スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
一足早いクリスマスプレゼント
 サファテ、シコースキーが来るらしいです。出るばっかりのチームなので、来る話は嬉しいです。

 来季のクローザーはウィリアムズを含めた外国人から三択で、大石、増田、十亀は7.8回を任せる起用がベターでしょう。中継ぎはイニングまたぎ、同点、ビハインドでの登板、ランナー背負っての登板とあらゆるケースを経験できるので、中継ぎで経験を積んでから9回、クローザーをやってもらうのは理に適っているような。藤川、岩瀬も最初は中継ぎだったし。

 クローザー候補ばっかり増やすのはどうかなので、大石、増田、十亀のうち誰かを先発に回すことも出来ます。選手の使いどころについて悩むのは嬉しいことです。今までは悩むこと、選択肢すらできなかったし、なかった。

 サファテ、ウィリアムズ、ヘルマン(残るよね?)、オーティズと外国人枠四人埋まったということは、外国人野手が入れないことを意味します。つまり中島移籍、中村前半戦アウトの分を現有戦力の底上げで埋めないといけないということです。野手はキツイ悩みだな。坂田が化けてくれるぐらいじゃしないと、打線は回らない。野手全員オフは毎日素振り一千回やろうか。
 
スポンサーサイト

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/11/30 23:02] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
埼玉ライオンズ
 、「親会社接待試合やるぐらいだったら、胸に『SAITAMA』と書かれたユニで試合して欲しい」って書いたら、ホントにやるのね。このブログを球団関係者は読んでるな(電波)

 ということで、「SAITAMA」ユニは大歓迎です。チーム名に埼玉を冠して六年目にして、満を持して披露といったところでしょうか。おそらく、大宮で着用すると思われますが西武ドームで着用しないと意味がないよね。どの時期で着るんだろう。限定ユニと言えばクラシックもやるんだろうか。早くも来季が待ちきれません。

 ユニの胸に地名というと、80、90年代まで着けていた巨人の「TOKYO」と横浜大洋の「YOKOHAMA」を思い出します。って地域密着の意図で胸に地名を着けるのは30年前とっくにやっていたのか。

 地域密着という言葉もない時代に、両チームが地名入りのユニを着けていたのはもっと評価されていいのに。ユニ評論家の綱島さんがやっていることは、評価されていいユニ、事例の掘り起こしなんだな。

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/11/28 21:09] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
過大評価はもうやめよう
 そろそろ主力クラスの契約更改時期ですが、ここでは契約更改の話は書きません。って毎年書いているね。誰のお給料が上がったの下がったのって興味ないんですよ。まあ、中島が抜けた場合、中島の年俸分2.9億使って誰を取るかっていうGM的な話は好きですが。

 さて今季観ていて、一番かわいそうに思ったのは斎藤佑樹。昨季6勝、今季5勝しか挙げていないのに、開幕投手、オールスター、代表選出と実力に見合わない持ち上げられ方をされたらかわいそうにも思うでしょ。日本シリーズ先発の話もあったな。本人も、「そっとしていてくれ」と思っていてもおかしくありません

 斎藤は少し結果を出せても、エース、いやローテクラスの結果は出せていないという現実を周囲は受け入れるべきでしょう。来季は開幕投手は任せないで、四戦目以降の裏ローテでいいし、ローテに入る実力がないと判断したら開幕二軍でいいし。なんなら、リリーフ適性を試すつもりで中継ぎ起用でもいいし。エース扱いされたかったら、実力で取れと扱った方が本人も気楽かと。

 斎藤を観ていて痛々しいのは、甲子園の斎藤と比べられることですね。早実より早大の方がよくなっているはずなのに、今さら早実時代を思い出せと言われても、斎藤本人は戸惑うばかりでしょう。六大で30勝、300奪三振を達成したころを思い出せと言われた方が気楽なのにね。

 あと、比較対象をマー君に置くのはやめろと。比較対象を作るなら、甲子園で活躍し、六大に進んで30勝、300奪三振を達成と斎藤と同じルートをたどりながら、今季新人王を取ったカープ野村でしょう。野村にあって、斎藤に足らないのはどこか?を考えた方が成功への近道だと思うんですが。

 大卒二年で通算10勝を挙げていない投手はいくらでもいるので、斎藤はこれからでしょう。そうそう、大石、福井の同級生二人も頑張らないとね!

おまけ

 菊池がポルシェを買ったとか。選手のプライベートをどうこう書くのは好きではありませんが、この話を聞いて三田紀房の「スカウト誠四郎」を思い出しました。

 カープ二軍にいる主人公が車買いたいけど二軍だから国産かなと彼女に話していたら、「外車を買いなさい、一軍でプレーして外車が似合う選手になるのよ」と言われて外車を買うんですよ。当然周りの選手は「二軍のクセに外車なんて」と白い目で見る中、コーチは「これでいいんだ」とうなずくシーンです。

 今季2000万の選手だけど、1000万のポルシェが似合う選手になってやるという思いで、ポルシェを買ったなら、来季の菊池は楽しみです。

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

[2012/11/27 21:37] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
発表、今季ベストマッチ
 今季ベストマッチは夢を観た日。勝って首位が見えた9/22ファイターズ戦です。今思い返しても凄い試合でした。先発が初回ノックアウトを喰らったのに勝つ試合なんてありえない

 一点差で迎えた8裏、「時間的に延長は無いから、二回で二点取らないといけない、ファイターズはゲーム差維持の引き分けでいいから二回一失点は覚悟しているだろうし」と焦ったのは忘れらません。それが8裏で逆転して、9裏にxを着けて勝つとはね。今季最もチームを誇らしく思った試合でした。

 今季観戦して最も記憶に残ったのは、この日の8裏にファイターズが取った無死一、二塁の場面で、三塁進塁を防ぐためにショート三塁カバー、ファースト・サードがバント処理に向かう必殺のシフト・ブルドッグです。もちろんバッターが強打だったら強襲ヒットは免れないので、守備側に取ってはリスクの高いシフトです。

 ブルドックは初めて観たので、ゾクゾクしました。「今日はファイターズに取っても落とせない天王山」と改めて思いましたし、必死に向かってくる相手を倒さないとペナントは取れないと改めて感じました。プロ野球は面白いです。

 次の日毎回チャンスだったのに関わらず中村勝をノックアウト出来ず、岸が踏ん張れず負けたことを思うと、ライオンズは力不足だったと認めざるを得ません。強いチームだったら、劇的な試合を制した勢いで勝って、ペナントも掴むでしょう。ライオンズにはなにが足りないんだろう

 足らない部分を埋めないと来季もペナントは取れません。ライオンズにはなにが足らないか?を考えながら過ごすオフになりそうです。

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/11/26 20:44] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
発表、今季の投手MVP
 今日は今季の投手MVP発表。いろいろ悩みましたが、岸 孝之を推します。13勝を挙げてーム最多勝の牧田も考えましたが、エース対決を強いられる火曜日に投げたことを評価しました。

 防御率2.45はいいのですが、11勝12敗と負け越したところに今季岸が抱えた苦悩が見えます。エースを任されながらも、相手エースに投げ勝ってエースの役割を全うできなかった岸の内面を考えると、なにも言えません。岸自身凄く悔しかったと思います。攝津に三度投げ負けたのも悔しかっただろうし。

 岸を見ていて、相手エースに投げ勝つのは難しいのに、それを要求されるエースとは重いものだと感じました。岸を責める気はなく、お疲れさまでしたとしか言えないです。

 今季の岸のベストマッチは10/6のマリーンズ戦。来週末のプレイオフが大事だから、疲れを残さないように5.6回で降りるだろうなと思っていたら、まさかの完投。岸が志願した完投だったと聞きます。「エースを任されながらも、エースの役割を全うできなかったから、最後ぐらいはエースとしての責任を果たしたい」という気持ちでしょう。いい投球でした

 ここまで書いていて、岸は誰かに似ていると思ったらホークス、現オリオールズの和田じゃないか。10勝以上は手堅く勝っても、15以上の大勝ちは無く、タイトルを取っていないので和巳、杉内に見劣りする面がありました。それが一昨年最多勝、MVPを取り、去年も16勝を挙げてホークス日本一に貢献して渡米と。

 岸も和田のように壁を破ってみないか。タイトル、MVPを取って、ライオンズのエースは岸と言われるぐらいになってこそ、2008年日本シリーズのイメージから卒業できると思うんだけど。

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/11/25 20:12] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
発表、今季の野手MVP
 オフになったら必ずやることを忘れていることに今気づきました(汗)そう、投打MVPとベストマッチ選出です。というわけで今日は野手MVPを挙げます。今季の野手MVPはヘルマンを推しますね。

 ライオンズ唯一の144戦全試合出場、外国人ウン十年ぶりの盗塁41、HR3本しか打っていないのに、打点60を挙げる異常な勝負強さ。いろんな意味で予想を裏切る活躍ぶりでした。

 外国人投手はクィックとけん制を覚えさせるとよく言います。逆に言えば、野手も覚えさせないといけないでしょう。そうじゃないと刺されまくります。シーズン序盤のヘルマンは刺されるケースが目立ったのに、終盤のヘルマンは刺されることが少なくなりました。ヘルマンの学習能力の高さが察せれます。

 HR3本しか打っていないのに、打点60を挙げるのもありえない。パリーグで打点60前後を挙げたバッターを挙げると、角中61(首位打者)、稲葉61(HR10)、井口60(HR11)。打率も.270しか打っていないヘルマンが打点60を挙げるのは異常だ。見ていて、一打点百ドルみたいに出来高着いているのか?と思ったぐらいです。

 ヘルマンのベストプレーを挙げるなら、9/2のマリーンズ戦、8裏にワイルドピッチでホームインしたことですね。判断よくスタートを切ったことも素晴らしいのですが、ホームインしたときのガッツポーズを見て、日本人以上に勝ちたい気持ちが伝わってきました。日本人と外国人の立場の違いを越えて、勝ちたい気持ちのある選手は好きです。

 ヘルマンは41盗塁を挙げているので普通は一番で使うのがベターだと思いますが、異常な勝負強さを考えたら六番で使う今の使い方がベターかと。走って七番以降にチャンスを作って下位打線の得点源になってもらうのも美味しいし。ヘルマンをうまく使うには、七番以降が頑張らないとね。

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/11/23 22:09] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
実験しようぜ
 ついこの間まで育成選手がいないチームだったのに、外国人育成選手が出来るとは。育成制度を使ったり、主力と複数年契約を結んだりと鈴木GM体制になってから、チームが変わってきたような。早く実が出て欲しいものです。

 チームが新しいことに取り組むのは歓迎ですが、育成制度を外国人に使うのは感心しません。元々育成制度は、「社会人チームが潰れてばっかりで、プレーする場が少なくなっているアマの救済」という趣旨だったわけで。だったら、育成選手は日本人を取らないとダメでしょう

 去年のホールトンを例に出すまでもなく、ゼロ円移籍をする外国人は多々います。日本人はFA権を取るまで移籍の自由は無いのに、なぜ外国人はあっさり移籍できるかというと契約が違うんだろうね。おそらく「何月何日まで契約しないとFAになる」という条項があるんだろう。だから何年もプレーしないうちに移籍できると。

 育成選手から育てて、やっとレギュラーを張ったら移籍じゃ育てた意味ないでしょ。日本人と同じように、FA権を取るまで移籍の自由を奪わないと外国人を育成選手にする意味がありません。それに外国人の場合外国人枠がどうしても絡むので、現場は即戦力を求めるから、やらかしにはあえて目をつぶってガマンしながら使うことはできないでしょう。もし堂林が外国籍だったら、野村監督はガマンしなかったと思うよ。

 ただ、身体能力が高い外国人を、環境の悪いマイナーではなく、寮、食事、練習場完備の日本で育てたらどんな選手になるか?という興味があります。逆大谷だね。ということで、イヤゴト言いながらも、育成契約を結んだ外国人二選手には期待するのです。(出たよ、ツンデレ)

  
 

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/11/21 21:39] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ショートストップの需要について
 西岡のタイガース入団会見がありました。契約年数二年、総年俸四億+出来高と今季メジャー出場三試合に終わったわりには厚遇だな。「日本では出場三試合の選手でも単年二億稼ぐことができるのか」とアメリカの代理人が勘違いしそう。

 マリーンズ、バファローズも西岡に手を挙げたとか。ネット見てたらどこも複数年、単年二億は用意していたみたいね。ここで疑問、メジャー出場三試合の選手にここまで厚遇を用意するほど、どこもショートまたはセカンドを守れる選手には不足しているの?

 二遊間はカットプレー、ベースカバーなどチームプレーを要求されるし、カットプレーで外野まで行ったり、ファールゾーンまで打球を追いかけないといけないので、守備範囲なり運動量がハンパないキツイポジションと聞きます。

 ドラゴンズの荒木、井端、ファイターズの金子、賢介、ライオンズの中島、片岡、ホークスの川崎、本多と過去、現在問わず二遊間コンビを挙げられるチームはたいてい強いのはそういうことか。キューバ戦見てたら、「キューバを含めて中南米、アメリカでは一番センスがある子にはショートを守らせる」って言ってたし。

 つまり、ショート、セカンドを守れる選手には需要がメチャクチャあるから有利ってことね。西岡だって外野だったら、ここまでの厚遇が得られたらわからないし。なんか二遊間こそプロへの近道って気がしてきたぞ。

テーマ:阪神タイガース - ジャンル:スポーツ

[2012/11/20 21:42] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「マック・ザ・ナイフ」が鳴りやまない
 週末エヴァ劇場版ではなく、「悪の教典」を見てきたので感想を書きます。原作の貴志祐介は家族のために殺人を犯し、犯罪発覚を恐れて殺人を重ねる少年を描いた「青の炎」を出していますが、「悪の教典」はそれのグレードアップ版ですね。

 高校で教師をやっている伊藤英明演じる蓮見は、生い立ちや教師になる前の経歴、殺人を犯し続けた半生を調べる人間を殺していきますが、そのうち「事件を不審に思う人間を殺していったらキリがない、だったらクラスごと殺せばいいじゃない」とショットガン片手に死体の山を築くわけです。たぶん邦画史上最も人を殺した人間にランクされたでしょう。

 血飛沫を見すぎて気持ち悪くなってフラフラしながら家に帰ったぐらいです。犠牲者になる高校生と同じ年代の人間に見せたいからと15禁、R指定にしたと思いますが、18禁、X指定でもよかった。レイディングの基準がわからない。

 「青の炎」の少年は「このままだと自分はずっと人を殺さないといけないのか」と悩むのですが、「悪の教典」の蓮見先生は全く悩みません。おそらく、「頭がいいけど、モラルが欠落している人間」を書くのがテーマだったんでしょう。いくら殺しても良心が痛むそぶりもないし、しっかりアリバイ作るし。

 「青の炎」の少年は「このまま捕まったら、家族はどれだけ苦しむか、だったら事故に見せかけて自殺しよう、死んだら被疑者死亡で犯罪もうやむやになるし」と交通事故を装って自殺をすることを暗示して終わります。「悪の教典」の蓮見は「クラス中に悪魔が乗り移った」と電波発言をして終わります。つまり、心神喪失を狙っているってことね。

 「青の炎」は少年に同情する気持ちもありましたが、「悪の教典」の蓮見には全く共感できないですね。モンスターを描きたかったんだろうなあ。うー書いてて気持ち悪くなったから、ここらで終えます。蓮見を演じた伊藤英明の演技とか、聞いててトラウマになるほど効果的に使われている「マック・ザ・ナイフ」のこととか書きたかったけどゴメンね。

 最近の三池さんは原作つきとかリメイクばっかりですね。デッド・オブ・アライブで映画史に残るラストを見てあ然として、原作完全無視の「漂流街」を見て呆然とした僕からしたら寂しい限り。そろそろオリジナル撮ろうぜ

 今週末に見たい映画あるので、見たらレビュー書きます。なにを見るかはお楽しみで。

おまけ

 「ダイ・ハード」はビルの模型を作って、「人質はどこにいて、テロリストはどこにいて、ブルース・ウィリスはどこから入って、ブルース・ウィリスとテロリストはどこで戦って」とシュミレーションをしながら脚本書いたり、コンテ切ったという話を聞いたことがあります

 たぶん「悪の教典」も校舎の模型を作って、「生徒はどこに逃げて、蓮見はどこで殺して」と考えながら脚本書いたり、コンテ切ったに違いない。そうじゃないと生徒と蓮見の位置がわからないから、作りづらいはず

テーマ:映画の感想 - ジャンル:映画

[2012/11/19 21:47] | サブカル | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
サバイバル二戦目
 投手陣は二試合一失点と完璧な出来でした。結果で決めたら落とす人間は涌井しかいない。山本監督も嬉しい悩みだね。涌井が本選に入るかはわかりませんが、ストレートに力がある分、クローザーは山口でいいかなと思います。

 キューバから得点するのは難しいですね。9表のようにしっかりバントを決めるとか、今日のように三塁にランナーを置いたら、犠牲フライを打ったり、内野ゴロで突っ込むなど、小技をやるしかないですね。ランナーの足とバッターのバント技術によりますが、投手がノーマークならスクイズもありでしょう。

 中村はケガで出場絶望、中田もケガということを考えると、本選では一発が打てる人間がいないメンツでメンバーを組む可能性もあるので、相手のスキ、重箱の隅を突くような小技ジャパンでいきましょう。

 秋山は二四球を選んだことを評価してもらったらいいなあ。フォアも実質ヒット、最低四球投げさせる分投手の体力を削げるので、ヒットより上と山本監督が解釈してもらったらうれしいなあ。9裏のセンターに飛んだ打球を捕るファインプレーを見せたら本選当確だったよね。

 本選始まったかと思うぐらい緊張感のあった二試合だったと思います。本選が始まる三月が楽しみ。

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2012/11/18 22:17] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
サバイバル一戦目
 意外にやるじゃない。キューバ戦を見た感想です。三塁を踏ませずにキューバを完封したのは見事だし、今季一本もホームランを打っていない炭谷がホームランを打ったのは驚いた。二点目に繋がる送りバントと、7投手をリードして完封したことを含めると、炭谷の本選メンバー入りは確定かなと思います。

 今回代表入りしていないマー君、攝津、内海などがいることを考えると、投手は失点即本選メンバー落ちになる、文字通りサバイバルになるなと思っていました。そうしたら7投手満点回答とは。あさっても投手が結果を出したら、山本監督は誰を選ぶか、嬉しい悩みを持つだろうね。メジャー組で参加表明している選手がまだいないことを思うと、メンバー選びに悩むぐらいじゃないと勝てません

 野手はもう少し得点、チャンスが欲しかったなと。オールスター的に後半から選手を入れ替えると思っていましたが、交代で入ったのは井端、秋山だけ。あさってはスタメンをかなり変えて来るだろうね。そうしないと、呼んだ選手に申し訳ない

 今日の試合が終わったばかりですが、あさってが楽しみです。

おまけ

 前回WBCで投手コーチを務めた山田久志の解説が面白かったです。井端が出てきたとき、「前回は球団の都合で出れなかった」と話したのは驚きました。確か、「WBC出場を決めるのは選手の意思」って決まりなかったっけ?これが本当なら、選手会が問題にしてもいいと思う。

 大会収益の流れより、大会出場に口を出す球団に文句言う方が先じゃないの

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2012/11/16 23:11] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
来季の外国人について考えた
 気づいたらサファテ取るとか、ラヘアー取るとかにぎやかになっています。ライオンズのオフといえば、出る話ばっかりだったので、来る話は嬉しいですね。

 ラヘアーが年俸に合う活躍をするかどうかはともかく、三億円出してラヘアー取りに行く姿勢は正しいと思います。中島移籍で浮いた年俸分は人件費縮小の材料にしないで、野球に使うと宣言しているのと同じですから。埼玉移転後初めての四年連続のV逸を、フロントは相当重く受け止めていると思われます。

 ヘルマン、ウィリアムズ、オーティズが残留して、サファテ、ラヘアーが加入したとすると、ライオンズの外国人は五人(シコースキーは日本人扱いなのでノーカウント)になります。つまり、一人余ると。

 個人的には外国人枠四人のスペアとして、余計に外国人を取るのは感心しません。スペアの外国人はいざというときに備えて、二軍で使わないといけません。試合で使って試合勘を着けさせないと、一軍に上げたとき活躍できないし。つまり若手が二軍戦でプレーする機会を奪うことになります。これじゃ育成はできない

 余談ですが、去年か一昨年巨人に外国人10人いたとき、「若手が二軍戦に出れないから伸びないよ。育成の巨人って大ウソだな」と思ったものです。その後外国人は7.8人帰国したと記憶しています。若手の出場機会を奪っただけで、育成を進めることができない無意味なシーズンだったね。

 一歩譲っても外国人のスペアは一人でいいでしょう。年俸はスペアに何億、何千万払うのはもったいないので、2、3千万以下でいいでしょう。ライオンズが契約を予定している外国人に2,3千万以下の選手はいるんだろうか。結論、外国人は定数どおり四人でよし。取るならサファテかラヘアーどっちかでいいよ。あえていうならシコースキー(取った場合)、ウィリアムズ(残った場合)、サファテ(取った場合)とブルペンに外国人三人は多いから、ラヘアーがいいな。

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/11/14 21:25] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
野球納め、大学編
 午後からは雲が多くなってきたので、ネット裏二階席に移動。ちょうどホームベース後ろに位置する席で見たので、ストライクゾーンの幅がよくわかりました。プロ並みに内外角取りますね。

 人生初の記録されたノーノー(記録されないノーノーは西口で見た)を見ました。五回ぐらいから、多和田とはなにものかと持参したドラフト雑誌を引っ繰り返して読みましたが、見つかりませんでした。それはそのはず、彼はまだ一年生です。雑誌には、今年ドラフト対象になる四年生と来年ドラフト対象になる三年生しか載っていない。

ノーノー・イン・神宮

 ストレートが速く、岸のようなきれいなフォームで投げています。9表先頭打者にチェンジアップで入れる度胸がいいですね。捕手のサインだとしても、度胸がないと投げれないでしょう。凄いのは、寒くてダウンジャケットを着るお客さんもいた中でノーノーを達成したということです。これだけ寒かったら、指先の感覚が無くなって、ボールを投げづらいはずです。投手は素手なのに対して、打者は手袋をはめられるだけで十分ハンデになります。この日見ていて、ノックアウトされても投手に文句は言えないだろうなと思っていました。

 球場が高地にあって、ボールが飛びやすい打者天国のクァーズ・フィールドでノーノーを達成した野茂を思い出します。多和田は全国大会で、昨年の甲子園優勝投手・早大吉永と投げ合う姿が見たいですし、三年後どれだけの評価でプロに行くか楽しみです。

三年後のドラ一

 バファローズ・ドラ一松葉。140キロ台で右打者の内角に入ってくるクロスファイアは打ちづらそうです。バファローズは最下位に沈んでいるので、チャンスは多いでしょう。当然ですが、新人王候補に挙がってくるでしょうね。

 気になったのは、ランナーを背負ったときあっさり失点すること。今日たまたまかもしれませんが、ランナーが出ればあっさり失点していたら、プロじゃ通用しないでしょう。キャンプではセットでの投球やクィックモーションをを練習した方がいいかも

 最終回(8裏)に最速144キロを出すスタミナは買えます。
松葉

 寒さに耐えながらの観戦でしたが、楽しかったです。これで今年の野球を終えられます。また来年!
 おまけ

 大学、社会人で入る選手を「即戦力」と言われますが、今まで「高校生より三、四年歳を重ねているだけあるから、その分成長しているってことだろうな」と漠然に思っていました。高校、大学と一日で通して見ることで、漠然と思っていたことがはっきりわかりました。

 大学生と高校生では体つきが違いますし、大学生の方がプレーが上手いです。高校生は、打球が飛んだらアウトになるまでわかりませんが、大学生は、打球が飛んだら「アウトになるだろうな」と安心して見れます。打ったと思ったら、野手が追いついているからね。

 つまり、大学生はある程度の基礎は出来ているから、少し鍛えるだけで一軍でプレー出来るってことね。基礎からやらないといけない高校生とは比べられません。育成に自信のないチームはあえて大学生、社会人だけ取って、高校生は清原、松坂、マー君クラスのリアル十年の逸材以外スルーするのも戦略としてアリかもしれません。

 第四試合に出場した桐蔭横浜大学の応援が面白かったです。わかっただけで、スワローズ、タイガース、巨人、イーグルス、マリーンズの選手テーマ、チャンテを使用していました。きっと応援団員に応援マニアがいて、12球団の中から俺様ベストアルバムを組んだんだろう。

 チアも楽器もない質素な応援でしたが、面白かったです。応援ってチアや楽器がなくてもアイディア一つで面白くなるのね。

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

[2012/11/13 21:50] | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
野球納め、高校編
 野球納めといえば、神宮大会だッ!ということで、昨日神宮大会に行って来ました。高校はセンバツの前哨戦で、大学は四年生最後の公式大会と性格が異なるのがユニークですね。

 8時半試合開始に備えて、6時に起床して神宮へ。通常より早い起床時間ですが、野球を見るなら苦にならないですね。というか、野球納めに興奮したのか余り眠れなかったです(汗)

 ドラフト雑誌に「来年注目の選手」と書かれていた仙台育英・上林。右投げ左打ちとは今風の選手だねえ。四番に座っていますが、構えをみるとホームランバッターというより、アベレージヒッターっぽい。一塁から、センターオーバーで滑らないでホームインしたのをみると、判断力、脚力に長けている選手だと思います。

 おそらくプロでは一、二番、よくて三番でしょうね。センバツでも注目したい選手です。

上林

 関西・児山。左手が地面に着くほど豪快なフィニッシュです。児山はランナー出しても、牽制球を投げてランナーを釘付けにしたり、バッターをじらしたりと落ち着いているところが買えます。投球の途中で二本指出して「ツーアウト」と確認するところは、「そんなのは投球前にやることだよね。完全にバッター焦らしてる」と苦笑しました。

 プロでも、ランナーを見ることもしないでバッター勝負しているのを見て「牽制してランナーを釘付けしたり、バッターを焦らしてもいいんだよ。ピッチャーが投げないとどんなバッターでも打てない、投打の勝負はピッチャーが主導権を持っているのを理解しようよ」と思うことが多々あります。それをわかっているのが素晴らしい

 こういう頭のいい選手は好きです。貴重なサウスポーということもあるので、児山もセンバツ期待の選手に挙げます。

児山

明日は大学編を書きます。富士大×国際武道大でサプライズが(バレバレだね)

 アマ野球は「こんな選手いるんだ」ってスカウト気分で見ることが出来るので楽しいですね。スカウトの楽しさがわかったような。

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

[2012/11/12 21:50] | 高校野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
日程についてイヤゴト2012
 本ブログ年度行事と言っていい、日程についてイヤゴト書きます。

 7/1(月)ホークス×ファイターズ(東京ドーム)
 7/9(火)イーグルス×ファイターズ(東京ドーム)

 ファイターズが旧本拠地に当たる東京ドームで試合するのは許されると思いますが、ホークス、イーグルスが東京ドームで試合するのは許されるとは思いません。御前試合やりたいだけだろ。この二チームは、地域密着より企業密着をやりたいのが本音なんだろうなと思います。

 ユニだってホームユニ胸部分は企業名を出さないが不文律なのに、この二チームは出しているし。試合をやるだけで企業名はマスコミを通じて連呼されるから、ユニに書く必要無しというライオンズのような考えは全く思いつかないんだろうな。

 御前試合やるより、イーグルスは東北復興をアピールするために東北で試合を組んだり、ホークスは熊本、鹿児島で試合をやるなら、キャンプ地宮崎で試合を組んで南九州制覇した方が有意義なのに。もう、他チームの本拠地で試合をやる、意味のない地方試合はやめないか。ヤンキースがドジャースタジアムで主催試合を組んだなんて話は聞かないけどねえ。

 プロ野球チームがない街(というか県)で育ち、プロ野球の試合は一年一度見られるかどうかの貴重な機会だった僕にとっては、他チームの本拠地で試合をやるのは許したくない。一年一度の試合を楽しみにしている地方ファンの心を踏みにじるような行為は認めたくないし、だからこそ影響力がないことを承知で毎年書いています

 NPBが改心するか、僕がブログを辞めるかどっちが先かぐらいの気持ちで来年以降も書くつもりです

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2012/11/10 20:29] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
今週のチャンピオンの感想
 ミスをやらかしたキャラが「やってやる」と決意したら、リカバリするのが普通のマンガですが、逆をいく古谷野はサドだよね。って「ANGEL VOICE」の話ですよ。「やってやる」と決意したものの、シュートに反応できずゴールを許す万代を見てあ然としました。

 短時間で切り替えて好プレーができるぐらいなら、正GKになっているよね。決意してもできない残酷な現実を突きつける古谷野は好きです。万代を見て古谷野の前作「GO AND GO」の大泉を思い出しました。「大泉は結果を出していないけど、素質は素晴らしいものがあるからいつかはやってくれる」とエンエン伏線を張って、甲子園行きを決める決勝タイムリーを打ったのは、よくここまで伏線張るもんだと感心したものです。

 野球は一打席で最大四点入るからやらかしても一発逆転あるけど、サッカーのGKはやらかしても一発逆転はないんだよなあ。前と同じくPK戦に突入して、万代がPKを止めて所沢に「自分が勝てなかったPK戦を勝てたのは凄い」と言わせたら神展開。というか泣く

 「ANGEL VOICE」のあとの「名探偵マーニー」は前からどっかで読んだことあると思っていました。今回やっとわかった。「リバース・エッジ」(ゴラク読者しかわからないと思う)だね。ミステリなのに謎解き要素が少ないのは、「事件の本質はトリックではなく、事件を起こした人間の心情」というテーマなんでしょ。

 北村薫も「『トリックは出尽くした』と言われるけど、冗談じゃない、『なぜ事件を起こしたか』という心情を書く限りミステリは不滅」って言ってた。だからマーニーはトリックじゃなくて、動機(心情)を暴くと。あとマーニーはキャラデザ的に好きです(そっちかい)

 あと読んでいて痛々しい「囚人リク」の拷問シーンはなんとかなんないですかね。少年誌のコード越えてます。体に聞けないなら、心を折るってエグすぎる。看守を買収して地図を手に入れるところは、「立場の違う人間を信頼できるか?」がテーマでしたが、今回の「立場が同じ人間を信じ続けらるか?」とはより高度な心理戦を読者に仕掛けてきたなと思っています。おそらく、脱獄がテーマなんてマンガが載るのは少年誌ではチャンピオンだけだと思われるので、今後も期待です。

 アイス食べているイカちゃんかわいいで最期を〆ます(爆)

 

テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

[2012/11/09 21:19] | サブカル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
サバイバルマッチ
 中島のようにケガを押して最後まで出た選手とか、アジアシリーズに出場する巨人からは投手は選びづらいだろうから、キューバ戦のメンツは格落ちになるだろうなと思っていたらやはりでした。

 今季わずか5勝しか挙げていない斎藤を見ていると痛々しさすら感じます。若さ重視で選ぶなら、釜田、武田、西が選ばれてもいいのに。斎藤は明らかに集客要員だよね。斎藤についていろいろ書きたいこともあるので、いずれ書きます。

 ライオンズファンとしては、涌井、炭谷、秋山の選出は嬉しいです。涌井はジャパンのクローザー候補になるでしょうし、プレイオフでは1Sも挙げられず消化不良のまま終わったので、キューバ戦で憂さを晴らしていただきたい。

 炭谷は台湾戦以来二回目の代表入り。秋山、山本と監督が代わっても選ばれるということは、球界では炭谷の評価は高いんだろう。盗塁阻止率リーグトップというだけで選ばれる資格はあるし。本選ではすばしっこい中南米の選手を刺して欲しいね。

 一番嬉しいのは秋山の代表入り。プレイオフ三戦目、最終回のスーパープレーは目に焼きついています。今まで見た中で最大のファインプレーでした。その秋山が選ばれるということは、見ている人は見ているってことだね。

 アメリカ本土で行われる準決勝、決勝で秋山がレーザービームを見せて、アメリカのファンに「イチロー以外にもレーザービームを投げられる日本人がいるんだ」と思わせて欲しい。秋山は今後、ホークス秋山監督の現役時代のような、スケールの大きい5ツールプレーヤーになると信じています。

 格落ちと言われても、キューバ戦で結果を出せば本選のメンバーに選ばれる可能性が高まるでしょう。キューバ戦はサムライジャパンに残るためのサバイバルマッチとして見ることにします。

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2012/11/07 21:38] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
怪物帰るか?
 松坂調査と代表発表、どっちを書こうかと悩んだけど、松坂調査で。日本シリーズが終わってまだ一週間も経ってないのに、いろいろありすぎて困ります(汗)野球以外のことをゆっくり書こうと思っていたのに。

 もし松坂が帰ってくるなら大歓迎です。固定できなかったローテ六枚目、一久、西口の後継とかの先発の問題が片付きますから。松坂が受けたトミージョン手術の成果が出るのは術後二年目以降とか。術後二年目に当たる来季は期待できるでしょう。

 松坂がここ二、三年活躍していないことを考えたら、年俸も抑えられるだろうし。集客もかなり期待できるし。いいことばっかりじゃない。松坂、涌井、菊池と甲子園スターを揃えた豪華ローテが見れるなんて夢じゃないかと。

 でも、松坂にはまだメジャーで投げて欲しいという気持ちもあります。渡米したとき松坂に期待したのは、日米100勝づつで通算200勝でしたし、日本人初のサイヤング賞獲得でした。メジャーでは50勝しか挙げていないし、サイヤング賞はおろか、オールスターにすら投げていません。まだまだやることあるだろう。日本に帰るのはやることを全てやり遂げてからでいいでしょう。

 もしメジャーで投げるなら、どこでプレーするにしろ来季は年俸大幅ダウン、ローテも四、五人番手からのスタートになるでしょう。それでも結果を出せば、年俸も取り返すことが出来るし、ローテも一番手、エースになるでしょう。もう少し頑張ってみないか

 前に書きましたが、来季は期待が持てる術後二年目に当たりますし、レッドソックスで投手コーチを務めて、松坂への理解があるはずのコリン・ファレルがレッドソックスの指揮を執るので、年俸大幅ダウンを受け入れてレッドソックスで投げるのが松坂に取ってベターじゃないかと思います。

おまけ

 原⇔山崎のトレードが成立。内野のサブ同士の交換は意味あるんだろうか。これでライオンズの一ケタ番号は2,3(?),5,8,9,10が空きました。一ケタ番号が空き番号多いってヤンキースみたいだ。

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/11/06 21:05] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ストーブリーグ開幕
 日本シリーズが終わって最初の営業日、つまりストーブリーグ開幕日になる今日、いきなりトレードがありました。ホークスとハマとの3対3

 ハマは状況的に現有戦力の底上げなんてヌルいことは言えないから、活発に移籍を仕掛けると思っていたらやっぱりでした。思えば高田GMと王会長はV9メンバーという太すぎるラインがあるから、意外でもないかあ。

 成績が悪いと言っても多村は迫力ありましたし、吉川もSBMの影に隠れていますが、打ちづらいセットアッパーでした。二人が期待どおりやってくれたら、来年のハマは台風の目になるかもしれません。もちろん高田GMは多村、吉川、神内を取っただけで補強打ち止めなんてヌルいことは考えていないはずなので、さらなる補強を仕掛けてくるでしょう。マジでハマから目が離せません。

 中島はメジャーに行きたいらしい。去年中島を最も評価したヤンキースでさえ、「内野のサブならいいよ」という扱いだったので、今年も厳しいでしょう。三冠取るぐらいじゃないと、評価は劇的に上がらないでしょ。

 中島が本当にメジャーに行きたいなら、大幅に下がった年俸で渡米した野茂、新庄のように「チャンスさえ与えてくれたらけっこう、金は結果を出してから稼ぎます」という姿勢で行くべきでしょう。ヤンキースが黒田に年俸10億円を提示したのを思えば、メジャーは結果を出した選手には十分報いるんだし。

 年俸とかポジションとか環境がどうこうより夢を選んでみないか。

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2012/11/05 22:02] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
たまには読書感想文
 僕はギャンブルの類は全くやらないということを断っておきます。パチンコ店を通りがかったり、電車内でパチンコの広告を見るたびに、「なんでパチンコとアニメは手を組んでいるの?」という疑問が前々からありました。そこで読んでみたのがこの本

 まず驚いたのは、「パチンコをやらない筆者がパチンコ店に行ったら、遊び方がわからなかった」という個所。なんでも、初心者は経験者に連れて行って解説受けないと遊べないらしい。パチンコって誰でも遊べる大衆的なものじゃなかったんだ。そんなに敷居の高いものが、日本全国どこにでもあるのが不思議です。

 人気のないアニメがパチンコ化されているのは、演出に動画を使いやすいパチンコ台製作者の都合と少しでも制作資金を回収したいアニメ製作会社の都合らしいです。納得。演出をオリジナルで作るより、ベースがあった方が作りやすいし、アニメ制作会社からすれば一円でも多く稼ぎたいのは当然でしょう。

 パチンコ好きに取っていい台とは、稼げるかどうかなので、作品の知名度はどうでもいいらしいと。そうだろうね。知名度の高い作品の台で負けるより、知名度の低い台で勝つ方を選ぶよね。ちなみにパチンコしやすい作品とは、パチンコ台の演出上、勝ち負けがはっきりするバトル物の方がいいらしいです。

 ちなみに、アニメ好きが作品化されたパチンコ台を打ちにパチンコ店に行くケースはないといっていいらしいです。アニメ好きは金を使うなら、CD、DVD、フィギュアなどグッズに使うし、前にも書いたようにパチンコを遊ぶには素人には敷居が高いし、パチンコは事実上のギャンブルなので、好きな作品をギャンブルに使うなんてという気持ちがあるとか。なるほどね。

 アニメ業界の景気があまりよくないことは知っていましたが、パチンコ業界も景気がよくないらしい。なんでも95年には2,900万人いた遊技人口が、2008年は1,580万人に減っているとか。パチンコ店ってどこでもあるから、景気がいいと思っていた。ここまで表と中身が異なる業界ってあるんだろうか。この本ではパチンコとアニメが手を組んだのは「末期症状の患者同士の延命治療」と結論づけています。

 パチンコをやらない僕に取ってこの本は驚くことばっかりでしたが、最も驚いたのはアニメ業界のガードの固さ。恥ずかしいから触れないで欲しいといわんばかりの取材拒否の嵐。だったら、パチンコと手を組まなきゃいいだろうにと思うぐらいです。僕が思うぐらいだから、筆者はどれだけ悩んだことかと。

 中でもゴンゾの「取材したかったら、ロイヤリティーを持ってこい」にはあ然としました。アニメ雑誌にはロイヤリティーどうの言わず、嬉々として取材を受けるだろうにと。筆者がブチ切れて「言論の自由は憲法で保証されている」と怒りのメールを出すのはわかります。もし僕が同じことをされたら、同じようなことをやるだろうな。

 知らない業界がわかるので、ノンフィクションやルポを読むのは楽しいですね。次はなにを読もうかな。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

[2012/11/04 20:15] | サブカル | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
日本シリーズのザッとした感想
 日本シリーズについてなにも書いていないことに今気がついた(汗)というわけであれこれ書きます。

 勝敗を分けたのは、内海と吉川両エースの差でしょう。二勝してMVPを取った内海に対して、二試合ノックアウトの吉川じゃファイターズは勝てません。吉川は防御率のタイトルを取って、「ダルの代わりが来た」と思わせましたが、日本シリーズではダルにはなれなかったです。

 昨季まで7勝の吉川と、最多勝、最多奪三振を取り、WBC代表に選ばれて、年俸2億2千万もらっている内海との格の差が出たのかな。内海と当たる一戦、五戦は経験豊富な武田勝を当てて、吉川には澤村と当たる二戦、六戦を任せるのもアリだったと思いますが、吉川は今季のエースだから、相手エースと投げ合わせて真っ向勝負するという栗山監督の男気だったんだろうね。

 今日の采配であえて言うなら、3表武田勝の打席に代打近藤はないでしょう。第三捕手である近藤の出番は、ベンチに野手がいなくなった終盤に決まっています。第三捕手として使う気がないなら、もっと打てる内野手、外野手をベンチ入りさせればいいのに。三点ビハインド、澤村快調のあの場面なら、ホフパワー、二岡を使って空気を変えるぐらいすればよかった。

 8裏だって、「絶対今日は落とせない」とチーム、ファンの士気を高める意味で武田久でよかったのに。9裏を誰が投げるかなんて、9表に追いついてから考えればいいんだから。「負けるならやることやって、悔いなく負けようよ」と残念でした。

 そうそう五戦の誤審騒動は裏の「薄桜記」見てたからわかりません。。基本的に見ていないものは語れないと思っているので書けないです。

 東京ドームの日本シリーズはどうしても2008年を思い出すなあ。来年こそ日本シリーズ行くぞ!


  

 

 

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2012/11/03 22:31] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
たまには野球以外
 「オフは野球以外のことを書くぞ」と意気込んだ割には、野球ばっかりなのはどうかなので、今日は野球以外で。「終の信託」見てきました。

 絶対人前には見せたくないはずなのに、脱いだり、吐いたりも辞さずと草刈民代の女優根性を見ました。でも、どっちも必然性を感じません。10数年主治医を務めている役所広司の「回復不可能と判断したら、延命治療はしないで欲しい」という願いを断れなかっただけでいいのに

 同僚の浅野(役のムダ遣いだろ。役所が務めた患者役でもいいのに)との交際とか、草刈が睡眠薬代わりにウィスキー飲んだら悪酔いしたってシーンいらないだろう。そこを削って、役所との繋がりを掘り下げた方がいいのに。

 検事って怖いね。「補足説明はいらない、イエス・ノーで答えろ」って。それで「お前は人を殺した」と言われたら、延命治療をしなかった草刈はイエスとしか答えられないし。草刈がイエスと答えたら、待ってましたとばかりに逮捕状出すって、逮捕ありきで取り調べしてたのか。これじゃ日本は冤罪ばっかりになります。前作といい、周防監督はよほど検察、国家権力が嫌いと見ました。

 役所広司のぜんそく患者役は、荒い呼吸に邪魔されてうまく話せない、呼吸がしづらいから猫背になるとウルトラリアルでした。頬がこけていたから、役作りのために減量したんだろうし。今さらですが、役所は日本トップクラスの俳優だと思います。

 役所がノートに残したメモ、「回復不可能になった場合は、延命治療はしないと主治医に伝えた」が決め手になって、草刈が執行猶予四年、懲役二年と判決が下ったという字幕で終わります。つまり、生前に「延命治療はしない」と一筆書いて、家族にも納得してもらって、主治医に任せるのが最もいい選択肢だったんだろう。

 なんでもですが、約束事は一筆書かないと効力がないということを改めて思い知らされました。口約束はダメだね。

 周防監督は「『シコふんじゃった』を撮っているころ、帰宅して録画したスワローズ戦を見るのが楽しみで、睡眠不足で目を真っ赤にしたまま翌日現場に行った」という話があるほど野球、スワローズが好きとか。

 「Shall we ダンス?」が当たったころ、「野球が全く知られていない国、例えばロシアで野球を教える姿を通して、野球の楽しさを描く映画を撮りたい」と何かの雑誌で読んだ記憶があります。「Shall we ダンス?」で世界に評価されて、「シコふんじゃった」以来撮ったら何かの賞を取れるぐらいの人だから、やりたい企画を通すことは可能でしょう。

 痴漢冤罪、尊厳死と社会派二本撮ったんだから、撮りたい映画を撮ったらどうか。僕はいつまでも待ちますよ

テーマ:映画 - ジャンル:映画

[2012/11/02 21:26] | サブカル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。