スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
去る人来る人
 日本シリーズ(略)なんて前置きはもう飽きたから書きません(爆)

 家に帰ってネット見たらビックリ。カーター自由契約も驚いたけど、シコースキーはテストって。

 「本人のためにも、戦力外なら早く言ってくれ、早く言わないと来年の所属チームが決められない」とシーズン終了前に代理人から言われているはずだから、話が出ていないってことはカーター戦力外はないなと思っていました(汗)

 おそらくですが、中村のケガがWBC、開幕に間に合わない可能性がある重症だったのがカーター戦力外に繋がったと思います。たぶん、来季の中村は守るかDHに入るかはコンディション次第になるでしょう。ヒザが悪くDH、代打の起用が多かったカーターも来季守るかDHに入るかはコンディション次第になるでしょう。DH要員は二人もいらないってことね。

 それにカーターのポジションがオーティズと被って、ヒザが回復しても使いづらいという部分もあるし。残念ですが、フロントの判断には文句は言えません。日本人以上に熱いカーターが好きでした。ミーティングで選手を鼓舞する外国人なんてありえない。大宮でのホークス戦で、細川の悪送球の際、二塁からホームインしてガッツポーズする姿が忘れられません。お疲れさまでした。

 シコースキーがテストに来るって驚きました。てっきり引退したと思ってた。ヒジは治ったんだろうか。治ったなら、戦力になるので取って欲しいです。ウィリアムズ・シコースキーの外国人ダブルストッパーなんて見てみたい。ヒジが治ったかが最大の問題なので、メディカルチェックはやって欲しい。メディカルチェックやらないで契約したら笑うぞ

 去る人来る人で驚いた一日でした。
スポンサーサイト

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/10/31 21:34] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
来季人事についてあれこれ
 日本シリーズを見ながら(略)。先日ライオンズのコーチ陣が発表されました。「一位と三ゲーム差の二位は客観的に見て悪くはない成績だから、大きな入れ替えはないだろうな」と思っていたらやっぱりでした。ドラフトといい、予想通りでつまらないな。例えば「武田久、寺原を取ってクローザーにする」とブチ上げて驚かせるぐらいやって欲しい。

 土井コーチが抜けた打撃コーチに田辺が昇格したのは嬉しい。中島、中村、栗山、片岡を入団当初から面倒を見た人だと聞きます。田辺が基礎を作って、土井が仕上げるというイメージもあるぐらい。だったら、功績を称えないといけないでしょう。

 一軍昇格させるとか、若手の基礎を作るために二軍に置くなら他の二軍コーチより年俸を高く払うとか。どんどん若手を一軍に送り出しているのに、本人は二軍で年俸も据え置きじゃかわいそうです。「一軍でコーチやりませんか」と他のチームがオファーが来て移籍しても責められません。それだけに田辺コーチの一軍昇格は嬉しい。とりあえず、永江の面倒を見てください

 二軍は潮崎が監督として戻ってきました。二軍投手コーチ時代、選手が泣きをいれるまでしごいた人らしいので、若手の育成には持って来いの人でしょう。高木浩之を打撃コーチに置いたのは面白い発想だなと。高木浩之は現役時代、「規定到達者で最も三振が少ない」という記録を作った(はず)の人です。つまりむやみに振らず、ボールを見極めていたと。

 ピッチャーはたくさん投げるほど、失投・ミスが起こりやすいんだから、初球はド真ん中しか振りませんでいいのにと今季何度思ったことか。初球から難しいコースを打ちにいって打ち取られたり、ファール、空振りでカウント稼がせるのはバカらしいでしょう。

 スロットを回すほど当たり(失投)は出やすくなるし、マシンも消耗して壊れやすくなる(投手の体力消耗)スロットマシンの理論を教えるには持って来いの人材だと思います。高木浩之からスロットマシンの理論を伝授された選手が一軍に上がって、「こいつを打ち取るには5.6球投げないといけないのか」と相手投手を嘆かせてもらえたら嬉しい。

 友亮はスカウトに転身するらしいです。僕は友亮に将来GMをやって欲しいと(勝手に)思っているので、スカウト転身はいいと思います。スカウトはアマ関係者に顔と名前を売る仕事だから、ここで人脈を作っておけばGMになった場合有利に働くでしょう。根本は「1,000人の連絡先を知っているよ」と豪語していたとか。

 普通、スカウトって知名度の高い地元を担当すると思うんだけど。選手として大成しなくても、甲子園で活躍したってだけで覚えてもらえるわけで。友亮の野球人生と縁のない東海地区を担当するのはキツイでしょう。GMへの最初の試練です。

 日本シリーズも終わっていませんが、このコーチ陣、スカウトで迎える来季が楽しみです。

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/10/30 21:47] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ドラフト雑感(横浜編)
 ドラフトの話、もう少しおつき合いを。今回最も驚いたのは横浜のドラフトでした。本指名の一位から六位まで全て大学、社会人。内訳は投手三人、内野手二人、外野手一人とバランスよく取っています。捕手を指名しなかったのは毎年ドラフト、移籍で取っているから、あえて取らずに今のメンツの底上げをやるということでしょう。

 言うまでもなく、横浜は最下位がデフォ、90敗行かなきゃいいというシーズンが続いています。こんな状況で高校生をのんびり育てている暇はありません。去年「育成に時間掛けられる余裕あるの?」と驚くぐらい高校生を取ったし。横浜の方針は、育成より即戦力重視してチームを強くしないとお客さんは来ない。いつまでも親会社が変わったことによるご祝儀効果はないということね。

 GMに就いて札幌移転後強くなったファイターズの基礎を作った高田は有能な人だと思いますが、横浜のGMに就任したのは去年の12月。ドラフトはとっくに終わって、トレードをやるにしても時期的に出遅れてとGMとしてなにもできなかったというのが現実でしょう。「やっとGMとして采配が振るえる」という高田GMの喜びが伝わるような指名でした。

 高田GMはもちろんトレードも考えているはずなので、オフの横浜からは目が離せないです。ホークスのGMに就任した根本は「ヘタなやつよりうまいやつを揃えた方が強くなるんだ」と言って、積極的にトレードを仕掛けたといいます。高田GMは主力の何人かを引き換えに他球団の主力を狙う、久しくなかった大型トレードを仕掛けていただきたい。これぐらいやらないと横浜は変わらないでしょ。

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2012/10/29 21:16] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ドラフト雑感2012
 日本シリーズ見ながら書いています。ライオンズ黄金時代の選手は「日本シリーズは出て当たり前だと思っていた。出れずに秋キャンプやるのは違和感があった」と言っていたとか。来年こそ日本シリーズでライオンズを応援したいですね。もちろんベルトは持って出ると。

 書くと言っていたドラフトの感想を書きます。ライオンズが指名した選手は、本指名は投手四人、内野手一人、育成は内野手一人。投手と内野手中心の指名になると予想していましたが、そのとおりの指名になりました。

 投手は社会人二名、高校生二名、それぞれ左右一人ずつとバランスよすぎな指名になりました。東浜を外した時点で、北條の繰り上げ指名もあるなかなと思っていましたが、NTT西日本・増田投手を指名。「一位は即戦力の投手を取るんだ」というフロントの強い意志を感じます。方針をブレずに取ったというところは評価していいかと。

 注目は四位指名の西濃運輸・高橋投手。173cmと低い身長の投手です。前武田久が「身長が低いと自然とリリースポイントが低くなるから、ボールが高めに浮きづらく低めに集まるから身長の低さは利点になります」と言っているのを聞いてから、低身長の投手を取るのも面白いかもしれないと思っていました。

 プロのスカウトはどうしてもガタイのいい選手を評価したがるので、身長の低さがネックになって、いい投手でも低い順位で取れるという美味しさもあります。もし高橋投手が180cmあったら、四位まで残っていないかもしれないし。高橋投手の指名はけっこう面白いかもしれません。

 内野手は浅村、永江の競争相手にしたいから、高校生より大学、社会人の選手を取れたらいいなと思っていたら、三位で立命館大・金子選手。いい指名です。珍しいアマから両打ちの選手というのも面白い。来季浅村、永江とポジションを争ってもらいたいです。

 内野手は育成でもう一人、香川オリーブガイナーズ・水口選手を取りました。ライオンズ初の独立リーグ出身の選手ということは↓に書いたとおり。中島のMLB移籍が決定すると、内野手の枠が一つ空くので、早めの支配下登録もあるかもしれません。独立リーグの選手は、給料は安く、シーズン中しかもらえないと聞きます。過酷な環境で培われたハングリー精神を見せていただきたい。

 友亮、大島が抜けたので、枠を埋めるためにも外野手の指名があるだろうなと思っていたら、指名のないまま選択終了。木村の外野コンバートで枠が一つ埋まったとして、もう一つは移籍やトライアウトで埋めるんだろうか。枠を満たさないまま編成すると、ケガ人が出たらファームの人数が足らなくなって他のポジションの選手が外野に入ることになります。こんなことやったら選手が育つわけがない。鈴木GMの手腕が試されます。

 欲しいポジションに的確に選手を取れたいいドラフトになったと思います。10年後「2012入団組は逸材ばっかりだった」と言えるドラフトになったらいいですね。

おまけ

 競合でクジを引くときはテレビを見ていてもドキドキしますが、会場で見るともっとドキドキしますね。開始前は「藤浪、東浜行け、勝負しろ」と思っていましたが、始まってみると「単独でスッキリ決めて」と心境が変わりました

 清原、松坂を例に出すまでもなく、競合クラスは逸材が多いということは言うまでもないです。つまり、当たりを引くかどうかで今後の戦績なり、興行収入なり変わってくると。引く人は責任重大ですね。僕だったら、他の人引いてと避けるだろうな。泣きごと言わないで毎回引いている渡辺監督は偉いよ

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/10/28 20:17] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ドラフト観覧記
 行って来ましたドラフト会議。ライオンズが指名した選手の感想は後日書くとして、初めて観覧したドラフト会議の感想を書きます。

 新高輪プリンスホテルに着いたら、取材証を下げたプレスでぎっしり。「今日は球界の一大イベントなんだな」と改めて感じます。余談ですが、「ビッグニュースが入ってますよ」という記者さんの声を聞いてなんだろ?と思ったら、石原都知事辞任、そして新党立ち上げって。確かにビッグニュースだ。

 FANFANミュージアムなるコーナーがありまして、最大のウリは指名選手を写すパネルの下で記念撮影が出来るというもの。いい歳した大人が嬉しそうな顔で写真撮ってもらっているのを見て、どんなに歳を重ねてもみんな野球少年の心を持っているんだなあと感じました。僕も「埼玉西武、投手」で撮ってもらいました。

 
 ↓は開始前に撮ったからセーフ。抽選箱の前でドラマがあって、パネルの表示でドラマがあったりとドラマばっかりあるわけで。こういう場に立ち会えるのは嬉しいというより、恐縮してしまいます。

ドラフト会場

 サプライズ、金本による開会宣言。表情に柔らかさを感じました。厳しい勝負事の世界から解放されてホッとしているんだろうな。再びグラウンドに帰ってくる人間だと思うので、そのときまで楽しく野球に関わってもらえたらと思っています。息抜きしないと。

 抽選箱の前に立つ監督たちを見ていてみんなカッコいいなと見惚れてしまいました。東浜の抽選のときクジを引いた王さんを見て、「これが世界の王か」って感動を覚えたし。監督、関係者の中では渡辺監督が一番デカかったです。東浜は外したけど、増田は当てて一勝一敗ならよしとしないと。森脇、野村は二戦二敗でしたし。

 観覧しているみなさんのノリがいいこと。ひいきのチームの監督が抽選箱の前に立つと、声援が起きるし、当てると拍手とかガッツポーズ出るし。僕も増田を当てたときはガッツポーズしました。言うまでもありませんが、一番盛り上がったのは藤浪の抽選。当てたのが地元のタイガースでよかったんじゃないかな。

 二順目以降は観覧者のみなさん雑誌片手に考えながら見てました。一順目は予想出来ても、二順目からを予想出来るのは相当なマニアだから、データ欲しいよね。僕も雑誌(ホームラン)片手に見てました。雑誌の評価が高くても、指名順位が低い人、またはその逆というケースが目立ちました。「マスコミが見るのとプロのスカウトが見る部分が根本から違うんだろうな」と思ったものです。ライオンズ一位の増田投手なんて、C評価だったし。外れでも競合するクラスがC評価になるわけがない

 本指名終わって帰ろうかと思ったら、「育成ドラフトに埼玉西武が参加」というアナウンスがあったので、残って見ました。ライオンズが育成で取ったのは水口 大地 内野手 香川オリーブガイナーズ。そうライオンズ初の独立リーグ出身者です。サプライズでした。

 ライオンズが水口選手を取ったのを見届けて退室。帰る途中ホテルの廊下で星野監督とすれ違ったとき、メチャクチャ威圧感を感じました。長く勝負事の世界で身を置いているから、あんな威圧感が出るんだろうな。プロの厳しさがわからない僕にはわからない境地です。

 ↓は観覧者に配られたお土産。ティッシュペーパーで、六枚に一枚「交渉権確定」って書いてあるとか。タダで見せてもらってお土産までもらえるとはNPB太っ腹ですね。楽しかったので、また来年も行きたいなと思っています。まあクジに当たらないと行けませんが。

お土産

おまけ

 昨日ドラフト終了後に原監督が菅野に背番号19が入ったユニを持って会いに行ったみたいね。巨人は菅野と交渉する権利を得ただけで、契約をしていないのに、背番号を入ったユニを着せるのは早すぎるというか、よくないでしょ。内定を与えた学生に入社前に関わらず社員IDを発行する会社なんてありえない

 契約を交わしていない人間に帽子を被せるのは許せるが、背番号が入ったユニを着せるのはよくないと他球団は抗議するべきだし、コミッショナーも注意するべきでしょう。こういうところで巨人にモノを言えないなら、もっと大事な問題で巨人にモノを言えるわけがない。NPBは巨人のイエスマンの集団かよ。

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2012/10/26 21:19] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
ドラフト前夜
 いよいよ明日ドラフト会議。選手、球団関係者でもないのにドキドキします。ライオンズは例年どおり、マスコミが複数の選手名を挙げても、肝心のフロントはノーコメント。勝負事に手の内さらして有利に働くことはないので、ライオンズの姿勢は正しいです。誰を指名するか素人なりにいろいろ考えるのが楽しいわけで。

 一久、西口の後継、固定できないローテ六番手、涌井が先発転向するなら空位になるクローザーということを考えたら投手が補強の最優先になるでしょう。中村、中島、片岡より後の世代で一軍でプレーしている選手は浅村、永江しかいないことを考えたら、内野手も補強ポイントに入るでしょう。そこで、僕なりにライオンズのドラフトを考えました。

一位 東浜(亜細亜大)or藤浪(大阪桐蔭)
二位 北條(光星学院)
三位 神原(東海大甲府)

 一位は渡辺監督のヒキの強さを信じます。外れたら、北條の繰り上げ指名でも可。二位は強打のショートに魅力を感じるので北條、三位は甲子園で9回まで140キロを出し続けたスタミナが忘れらないので神原。

 四位以降は投手、外野手(友亮、大島と退団者二人出しているから取らないと。今の外野はメンツが揃っているので、高校生で可)を各一、二人取れたらいいでしょう。捕手は退団者がおらず、空いていないのでスルーで。

 これが全て当たったら、僕はライオンズのGMになります(爆)

 明日は初めてドラフトを観覧するので、楽しんできます。渡辺、伊東、秋山、原と目の前で各チームの監督を見るだけで興奮するだろうな

おまけ

 ファイターズ大谷特攻だって。もし明日指名しなかったら、日本シリーズ前の一発ギャグにしかならないから本当に指名するんだろうな。ダルという育成実績があるから、去年の菅野よりは勝算があるかと。「背番号11をあげる」という殺し文句もあるし。

 もし二年連続ドラ一入団拒否だったら、GMは辞表を書くことになるだろうね。二年連続ドラ一入団拒否って聞いたことないし、二年連続入団会見にドラ一がいないってありえない。山田GMの進退掛かっています。日本シリーズを含めて、球場内外で戦うファイターズから目を離せません。

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/10/24 22:17] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
地方のミニシアターの話
 オフだというのに、野球の話しかないですね(汗)あさってはドラフトだし、その後は移籍、新外国人入団とストーブリーグが活発化します。って野球ばっかりじゃん。メリハリは大事なので、今日は野球以外の話

 昨年帰省した際、Gardens Cinemaというミニシアターが出来ていることに驚きました。昔、僕の学生時代にもミニシアターはあったんですけど潰れてしまって、地方じゃミニシアターはムリなんだと思い知った過去があるので。

 ミニシアターは本当に映画が好きな人しか来ないマニアックなものなんだから、経営的にはマニアが多い大都市の方が有利に決まっています。なんでもそうだけど、マニアの割合は人口に比例するし。

 おそらく、Gardens Cinemaを経営している人は不利を承知でやっていると思います。地方都市にミニシアターを作る難しさはちょっと調べればわかるし。それでも経営していく姿勢には感動さえ感じます。鹿児島に住んでいない僕はGardens Cinemaになにも貢献できませんが、せめてエールの一つでも送らせていただきます。

 ガンバレ、Gardens Cinema!

テーマ:映画 - ジャンル:映画

[2012/10/23 20:50] | サブカル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
1994チルドレン
 大谷はメジャーみたいね。野球人生は選手本人が決めるものだと思うので、あれこれ言いません。というか、この前書いたばっかりだし。

 大谷は1994年生まれということを知って、メジャーに行く理由がわかりました。94年は野茂が渡米する前年にあたり、イチローが渡米した2001年では七歳、松井が渡米した2003年は九歳。つまり日本人がメジャーに行くのは当たり前だと思っている世代と言っていいでしょう。

 おそらく1990年の世代は、「W杯に出るのは当たり前、問題はベスト16以上に入れるかどうか」と思っているだろうな。1970年代の世代は、「メジャーやW杯は行くことだけで凄いこと」という認識だろうに。世代間のギャップを感じます。

 大谷は「なぜNPBに入らず、直接MLBに行く選手が少ないのかわからない」と思っているかもしれません。そこで自分が先駆者になろうと思ったのではないかと。大谷の考えがだいたいわかったような気がします。

 僕の推察が当たっているならかなり問題ですね。今後も大谷のようにメジャーを目指すドラ一クラスのアマチュアが増えて来ると、NPBには魅力が無くなります。甲子園、神宮のスターが見れないNPBに魅力を感じるかと思うと、疑問です。これからは「メジャーもいいけど、NPBはもっといいぞ」と思わせるぐらいの魅力を作っていかないといけません。大谷の判断はNPB全体に関わる問題です。

 さて、大谷に特攻するチームはあるだろうか。昨年の菅野特攻だって、誰も思わなかったんだから大谷特攻もあるかもしれない。きっとドラフトは「大谷に特攻しろ、NPBの意地を見せろ」と思いながら観覧するんだろうな。

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2012/10/22 21:58] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ザッと書いた来季投手陣展望
 ライオンズの今季の敗因として、前半戦負けすぎたことが挙げられます。その原因はクローザー含めてブルペンが安定しなかったからというのは言うまでもないですね。何度「新外国人に20S以上望むのはギャンブルだし、現状のメンツで20S以上挙げられる投手なんていないんだから、牧田抑えでいいのに」と思ったことか

 先発と抑えでは調整から違うから、いきなり結果を出すのは難しいと聞きます。ミス1、2回(多分)で30S挙げた涌井はさすがというべきでしょう。松坂の後にエース張るだけあったよ。来季は涌井を先発に戻すんだろうか。涌井は一シーズン(細かく書けば三、四ヶ月)抑えを務めて調整、登板時の駆引き、心構え、やり甲斐までわかってきたと思うので、先発に戻すのは惜しい。来季もクローザー涌井でいこうよ。

 それにもう新外国人、長田、岡本篤、十亀、ウィリアムズで一回りして、先発に頭下げて抑えやってもらうのは嫌なんだよね。豊田以来の和製固定するクローザーが見たい。十亀がやっている、6回、ロングリリーフは大石にやってもらえば、十亀を先発に回せるし。となるとローテは岸、牧田、野上、菊池、一久or西口、十亀か。悪くないな。

 オフになったら、やることないですね(汗)こういうときに、野球以外の趣味とかやること見つけないとなあ。


 

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/10/20 21:19] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
大谷の進路について余計なおせっかい
 ドラフト観覧に当たったこともあって、ドラフト特集雑誌を買って予習している今日このごろ。目玉の一人、大谷は報知は国内、ニッカンはMLBで分かれているみたいね。当たった記者さんは局長賞ものだろうし、外れた記者さんは説教と反省文が待っているんだろう。記者さんの処遇には他人事ながらドキドキします

 手元の雑誌によると、大谷本人は「MLB殿堂に入りたい、そのためには最低15年はメジャーでプレーしないと」と語っています。ポスティングを得るまでに松坂は八年、ダルは七年掛かりました。つまり、一、二年目から一軍でローテに入ってその後は一年元気にプレーしたらタイトルが着いてくるクラスにならないと、25.6でメジャーには行けないってことです。

 ですが、巨人やホークスのようにポスティングは認めないチームだってあるし。さすがに、入団するとき松坂、ダルクラスに結果を出したらポスティングを認めると契約には書けないし。大谷がMLB殿堂入りをマジメに考えているなら、NPBには行かず、MLBに行ったほうがいいでしょう。

 入団後NPBは練習場を併設した寮に住まわせてもらえますが、MLBはそういうものはなく、ひたすらバスで転戦する毎日と聞きます。マイナーリーグをハンバーガー・リーグという異名もあるとか。疑問に思いますが、こんな劣悪な環境でどうやっていいガタイを作るのかと。低給料で食事に金を掛けられないなら、手っ取り早く薬で作るって発想になるから、ステロイド汚染に繋がったんだろうなと想像するぐらいです。

 大谷はこういう環境で育つんだろうか。NPB未経験でMLBに到達したのはマック鈴木、多田野、田澤しかいません。成功例が少ないので、NPBには入らず、MLBに行くのはギャンブルと言っていいでしょう。

 NPBで活躍して、ポスティングなりFA権を取ってMLBに入っても遅くはないと思いますが、それではMLBでプレーした年数が短くなるので、大谷が希望するMLB殿堂入りは難しくなります。悩ましい選択です。

 ところで、NPBのチームが大谷を指名しても、NPB所属のチームの中でしか効力のない独占交渉権でしかないから、NPBのチームとMLBのチームの争奪戦になるの?こじれたら日米コミッショナーが話し合うクラスの問題になるかもしれません。

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2012/10/19 22:39] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ライオンズの悪しき傾向
 西武線改札からライオンズ戦の途中経過を示すスコアボードがなくなると、シーズンが終わったことを感じます。予定では今日から西武ドームでプレイオフ二回戦が始まるはずだったんだけど。六連戦全て行く覚悟はありました。

 優勝を逃したとき、「マッチレースになったとき、ライオンズに取って気に掛かる部分があった」と書きました。それは、2000年代のライオンズは競り合いに弱いチームになっているということです。2002、2008年は独走優勝、2004年はプレイオフを勝ち上がっての優勝でした。2000、2001、2003、2006、2010、2012は全て競り合いに負けています

 今のライオンズには、競り合いに強かった黄金時代の面影は全くありません。渡辺監督以前に指揮を執った、東尾、伊原、伊東にも原因があるはずなので、渡辺監督のみに責任を求める気はないです。思えばドーム化してから競り合いに弱くなっているので、春、秋は寒く、夏は暑い環境が選手の体力を奪っているのか?とも思います。

 主力はFA権を取ったら他球団、MLBに移籍するから小久保、稲葉のようなスタメンに入ってチームを引っ張るベテランがいないことも踏ん張りが利かない理由の一つなんでしょうか。劣勢のときチームをまとめて鼓舞できる選手がいないと、劣勢から建て直すことはできないでしょう。

 とにかく、この悪しき傾向を改善しないと今後も優勝は望めないでしょう。独走優勝なんて簡単にできるものじゃないしね。優勝するには胃が痛くなるような試合を勝たないと

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/10/17 21:26] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
シーズン終わり
 昨日は西武ドームに行って来ました。一夜経った今でも悔しいです。ホームで順位が下のチームに負けたらいけないでしょう。二戦目のように大差を着けられるなら勝てるけど、初戦、三戦目と接戦で負けるところにライオンズの脆さを感じます。まだまだライオンズの野球を見たかったな

 4表一死一、二塁の場面でまだ三塁を踏ませていないのに関わらず一久を代えるのはいいとしても、リリーフはなぜ十亀?と思いました。ランナーを背負った場面でのリリーフは難しいと聞きます。そうでしょうね。ランナーなしから一発喰らっても一点ですが、ランナーを背負って一発喰らったら最大四点入りますから。だったら、ルーキー十亀ではなく、経験のある岡本篤でしょう。と思っていたらペーニャにレフトオーバー喰らったよ。

 7裏二死ランナーなしから炭谷に代打を送らないのも疑問でした。長打を打てばチャンスですし、一発を打てば得点になります。二死ランナーなしから得点はしづらいではなく、一振りで流れを変えて欲しいと判断する場面でした。8表のホークスは二死ランナーなしから追加点を取ったし。

 
 渡辺監督には2008年日本シリーズ第七戦、昨年のプレイオフ一回戦のような采配の冴えが見られないまま終わったとしか言えないです。

 初めてのポストシーズンに関わらず、四イニングを一点に抑えるロングリリーフを果たした野上、9表打者小久保のとき、今まで観戦した中でベストと言っていいウルトラスーパーファインプレーを見せた秋山と来季への期待が少しでも見えたのが収穫かなと思います。秋山のプレーなんて、勝敗抜きにしてチケット買ってよかった、いやもっと出しますと言っていいレベル。

 今日からオフに入ります。コーチ人事、ドラフト、トレードとストーブリーグが始まります。本ブログでも、シーズン振り返りから、シーズン中に書きづらかったあれやこれや書いていくのでお楽しみに。

おまけ

 昨日菊池、野上がブルペンで投げているのを見て、札幌での二回戦初戦はどっちが投げるんだろうと考えていました。野上がロングリリーフをやった時点で、勝ったら二回戦初戦は菊池を先発させるプランがあったんだろうね。プレイオフで投げる菊池見たかったなあ



 

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/10/16 21:16] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
偉業ならず
 残念ながら西岡はTKO負けで二団体統一(IBFは試合直前にドネアが返上したらしい)はならなかったです。西岡の36歳という年齢、47戦というキャリアを考えると、ここで引退するのは賢明な判断でしょう。お疲れさまでした

 海外でタイトルマッチをやって、階級最強、パウンド・フォー・パウンドと言われている選手と戦う日本人なんて、今まで考えられなかった。そういう意味で西岡が残したものは大きいです。国内ではなく、世界に目を向けさせたという意味では、ボクシング界の野茂と言っていいだけのことはやったと思っています。

 これからも「海外で戦って名前を売ってこそ真の実力者」と西岡に続く選手は出て来るでしょう。一翔が続いてくれたら面白いな。日本人が海外でタイトルマッチをやるのが当たり前になったら、実力に伴わないビッグマウスで人気を集めるのはできなくなるだろうし。いいことじゃない。

 所用で外出していたので、プレイオフ二戦目は試合が決した7回からしか見ていないです。札幌での二回戦に備えて岸を6回で降ろして、プレイオフの雰囲気に慣らすために長田、ウィリアムズ、岡本篤、涌井を出すって渡辺監督も長く指揮を取るだけあります

 ベルトの掛からない(以下略)と冷めたことを書いていましたが、明日も勝って札幌行きたいなと考えが揺れています。中島がヒロインで言った「一日でも長くやりたい」という気持ちに今さらながら傾いています。というわけで、明日西武ドームに行くか思案中

テーマ:ボクシング - ジャンル:スポーツ

[2012/10/14 20:32] | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
ワンマッチに強いはずなのに
 ベルトの掛からないプレイオフは(以下略)と言っていたのに、負けると悔しいな。ツンデレだ。

 プレー、采配を含めてライオンズには冴えが見られなかったです。「苦手の牧田から多くは取れない」とホークスベンチが思って2表今宮にスクイズをやらせたなら、ライオンズだって予想できたでしょう。三塁にけん制さえ投げないノーマークなら決められてもしかたがありません。牧田・炭谷のバッテリーがスクイズを予想していないなら、杉本コーチがマウンドに行ってスクイズの可能性を伝えてもよかったのに。こっちだって攝津から多くは取れないんだから。

 3表に失点したときに杉本コーチがマウンドに行くのを見て、「なぜ失点する前に行かない?」と疑問でした。攝津から二点取れても三点はキツイでしょう。5裏一死二塁打者原の場面で、そのまま打たせたのも疑問です。昨季のプレイオフは似たような状況で代打を使っていました。あそこは代打カーターで一点差に詰めるぐらいやって欲しかった。

 試合中渡辺監督はワンマッチに強いはずなのに、なぜ?と疑問に思っていました。采配に疑問を持つようじゃ勝てないですね。救いは牧田が完投してブルペンを温存できたことでしょうか。明日岸の調子が悪いなら、ブルペン総動員で。

 9裏無死満塁を凌いだのはさすが森福といったところです。それにしてもファルケンボーグは悪すぎでした。ストレートが140キロ前半しかいかずボールも荒れていて、ストレート150キロ連発で打てる気がしなかった姿はどこに?と思ったぐらいです。

 試合後秋山監督は、クローザーどうしようって悩んだ、いや悩んでいるはずです。もし一回戦を勝てても、クローザー不在のまま二回戦、日本シリーズを勝てるとは思えない。秋山監督がどうブルペンを再編するか見物です。

最後の中島

 プレイオフは今日しか行けないので、中島を見るのも最後になるかも知れないと思って撮ってきました。中島にメジャーからオファーはあるんだろうか。今季「どこのチームが中島を視察」という話は聞いていませんし、9月に最大打率.330あったのを.312まで落としたのを見て、「144試合戦えない選手が162試合戦えるとは思えない」と評価を落としたのではと心配しています。

 中島本人がメジャーに行きたいなら行かせてあげたいのですが、個人的にはライオンズのフランチャイズ・プレイヤーになって、10年後小久保、稲葉のようにスタメンに入ってプレーでチームを引っ張れる選手になって欲しいと思っています。

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/10/13 22:02] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
温情より相性
 今季ポストシーズンの渡辺監督は一味違う。明日牧田先発と聞いてそう思いました。ポストシーズンで難しいのは、「シーズンで頑張ったから」という温情か、「今の状態ではいいプレーはできない」と見切るのかどっちを選択するかと聞きます。

 渡辺監督は前者という印象があります。今まで公式戦、ポストシーズンの開幕戦は全て涌井に任せて来ましたからね。これを踏まえると今季ポストシーズンの先発は、カード頭の火曜を任せてきた岸になるでしょう。それが相性優先で牧田に任せるのを見ると、戦い方を変えてきたなと思いますし、渡辺監督のポストシーズンに対する意気込みを感じます。

 もう明日のテーマは絞られてきました。渡辺監督の意気込み、期待に牧田がどう答えるかですね。ベルトが掛からないプレイオフには(以下略)なので、明日は牧田がどう投げるかを見ようかと思っています。

おまけ

 ドラフト会議観覧当たりました。一般観覧が許された2009年のドラフトを見て以来、「楽しそうだな」と思って毎年応募してきました。今年も八割ダメ元で応募してきたら当たるとはね。意外に持っているな。去年の菅野特攻クラスのサプライズが見たいもんだ。

 未来のレオ戦士誕生の瞬間を見届けてきます

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/10/12 21:07] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
勝負の六年目
 このタイミングで続投決定とはね。ポストシーズン終了後に発表すると思っていました。

西武は11日、渡辺久信監督(47)が、6年目となる来季も指揮をとると発表した。

 球団は7日のレギュラーシーズン終了後に続投を要請し、渡辺監督も受諾した。契約期間は1年。

 居郷肇球団社長は「各チームの力が拮抗(きっこう)し、主力選手のケガもあった中、3年連続のAクラスは評価できる」と説明。渡辺監督は「もう1回チャンスをもらったのだから何とか優勝したいと、気力の部分で燃えてくるものがあった」と話した。


 五年中四年Aクラスの実績、埼玉移転後初の四年連続V逸の責任、フロントはどっちを取るかを考えていました。前者でしたね。

 もし来年優勝を逃してAクラスに入ったとすると、六年中五年Aクラス、優勝一回になります。これじゃ納得できない。過去六年指揮を取って優勝二回以上できなかった監督はいるんだろうか。渡辺監督に取って来年は勝負のシーズンになります。プレイオフを控えているので、来季を語るのは早すぎることを承知の上で書きますが、渡辺監督に取って来季は優勝を義務づけられたシーズンと言っていいでしょう

 「今季はケガ人が多かった」と居郷社長のコメントにありますが、それならライオンズの医療部門をもっと充実させていただきたい。一昨年、今年とケガ人の多さが敗因になるなら、医療部門の充実を考えないといけないでしょう。

 もし来季同じコメントを出すなら、医療部門を充実させなかった責任を取って、渡辺監督と一緒に居郷社長も退任されてはいかがかと書くことになります。それは書きたくないな。

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/10/11 21:01] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
山本ジャパン誕生
 山本ジャパン誕生

> 日本野球機構は10日、来年3月に開催される野球の国・地域別対抗戦、第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表「侍ジャパン」監督の就任会見を東京都内のホテルで開き、元広島監督の山本浩二氏(65)の就任を正式に発表した。山本氏は11月16日にヤフードーム、18日に札幌ドームで行われるキューバ代表との親善試合から指揮を執る。

▽投手総合コーチ 東尾修(62)▽野手総合コーチ 梨田昌孝(59)▽投手コーチ 与田剛(46)▽打撃コーチ 立浪和義(43)▽内野守備走塁コーチ 高代延博(58)▽外野守備走塁コーチ 緒方耕一(44)

 山本監督以下、コーチングスタッフに監督として日本一経験者がいないのはいかがなものか。日本一経験のない人間に指揮を取らせた結果が北京五輪の四位だったんだから、代表監督の条件に「監督として日本一経験」は重視した方がよかったのに。

 代表監督の条件に「健康の不安がない」、「短期間でチームをまとめるカリスマ性」を追加すると監督をできる人がいなくなる。上記三条件に当てはまる人をマジメに考えたけど、若松しか出て来なかった。NPBって人材いないのね。バレンタインとかヒルマンじゃダメなんだろうか

 難航した監督選考について、加藤コミッショナーを叩く気はありません。一ヶ月前まで、選手会が参加を表明せず、最悪NPB以外の人間、メジャーリーガー、独立、社会人、大学生からなる格差ジャパンを組む可能性だってあったんだから、監督選考ができるわけがない

 「代表のメンツは海外組とNPBトップクラスを集められることは保証します」ぐらい言わないと誰も代表監督を受けないでしょう。むしろ監督人事を一ヶ月でよくまとめたと思います。まあ加藤コミッショナーには選手会と話し合いをしないで、選手会の参加表明が遅れた責任はあるとは思いますが。

 とりあえずジャパンのメンツにどんな選手が集まるのか楽しみです。

おまけ
 
 ホントにお客さんが減っているみたいだ。

プロ野球セ、パ両リーグは9日に終了したレギュラーシーズンの観客動員数を発表した。交流戦を含む総観客数はセが1179万536人で、1試合平均は前年比0.02%減の2万7293人。パは957万9690人で、同2%減の2万2175人だった。

 震災の年に減るのはしかたがないとしても、震災の翌年に減るのはいけないだろう。野球人気は落ちているんだろうか。加藤コミッショナーは早急に調査チームを組むべきよ。

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2012/10/10 21:14] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
週末のビッグマッチ
 と言っても、プレイオフの話ではありません。ベルトの掛からないプレイオフにはやる気がでません。例年通り、秋の行楽だなあ。

 ここから本題、楽しみにしているビッグマッチとはWBC、IBF、WBOの三団体統一戦、西岡×ドネアです。一翔×八重樫の二団体統一戦でもワクワクしたのに、西岡×ドネアは三団体ですからね。しかも会場はアメリカ本土。これでワクワクしなかったらウソでしょ

 問題はWOWOWのみの中継で、地上波放送はなしってことでし。もし西岡が勝ったら日本ボクシング、いや日本スポーツ史に残る快挙なのに、パラポラアンテナ着けないと観れないのは残念です。放映権の問題だと思うけど、オルフェーブルが参戦した凱旋門賞だって地上波で中継したんだから、どうにかならないのかな

 先日知り合いから「ロンドン五輪で金メダルを取った村田選手は亀田兄弟と違って好感が持てるね」と聞いてガクゼンとしました。現在西岡、一翔、内山、粟生とチャンピオンは多数いるのに、なぜ比較対象が亀田なのかと。いくらチャンピオンがたくさん出ても、世間じゃボクシング=亀田なんだなとガッカリでした。

 西岡が三団体統一を成し遂げて、軽量級最強を証明したら少しはボクシングに対する世間のイメージも変わるかもしれないなと。そういう期待も込めて、週末が楽しみです。

おまけ

 MLBでもポストシーズンたけなわですが、スポーツニュースを観ているとイチローの笑顔が目に着きます。イチローの笑顔を観ていると、ワンプレイにプレッシャーの掛かるポストシーズンに憧れていたんだろうな思ってしまいます。マリナーズ時代はポストシーズンはテレビで観るものだったし。

 イチローは勝敗に関係なくヒットを積み重ねる安打製造器ではなく、勝負事に正面から向き合う勝負師だったと今さらながら感じます。連覇したWBCのシャンパン・ファイトではしゃいでいたし。イチローがワールドシリーズを制して、シャンパン・ファイトを楽しむ姿が見たいです。それにしてもヤンキースへの移籍は成功でしたね。

テーマ:ボクシング - ジャンル:スポーツ

[2012/10/09 21:07] | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
前年比マイナス
 今季ライオンズの観客動員数は1,526,028人だったそうです。昨季は1,591,651人。昨季は三位で今季は二位、昨年は震災があったことを考えると、前年比約6.5万人のマイナスになったのは疑問というか、不思議です。

 観客動員数が減っているのはライオンズだけの問題じゃなくて、他球団も同じだとか。もし、NPB全体で観客動員数が落ち込んだなら、加藤コミッショナーは調査に乗り出すべきでしょう。震災の翌年に関わらず、お客さんが減るなんてありえないし、野球人気の低下という嫌な言葉が浮かびます。

 それにしてもWBC参加を決めてよかった。代表選手は少数の海外組を除いて、スタジアムで観れますとNPBをアピールする絶好の機会だし。この機会を外すと、ますますお客さんは減ったかもしれない。

おまけ

 今日はバファローズ戦をPCで観ていました。イ・デホと中村にはまともに勝負していたのを観て嬉しかったです。森脇、渡辺両監督は男気あるじゃない

 それと、北川選手お疲れさまでした。ピンチで北川を迎えると打たれるイメージしかなかったので、怖かったものです。

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2012/10/07 20:00] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
2012ラストマッチ
 思えば、順位確定後の「消化試合」って久しく見た記憶がない(汗)消化試合でやることといったら、タイトル争い、若手起用、ポストシーズンへの調整でしょう。今日はこれらが見ることが目的でした。

 本日のスタメン。ヘルマン外野起用って久しぶりだな。中村を三塁で起用して、オーティズ一塁、中村三塁、DHカーター、ヘルマンレフトという超攻撃的オーダーを渡辺監督はポストシーズンでやる気なんだろうか。見れるものなら見てみたいけど。単に永江を三塁で使いたいだけだったりして。

2012.10.6スコア

 ヘルマンの外野守備時の姿勢。三塁守っていたときと同じじゃん。新庄は「深く腰を折るとフライが上がったとき、目線がブレて取りずらいから、外野守備はリラックスしながら立つ程度でいい」と言っていました。真逆ですね。ヘルマンに外野は合っていないと思う。

ヘルマン外野

 ちなみに秋山の姿勢。ヘルマンとは真逆ですね。超攻撃的打線を組むなら、序盤でリード取って、ヘルマンに守備固めを出すしかないだろうな。そうじゃないと取って取られるノーガード戦になってしまう。

秋山外野

 今年はサヨナラ見てないから、見たいなと思っていたらやってくれました。バックネット裏のスコアボードは相変わらず9裏に×が着かない仕様なんだな。表記的にはライオンズ攻撃続行中になっているぞ。

 プロでは見たことがない二者連続押し出しという凄い決着。大相撲西武ドーム場所ですか。粘って同点のフォアを選んだカーターが殊勲者ですね。カーターを見ていると「打たなくても四球を選べば勝ち」という考えだったと思います。こういうところに野球頭って出るよね。将来は友亮GM、カーター監督の高学歴二頭体制で決まりだ。

 岸も9回123球1失点の好投。来週末のプレイオフが本番だから、今日は6回ぐらいで上がるんだろうなと思っていたら、完投しました。プレイオフは攝津または大隣と投げ合うことになるので、今日のような最少失点で凌いで、ワンチャンスを活かす展開になるでしょう。今季エースを張った岸が真のエースになれるか試される試合になると思います。

2012.10.6スコア

 マリーンズが首位打者角中を欠場、二位中島を四球攻めで現状維持を図ったことは、ずっと昔からやっているので、今さらどうこういいません。大打者テッド・ウィリアムズは最終戦前に四割が確定していたのに関わらず、「最後に出ないのは面白くない」と最終戦に出場してヒットを打って四割を達成したという伝説があるとか。

 こういう男気が見たいぞ。せめて角中は休ませるけど、中島と勝負して中島が首位打者を取るチャンスを与えるぐらいはできないものか。明日のバファローズ戦はイ・デホと勝負して、HR王を取るチャンスを与えて欲しい。イ・デホがHR三本以上打って中村に追いつき、追い越すならイ・デホが凄かったと認めるよ。明日は渡辺監督の男気が試されます

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/10/06 22:28] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
退団者から見る補強の方向性
 今季退団者は以下のとおり。

・投手

藤田
桟原
星野
マイケル
ゴンザレス

・野手
平尾
阿部
友亮
大島

 合計9人。これ以上退団者を出すと、ドラフトで大量指名することになるので、これで打ち止めでしょうね。

 とりあえずドラフト、補強の方向性は出たなと。空いたポジションに選手を取ってくるのが補強の基本です。余っているポジションに選手を入れても意味がないし。9人中投手を5人退団させたということは、今年のドラフトは投手中心になるということでしょう。半分ぐらい投手を指名しても驚きません。

 二人抜けた外野は充実しているので、大学、社会人の選手を取って今の外野のメンツと張り合わせるのは得策とは思えません。高校生を取って、次世代に備えた方がいいでしょう。

 内野は中島がMLBに移籍するなら、合計三人抜けることになるので補強しないと。中島、中村、片岡以降の世代で一軍に出ている選手は浅村、原、永江ぐらいしかいないので、大学、社会人から取って来て彼らと張り合わせるのも面白いかなと。高校生ですが、光星学院の強打のショート北條を推します。

 ゴンザレスが抜けた外国人は、先発が出来る投手を取ってきたらいいかなと。ローテ六番手がギャンブル枠になるのは嫌だし、西口、一久の年齢を考えたら即戦力が欲しいし。新外国人がローテ入りして、ウィリアムズが中継ぎで活躍して、ヘルマン、カーター、オーティズから二択は難しいなと渡辺監督を悩ませるぐらいの選手層になったら優勝に近づくし。

 ライオンズがドラフトでどんな指名をするか見ものです。指名された選手を見て、「このポジションに選手を欲しかったのか」とフロントの意図を読み取るのが好きなんですよ。

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/10/04 22:07] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
優勝おめでとうございます
 ファイターズ優勝おめでとうございます。大きい連勝、連敗もなく堅くしっかり戦えたのが勝因だったのではと思っています。しっかり戦えるのはスタメンを張ってチームを支えることができる稲葉、金子の存在が大きいんだろうか。

 ライオンズには稲葉、金子に匹敵するベテランがいないので、大事な時期に連敗してしまうんだろうか。今年はチームの中心である、中島、中村、栗山、片岡の四人がベストな状態で揃ったのは何試合あったんだろう?と思うぐらいケガが多かったし。

 それにしても現役引退20年経ってコーチ経験のない栗山が就任一年目で優勝できるとは思わなかった。まあ本人含めて誰も思わなかっただろうね。今のNPBは渡辺、秋山両監督のようにコーチ経験を積ませてから指揮を任せるケースが多くなっています。ライセンスを取らせないと監督になれない競技もあるし。

 栗山監督を見ていて、監督としての資質は実際に指揮を取らないと伸びないのでは?と思いました。監督の育て方に一石を投じたような気もします。

 前々から書いてあるとおり、ベルトを持たないのに日本シリーズに出ても面白くないと思っているので、プレイオフで一発逆転とは思っていないです。二位を確保して秋の行楽が出来たらいいなぐらいですね。ただ、新人監督にあっさり日本シリーズに行かせるのもどうかなので、プレイオフ二回戦の最終戦まで苦しめたいなと。札幌で会いましょう

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

[2012/10/03 22:09] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
お疲れさまでした
 今季試合出場が少ないので、あるかもなと思っていたらやはりでした。

 西武は1日、平尾博嗣内野手(36)と佐藤友亮外野手(34)が今季限りで引退すると発表した。

 平尾は2008年日本一の立役者ですし、2002年に移籍したときは「代打、代走、守備固め全て出来るなんて使い勝手よすぎ。こんなにいい選手をよくトレードで取れたね」と思ったものです。規定未到達、サブのみで現役20年は見てみたかったのですが。タイガースとライオンズと二チームでプレーしたり、チームのムードメーカーであり、ケガを克服と経験豊富な選手なので、チームに残って経験を活かせたらと思っています。

 友亮は2005年のケガが残念です。2004年の日本シリーズで全試合スタメンを張ると、レギュラーを手にしていただけにケガがなければもっと活躍できたのに。それが残念です。

 友亮は慶応卒と頭の良さで知られている選手です。MLBは野球経験がない、インテリがGMとしてチームを強くしているとか。友亮は将来GMとして頭脳を活かしていただきたい。常々、NPBのチームは誰がチーム構成の責任を持っているんだろうと疑問に思っています。ドラフト、トレード、外国人補強などが上手くいかず、そのツケを勝敗、順位で支払わされているのに、そのツケを監督に回してクビ切られたらかわいそうでしょ。

 チーム構成の責任者をはっきりさせるという意味で、GM制はいいと思っています。ライオンズ黄金時代は根本GMが支えたからというのが定説だし。友亮はそのポジションに就いていただきたい。とりあえず来年は鈴木GM補佐に就いてチーム編成を学んでいただけたら嬉しい。

平尾選手、佐藤選手お疲れさまでした。

おまけ

 行澤二軍監督も退任するとか。

行澤久隆 二軍監督より、今季限りで監督を辞任したい旨の申し入れがあり、了承しました。後任については未定です。

 札束でエースと四番を買えないライオンズに取って、ファームは生命線です。一軍以上にスタッフを充実させてもいいと思っています。そうじゃないと札束でエースと四番を買うチームと戦えません。後任は(書くまでもないけど)有能な人がいいですね。渡辺監督のように、一軍監督への登竜門的なポジションでもあるので、後任に誰が就くのか見ものです。

 

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/10/01 21:17] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。