スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
少し早いお年玉
 ライオンズファンの僕にとってこれほど待ち望んだニュースはありませんでした。

西武は、西武第2球場のフェンスを従来のネットからラバーフェンスに改修する。来年1月に着工し3月中旬に完了する

 やっと第二のフェンスがラバーになるんだ。「金網フェンスじゃ外野手がフェンスに突っ込んだり、クッションボール処理の練習ができないから、上手い外野手は育たないだろうな。」とか「練習グラウンドにラバー張っている学校、社会人は多々あるのに、プロが金網フェンスじゃかわいそう。学校、社会人の名門チーム出のルーキーに笑われたら恥ずかしいぞ」とか「札束でエースと四番を買えないんだったら、練習環境ぐらいよくしようよ。札束も練習環境もないのにどう勝てと」と不満タラタラでした。

 少し早いお年玉が来ました。これで将来のライオンズに鉄壁の外野陣が出来ますね!

 いろいろあって明日は更新できないので、これが年内最終更新になります。今年もお世話になりました。みなさんよいお年を。
スポンサーサイト

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/12/30 21:58] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
早く見たいぞ1.4
 いきなりですが、1.4ドーム行って来ます。G1観たとき、「次はドーム行こう」と思って四カ月。。長かったね。

 大地君欠場はガッカリです。武藤、小島、天山を敵味方に回して大地君がどう存在感を出すのがテーマだっただけに、大地君観たかったなあ。爆勝宣言で入場するだけで、大地君大きくなってと感慨深くなって目頭が熱くなっただろうに。お父さんがドームの長い花道を歩く姿が絵になったものです。

 新日本を買ったときの木谷会長のマニフェストは「1.4は世間では仕事始めに当たるので、早めに開催とカードを発表しないとファンは来てくれない」、「カード発表は早目早目にやって、最後に締めのサプライズをやりたい」というものでした。

 オカダがG1を制したとき、「1.4ドームでベルトに挑戦したい」と言ったとき、「相手は今年一勝一敗のチャンピオン棚橋以外ありえないから、棚橋×オカダの事実上のドームメイン発表だな」と思ったものです。その後も中邑×桜庭など発表して、さっき公式見たら第一試合にいきなり曙、サップ追加って木谷会長はホントにマニフェストを守ったんだな。

 MXで1.4ドームのCM出しているから、宣伝費掛けてるなと思っていたら、TBSのプロ野球戦力外通告観てたら1.4ドームのCM出してた。全国地上波プライムタイムでプロレスのCMを初めて観た。木谷会長にとってプロレスは道楽ではなく、事業としてマジメに考えていることがわかります。

 木谷会長の当日は桜庭のセコンドに就くとか。団体のトップが外様レスラーのセコンドに就くのはプロレス史初めてでしょう。当日木谷会長はブーイングを浴びるのか、拍手が出るか気になります

 というわけで、さっさと年明けてくれないかな

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

[2012/12/29 21:32] | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
さよなら怪物
 「今季レイズで30試合弱しか出ていない松井にメジャーからオファーが来るとは思えない。本人が日本復帰を考えないなら、マイナーか米独立リーグしか選択肢が無くなる。こうなると引退も選択肢に入るだろうな」と思っていたので、朝のニュースで松井引退を知ったときはやっぱりかという思いが浮かびました。

 メジャーから戻ってくる選手を悪く言うつもりはありませんが、「メジャーで通用しなかったら日本に帰ればいいという甘い考えで渡米したわけではない」ということを最後に示した野茂や松井のような潔い生き方に惹かれます。

 90年代以降のプロ野球界を引っ張っていった選手なので、寂しいです。松井の功績は多々ありますが、最も評価される部分は、アジア人唯一メジャーで30HR、100打点を記録したことだと思います。松井の後に続く選手が思い浮かばない。

 「もし松井が日本に残っていたら」と空想したことがあります。おそらくHRは600本を越えて700にリーチを掛けて、最終的には王貞治にどこまで近づけるかが焦点になっていたでしょう。こんな選手もう出ないな。

 個人的にはシーズンでホームラン、打点の二冠を取って、巨人で最もマークされていたのに関わらず大活躍してMVPを取った2000年日本シリーズが印象深いです。このとき「日本でやることはないからメジャーに行けよ」と思ったものです。その後ヤンキースで長く中軸を打って、ワールドシリーズでMVPを取るとは思わなかったけどね。

 今年は大物の引退が多く、世代交代を実感させられた一年でした。2013年はどんな年になるんだろう。

松井 秀喜選手お疲れさまでした。

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2012/12/28 22:12] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
読書感想文まとめ
 ザッと本ブログを読み返して思ったのは、読書のジャンルとして、ノンフィクションが好きなんだなってことです。このブログで書いたのは、「木村政彦は~」、「パチンコが~」、「広池」と対象は違っても、ノンフィクションというジャンルでは一致しています。

 小説も好きなつもりなんだけどね。ノンフィクションの好きなところは、想像もつかない事実が明かされて呆然とするところでしょう。「木村政彦は~」は「6.70年前の格闘家なのに、総合格闘技を意識していたなんて」と驚きましたし、「パチンコが~」では「パチンコとタイアップするアニメって知名度はどうでもいいんだ」と驚きましたし、「広池」は「ウン年ピッチャーをやっていない人間がピッチャーとして入団テストを受けるなんて」と驚きました。

 こんなの小説では書けない。小説では書けないようなことを掘り起こすのがノンフィクションの醍醐味じゃないかと。もし文筆で生活するなら、ノンフィクションライターになりたい。

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

[2012/12/27 21:45] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
野球以外で記憶に残ったもの
 野球以外のスポーツで今年最も印象に残った試合はなんだろう?と考えましたが、即効で一翔×八重樫の統一戦に決まりました。当時ロンドン五輪より楽しみだったしね。

 今思い返しても凄い試合だったとしか言えません。あまり精神論でスポーツを語るのは好きではありませんが、あの試合は二人の魂をぶつけ合う12ラウンドでした。一翔寄りで観ていたのに、終わったときは腫れあがって見えないはずなのに打ち返すのは凄いと八重樫に感心したものです

 さて、今年も一翔はおおみそかに世界戦を行います。WBAライトフライは正規王者にローマン・ゴンザレスがいるのに、なぜ一翔の試合に世界タイトルマッチと銘打たれているのかわかりませんでしたが、試合の勝者はローマン・ゴンザレスとの試合を義務づけられているとか

 つまり、ローマン・ゴンザレスへの挑戦者決定戦という位置づけでいいのね。ローマン・ゴンザレスはキャリア無敗、団体を越えてライトフライ最強と言われているそうですが、一翔との無敗対決になったら楽しみですね。ローマン・ゴンザレスを倒せば名前が売れて、ラスベガスで試合できるかもしれないし。夢が広がりますね。

 今年の大みそかもも一翔を見るか、内山を見るかの悩ましい選択を迫られそうです。去年は一翔が秒殺してくれたからどっちも見れたんだよなあ。難しいです。

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ

[2012/12/25 20:58] | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
統一球は打てるようになったのか?
 今年も残り少ないから検証、回顧的なことをやらないとと思ったので、今日のお題は統一球。ここ二年の防御率二点台以下、打率三割以上打った選手数を調べました。

2011年→2012年の順ね。

防御率二点台以下
26人→25人

打率三割以上
9人→9人

 変わらないね。ついでにHR20本打った選手数も調べました。
8人→8人

 つまり、バッターは昨年に引き続き統一球に苦戦中ってことね。統一球を苦にしない内川とか中村を研究したはずだから、打てるようになると思ったんだけど。来年も変わらなかったら、少しばかり飛ぶボールにしてもいいんじゃないかな。三年やって変わらないなら、ずっとやっても変わらないだろうし。

 2000年代序盤は防御率二点台投手がリーグに二、三人ぐらいしかいなかったことを考えたら、今は投手天国です。確か防御率三点台のタイトルホルダーがいたっけ。わずか10年で投打のパワーバランスが全く変わったことが信じられない。魔法にでも掛けられた気分です。

 個人的には防御率二点台と打率三割が同数ぐらいがパワーバランス的に望ましいと思うので、そういうボール作ってくれないかな。もし作れたらノーベル賞モノ、というか僕から表彰を差し上げます。

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2012/12/24 20:56] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
私的2013WBCメンバー選出(野手編)
 今日は野手編。

捕手(3人)

阿部(巨人)
炭谷(ライオンズ)
鶴岡(ファイターズ)

 今季規定到達した捕手は阿部、谷繁のみ。選びようがないですね。90年代だったら伊東、古田確定でもう一枠だったのに。って前書いた気もする
 
 阿部は文句なしとして、残りが悩みました。ゴールデングラブを取り、一試合任せてもらったキューバ戦でホームランを打った炭谷を選んで、もう一人が考えどころ。パリーグ防御率一位のホークスから選ぼうと思ったけど、100試合出ていない細川は選ぶ気にならないので、防御率二位のファイターズから鶴岡を選出。

 中村(スワローズ)、小宮山(タイガース)、大野(ファイターズ)、伊藤(バファローズ)などの若手捕手が伸びてくれないと、第四回WBCの選出に悩むことになるので頑張っていただきたい。そうじゃないと第四回は高城(ハマ)、森(大阪桐蔭)、田村(マリーンズ、今年ドラフト指名)がマスクを被ることになります

内野手(6人)

T-岡田(バファローズ)
本多(ホークス)
村田(巨人)
中島(アスレチックス)
松井(イーグルス)
新井(タイガース)

 今季ファーストで100試合出た日本人選手は畠山しかいないのね。ゴールデングラブを取った理由がやっとわかった。試合数が決め手になるほど選考に困るなら、該当者なしでいいのに。

 一発が打てるが欲しいので、ファーストにT-岡田。走れるのを評価してセカンドは本多。サードも悩みましたが、一発が欲しいので村田。ショートは中島

 残りは二遊間、一、三塁のバックアップ要員という位置づけで選びました。調べてみたら、二遊間どっちもで試合に出た選手って少ないのね。どっちが固定されていたら、固定してない方でしか出れないから当たり前か。カズオがメジャー時代二塁やってたことを思い出して、カズオを選出。

 一、三塁のバックアップは森野か新井かで悩みました。今までのメンツを見て、タイガースから選んでいないことに気づいたので、新井を選出。一体感は大事だからね。ハブはよくない。

外野(6人)

イチロー(ヤンキース)
青木(ブリュワーズ)
糸井(ファイターズ)
中田(ファイターズ)
聖澤(イーグルス)
長野(巨人)

 イチロー、青木は文句なし。日本最高の5ツールプレイヤーと言われる糸井、HR王次点の中田をまず選出。

 ここからが悩みました。左右、足、打力、守備力どれで選ぼうかと。一点勝負の終盤で使いたい大事な代走要員として聖澤を選出。ここまで左四人、右一人とバランスを欠くので、長野を選出。角中、内川も選びたかったし、守備要員として秋山も考えましたが、諦めました。外野はメンツが揃っているので、選び甲斐があります

スタメン

1.9  イチロー
2.7 糸井
3.6  中島
4.2  阿部
5.DH 中田
6.3 T-岡田
7.5  村田
8.4  本多
9.8 青木

 個人的に二番犠打で一死二塁より、二番強打で無死一、三塁の方が好きなので、二番糸井で攻撃的にいきたいです。投手陣がいいので、序盤に三、四点取れたらかなり有利に試合を進められるし。6.7番に置いたT-岡田と村田が裏クリーンナップになって、8.9番に置いた本多、青木がチャンスを作って上位に繋げるエンドレス攻撃打線になってくれたら。

 こういうベストメンバーを決める作業は楽しいですね。代表を組むなら、「誰は選べない」と悩むより、「誰を選ぼう」とワクワクしながら選びたいよね。山本監督はどっちだったんだろう。

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2012/12/22 21:43] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
私的2013WBCメンバー選出(投手編)
 宿題になっていたWBCメンバーを書きます。クリスマスを含む三連休といったこともあって、お祭り的な記事を書きたかったし。

 メンツはケガ人(例.中村、吉川)以外の全員を対象に選びました。ケガ人+本人の意志を加えて選ぼうと思いましたが、「現実の代表が海外組がいないメンツなんだから、架空の代表ぐらい夢のあるメンツを選びたい」と思ったからです。今年初めに書いた代表(投手野手)と見比べると面白いかもしれません。

 ポジションの定数は前回WBCと合わせてあります。

投手(13人)

黒田(ヤンキース)
ダル(レンジャース)
岩隈(マリナーズ)
田中(イーグルス)
内海(巨人)

前田(カープ)
攝津(ホークス)
牧田(ライオンズ)
杉内(巨人)
森福(ホークス)

山口(巨人)
山口(ハマ)
涌井(ライオンズ)

 黒田、ダルの二本柱は鉄板ですね。今季途中から先発に回って9勝を挙げ能力の高さを見せた岩隈、日本のエースといっていい田中、日本最高のサウスポーと扱われていい内海を選出。五人でローテを回す考えで選んだら、全員悩むことなく選べました。

WBCは投球制限があるので、ここからはロングリリーフがこなせる第二先発という考えで選びました。前田はローテに入れてもいいですし、攝津、牧田は先発、リリーフ両方こなせる使い勝手のよさを買いました。杉内は実力+五輪、WBC合わせて五回に渡る国際試合の経験で選びました。森福は左ワンポイント要員。森福の真横から投げるボールは初顔で打つのは難しいでしょう。

 涌井、山口(ハマ)はダブルストッパーで使うと最初から決めていました。ここでもう一人ブルペンに左が欲しいなと思って、記録漁っていたら、巨人の山口がいるじゃないか。今季72試合投げて防御率0.84を挙げたのに落選はないね。

 投手はメンツが揃っているので、あっさり選べました。明日は野手を書きます。

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2012/12/21 22:48] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
一年越しの渡米
 とうとう決まったという安堵感と、もう見納めかと寂しくもありと複雑です。

> 複数の米メディアは17日、フリーエージェント(FA)権を行使して大リーグ入りを目指している西武の中島裕之内野手がオークランド・アスレチックスとの契約に合意したと報じた。

 現時点で正式な発表はなく、18日に入団会見が行われる見通しだ。地元紙のサンフランシスコ・クロニクルは契約内容について、2年契約、総額650万ドル(約5億4500万円)で出来高払いと3年目のオプションがつくと伝えている。


 中島の今季年俸2.9億と比べると、けっこう評価してもらったと思います。100万ドル(たぶん)を提示したヤンキースよりかなり恵まれたオファーでしょう。一年待った甲斐あったなあ

 アスレチックスが所属するアメリカンリーグ西地区は、ダルのレンジャース、岩隈のマリナーズと日本人が多いので、同窓会感覚で試合できますね。反則補強のエンゼルスもあるしと見どころの多い地区のチームに入ったなと思います。

 プレイオフ1S三試合目の中島の最終打席を見ながら、「アウトローの落ちるボールが全く打てず、強い打球が取れず、ゲッツーも取れないところからスタートして、何回も三割を打って、日本代表のレギュラーになって、一番完成の多いスタープレイヤーまでよく到達したもんだな」と目頭が熱くなったことを覚えています。無名校のドラフト五位がメジャーに行くのは奇跡以外の何物でもありません

 中島を西武ドームで見れないのは寂しいし、ライオンズの戦力ダウンも免れないでしょう。それでも中島の今後を応援したいです。オークランドで奇跡見せてくれ

 ライオンズの背番号3は大下 弘から始まり清原、中島が着けた由緒あるナンバーです。このナンバーを着ける選手はチームを越えて球界のスターにならないといけないと言い切っていいでしょう。誰が3の系譜を継ぐのか興味あります。

 今のところ、候補として浅村、秋山が挙げられるでしょう。両選手が来季活躍してどちらかが再来年3を継ぐのか、思わぬ選手がブレイクして3を継ぐのか、3の系譜の行方も楽しみです

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/12/18 21:31] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ニューヨークで世界一
 イチローのヤンキース残留が決まったとか。

米大リーグ(MLB)ヤンキースは、フリーエージェント(FA)のイチロー外野手(39)との2年契約がまとまりつつある。MLB公式ウェブサイトなど複数の米メディアが14日報じた。

AP通信によると、契約は2年総額1200─1300万ドル(約10億─10億9000万円)になる見込み。身体検査を通過する必要があり、契約の細部はまだ調整中という。


 年齢を考えると、単年契約になるという見方が強かったので、複数年は意外です。ヤンキース移籍後三割二分打って、八番から始まったのに関わらずプレイオフでは二番まで打順を上げたイチローの実力を評価したってことでしょう。

 ヤンキースに決まったのは嬉しいです。せっかくチーム、ニューヨークに馴染んだのに、他チームに行くのは得策とは思えないし。タイガースとのプレイオフで負けたとき、「三ヶ月だけの助っ人としてチャンピオンリングを取るのはムシがいいよな。今年はチームに馴染んで、ファンに覚えてもらって、来季への伏線を張る、予告編的なシーズンってことでいいんじゃない」と不謹慎ながら思ったものです。

 イチローの39歳という年齢を考えると、チャンピオンリングを狙える年数は少ないのもまた事実です。僕はニューヨーカーではありませんが、イチローのためにヤンキースを応援したいです。どう形容していいのかわからないほどの実績を残したプレイヤーが唯一取り逃したのはチャンピオンリングというのは寂しいしね。

 来年のMLBの話をするなら二年連続で反則補強をやったエンゼルスはどうかと。同地区のレンジャースから主砲ハミルトンを取るってちょっとねえ。レンジャースファンからすれば、昨年のCJウィルソンに続き二年連続で主力をエンゼルスに取られているから、我慢ならないものがあるでしょう。ホークスに対するライオンズファンみたいなものでしょうか。

テーマ:MLB - ジャンル:スポーツ

[2012/12/17 21:36] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
show me the money
 ライオンズの契約更改はウィンターリーグ参戦中の三選手除いて、保留者なしの一発更改で終わったとか。三選手が保留するとは思えないので、二年連続保留者なしという大記録達成。ギネスブックものですね。鈴木GMを外交官にしたら、外交問題はほとんどカタが着きそうな気がする。

 ホークスの契約更改は五、六人出たとか。どんな交渉をしているのかわからないので、どうこう言えませんが、選手とフロントの仲が上手くいっていないのもあるというか、大きいと思います。

 NPBの契約更改はMLBと違って、選手抜き、代理人のみの交渉は認められていないと聞きます。つまり、金額提示、交渉の前に、フロントと選手がどこまで気心を通わせることができるかという部分が大きいかと。かつて赤田が「携帯をマナーモードにしないのは非常識」と語っていましたが、フロントと上手く信頼関係が作れていたら、ただの笑い話になっていたんじゃないかと。

 あとね、契約更改については、どういう交渉をしているかわからないし、そもそも球団経営を健全にやるには総年俸をいくらまで抑えないといけないか?という事実もわからないので、どうこう言う気はありません。契約更改の話より、本読んだりしてた方が有意義かと。

 ついでに言うなら、一回保留したぐらいで銭闘と書かれる選手もかわいそうだなと。選手は社員ではなく個人事業主なんだから、契約を大事にするのは当然ですし、納得いかないなら納得いくまで交渉するのも当然でしょう。イエスマン的にサインするぐらいなら個人事業主としてプロ野球でプレーするより、社員として社会人でプレーした方がいいかと。

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/12/16 21:15] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
常識外のスタート
 田口と並ぶ球界名ブロガーとして知られる広池浩司著「入団への道」を読みました。立教大を出た後、野球を諦めて全日空に入社後、野球への未練を断てなくてカープの入団テストを受けたことは知っていました。でも高校、大学は野手だったのに関わらず、中学・シニア以来の投手として入団テストを受けたのは知らなかった。

 「前から投手としてやってみたい気持ちはあったし、野手として高校、大学でドラフトに掛からない時点で野手に見切りを着けた」って下りがあるけど、普通やらないよね。

 野球のポジションで一番難しいのは投手と聞きます。例えば、ボークの規則は六つあるといいますが、それが言える人はそうはいないと聞きます。つまり他の選手が理解していないルールを把握して、自然に出来るようにならないと試合で使えないわけで。即席投手がプロの入団テストを受かるわけがない

 ブログを読んでて広池自身知的な人って感じがするだけに、この判断には納得いかない。もしかして、凄く天然な人なんだろうか。

 奇跡的に入団テストは受かるわけですが、「今年はドラフトで取る選手は決まっているから、一年ドミニカで修行してね」って言われてカープアカデミー送り。今じゃ使えない手ですね。「囲い込みじゃないか」とクレームが入ります。

 今だったら、育成枠で入団することになるでしょう。ドミニカで一年実戦経験が積めたのが大きかったと書いてあるので、時代が味方したと言っていいと思います。ちなみに、海外に一年送りこんで修行させるのは今では出来ないらしいです。世知辛いですねえ。

 入団後、ケガで思うようにプレーできなかったシーズンを過ごしたとき「来年契約あるんだろうか」と悩むのが読んでいて痛々しかったです。もしスタープレーヤーなら大幅減俸を飲んで契約更新なんでしょうが、失礼ながら広池ぐらいの選手だったら、お疲れ様になってもおかしくありません。プロの厳しさを思い知らされます。

 広池の通算成績は、実働11年、登板248、268回、9勝12敗1S25H。平均年数4、5年と言われる球界で11年プレーしただけで成功だと思います。安定した道を断って、野球に賭けた判断は間違いじゃなかった。

 広池は来年から育成担当兼副寮長に就任するとか。まず、少年(入団したらだけど)の更生させることが最初の仕事ですね。ブログを読む限り、優しく、頼れそうな人だと思うので、広池にはうってつけの仕事じゃないかと思います。頑張ってください。

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/12/15 20:42] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
背番号の話
 大安吉日の昨日、ライオンズの入団発表が行われました。背番号は以下の通り

一位 増田 14
三位 金子 2
四位 高橋 43
五位 佐藤 63
育成 水口 123

 二位がいないのは察してください。ライオンズの背番号10は大成、友亮と大学卒の選手が着けた番号だし、そもそも背番号10は大学ではキャプテンナンバーといい番号らしいので、立命館卒の金子が着けると思っていました。10は空き番になるのかなあ。いい番号なので、空き番になるのは少しもったいない

 林崎、大崎の番号がそれぞれ代わったので、0と00が空き番になりました。「物事は1から始まるので、ゼロナンバーは認めない」というファイターズ方式になるんでしょうか。「ファンあってのプロ野球だから、大元の0はファンナンバーにする」という考えで、欠番にするのも面白いかと。そうしたら背番号0のTシャツなりグッズも売れるよ!

 浅村、秋山の背番号が代わらなかったのが意外です。来季から一ケタを着けると思っていました。元々ライオンズは早くから一ケタを渡す傾向が強いし。でもチームに今までいなかった大きい番号のレギュラーもいいかもしれない。浅村、秋山のTシャツは一ケタになったら買おうと控えていましたが、解禁しようかな

 スピルボーグスはメジャーで背番号19を着けていたらしいので、おそらくライオンズでも背番号19を着けることになるでしょう。そのために19を空けるとはフロントは策士だな。

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/12/14 23:17] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ドラ一高校生投手に言いたいこと
 前々から書くつもりでしたが、大谷入団がいいタイミングだったので今書きます。大谷がメジャー行っても書くつもりだったから、お蔵にするつもりはなかったけどね。

 今年ドラフト一位指名を受けて入る高校生投手は藤浪(タイガース)、森(イーグルス)、大谷(ファイターズ)の三人。おせっかいながら、彼らに言いたいのは焦るなの一言です。

 松坂、マー君が新人王を取り、今季も釜田、武田が活躍すると高校生投手も即戦力と見られるようになっていると思います。ここで落ち着いて考えていただきたい。ここ30年で二ケタ勝った高校生投手は松坂、マー君だけという事実を。高校生投手が即戦力なんてナンセンスとしか思えない。

 藤浪、森、大谷はもし夏に入っても二軍にいると、「見かけ倒し」だの「育成失敗」と言われたり、書かれたりすると思われます。菊池がそうだったし。そのとき、「一年目は、半年144試合を戦う体作り、高校よりレベルの高いファームで試合経験を積めればいい」と周囲を無視してもらいたい。今だから書けますが、「体痛めて入って来ているから、一年目はリハビリ以上は望めないのに叩かれる菊池がかわいそう」と何度思ったことか

 三人は「一年目は体力作り、試合経験を積み、二年目に一軍お披露目、三年目でローテ定着」ぐらいのプランでかまわないと思っています。それも許さず、即戦力になってもらいたいのなら、高校生ではなく大学、社会人を取るべきでしょう。なんのために高校生をドラ一で取ったか?ということを忘れずに、チーム、ファン、マスコミは長期的に見守って欲しいと思うだけです。

テーマ:阪神タイガース - ジャンル:スポーツ

[2012/12/11 21:09] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
1994チルドレン続き
 以前、「メジャーに行くのはあたり前」と思っている世代を日本に引き留めるのが、球界の課題と書きましたが、ファイターズが回答を出してくれました。

ドラフトで強行指名した日本ハムは11月10日の交渉で25ページにも及ぶ資料を持参。若いうちから海を渡ることのリスクなどを示した。他球団では考えも及ばない、10代韓国選手の米国挑戦の実例まで挙げた内容には説得力もあった。

 これからは「マイナーより日本でプレーした方が伸びるから、メジャーに行きたいなら日本のチームでプレーした方が有利」ということを示す説得力のある資料なり育成実績を出さないといけないってことね。勉強になりました。もうチームのブランドで呼んだり、契約金を積めばいいという時代じゃないんだろう。

 ということは、これからはエースと四番を買わずに育てるチームが強くなっていくかもしれません。札束を積まないのが逆に長所になるんだね。ライオンズも後者のチームなので、ファイターズに見習うところが多いです。

 菊池×大谷の花巻東OB対決が見たいですね。大谷が一軍で菊池が二軍だったら恥ずかしいので、大谷入団が菊池の刺激剤になってくれたらと。斎藤佑樹も、歳下の大谷が一軍で自分が二軍だったら恥ずかしいので、いい刺激剤にもなるでしょう。大谷入団がチーム内外を問わずいい刺激を与えて、パリーグが盛り上がってくれたらいいと思います。

 大谷君、パリーグにようこそ!

おまけ

 パッキャオがノックアウトで負けました。ここ二試合判定負け、KO負けと内容が悪くなっているのでもうグローブを吊るすときでしょう。

 パッキャオを見て、「アジア人でもボクシング界の中心に座ることができる」と希望を持ったアジア人のボクサーを含むボクシング関係者は多いと思います。「ラスベガスで試合をやりたい」と話す日本人ボクサーはけっこういますが、それはパッキャオの影響が大きいだろうし。

 パッキャオはボクシングの歴史を変えたアジアの英雄と言っていいでしょう。お疲れさまでした

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

[2012/12/09 20:56] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
行き場はあるのか
 ライオンズに入ってからスキャンダルなり不祥事を起こした選手は多々知ってますが、入る前から不祥事を起こす選手は初めて見た

今秋のドラフトで西武が指名した千葉県の私立高3年の男子生徒(18)が、道交法違反(無免許運転および速度超過)で千葉県警高速隊に摘発されていたことが7日、分かった。学校側が会見して発表した。

 夏が終わり退部した先輩の飲酒で、マー君三年時のセンバツがパーになったことがあります。学校は少年に「夏が終わって退部したと言っても、やらかしたら新チームがパーになる」ってことを教えなかったんだろうか。まず、学校の監督責任を問いたいです。

 もしライオンズが少年の入団を取り消したとするなら、少年の行き場がなくなるでしょう。やらかした少年を取る大学、社会人のチームがあるとは思えないし。行き場を求めるなら国外、米マイナー、独立しかないでしょう。やらかした責任を取らせるのはかまいませんが、少年の行き場を断っていいとも思えません

 大麻で大相撲を解雇された鈴川真一だって、IGFでプロレスをやらなかったらアウトローの世界に堕ちたかもしれかったことを思うと、年俸、契約金減額、なんなら育成枠からでもいいので少年をライオンズに入れてもらえないだろうか。ドラフトで指名される逸材がアウトローの世界に堕ちるなんて想像したくない。

 

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/12/08 22:21] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
五人目来る
 外国人野手を取るとか。使い方が難しくなるから、五人目の外国人はないなと思っていたので驚きました。

> 西武が外野の一角として、今季レンジャーズ3Aでプレーしたライアン・スピルボーグス外野手(33)の獲得を目指していることが4日、分かった。

 「プライベート・ライアン」に絡めてゲーフラできそうですね(そっちかい)。ちなみに残虐描写は好きではないので、「プライベート・ライアン」は見てません。スピルバーグなら「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」が好きです。

 話逸れたね。来る話はウェルカムなんですが、ヘルマン、オーティズ、ウィリアムズ、サファテ、スピルボーグスの中から四人どうやって選ぶんだろう。渡辺監督は打線の強化か、ブルペンの強化か悩ましい判断を迫られます。難しい。

 去年の中村に続き栗山も複数年を結んだとか。フロントはフランチャイズ・プレーヤーの重要性を理解したようで嬉しい。主力と複数年を結んだり、積極的に外国人を取ったりと鈴木GM体制になってから、方針が大きく変わってきていると感じます。あとは成果を挙げるだけだね。

おまけ

 昨日亀田興毅のタイトルマッチを見てました。TBSの亀田に対する冷遇ぶりがハンパないですね。昨日亀田で大みそか一翔って、TBSがどっちを優遇しているかわかります。率の取れる方を美味しい場面で使いたいからね。別に亀田は12/4までに試合をしないといけないという縛りがあったわけじゃないだろうし。

 勝ったのにヒロインもカットされるし。煽りVは控えてもっと丁寧に時間を読んだらヒロインの時間ぐらい作れるだろうし。さすがに亀田ジムの社長という側面を持っている亀田興毅がこの実態をわからないわけがない。

 この現状を打破するために山中と統一戦をやってみないか。日テレが放映権を持っている帝拳所属の山中とは試合をしづらいというなら、ベルト二本持って帰ってくるとTBSを口説いて帝拳・日テレ側で試合してもいいだろうし。将来の十万円のために、目先の千円を捨てるってやつですよ。興毅、統一王者になろうぜ。

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/12/05 21:35] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
サムライ候補発表
 秋山残念。スタメンで入ったキューバ戦でヒット一本打ってたらと残れたかな。残念。第四回は代表のレギュラーで出ることを期待します。炭谷、涌井は残ると思ったし、慣れる時間がない短期決戦は変則投法の投手が有利だと思うので、牧田選出はいいところ観てるなと。

 他にはカズオの2003年アテネ五輪予選以来の代表入りが感慨深いです。当時は本大会があるから、もう一年ライオンズに残ってくれるかなと思ったものです。今回33人選んでいますが、本大会は28人で臨むと聞いています。なのに捕手は三人しか選んでいないということは、選ばれた阿部、相川、炭谷は当確ってこと?ふるい分けができるなら、捕手も余計にあと一人ぐらい選べばいいのに

 ハマとバファローズは選ばれていないんですね。キューバ戦で連投した山口は入ると思ったし、左で大きいのうてるT-岡田も入ると思っていました。

 オールプロで代表を組むのは、アテネ、北京五輪、第一回、第二回WBCの四度しかないので(五輪予選は除いて)。サッカーのように野球の代表はまだ恒例化しているとは言えません。なので、プロ野球ファン全てが応援し、一体感を作るためにも12球団全てから選んで欲しかった。前回WBCのドラファンは心の底からジャパンを応援出来たかんだろうか。乗り遅れている感じとか後ろめたさとかあったと思うけど。

 ぼっちはよくないよ!

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2012/12/04 21:47] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
渡米希望者の憂鬱
 腰を痛めて静養していた週末でした。腰痛めたら立って座るという当たり前のことが辛くなるので、やっかいですね。中島が腰痛めたのに関わらず強行出場した結果、首位打者を取り逃しのたのもわかります。あのときの中島はおそらく強く振ることができず、軽く振ることしかできなかったと思います。

 強く振らないとボールは内野の間を破らないし、外野の頭を越えません。軽く当てて内野と外野の間を落ちるヒットはそうそう打てるものじゃないし。中島は守備にも着いていたので、一試合フルに出ただけで凄かったんじゃないかと。幸い僕の腰痛は休んでいたら治まったので、明日からも仕事に行けそうです。

 FA宣言してから一ヶ月経ちますが、藤川はカブスに決まったとか。藤川が活躍してビリー・ゴートの呪いを解いてくれたらいいですね。MLB移籍を希望している中島、賢介の動きが全く入ってこないのは気になります。

 中島はダイヤモンドバックスが接触という話を聞きましたが、内野手の補強候補としてリストアップしているだけなのか、GMと中島の代理人が契約を詰めている最中なのかがわからないので、どうこう言えません

 契約の話は中身を詰めてメディカルチェックとサインするだけの段階に達さないと、表に出さないのがマナーと聞くので今頃GMと中島の代理人が契約を詰めている最中といい方に信じたいです。

 もし今回も破談になると、FA権を再取得する三年後まで待てないとマイナー、メキシカンリーグ、独立リーグでいいから渡米するか、MLBには縁がないと諦めるか難しい判断を迫られます。僕としては残ってフランチャイズ・プレーヤーになって欲しいので、残ってもらえると嬉しいのですが。メジャーでプレーするのが中島の夢ならマイナー、独立リーグからでもチャンスはあるからとムリを承知でMLBに行って欲しいという思いもあります。複雑です。

 

 

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/12/02 20:56] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。