象が変わるかと思ったら、フェンスの高いクッキーカッターだなというテレビで見たまんまの感想しか持ちませんでした。でも、ドーム球場(ナゴヤ、西武ドームを除く)の中では一番いいかなと。東京ドームみたいに勾配がきつくないし、座りやすいし、大阪ドームみたいに死角はないし、福岡ドームみたいに座席が高いわけじゃないし。これで、パリーグフルコンプしたんだ。やったぜ!
札幌ドーム屋根

 試合はひどい試合でした。両チームとも無死ランナー三塁から得点できず、バントミスがあったりとあ然としました。見ていて、両チームとも反省会だなと思ったぐらいです。

 涌井の三人で片づける安定感あふれるピッチングを見て、「このピッチングがなぜ先発でできない?」と思ったり、ヘルマンの三盗を見て、今季初めて三盗見たよ!と熱くなったり、金子のバント失敗を見て、どう考えても主軸を張るとは思えない金子がバントできなかったら、使いどころないよと頭を抱えたり、サファテがいきなり鶴岡にツーベースを喰らったのを見て、疲れてるから早く帰ってシャワー浴びて寝たいんだけどとガックリしたりとまあいろんなことがありました

 8裏、打者近藤のとき打率.079の二岡が代打に送られるのを見て、「どうせなら稲葉出せよお、本場の稲葉ジャンプ見たかったんだよお」と残念がったりもしましたね。あそこは打率.297打ってる鶴岡代打でよかったのに。9表の守備は七番捕手鶴岡、八番ライト飯山でいいのに。栗山監督の勝負勘は鈍っていたような気がします。

 「さっさと終わってくれ、頼むよ」という祈りが通じて、無死二塁からサファテが踏ん張ってゲームセット。札幌初勝利です。二ブロックのビジター席以外はファイターズファンというドがつくアウェーでしたが、こういうときこそ頑張らないととテンション上がります。劣勢のときこそ頑張らないと。
2013.8.28スコア
 
 試合前に羊ヶ丘展望台でクラーク像を観てきました。ファイターズ札幌初戦のスタメンとスコアが飾ってました。両チーム合わせて残っているのが金子だけなんて、時の流れは恐ろしい。なぜカブレラがいない?と疑問に感じましたが、2004年の序盤はデッドボール喰らって欠場中でしたな。

札幌初戦

テーマ:日記 - ジャンル:日記

[2013/09/02 21:50] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。