スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
試練の夏
 東北遠征は一敗一分で終了。もし今日の引き分けがノーゲームの扱いだったら、今日流れた試合が10月に追加されて10.8の再来になったかもしれないのに。五回打ち切りという中途半端な決着よりノーゲームの方がよかったような気もするぞ

 気がかりなのは菊池ですね。4裏しか見ていませんが、なんとなく体が重そうに投げているので「大丈夫かな」と思っていたらHR喰らってノックアウト。オールスターを挟んでここ数試合菊池の内容がよくありません。他チームから研究もされているし、菊池は一年ローテを守ったことが無いので、疲れもあるだろうね。コンディション維持のやり方も手探りしながらやっているんだろうし。

 しかし、ここを凌がないとエースにはなれません。菊池が後半戦をどう乗り切るかで、来季エースとして扱われるか、一先発投手として扱われるか変わってくると思います。菊池が試練の夏を乗り切れるように、応援してます。

 昨日嬉しかったのは一久の復活でした。ストレート、変化球が切れて面白いように三振が取れるいいときの一久でした。「来季野球が出来るかはこの二ヶ月に懸かっている」という一久の気持ちが見えたような気もします。年齢を考えると、一イニングだけ、三連投以上はなしと制限を加えたらリリーフも出来ると思いますし、六、七回でいいと考えるなら、先発だって出来ると思います。西口と含めて、残り二ヶ月ベテランの生き様見させていただきます

 ベテランと言えば、二回をゼロに抑えた斎藤隆も敵ながらナイスピッチでした。失礼ですが、斎藤隆がこの時期に戦力になっているとは思わなかった(汗)ストレートで空振りが取れるピッチングは若々しいですね。優勝したことのないイーグルスに取って、斎藤隆の経験は役に立つと思うので、手強いですね。ついでにいうとイーグルスに最も手強いのは、アトランタで勝ち方を知り尽くしたAJだと思います。イーグルスはこの先最低一度は落ちる時期があると思いますが、そのとき「プレイオフに出れたらいいなんて甘いこというな、目標は優勝しかないんだよ!」とAJが一喝したらチームの士気は上がると思います。勝負どころで鬼軍曹と化したAJを見てみたい。

 おまけ

 昨日、ヤンキースタジアムで引退セレモニーを行った松井を見ていると泣きそうになりました。ヤンキース生え抜きではなく、アメリカ人ですらない松井にここまでやってくれるなんてこっちが泣けてきます。日本で引退セレモニーをやってもらった外国人選手って思い当たらない

 松井の今後は本人の意向次第というわかった上で書きますが、ヤンキースで指揮を取って欲しいです。野茂がメジャーに行って約20年経ちますが、まだ日本人で監督、コーチを務めた事例は聞きません。だから、メジャーで日本人が監督、コーチを務める姿を見たいわけで。

 松井に限らず日本人の誰かがメジャーで指導者になれば、新しい道も出来るし。ヤンキースのベンチで眼光鋭くグラウンドを見つめる松井の姿を見てみたい

スポンサーサイト

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2013/07/31 22:15] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
日大三おめでとう
 行って来ました神宮球場。人が多くてネット裏に座れず、ブルペンの上あたりで見ていました。試合開始時に、外野も入って満員御礼になったのには驚いた。都立高が出るから、注目度高かったのね。

 結果から書くと、スキを見せずに日大三の完勝でした。日大三のエース大場に手も足も出ず、二安打、無四球、二塁も行けずと日野は全く勝機すらありませんでした。敗因を挙がるなら、日野は全て後手に回ったってことですね。

 まず、日野が後攻と知ったとき、「番狂わせを起こすなら、先制するのが前提条件になるから日野は先攻を取りたいだろうに」と思いました。初回に先制されたあと、ランナーを溜めているのに伝令を送らないベンチを見て、「ここでビッグイニングを着けられたら試合にならないから、伝令を送って一呼吸置くぐらいやればいいのに」ともどかしく思いました。

 6回終わって、ランナーを二人しか出せず、得点圏にも置けないので、「代打出して流れを変えた方がいいのに」と思っていたら、代打を送らず試合終了。大場が完璧なピッチングをしているのに、7.8回で日大三のブルペンで控え投手が投球練習しているのを見て、「日大三は徹底してリスクを減らしているのに、動かない日野は勝てないな」と悟ったぐらいです。

 西東京で都立が決勝に出るのはおよそ30年ぶりとか。だったら、もっと動いて欲しかった

 文句なしのMVP大場。ストレートも速く感じなかったし、そんなに曲がる変化球もないのですが、コントロールがメチャクチャよかったです。ですが、コントロールだけで、ここまで抑えられるとは思えない。大場の本当の凄さを探すために、甲子園での日大三の試合を観ることになるでしょう。

 余談ですが、「ストレートとか変化球に凄みを感じないということは、他球団のスカウトは見落としているはずだから確実に取れる」とビリー・ビーンが喜びそうな投手かと。

大場

 取れるかどうかというギリギリの打球を日大三の内野はかなり取っていたので、今年の日大三の本当の長所は守備にありそうです。早実との一昨年の決勝も2-1の投手戦だったし。今年も日大三は強そうです。

 一試合見ただけで、かなり疲れました。西武ドームとのダブルも考えなくもなかったのですが、そんな元気はないですね(汗)
 
日大三三連覇

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

[2013/07/28 21:04] | 高校野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
悩めるエース
 僕は技術的なことはわからないので、涌井には技術的なことより、一戦必勝のトーナメントを戦った高校時代を思い出して必死に投げることを望みました。正直、涌井にはトーナメントを戦うような必死さを感じなかったです。

 三回の五失点のうち、二死ランナーなしから二点取られたのは余計でしょう。三点で止めていたら、試合になったのに。一イニングで四安打されても、一点しか与えず試合を作った昨日の牧田とは大違いです。今の涌井はファームで、試合の作り方から復習しないといけないレベルかもしれません。

 コントロールが安定しない井川から得点できない打線も問題です。チャンスを潰すたびにガッカリしてました。打線も繋がりがあったら、もう少しマシな試合だったのに。見どころのない試合でした。

 
 セネタースユニでの記念撮影。こういうのは前面で撮りたいですね。そうそうグッズはユニとフラッグを買いました。菊池の選手Tシャツも買おうと思いましたが、8月末のレジェンドシリーズで選手Tシャツも売るよね?どうせ買うなら筆記体のライオンズの方が欲しいと思ったので、スルーしました。レジェンドシリーズで選手Tシャツ売らなかったらどうしよう? 
セネタース集合

 明日は西武ドームではなく、神宮で西東京の決勝を観てきます。おそらくというか、絶対日野びいきの雰囲気になるよね。ヒットを打ったり、三振を取っても日大三より日野の方が反応がよさそうなので、日大三はやりづらいだろうな。

 甲子園の常連校と都立高の対戦だから、これぐらいのハンデがあった方がちょうどいいか。今年は最初で最後の高校野球観戦になりそうなので、楽しんできます。もちろんルポも書くのでお楽しみに

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2013/07/27 23:50] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
青踏軍復刻
 クラシック初戦行って来ました。球場到着後見たバファローズのシートノックを見て驚きました。普通試合のノックはキャッチャーに返球して終わりですが、今日のバファローズは6-4-3、4-6-3の練習をしていました。試合前のシートノックで連携の練習をするのは初めて観た

 バファローズは最下位折り返しの状況に立たされていたので、なにかを変えたいという森脇監督の気持ちはわかります。おそらく二遊間に不満があるので、試合前のシートノックの時間すらムダにはしたくないということじゃないかと。

 それでもセカンド原がエラー、エラーが着いてもおかしくないショートとぶつかってのヒットと練習の効果が出ないのが残念です。

 牧田の調子はよかったです。ストライク先行の投球ができたし、高めで空振りを取るいいときのピッチングができたと思います。4表に4安打喰らったときは5回以降が心配になりましたが、5回以降は締めたし。ヒットを打たれたと言っても、得点圏にランナーを進ませないし、長打も糸井の一発だけと安心して見てられました。

 明日涌井が好投してくれたら、後半戦もローテに不安を持つことはありませんが。どうなるかな
  
2013.7.26スコア

 70年前のペナント、バット、ポスター、写真が残っているところに、プロ野球は単なる興行ではなく、文化、歴史的な側面があることがわかります。戦火を避けてよく残っていたものです。

 プロ野球オリジナルチームは東京(巨人、セネタース、大東京)、名古屋(金鯱、名古屋)、大阪(タイガース、阪急)と七チームが三都市に存在していたらしいです。なぜバッティングしまくるチーム配分にしたのか?と疑問に思いましたが、答えはすぐに出ました。当時の交通事情を考えたら、東京から大阪までしかチームを置けなかったのかと。

 当時の日本には大相撲ぐらいしか参考になるプロスポーツはないので、手探りの中リーグを運営したことが伺えます。創成期プロ野球の苦労をもっと知った方がいいかもしれない。今回のクラシックは創成期プロ野球を学ぶいい機会だと思います。
セネタース

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2013/07/26 23:49] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
松井君お疲れさまでした
 明日のスポーツ新聞の見出しは「松井散る」とか「松井敗戦」で決まりだろうな。チーム名ではなく、選手名で勝敗を語られる選手ってプロにもいない

 さすがに桐光×横浜戦は見ていないので、本来なら「見ていない試合は語れない」で済ませるところですが、今日は禁を破ります

 なにかで松井が「予選、本大会を合わせた13試合を投げ抜いて全国制覇するつもりです」と語っているのを読んだことがあります。その発言を考えると、松井に取って今日の横浜戦は1/13だったのでしょう。対する横浜は「松井を倒さないと甲子園にはいけない」と相当研究して臨んだ1/1の試合だったと思います。勝敗を分けたのは分母の差だったかもしれません。
 
 プロでもですが、エースクラスと当たるときは「0に抑える完封は狙ってできるものではないから、一、二点取られても勝てるように、二点、三点は欲しい」と考えます。横浜も「松井相手にビッグイニングは取れないから、二、三点は欲しい」と思ったはずです。桐光も「松井でも完封は狙って出来るものではないから、二、三点は取ってあげたい」と思ったはずです。

 この試合のポイントは三点目をどっちが先に取れるかだったとしか思えません。そして三点目を先に取れた横浜に軍配が上がったと。そういう試合だったと思います。

 こういう試合は打点を挙げたバッターを称えられることが多いのですが、「ビッグイニングを作られたら勝てない」というプレッシャーに耐えて桐光を二点に抑えたピッチャーを称えたいです。生で見たい投手戦でした。

 昨夏甲子園で松井が22奪三振をマークしたとき、「神奈川予選で見たはずなのに、なぜ松井の凄さがわからなかったのか?僕は試合のどこを見ていたのか?」と悔しく思ったものです。そこで、甲子園で松井を観たとき、今まで築いてきた野球知識をを総動員して松井の凄さを見つけねばと半分殺気だっていたことを覚えています。

 甲子園に直結しない春の大会や練習試合まで松井が記事になるのを観て、「こんなに騒がれる高校球児は記憶にないな。松井君も大変だな」と思ったものです。松井君は肩の荷を下ろせてホッとした部分もあると思います。次の舞台、プロで松井君を見たいです。34と47のサウスポーの良番が空いているので、ライオンズにぜひ!

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

[2013/07/25 23:21] | 高校野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
後半戦開始
 明日から後半戦開始。後半戦はシーズンの佳境に入ってくるので、気合いれねば。誰がどの場面で出番があるか?なんて誰にも読めないので、キーマンを挙げるようなことはしたくないです。ダルの穴を吉川が埋めて優勝するなんて、誰にも読めなかったでしょ。

 キーマンというより、注目している選手はいるので挙げます。西口と一久ですね。二人にとって、出番のないまま前半戦を終えるのはルーキーイヤー以来といっていいので、二人とも思うところはあるはずです。西口41歳、一久40歳という年齢を考えたら、このまま未登板のままシーズンを終えると「40歳前後で未登板の選手は雇えない」と退団を通告されてもおかしくありません。

 二人ともこのまま終わるつもりはないでしょう。ライオンズのローテは開幕以来六人で回して来ましたが、ここに来て涌井、牧田が離脱、七人目の先発として武隈が投げるとローテに綻びが見えています。チャンスじゃないか。

 渡辺監督も綻びを繕うために、二人の活躍を期待しているだろうし、涌井、牧田が復帰してローテの綻びが直ったとしても、ブルペンがあります。増田、ウィリアムズ、サファテが離脱する可能性だってあるし、離脱しなくても、六回とか延長に備えてブルペンに入ってくれたら頼もしい。現在左のリリーフがウィリアムズのみということを考えたら、一久がリリーフに入ってくれたら助かります。

 そういう意味で、二人の野球人生を懸かると言ってもいい、後半戦を観ていきたいです。

おまけ

 鹿児島の甲子園代表は樟南でした。秋、春の決勝に鹿実、樟南、神村の三強が入ってこないところを観ると、鹿児島の勢力地図も変わってきたなと思っていたら、決勝のカードが鹿実×樟南の名門校同士の対決、ダービーマッチとはさすが伝統校というところですね。まだまだ主役の座は譲らないということでしょうか。

 鹿児島県勢の夏ベスト8以上は2006年以降ないので、久しぶりに甲子園で暴れて欲しいです。

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2013/07/23 23:05] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
向き合う勇気
 試合のない日こそ本を読もう。ということで、書評書きます。「寄せ集めの集団だったイーグルスでも一度しか記録していない90敗を、2000年代で4度記録するのはありえない」とか「ウッズ、多村と40HRコンビを揃えて最下位になるのはありえない」とか「首位打者内川、ホームラン王村田と打撃タイトル獲得者二人出して最下位なんてありえない」と、横浜は理解不可能なチームだったので、謎を解くべくというか、興味があったので読んでみました。

 横浜の敗因は多々ありますが、最も罪深いのは功労者に対する扱いでしょう。例えば93年オフに高木豊含めて六選手を退団させますが、退団を通告したのはシーズンオフ。つまり、引退試合ができないということです。六選手の年俸分が当時FAで獲得した駒田の年俸分に相当するので、駒田を取りたいから切ったということがミエミエです。これではせっかく来てもらう駒田もかわいそう。結局誰が幸せになったんだろう

 恐ろしいのはこれが20年前の昔話にならないところです。2008年に石井琢、鈴木尚が退団しますが、このときも退団を通告したのはシーズンオフ。二人とも引退試合が出来ませんでした。功労者に報いることができないのでは、他の選手も「将来はこういう扱いを受けるんだろうな」と不安に思い、「FA権を得たら出よう」とチーム愛が着かないのは当然です。チームに愛情を持たない選手ばかりのチームが強くなるわけがない

 プロ野球は終身雇用のない世界ですし、チーム構想のためには移籍してもらうのも避けられません。だったら、「来季は雇えない、引退するなら引退試合を用意するし、移籍するなら動きやすいように自由契約にする」と夏の終わりごろにも通告するのがスジでしょう。移籍させるなら、「ここより、違うチームの方がチャンスがあると思った」と説明するのがスジでしょう。お互い握手して別れないとお互いのためにもなりません

 筆者の村瀬秀信は子供のころからの横浜ファンとか。横浜を書くなら、横浜の触れたくない部分にも触れないといけません。そうじゃないと、98年を称えるか、98年後の低迷を茶化すだけの本になってしまいます。ファンとして、ライターとしての覚悟が問われた本だと思います。

 チームの醜い部分から、逃げずに正面から向き合った筆者の真摯な姿勢に心打たれるところがありました。逆に、横浜以上に思い入れを持てる題材があるんだろうか?筆者に取ってこの本がピークになるんじゃないかという余計な不安も持ったぐらいです。

 横浜が今後強くなれるかは、功労者と握手して送り出せるかがポイントでしょう。今のセリーグ二強体制は見ていてつまらないので、横浜が風穴空けてくれるのを期待して筆を置きます。

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:本・雑誌

[2013/07/21 21:14] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
第四回に向けて
 昨日の大谷を含めて、藤浪、小川、千賀らのルーキー、若手が物怖じせず、堂々と投げているのを観ると、「明日のプロ野球は明るい」と頼もしく感じます

 二試合終わって、両チーム合わせて五点しか入らないと、飛ぶボールになった割には皮肉な展開になってます。ホームランもまだないし。三戦目はドンパチ見たいなあ。

 オールスターの陰に隠れてますが、けっこうなことが話し合われているみたい。

日本野球機構(NPB)が侍ジャパンの常任監督を今秋までに決めることが19日、分かった。

> 11月の対外試合は4月の実行委員会で見送ることを決めていたが、台湾側の要望を受けて再検討に入った。

 なぜ三連覇できなかったのか?という検証もせず、まともな準備なしで第四回を迎えるんだろうなと思っていたので、嬉しいです。代表強化の日程は、シーズンを考えると秋と春に合宿、テストマッチを組むんでしょうか。秋にテストマッチを組むなら、四年後を考えて若返りを図らないといけないでしょう。U-25+オーバーエージみたいなメンツを組んで欲しい。まだ代表経験のない、菊池と浅村の代表入りは見たいな。

 WBCで死闘を演じた台湾と試合を組むのはいいと思いますが、開催地は台湾でやって欲しいですね。今までテストマッチを国内で組むのを見て、「WBCの決勝はアメリカで行われるのは確定しているのだから、アウェーでの経験を積むために国外で組んで欲しい」と思っていました。

 ホントにやって欲しいことは、プエルトリコ、ドミニカに勝つためには中南米勢との対戦経験を積みたいので、中南米に出向いて出稽古をやって欲しい。カリビアン・シリーズに特別参戦しちゃダメ?

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2013/07/20 23:22] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
オールスター初戦
 どうこう言っても、オールスター見ました。ツンデレですね(苦笑)菊池もなんとかゼロに抑えたし、浅村もヒットを打ったから満足です。あとは牧田ですね。前回のオールスターは打たれたので、リベンジしないと。

 改めて大谷の適性がわからなくなりました。157キロを投げるのは凄いし、フライを捕ってステップなしで返球するのも凄いし、西村の150キロのストレートを空振りせず当てるだけでも凄いです。マジメに投手では松坂、ダル、野手では清原、松井になれそうな逸材かもしれない。でも、どっちもよすぎるから決めきれないんだよね。

 三浦のスローカーブには笑いました。お祭りだからと遊び心を持ってプレーするのは好きです。数年前に騒がれたダルのジャイロカッターだって、その後実戦で使ったと聞かないのでオールスターだけのボールだったんだろうし。でも、三浦のスローカーブは実戦でも使えそうなので、後半戦でぜひ投げていただきたい。140キロのストレートと計測不能のスローカーブを組み合わせたら、打てないですね。

 なんだかんだ言っても、明日のオールスターも見るんだろうな。イヤゴト言っても楽しく見るんだから、ホントに野球好きは業が深い

おまけ

 「キッズ・リターン」の続編が作られるらしいです。

『キッズ・リターン』は、落ちこぼれの同級生・シンジ(安藤政信)とマサル(金子賢)が葛藤しながら大人の世界に踏み込む青春映画

 ここ数年北野武の映画を見ていない僕がいうのもなんですが、北野武のベストだと思います。心が折れそうになったとき、「バカ野郎、まだはじまっちゃいねえよ」を何度繰り返したことか。邦画史に残る名セリフだと思います。

 本作は「まだはじまっちゃいねえよ」に対するアンサーになるでしょう。前作で助監督を務めた清水監督がどんなアンサーを出すのか楽しみです。

 「キッズ・リターン」の楽曲は好きで当時サントラ買ったぐらいです。もし僕が格闘家か野球選手だったら、入場曲は「キッズ・リターン」のメインテーマにしたいぐらい好きですね。あと、鹿児島ではなく旅行先の大阪で見た記憶があります。その頃はアルバイトでお金貯めて、野球と映画を観るために旅行に行ったものです。ちなみに、「キッズ・リターン」と「天使の涙」を観て、藤井寺、神戸、甲子園で野球を見ました。我ながら濃いな!

 それと、「キッズ・リターン」のノベライズをブレイク前の重松清が別名義で描いていたのも豆知識ですね。

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2013/07/19 23:24] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
前半戦終了
 今日函館で平日デーゲームを組むなら、一昨日函館でデーゲーム、今日札幌Dでナイトゲームを組めばいいのに。高校野球に配慮したから、こういう日程になったんだろうか。勝ったからいいけど。

 首位から三ゲーム差の三位で折り返し。昨季の三、四番がいないところから始まったので、妥当、いや健闘の部類に入るかなと思っています。もちろん優勝は狙っていますし、諦めていませんが。中村、坂田が復帰するはずの八月中旬以降に勝負掛けれたらいいけど。

 前半戦でMVPを決めるなら、投手は菊池、野手は浅村ですね。菊池の9勝3敗、貯金6がそのままチームの貯金になるとは、エースの働きですね。首位イーグルスもマー君の貯金がチームの貯金だしね。もしマー君が来季MLBでプレーするなら、菊池との投げ合いは今年しか見られないので、後半戦のどこかで、菊池×マー君が見たいです。

 浅村は打点、打率の二冠、HRは中田と五本差って、堂々の四番ですね。四番目の打者のつもりが、真の四番になってしまった。大阪桐蔭は強打者養成所なんだろうか。三割、HR30、100打点のどれかをクリアして、オールスター、ポストシーズンで活躍してスター性を見せつけたら、文句なしに背番号3を差し上げたいです。浅村はスターの系譜を継げるだろうか。

 三、四番の不在、片岡、涌井、坂田離脱、ウィリアムズ、岸途中離脱と開幕以来ベストメンバーなんて組めたためしなしと言っていい中、首位からわずか三ゲーム差に着けているということは、今季はかなり運に恵まれているのでは?と思っています。今年こそ秋に美味しいお酒を飲みましょう

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2013/07/17 23:13] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
夏の予定
 連日の酷暑はキツイですね。数年前まで「ゲリラ豪雨」という言葉はなかったし、「東京の夏はこんなに暑かったか?」と疑問を持っています。地球はどうなってしまうのかな

 夏は遊ぼうといろいろ考えています。まず、7/26のクラシック初日は行きたいなと思っています。7/27は東東京の決勝に行きたいし、7/28は神奈川の決勝に行きたいと思っていますが、酷暑の中デーゲーム見るのは余りにキツイというか、シャレにならないものがあるので、テレビ観戦になるかもしれません。松井君見たいけど。

 8月は甲子園行こうかと思っていますが、上記の理由で行かないかもしれません。だって、甲子園大会の行方より、熱中症による事故がなく無事大会を終えられたらということを心配するレベルですから。35℃以上の猛暑日だったら、ノーゲームにしようよ。大阪ドーム借りるのはムリ?

 その代わりといってはなんですが、8/27~29の札幌遠征を考えています。まだ正式に夏休みを入れていないので、考え中というレベルですが。言ったら悪いですが、札幌ドームはフェンスが高いクッキーカッター的な球場というイメージしかないので、球場への興味は薄いです。その分観光したいなと。いつもは野球のついでに観光ですが、たまには観光のついでに野球もいいかなと。

 札幌ドームに行ったら、パリーグホーム球場フルコンプになるので達成感はあるでしょう。フルコンプの中に藤井寺があるのはちょっとした自慢です。

 どれだけ実現できるかはわかりませんが、夏を楽しみたいですね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

[2013/07/15 22:04] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
日本一速い松井裕樹レビュー
 高校野球の予選が始まると、が来たような気がします。僕の家のテレビは神奈川、埼玉、東京の予選が映るので、かなり楽しい。食料(アイスは欠かせない!)さえ買い込めば、一日引き込める自信があります。

 今日は9時から松井君の初戦となる、桐光×相洋の試合を見てました。松井は前半はストレート主体、後半は変化球主体という極端な配球だったと思います。初戦ぐらいはストレートだけで抑えられないと甲子園には行けないという理由でもあったんだろうか

 同点に追いつかれてから、勝敗を意識して変化球を使いだしたと。配球の意図を桐光バッテリーと、監督に聞いてみたい。球速表示はありませんが、昨夏よりストレートの球威は増していた気がします。ただ、高めに浮いていたのが気になりますが。

 菊池を見ればわかりますが、ストレートと変化球を混ぜて使ったら打てないというか手が着けられません。今日の初戦は片方だけで抑える実験的な配球で、ベスト8で当たるであろう横浜戦からはストレートと変化球を混ぜて抑える勝つための実践的な配球をやるんだろうか。

 けん制で刺していたのを見ると、投げるだけじゃない松井の器用さがわかったような気がします。今日も日米のスカウトがたくさん来たんだろうな。昨夏松井が甲子園で三振を取りまくったのを見て、「彼は来年のドラフトまでメディアとスカウトに追いかけられるんだろうな」と思っていました。野球ファン、スカウト、メディアから見つめられる中、松井は高校野球をどう締めくくるんだろうか。

 今日のバットボーイは相洋は三年生が務めていたのに、桐光は一年生が務めていました。普通はベンチに入れない三年生に思い出を作らせるために三年生を使うと思うけど、あえて一年生にバットボーイをやらせて試合をグラウンドレベルで見せることで新チームに経験値を着けさせたいんだろうね。

 温情より新チームを優先する非情な判断をやるぐらいじゃないと、甲子園に行けるチームは作れないんだろうか。

 尚志館が負けました。センバツに行った鹿児島のチームが県大会初戦で負けるのは初めて見た。今年の鹿児島は荒れた大会になりそうです。

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

[2013/07/14 13:53] | 高校野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
星野発言で考えたファンの成熟度
 昨日は死闘でしたね。12裏は生きた心地がしなかったです。岡本洋続投でもよかったと思いますが、「後半戦はブルペンの一角を取って欲しい」という意図で渡辺監督はあえて松下を登板させたと思います。ライオンズは何位で終えられるかはわかりませんが、今季のトピックに松下の25球は入れてもいい。

 代打渡辺で湧いたファンに、星野監督が苦言を呈したとか。

10年まで楽天に在籍していた選手の登場にKスタ宮城のファンから拍手が起こったことには、「負けてもええんだろ。ホンマに腹立つわ」と厳しい表情だった。


 ホームで試合をしているのに、相手に歓声が湧くのは選手に失礼だし、マウンドに登っている星野がかわいそうと、星野監督が選手を守りたいという気持ちはわかります。でも、イーグルス、仙台ではしかたないなという気持ちもあります。

 イーグルスは仙台に出来た初めてのチーム(仙台で余り試合をしなかったと言われるジプシーロッテは除く)なので、ファンにはプレー、結果をシビアに判断するより、来てくれてありがとうという気持ちが強いと思うんですよ。まだ今年で9年目なんだし。

 星野監督が求める姿に達するまでには、イーグルスが歴史を作っていくしかないでしょう。ファン歴が20、30年目に達して、若手選手に「お前が生まれる前からチームを知っている」と小僧扱いできるほどの古参ファンが多数できるぐらいになったら、「来てくれてありがとう」という気持ちは失って、プレー、結果でシビアに判断するようになるはずです。

 星野監督がプレー、指揮を取ったドラゴンズ、タイガースファンには「来てくれてありがとう」なんて気持ちを持つファンがいるとは思えない。もちろん、それは半世紀以上の歴史が裏付けているわけで。あと、20、30年ぐらい経って、イーグルスファンが「来てくれてありがとう」という気持ちを無くしたときこそ、イーグルスにチームの伝統、歴史が出来ると思います。

 そうなったときは、岩隈の背番号21とマー君の背番号18はチームの永久欠番になっていたりして。

テーマ:東北楽天ゴールデンイーグルス - ジャンル:スポーツ

[2013/07/13 23:41] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ライバルシリーズ雑感
 先日のライバルシリーズは三試合で約七万八千人、土日は両日約三万人ずつ集めたので成功と言っていいでしょう。交流戦明けの西武ドーム週末開催は、毎回イベントを組んでますね。以下抜き出してみます。

6/22、23(バファローズ戦)しんちゃん、らきすたデー
7/6.7(マリーンズ戦)ライバルシリーズ
7/27.28(バファローズ戦)ライオンズクラシック
8/17(イーグルス戦)あの花デー
8/31.9/1(バファローズ戦)レジェンドシリーズ

 8/24.25のホークス戦以外で、見事にイベント組んでる。きっと、ホークス戦は「天王山になるから、イベントはいらない」と営業サイドが思ったんだろうな。混戦パリーグの今、ホントに天王山になるかどうかはわからないけど。

 個人的には、イベントはドンドンやって集客していただきたいと思っています。サーべラスとのTOB騒動で悔しかったのは、サーべラス側がライオンズ売却を考えていたことです。もし、ライオンズが200万人集められる人気チームなら、売却を考えたとは思えません

 埼玉をチーム名に冠したときからお客さんは増えていると思いますが、サーべラス側はまだ不十分だと思ったんだでしょう。悔しいです。どこが西武グループにTOBを仕掛けようが、ライオンズは売らないと思わせるだけのコンテンツにならないといけません

 「いくらNPB、チームに伝統、歴史があろうが、プロスポーツが興行である以上、集客できないとチームは保てない」ということを、2004年の再編騒動で学んだので、集客には敏感になっています。だから、後半戦も時間とお金が許す限り、西武ドームに行くつもりです。ライオンズを救えるのは、署名活動よりも観客動員に貢献することのみです。

 おまけ

 週末に日産スタジアムでチャンピオンとマリノスがコラボするとか。コラボの内容を見てガッカリしました。なぜサッカー漫画「ANGEL VOICE」を描いている古谷野を呼ばない。神奈川繋がりでイカ娘を呼ばない。こういうイマイチ残念なところがチャンピオンらしいというか。こうなったら、マーニーにマリノスを優勝させる秘策でも考えさせよう。

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2013/07/11 22:53] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
投手についてあれこれ
 先発が七回まで持たずに降りると、嫌な予感しかしませんが今日は岡本洋、増田、ウィリアムズ、サファテが頑張りました。やればできるじゃない。

 野上は毎回「六回しか持たない」と酷評されていますが、実はリリーフ向きかもしれない。佐々木が「先発だったら、最低でも六、七回まで投げないといけないけど、そこまでの集中力が持たない。抑えは三つアウトを取ればいいから楽」と語っていたのをなにかで読んだ記憶があります。

 野上も長いイニングは集中力が持たず、投げられないならリリーフをやってみてはどうか。意外に活躍するかもしれない。

 七回を投げた増田がよかったです。ランナーを背負ったり、ボール先行でも落ち着いて投げている様子がうかがえるので、頼もしいです。ストレートも140キロ前半でも空振りが取れるし。本人もリリーフをやりたいらしいので、今年は七、八回を投げさせて、来季はクローザーで使えたら嬉しい。大石とダブルストッパー組まないかなあ。

 今日牧田が二軍に落ちました。一年目は新人王、二年目は13勝、WBC選出と怖くなるほど順調に来ていたので、いつかプロの壁に当たるとは思っていました。いくら大卒、社会人を経てプロに即戦力として入ったといっても、プロの壁に当たらないわけがない。そんなにプロの世界が甘いとは思ってないです。

 幸いケガしているわけじゃないので、二軍で調整したら早期復帰は可能でしょう。みっちり鍛え直していただきたい。「オールスターは二軍の選手が出る場じゃないから」とオールスターは辞退して欲しいけど、諸事情で出来ないだろうな。それと、二割0厘の堂林がオールスターに出ると聞いてあ然としました。一割台が見える選手を出すぐらいなら、プラスワン選出なんてやめてくれ

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2013/07/10 22:20] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
G1参戦してきます
 G1行きたいなと調べてみたら、最終日は2F指定席を除いて売り切れになっていたので驚きました。去年は3.4日前でも席は余っていたような。ホントに今の新日って上昇期なんだな。

 去年2F指定席で見て見づらかったので、ラス一の8/10の2F特別席を抑えました。サークルKサンクスで買うと、オカダのキーホルダーが着いてくるからお得かと。どんなものがもらえるかは当日のお楽しみで。

 早速今日カード発表されていました。8/10に棚橋×オカダを当ててきたのには驚いた。優勝者が決まる最終日はほっといてもお客さんが来るから、あえてラス一に事実上のAブロック決勝戦的な棚橋×オカダを組んだんだろうな。木谷社長さすがです

 噛み合うことが想像できない、みのる×飯伏が組まれているのも嬉しい。みのるが飯伏の飛び技を受けるとは思えないし、飯伏がみのるのサブミッションを受けるとも思えない。どんな試合になるか、楽しみです。

 喧嘩マッチ的な後藤×柴田も見たいし、天山×永田の第三世代同士の対決も楽しみです。偶然といっても、いい日を抑えた気がする。楽しんできますよ。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

[2013/07/08 21:29] | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ライバルシリーズ三戦目
 マリーンズより、暑さの方が手強かったです。1リットルのスポーツドリンクを用意しましたが、試合中に飲みきったので、急きょ500のペットボトルを買ったぐらいです。試合中に熱中症で倒れた人がいないか心配です。

 ↓だけ見たら、どっちがホームチームかわからないですね(苦笑)なぜライオンズが先攻なんだ?と疑ってもおかしくないです。同じユニを着用するマリンでの二ラウンド目は、白ユニのマリーンズがホームになるので、まともになります
 
シリーズマッチ

 大嶺のコントロールが定まっていないので、「今日の大嶺を叩けなかったら、この先どんなピッチャーを相手にしても苦戦するぞ」と思っていたので、六点取ってノックアウトできてよかった。満塁から走者一掃のスリーベースを放った浅村がよかった。勝負強さが清原、中島をホウフツとさせるので、背番号3をあげたい。

 六点リードの3裏無死一塁から、永江に送りバントを命じたところを見て、ゾクゾクするものがありました。「六点リードで満足するのではなく、七点目、八点目を狙う」という渡辺監督の決意が見えましたからです。今のライオンズは三位と首位チームを追いかける立場なので、貪欲に得点を狙う姿勢が求められます。

 「六点差着けたら攻撃は閉店でいい」という余裕を持っていいのは、二位に大差を着けている首位チームだけだし。リードを着けられたチームだったら、六点差着けても小技を使って七点目を狙ってきたら嫌というか、お手上げでしょう。

 9表は松下のお披露目でした。調べてみたら、県予選を制しながらも、甲子園に出られなかった2005年明徳のメンバーなんですね。肩痛でプロ入り二年ファームでも投げられなかったところも含めて、相当な苦労人だと思います。こういう選手は応援したいです。

 投げ方は投げる前に面白い動作をするサイドスロー。変則な投げ方をする投手は子供がマネしたがるはずので、活躍したら子供のアイドルになれそうです。頑張れ。これで2009年ドラフト指名の選手は美沢以外全員デビューしました。二位という高い評価で入ったのに、デビューすらないのは美沢にとっても不本意というか、思うものがあるはずなので、早く上がって欲しい

 長田と横浜渡辺でトレードが成立しました。横浜は投手が欲しいし、ライオンズは片岡が復帰しても体調に気遣いながらのプレーになるので、二遊間ができる選手が欲しいという意図があると察せられます。まあ、お互いメリットが無いとトレードは成立しないわけで。

 両選手とも、価値を認められていくからにはチャンスがあるはずなので、頑張っていただきたい。2003年の自由枠で入った後藤、長田どっちも横浜に所属するとは思わなかった。ドラフト一位、二位の選手がどっちも同じチームに移籍するケースってなかなかないと思うよ。 
2013.7.7スコア

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2013/07/07 22:38] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ライバルシリーズ初戦
 ライバルシリーズ初戦は行かねば!と会社帰りに行って来ました。4表に到着。会社帰りの場合、初回からフルに見るのはムリですが、せめて後半戦ぐらいはみたいので、これぐらいの到着はいい感じですね。

 昨日の菊池は窮屈そうに投げているなという印象を持ちました。5表井口、今江に粘られているのを見て、「井口、今江が調子がいいといっても、いつもの菊池ならストレート、変化球で空振りを取って振り切ることができるのに?」と疑問に感じました。

 6表はランナーなしでもセットポジションで投げていたので、「今日の菊池はおかしい」と確信しました。昨日の菊池は6回120球で降板。菊池は規定到達したことがないので、コンディション維持のための調整も手探りというのが現状でしょう。疲れだってあるし。

 しかしそこを解決しないとエースはおろか、ローテすら取れません。菊池が後半戦をどう投げ切るかが見ものですし、来年は菊池をエースとして扱えるかどうかも掛かってくるので、試練の夏になりそうです。

 今日を入れて四連勝とチーム状態も上がってきました。四月の好調さは打線に支えられていたので、打線が当たってこないとキツイだろうなと思っていました。四連勝は全て五点以上取っているので、やっと打線が振れてきたかなと。一番ヘルマン、五番秋山と打線を組み替えたのも影響しているでしょう。このまま好調を維持したまま、中村、坂田の復帰してくれたらいいな。

 マリーンズのユニが白、ライオンズのユニが紺とどっちがホームチームかわからない試合でした(苦笑)。マリーンズのウグイス嬢も呼んでいたので、「サブローーー」を久しぶりに聞けてよかったです。7表にスコアボードで、太平洋時代に「遺恨マッチ」のアングルを組んだことや、清原、伊良部との名勝負、80年代前半にオリオンズの指揮を稲尾が取っていたと両チームの関係を説明したのはよかったです。

 まだ一ラウンド目ですが、千葉マリンでのニラウンド目も楽しみです。
2013.7.6スコア

おまけ

 夏の祭典G1クライマックスの参加選手発表。飯伏参戦はサプライズでした。新日側からかなり選手を貸しているノアからの参戦とか、全日を脱退して、秋まで体が空いた武藤派の参戦を予想していたのが、いい意味で裏切られました

 組み合わせ見たら、今年三度目の棚橋×オカダとか、四度目の後藤×柴田が実現するんですね。マンネリ気味だとファンも思うはずなので、そこをどう壊して満足させるか、レスラーの技量が問われる試合になるのかなと思っています。見ものですね。

 去年行ってかなり満足したので、今年も参戦を検討中です。

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2013/07/06 21:09] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
3の後継者
 最初浅村が四番に入ったときは、「チーム事情といっても、家賃の高い打順に置かれてかわいそうだな。四番目の打者のつもりで気楽にやれたら」と思っていました。今日現在の浅村の成績、打率.321、打点50、HR14って四番そのものの成績じゃないか。

 浅村には「中島の後継」という期待が寄せられていましたが、最近の浅村を見てると「清原の後継」って感じがします。今日の一本目のHRは清原をホウフツとさせる右方向の一発でした。

 疑問なのは、181cm、85kgとプロ野球選手としては普通の体格の浅村がホームランを打てること。以前、「ホームランバッターとアベレージバッターを決定づけるのは体格、体重」と聞いて納得したことがあります。格闘技が体重別にクラスを作るのは、体重が重い方がパワーがあるので、体重が同じぐらいの相手と戦わせないと事故が起きるからということを思えば、理解は早い

 ちなみに去年のホームラン王中村は102kg、バレンティンは100kg。体重がない浅村がホームランを打てるのは、技術なんだろうか。誰か浅村の飛ばす技術について解説していただきたい

 ライオンズの背番号3は大下弘から始まり、清原、中島が継いだチームを越えてリーグを代表するスターの番号ということは説明不要ですね。浅村がこの系譜を継ぐなら、スター性が欲しいところです。ちょうどスター性を発揮するには絶好の機会、オールスターに選ばれているのだから一発狙ってはどうか。一発打ってMVP取れば、来季背番号3を要求してもバチは当たらないでしょう。浅村、一発打ってスターになろうぜ

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2013/07/04 21:59] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ライバルシリーズの成否
 鹿児島から上京して最初に驚いたのは、東京の人間は高校野球に興味を持たないということでした。上京して迎えた最初の夏、東京代表が出場するのに、職場で全く話題にならないので、「地元の代表が出るのに、なぜ話題にならないの?鹿児島ではイチローと松井しか知らないおばちゃんでさえ鹿児島代表に興味を持つのに」と同僚に聞いたぐらいです。すると、「関東、特に首都圏の人間には郷土愛はないから。」と返ってきました。これが初めてのカルチャーショックだったような気がするぞ!

 まあ僕はトロントの川崎からDDTの飯伏まで鹿児島県民は応援しますが。ここで本題、郷土愛のない地域でダービーマッチ、あるいはシリーズマッチは成立するか?ってことです。今回、ライオンズ×マリーンズをライバルシリーズと冠して行うのは面白い試みだと思いますが、ライオンズファンとマリーンズファンしか興味を持たないイベントになるなら寂しいです。

 「まだ初回だから、これから育てればいい」という考えもアリだと思いますが、郷土愛のない土地で定着するのか疑問です。ライバルシリーズの完成系は、「ライオンズには興味はないけど、ライバルシリーズだけは燃えるんだよね」と松井とイチローしか知らないおばちゃんに思わせることだろうね。

 9月に千葉マリンで行われるライバルシリーズの2ラウンドは、首位攻防戦になる可能性があります。もし1ラウンドでライオンズがマリーンズをスィープで下せば、「やりかえしてやる」とマリーンズナイン、ファンが燃えて2ラウンドを迎える熱い展開になるでしょう。ペナントレースの状況も含めて、ライバルシリーズが楽しみです。

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2013/07/03 22:22] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
夏がはじまる
 学生時代に野球経験のある伊集院静が「地元の山口県予選のトーナメント表を見ながら酒が飲める」となにかで書いたのを読んだ記憶があります。僕も鹿児島県予選のトーナメント表を見ながらご飯が食べられる自信あります

 近年鹿児島の三強と言えば、鹿実、神村、樟南と言っていいと思いますが、秋、春の県決勝には三強がいない異常事態です。鹿児島情報が二季連続で決勝進出するとは思わなかったし、尚志館がセンバツに出るのはもっと思わなかった。鹿児島の高校野球は戦国時代に入ったと見ていいです。

 尚志館、鹿児島情報の新興勢力が夏切符を取るか、今年度に結果を出せていない三強が夏切符を取るか見ものです。個人的には季節を問わず県制覇を何度も成し遂げていて、トーナメントの戦い方を知っている鹿実、神村が取るかなと思っています。もうすぐ帰宅後PCで県予選の結果をチェックする日々になるでしょう。

 あと注目しているのは神奈川ですね。松井を打てないと甲子園に行けないと、毎日松井のデータを睨んで、横浜、相模、慶応、桐蔭などの強豪校が松井対策を練っていると思うとゾクゾクするものがあります。かつて江川を倒すために、ありえない作戦を練った学校があると聞いたことがあるので、松井を倒すためにありえない作戦を立てているかもしれません。想像するだけでゾクゾクしますね。

 毎年西、東の東京都決勝は行っていますし、今年は神奈川の決勝も見たいなと思っているので、日程表を見ながらいろいろ考えています。甲子園本選も行きたいな。八月の日程も考えないと。

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

[2013/07/01 22:20] | 高校野球 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。