スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
残り33戦戦う心構え
 スィープは難しいな。狙ってできるものじゃないしね。天王山だったらなおさらだよ。勝ち越しただけでよしとしないと。8表銀仁朗、原のところで中島を代打で出してもよかったところを、欲を出さずにガマンして中島の休養日を通したところはよかったです。こういうブレない采配をやっていくと、渡辺監督に対する選手の信頼感が増すのでチームの雰囲気はよくなるし、いい結果が生まれるでしょう。

 あと33試合戦う上で、最も重視しないといけないのは選手のコンディションの維持でしょう。体調のよくない選手は休ませたり、連投の続くブルペンを休ませたりして、ムリせず目の前の一勝を取りに行かないことが求められます

 そうしないと、本当にムリをしないといけない局面でムリが出来ずに敗退することになるでしょう。ライオンズに取っての勝負所は、9/17~19のホークス戦、9/21~9/23のファイターズ戦になるはずです。そこまでムリをせず、選手をどう使うかに渡辺監督の手腕が問われます

 完勝した2008年、まさかのBクラス落ちを喫した2009年、優勝にリーチを掛けながら落とした2010年、最下位からプレイオフに入った2011年といろいろ味わった渡辺監督の経験からくる采配に期待したいです。

おまけ

 来週のチャンピオンにビッグゲスト、井上雄彦が来て水島御大と対談します。来週の告知を見て「マジか?」と驚いた。井上雄彦って「ドカベン」に憧れてマンガ家を志した人で、水島御大画業50周年記念号でイラスト描いてくれた人だから、ノーギャラでも駆けつけたんだろうな。

 御大と対談するのはいいから、「バガボンド」の展開早くしてくれよ、いつになったら巌流島やるのさと思っているモーニング読者もいると思うけど、今回ばかりはガマンして着き合っていただきたい。

 ちなみに、僕は「スラムダンク」は未読なので、「バガボンド」でしか井上雄彦を知りません。「スラムダンク」が流行った頃は、ジャンプは読まないでチャンピオンとモーニング読んでたんだからしょうがないじゃん。当時のチャンピオンの主力は刃牙とKジローで、モーニングの主力は播磨灘とナニワ金融道とREGGIEと宮本から君へだったような気がする。あの頃のモーニングほど面白いマンガ雑誌はないと断言できます。おそらく当時のモーニングの編集部は、講談社が誇る才能集団、ドリーム・チームで構成されてたんだろうな。


スポンサーサイト

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/08/30 21:40] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
初めて勝った天王山
 天王山で期待通りのピッチングをやれるのは、甲子園で心身ともに鍛えられたからだろうか。と今日の菊池を観て思いました。ストレートとカーブがいい感じで決まっていました。8裏二死一、二塁打者二岡のところで全てストレートで3-2まで投げて、カーブで三振取るところは唸りました

 あの場面は二岡、中田と右が続くから長田に交代という選択もあったと思います。渡辺監督はそこをあえて「菊池ならピンチを凌げる」と思って続投させたんでしょうし、期待に応えた菊池もさすがです。プロ入り初めて投げる天王山で勝てたことで、ますます菊池は成長するんじゃないかとも感じました。

 今日はあまりランナーが出ない展開でしたが、ワンチャンスをものにして勝つってどんな強豪チームなんだよ。今のライオンズは強いです。残り一ヶ月この調子で突っ走りたい

 それにしても栗山監督は勝負勘冴えてないですね。昨日、今日と継投失敗って。投手は吉井コーチに全権を任せて、自分は野手だけを考えたらどうだろう。落合、ドラゴンズ二期政権の星野はそんな感じだったらしいし。

 明日勝ってスィープすると三ゲーム着くので、少し余裕が出ます。少しでも余裕があったら昨日、今日途中欠場した中島に休養日を与えることもできるし。明日も勝ちたい。

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/08/29 21:31] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
久しぶりの天王山
 天王山、首位攻防。甘美な響きです。少し前までは天王山を戦えるとは思えなかった。岸は序盤不安定なピッチングでしたが、中盤以降立ち直って7回2失点、余力を残してフィニッシュとエースと言えるピッチングをしてくれました。

 そうそう同点、逆転のタイムリーを放った銀仁朗も褒めないと。「八番は主軸を済ませて回ってくる打順だから、投手が気を抜いてくることが多い美味しい打順」と古田、矢野が言っていました。今日の銀仁朗は美味しいところを召し上がったなと。岸が立ち直ったのも、銀仁朗のリードの影響もあっただろうし。

 明日は菊池先発。昨季の菊池はプレイオフに入るためにローテを詰めた影響で、九月はローテから外れてブルペンに入っていました。緊張感のある試合で投げさせて経験を積ませたいのにと残念に思ったものです。それだけに天王山に投げる菊池を見られるのは嬉しい。明日も勝とうぜ。

おまけ

 今日松坂がMLB50勝を達成しました。松坂がMLBに行くとき、将来日米100勝づつを達成するんだろうなと思ったものです。50勝はただの通過点だと思っていたら、こんなに感慨深い50勝目になるなんて。

 レッドソックスは現在地区四位と苦戦中で、エース格だったジョシュ・ペケットも移籍と再建期に入っているようです。松坂が残り試合頑張れば、「松坂はチームに必要」と来季も残留できると思いますが、頑張れなかったら放出もある、正念場の一ヶ月になるでしょう。

 甲子園から松坂の怪物ぶりを見ている僕にとっては、「まだまだこんなものじゃないだろ、ポストシーズンでイチローと戦ったり、黒田、ダルと投げ合わないと」と松坂の復活を信じています。今日が怪物の第二シーズン開幕だよ!

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/08/28 22:16] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
今こそあの悔しさを晴らすとき
 先日ライオンズストアでレジに並んでいたときのこと。モニターに一昨年の博多で喰らった悪夢のスィープの映像が流れていたのを観て、つい舌打ちしてしまいました。公共の場で舌打ちするのは大人げないなと反省する一方、まだあの悔しさを忘れていないのか、過去になっていないのかと驚きました

 おそらくあの映像を過去にするためには優勝するしかないでしょう。苦しいばっかりのシーズンだと思っていたら、いつの間にか首位に立っています。いいチャンスだ。あの悔しさを晴らしてやる。

 「県予選で負けたことを今でも夢に観る、勝負事は勝たなきゃいけないんだ」とは「ラストイニング」の鳩ケ谷監督のセリフですが、僕の思いそのままのですね。

 あと一ヶ月少々しかありませんが、リーグチャンピオンを取れるように頑張りましょう。プレイオフで勝ち上がって日本一になっても、リーグチャンピオンを取り残しているから意味ありません

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/08/27 21:35] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
夏の祭典.7
 パリーグの優勝争いが佳境に入りつつあるのに背を向けて、甲子園ルポを書いて早七回。さすがに今回が最終回です。今までおつき合いありがとうございました

 ラストは甲子園歴史館ルポ。歴史館に行くことは、甲子園に行った目的の一つでもあります。

 甲子園を沸かせた歴代のスターの道具を飾ったり、スター、名勝負の映像を流しています。物心ついていないというか、生まれていない江川、荒木、水野の映像は興味深かったし、僕が最初に憧れた甲子園スターであるKKの映像は見入ってしまったし、記憶に残っている松坂、ダル、マー君、斎藤の映像にも見入ってしまいました。昭和から2000年代まで観れるので、一日いる価値あります

 清原が最後の夏で使ったバット。最後の夏で今でも破られないホームラン五本の記録を作って、その内訳がベスト8一本、ベスト4二本、決勝二本と最もプレッシャーが掛かるラウンドで打ったって持ちすぎですね。やっぱり清原は偉大だよ。 

清原バット

 優勝校に贈られる深紅の大旗。現物です。これを持って場内一周したら、孫子の代まで自慢できるだろうなあ。春夏制覇して夏の大旗と春の大旗二本持つ大阪桐蔭は凄いね。

深紅の大旗

 バックスクリーンにも入れてもらえます。グラウンドってこんなになっているんだあ。膨らみがある分広く見えますね。テラスで試合中飲み食いできるらしいです。試合中打ち込んだら、タダになるとか。ブランコがテラスに打ち込んだらしいです。

バックスクリーンから

 甲子園が舞台になった野球マンガも飾られています。「ドカベン」、「球道くん」など水島御大の作品は当然あります。どうやら甲子園が舞台になったかどうかでセレクトしたらしく、甲子園に行っていない「Major」、「おお振り」、「GO And GO」は飾られていないです。吾郎君も海堂に残れば飾られたのに

 あえて「ラストイニング」を撮ってきました。主人公の師匠がハンデ師という設定なのに、よく飾られたものです。「ラストイニング」の作者はタイガースファンらしいので、自分の作品が甲子園に飾られたら本望ってもんでしょう。僕も将来何か書いて、西武ドームに飾られたら死んでもいい。

マンガ一覧

 歴史館とは関係ありませんが、テレビやマンガでよく出る大会組み合わせを撮って来ました。10日目三塁側のメンツが濃すぎですね。一塁側と三塁側でリーグ戦やったら三塁側が勝ちそう。読みづらい校名にはルビが振ってあるところが親切

大会組み合わせ

 以上で甲子園ルポは終わりです。三日通って七回記事が書けるのは他の球場ではないだろうな。やっぱり甲子園は日本一の野球場かもしれません。

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

[2012/08/25 11:28] | 高校野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
夏の祭典.6
 このブログをよーく読んだ人は、応援に関する記述がないということがわかるでしょう。実は応援には全く関心ないんですよ。プレーと勝敗しか試合の興味はないし。せいぜいマリサポとかライオンズのチャンス4とか観て、楽しそうだなあと思うぐらいです。試合中発する言葉は「打て」とか「気合入れろ」とか「根性出せ」ばっかりだし。応援と言うより、セコンドのハッパだよね。

 「トランペットがヘタとかいうけど、上手いトランペットが聞きたかったら新宿、六本木のライブハウスでもいけばいいんじゃない」とか「応援で選手の背中を押すというけど、応援団が存在しなくて選手コールが自然発生的に起きる格闘技やプロレスでも選手の背中を押せるよ。現にG1決勝戦のアンダーソンコールは、アンダーソンの士気を高めることができたはずだし。応援って要は発声量の多寡なんじゃないの?」とか、応援については応援を否定するシュートすぎることしか言わないです。カシンとか鈴木みのるみたいですな。

 今回甲子園で八試合観て、応援に対する考えが少し変わりました。浦添商の指笛、ハイサヨイサは球場の雰囲気を沖縄に変えたし。天理のブラスバンドは迫力があったし、平安のテーマは一般客が手拍子をするぐらいノリのいいものだったし。

 応援を楽しむというのも、スポーツを楽しむ一要素かもしれないなと。応援は試合の勝敗、プレー以外に楽しめる要素の一つなんだろう。高校野球で言うと、一般客が盛り上がるテーマを作ろうと思ったら大変だろうね。現存の曲を応援に使えるように編曲するのは難しいだろうし、著作権が絡むから法から調べないといけないし。ヘタにハリウッドのテーマを使って、訴訟でも起こされたら廃校の危機になってしまうし。

 オリジナルを作るのはもっと大変だろうし。だったら、無難に昭和のアニソンをやればいいやになってしまうんだろうな。無責任承知で言うけど、そこに挑戦して一般客の心に残るテーマを作って欲しいけど。こういうところにも、野球部に対する学校側の熱意が計れるんでしょう。トランペット一つでオリジナルテーマを作らせた七嶋は策士だな!

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

[2012/08/24 22:41] | 高校野球 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
夏の祭典.5
 先週の今頃はワクワクしながら荷造りしてたんだなと思うと、一週間って早いです。だったら、記憶のある内に書けるだけ書かないとというわけで今日は19(土)のレビュー。

 土曜日で大阪桐蔭、光星学院とセンバツ優勝、準優勝校が出るとあって、お客さんいっぱい入ってました。プロが使う球場で、フルハウス、全国ネットの中試合をしたのは選手にとって一生の思い出になるだろうね。野球少年がプロの前に甲子園に憧れる気持ちもわかります。

 当然地元代表の神村に肩入れして観ていましたが、光星は強かったです。試合開始のサイレンの鳴りやまないうちのプレーボールホームランって初めてみた。打たれちゃいけない田村、北條の三、四番に一発喰らった時点で終わりでしょう。完敗、力負けでした。

 光星は外人部隊と揶揄されたりしていますが、選手を相当鍛えこんでいることは認めないといけないでしょう。光星が打ったヒットはライナーで外野に落ちるクリーンヒットばかりでした。いい選手をかき集めても、鍛えないとここまでの打撃はできないと思います。

 三季連続の決勝進出はKK在学時のPL、松坂在学時の横浜、マー君在学時の苫小牧でもできなかった快挙です。優勝して快挙に華を添えられるか明日の決勝が楽しみ。甲子園の決勝って土日にやって欲しいよね。

 大阪桐蔭の藤浪は投げませんでした。藤浪を観たかったので残念。高校生の150キロって観たことないし。この日の先発の沢田もいい投手でした。藤浪がいなかったら十分エースを張れる投手です。スーパーエースとエースがいるから大阪桐蔭は強いわけだよ
藤浪

 初回大阪桐蔭は「甲子園ベスト16以上なら、なにがあるかわからない」と藤浪に肩を作らせていましたが、済々は誰も肩を作っていませんでした。これじゃ番狂わせは起きません。スキを見せない王者に挑戦者が勝てるとは思えないし、万馬券も来ません

 2回に済々が追いついて、「同点を維持して終盤に入ればあるいは」と思いましたが、4裏の三点がトドメになりました。藤浪が控えているのに、三点ビハインドは重い。高校野球で連続アーチは見たことがないので、この回の沢田、森の連続アーチは驚きました。沢田に一発があるなら、藤浪が投げていても代打で使えるしって、大阪桐蔭死角ないよ
大阪桐蔭×済々

 もう十分甲子園を堪能したので、第三試合明徳×新潟明訓の途中で退場。退場したあと大雨が降ったので、いいタイミングで帰れました。

 三日間観て思ったのは、勝ったチームは仕掛けが早い。ご存じのとおり高校野球にはベンチから指示を出せる伝令というものがありますが、勝ったチームは取られてからじゃなくて、取られる前に動くんですよね。日曜に桐光と当たった浦添商は6回にリミットになる三回目の伝令を使ったし。松井相手に得点はしづらいから、失点を止めようという作戦でしょう。浦添商は負けましたが、作戦の意図は正しいと思います。

 短期決戦、ワンマッチは早く動いた方が勝つというのはプロでも変わらない。これで試合レビューは以上です。試合以外でも書きたいことがあるので、あと一、二回はおつき合いいただければと。

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

[2012/08/22 21:31] | 高校野球 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top
夏の祭典.4
 二日目17(金)は8時前に甲子園到着。早朝といっても、椅子の背もたれが熱くなっているのに驚きました。でも日が高くなるに連れて影ができて、楽になります。三日間過ごして目立った日焼けがなかったのは、銀傘のおかげでしょう。うまく作っています。

 浦学戦のみどころは、佐藤は投手、野手どっちがいいのか?でした。投げては9回4失点被安打9と平凡な結果でしたが、打ってはツーベース、ホームラン一本ずつ。野手で行こう。県予選では投げない日は外野を守っていたので、外野を守らせてもいいでしょうし、カズオ、中島がプロになって初めてショートを守ったことを思うと、内野でもいいでしょう。

浦学×聖光

 二日目のベストは東海大甲府×平安。初戦でホームランを放った井沢、プロ注目と言われている高橋の平安の二人に興味を持っていましたが、終わってみると渡辺、神原の甲府の二人に興味が移りました。

 渡辺はヒット、ツーベース、ホームランのあわやサイクルになる活躍ぶり。犠打も決めているので、トップバッターとしては文句なしです。欲を言えば盗塁見たかったな。長打が打てるところを観て、「いいときの片岡だな」と思ったぐらい。その日の報ステで工藤が褒めてました。

 まだ二年生なので、松井同様来年のドラフトの目玉になってくるでしょう。二遊間の欲しいチームっていっぱいあるし。

 松坂以来150キロを出す投手が多数出てきて、「150キロ出さないと凄くない」という感じがしていますが、これは間違いです。三日間観て半分以上の投手が140キロ出せませんでした。つまり高校レベルなら、140キロ出すだけで十分凄いと。

 神原の凄いところは140キロを初回から9回までコンスタントに出し続けるスタミナです。一瞬だけ150キロを出すより、コンスタントに140キロを出し続ける方が凄いでしょう。「終盤になっても球速が落ちないなら、自分で自分をリリーフしているような感じだから、打てないな」と思ったほどです。

 神原もドラフトに入ってくるでしょうね。またドラフトの楽しみが増えました。


隠れた好投手

 平安の応援のノリがよかったです。盛り上がったら普通のファンまで手拍子やるし。「砂の栄冠」で、「ノリのいい応援をしたら、一般ファンが自然に肩入れしてくるから応援も大事」って描写があるけど、ホントだな。昭和のアニソンばっかり聞かされるのは飽きたし。日大三のUWF聞きたかったな。

東海大甲府×平安

 早めに終わったので、資料館に行ってからホテルへ。資料館もいろいろ撮ったんで、後日ルポ書きます。

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

[2012/08/21 21:22] | 高校野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
夏の祭典.3
 16(木)10時に球場到着。球場入りしたら作新が19点取っていたから驚いた。19点も取らずにあっさり終わっていたら、桐光×常総に間に合わなかったはずなので立正大淞南には申し訳ありませんがラッキーでした。

 桐光・松井について書かないといけませんね。神奈川大会ではわからなかった、松井の凄さを見つけてやろうとじっくり観ました。 

2000年代のドクターK

 140キロを超えるストレートに加えて、岸のように大きく落ちる変化球(スライダーらしいけど、変化球は自己申告だからわからない)を加えられたら打てませんね。左で140キロを出せる高校生はそうはいないし。初戦の今治西のバッターは、手元で消えたって言っていたらしいので、ストレートと変化球の見極めが難しいんでしょう。

 ストレートと大きく落ちる変化球は打てないから、カウントを取ってくる120キロ台のボール(カットボール?)を打つしかないだろうなと思って、昨日テレビで浦添商戦を観ていましたが、小さく「キュッ」と曲がるので、これも打てないでしょう。センバツ準優勝の光星が15三振を喫するわけです。

 あと一年で、球速を上げてきて、コントロールをよくして、フィールディングも上手くなれば手も足も出ませんね。末恐ろしい逸材です。来年のドラフトは松井争奪戦になるんだろうな。

 観ていて思いましたが、捕手宇川はあからさまなボール球、遊び球を要求しているようには見えなかったです。つまり追いこんだら、打者が考える時間を与えず即勝負に行くと。神奈川予選でピンチを迎えるたびにマウンドに行って声を掛ける宇川を観て、頭のいい捕手だなと思いましたが、今回見てますますその思いが強くなりました。

 松井の奪三振をアシストした宇川はもっと評価されていいのに。今後桐光がやることは、松井の能力を引き出せる捕手の育成だろうな。

 松井の8回の投球は完全に気を抜いていました。ランナーが出てもけん制もしない、見もしないじゃ走られて当然です。名門常総がスキを見逃すわけがない。それでも気を入れ直して9回を三振二つを含む三者凡退で終わらせたのはさすがです。

桐光×常総
 
 「沖縄勢は応援が凄いって聞くけど、どうだろ?」と思って、第三試合の浦添商戦を観ましたが、やっぱり迫力ありました。ランナーが出たり、アウト取るだけで指笛が鳴って、「ここは西宮じゃなくて那覇か?」と思ったほどです。「ハイサヨイサ」は迫力ありますね。球場の雰囲気が沖縄一色になりますから。「これじゃ相手校はアウェー状態に置かれるからかわいそうだな」と思ったほどです。

 第四試合グッズを買ったり、球場外壁を撮ったりしてホテルへ。取り合えず初日は終わり。

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

[2012/08/20 21:16] | 高校野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
夏の祭典.2
 三日間八試合我ながらよく見たよ。一日に観戦するのは三試合が限度ですね。四試合見ると集中切れます。全試合見ると言われる八号門クラブのみなさんは偉大だよ。

 初日の行程をザッと書くと、16(木)4時起床、5時出発、6時半新幹線にて東京発、10時に甲子園到着。第二試合から第四試合まで観て、ホテル近くの居酒屋で同行した兄と初日の打ち上げ、ホテルに戻った23時に就寝。

 元気すぎるな。前夜はテンション上がって寝られず、新幹線の中でも「もうすぐ甲子園行くんだ」と緊張、興奮して寝られず。こんなに体力あったっけ。そのツケが回ってきたのか、昨日18(土)は溜まった洗濯物を洗って、取り溜めたテレビ番組観るだけでブログを更新できる体力というか、気力、思考力はありませんでした

↓は初日に座った銀傘の中から撮った光景です。

銀傘の下から


 誤解を招くことを覚悟で書きますが、甲子園の第一印象は、「西武ドーム、東京ドーム、神宮、ハマスタ、マリンと同じ野球場って感じがしない。」でした。野球場、スタジアムというより、敬虔かつ荘厳なものを持つなにかです。憑かれたように三日間で50枚ぐらい撮ったし。雰囲気的には日本一の野球場と言っていいし、MLBのスタジアムに対抗できる野球場でしょう。

 改装後初めて行きましたが、キレイになっていました。「どうにかならないかな」と思った客席に立つ照明の支柱も無くなったし。改装のコンセプトの「現在の雰囲気を壊さない」は大当たりです。「市民球場を潰して新しく立てたマツダスタジアムより、潰さずリニューアルを選んだ甲子園の方が幸せだよなあ」と思いました。もちろん、市民球場と甲子園では事情が違うので、広島の批判はしませんが。

 ↓撮りたかったんですよ。テレビやマンガでおなじみの光景ですね。ツタは10年計画で生やす予定だとか。今日は前書きということでこれぐらいで。明日から試合レビュー書いていきます。

甲子園外壁

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

[2012/08/19 20:28] | 高校野球 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top
いざ聖地へ
 2005年以来七年ぶりの甲子園。遠足前夜の子供みたいにワクワクしています。勤務中も「明日の今頃は甲子園にいるんだよなあ」と思うと笑みが浮かんだりして。

 天気が心配でしたが雨は無さそうなので一安心。18日(土)夕方に帰京予定なので雨天順延があったら、18日の神村、大阪桐蔭が見れないんですよね。それはカンベン願いたい。てるてる坊主作ろうかな。

楽しみなカードは以下

16日

桐光学園×常総学院
浦添商×滝川二

 やっぱり桐光の松井君は外せないでしょ。神奈川大会ではわからなかった、松井の凄さがわかればいいなと。常総にいる大崎弟も見てきます。

 沖縄代表の応援は盛り上がると聞くので、楽しみです。「『ハイサヨイサ』が流れると試合の流れが全て持っていかれそうで嫌」と話す監督もいるらしいし。滝川二は地元兵庫の代表だから、盛り上がる試合になるだろうな。

17日

浦和学院×聖光学院

 一昨年の神宮大会から注目している浦学佐藤が楽しみです。初めて観たときは、一番ピッチャーを張って、打ってよし投げてよしってこういうことなんだなと思いましたが、それがどう変わっているか楽しみです。

18日

神村学園×光星学院
大阪桐蔭×済々黌

 神村×光星は説明不要ですね。このカードは昨年の神宮大会でも当たっていて、そのときは延長タイブレークで光星の勝ちでした。9回終わって決着つかずだったので、昨秋の段階では大きな差はないといっていいでしょう。光星はセンバツ準優勝、神村は九州大会、県大会無敗とお互い実績十分なチーム同士なので、いいゲームになるかと。

 大阪桐蔭も説明不要かと。ドラ一候補に挙げられている藤浪が見たいです。センバツ時に「ライオンズがマークしている」っていう情報もあったし。大阪桐蔭は中田、浅村とOBが在籍しているので、縁がある学校だと勝手に思っています。

 野球づくしの三日間、楽しんできます。帰ってきたら、思いっきりルポ書くのでお楽しみに。

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

[2012/08/15 22:09] | 高校野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
みんなプロレスが好きだった
 昨日に続いてプロレスのことを書かせていただきます。桜庭、柴田参戦表明に思ったことを書こうかと。

 桜庭、柴田以外でも鈴木、船木と総合、UWFからプロレスに移ってくる選手が多いです。これを「ガチで通用しなくなったから、プロレスに戻ってきた」と皮肉を言うのは簡単です。でも、僕は「みんな原点にもどったんだなあ」としみじみ思います。

 Uインター時代新日本と対抗戦をやることを聞いた桜庭は「長州力とできるんですか?」と話したそうです。鈴木、船木も新日本出身ですし、小川直也も金曜8時のワールドプロレスを楽しみにしていたといいます。そう、初めはみんなプロレスがやりたかったんだ

 総合、UWFである程度のキャリアを積んだ後、自分を見つめ直して残ったものが「プロレス」だったことは意外でもなんでもないでしょう

 G1に出た面々に桜庭、柴田がどう絡んでいくのか楽しみです。順当に考えると、桜庭・柴田組が1.4ドームでIWGPタッグに挑戦ですが、それを引っ繰り返すのも面白い。この二人をどう使うか、木谷会長の手腕が問われますね。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

[2012/08/14 21:35] | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
国技館に金の雨が降った日
 昨日の続き。今の新日はオカダ推しなんだなって改めて思いました。上半期にベルト巻いて、下半期にG1取ってるから、プロレス大賞も夢じゃないです。コーナーポストに座っている相手にドロップキックを打てる跳躍力、ロープワークの速さを見ると、かなりオカダの身体能力が高いことが察せられます。身長190cmあってこれだけの身体能力があったら、どんなスポーツをやっても成功できるだろうな。リアル鞍馬だね。数ある競技の中からよく、プロレスを選んでくれたものです。

 オカダの決勝の相手アンダーソンの人気の高さに驚きました。試合中のコールはアンダーソンの方が多かったぐらいだし。新日ロス道場出身で、ここ数年バーナードと名物タッグを組んでいたから、ファンみんな認めているんだろうね。もしアンダーソンが取っても、お祝いムードになったと思うよ。

 決勝戦はオカダの打点の高いドロップキック→レインメーカー(ショートレンジラリアット)と説得力のあるフィニッシュでした。メインを張るなら説得力のあるフィニッシュがないとね。恵まれた体格、身体能力の高さ、24歳という若さを考えたら、オカダはマジメに今後のプロレス界を背負っていく人材になるかもしれない。 

 試合後オカダのセコンドを務める外道から「2013.1.4東京ドームでIWGPヘビーに挑戦させろ」と発言。事実上来年の1.4のメインは決まったね。オカダの相手は常識的に考えたら、今年一勝一敗の棚橋とのラバーマッチなんだろうけど、来月棚橋に挑戦する丸藤が取って、1.4のメインが丸藤×オカダだったら凄いというか、ブック書いた人を尊敬する

 でもこういうことはオカダの口から聞きたかったな。外道が話せば話すほどオカダのキャラが立たない。インタビューに茶々入れるだけで、オカダの経験の少なさをカバーする参謀役に徹した方がいいと思うけど。

 ということで、来年の1.4行きたいなーと思っています。なんだ、プロレスを観に行くのに大層な理由などいらない。楽しい、面白いだけで十分。 

レインメーカー

 昨日書いたサプライズとは桜庭、柴田の新日参戦表明。棚橋が1.4までベルトを持つのが規定路線だったら、盛り上がりに欠ける下半期になるから、その分カバーしようってことね。桜庭を初めて生で見れたのが感慨深い。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

[2012/08/13 22:16] | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
社長との約束
 国技館から帰ってきました。去年の1.4東京ドームを観て、「全盛時には及ばなくても、かなり回復している」と思いましたが、今日もそれを実感しました。チケットは完売したらしいし、お客さんの熱気が凄かった。変な路線(例、格闘技)に走らない限り、新日本は当分安泰でしょう。

 公式サイトの試合結果発表は日付が終わってかららしいので、試合結果を書くのはヤボってもんでしょう。具体的には言えませんが、凄いサプライズがあったとは書きます。

 試合開始前に木谷社長が「25時15分からのテレ朝『GET SPORTS』で、今日の試合をOAします。この視聴率次第で次に繋がるので、みなさんブログやツイッターで宣伝してください」と言っていました。木谷社長、約束は守りましたよ!

 ということで今日はこの辺で。試合感想は明日書きます。

おまけ

 試合前ビジョンにミルキィホームズのカードゲームの宣伝が場内に流れていました。「そういう会社なんだから、しかたないけどプロレスには合わないよな」と苦笑い。ミルキィの中の人が決勝戦の花束贈呈やっていました。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

[2012/08/12 21:10] | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
久しぶりの敗北感
 ダルはいつ帰国したんだ?という感じさえする吉川のピッチングでした。二安打、無四球完封。完敗です。悔しさより、相手を称えることしかできませんでした

 9回に150キロ出すスタミナ、コントロール、ライオンズ打線がことごとく振らされた変化球(カーブ?)手が出ない訳ですね。スター揃いの88年組にまた凄い選手が入ってきました。斎藤が一本立ちしたら同い年のダブルエースを組めるので、ファイターズがますます手強くなります。

 色々考えましたが、明日は一久でした。西口より一久の方がコンディションはいいってことだろうか。明日は勝って勝ち越してゲーム差を縮めたいです。

 明日は西武ドームではなく、国技館に行って来ます。久しぶりのプロレス、楽しみますよ

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/08/11 22:47] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
初期構想が実った日
 見れるものなら見たいものだと思っていた外国人三人スタメンが実現。勝負強いヘルマン、カーター、やっと振れてきたオーティズだけでも脅威なのに、中村を加えたら史上最強打線になるじゃないか。相手に取って、代打に浅村が控えるのも嫌だろうし。中村の完治が待たれます

外国人トリオ

 カーターの3ランから始まりました。いないと嘆いていた、左のパワーヒッターがいたじゃない。元々のヘルマンに一、二番を打たせて、カーターに主軸を打たせる構想がやっと実現。それにしても、開幕前にケガをしたカーターを残してよかったなあ。「カーターは治ったら打ちます、今季絶望ってわけじゃないし」とカーターを残したフロントのファインプレーかと。

 野上は毎回ランナーを背負う不安定なピッチング。例えるなら、打たれてもなんとかクリンチで逃れて次のラウンドに進むって感じでしょうか。二ケタ勝利を何度も達成した投手なら、「悪いなりにゲームを作った」と評価しますが、野上の実績を考えると、ファイターズの拙攻でしょう。ローテを張るなら、拙攻に助けられるんじゃなくて、で抑えないと。

 8表長田、9表ウィリアムズと勝ちパターンの継投をしたのが少し疑問です。6点差あったんだから、十亀、田中、宮田でもいいのに。8.9回はしっかり締めて明日に繋げたいという理由でしょうか。でも、長田、ウィリアムズに三連投の可能性が増えたのが不安。できることなら、スィープしたいし。
2012.8.10スコア

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/08/10 23:29] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
G1行って来ます
 成瀬、唐川が投げず、岸、牧田を立てて一勝一敗一分。勝ちこさないとダメだろう。明日からのファイターズ戦は勝ちこさないと。今のパリーグで気を抜いたら優勝争いどころか、Aクラス落ちもあるんだし。ところで明日は野上で、土日どちらかに武隈が投げるのは想像着きますが、残り一試合は誰なんだろう。西口復帰しか思いつかない

 ライオンズについて書くことは他にないです。そうそう、悩んだ結果、G1クライマックスに行くことにしました。1.4東京ドームは行ったし、G1も一度は行きたかったんだよねえ。一日で決勝戦含めてシングル戦10試合見られるのは美味しい。海外遠征後ベルトを巻いてプッシュされているレインメーカー・オカダと、ノアからの刺客丸藤が見たいな。

 プロレスに対してここ数年はテレビも見ないし、会場へはロクに行きませんが、週刊プロレスはパラパラと立ち読みしてスポーツ新聞のプロレス記事は読んで、目に着いたプロレス本は読むという中途半端な立ち位置でした。そんなに気になるなら、ワールドプロレス見て、ビッグマッチだけでいいから会場に行けばいいのにと我ながら思ったものです。

 それがなぜ、G1観戦に踏み切ったかは我ながらわからない。G1を見終わったら理由がわかるんだろうか

おまけ

 甲子園デビューが22奪三振の大会新記録って桐光の松井が凄いことをやってくれました。平塚学園戦で見ていましたが、外角のカーブは打てないなぐらいで、こんなに凄いピッチャーだとは思わなかった。松井はまだ二年生なので、来年の甲子園の主役は決まりましたね。来年の今頃は最後の夏、松井はどう締めくくるのか、進路はプロ、大学、社会人、MLBどこに行くかと話題になるんだろうな。

 今夏を含めて、注目したい選手です。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

[2012/08/09 21:52] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
エースのピッチング
 6裏無死満塁のピンチを迎えたとき、5表一死満塁のチャンスをモノにできないから、こうなるんだよと負けを半分覚悟しました。初球アウトローのボールゾーンに落ちるカーブに手を出して、ピッチャーゴロを打ってくれた田中に感謝だね。ストライクは3つあるんだから、初球、ファーストストライクは自分の好きなコース以外は見逃してかまわないのに。

 岸は8回2失点とよく投げてくれました。ストレートは140キロ弱しかでないのに、表示以上に速く見えるんですよね。三振も8つ取ってたし。エースを張るなら連戦が続かない場合は、6.7回でオッケーですが、連戦が続くとブルペンの負担を軽くするために、7.8回ないし完投することが求められます。今日の岸はエースのピッチングでした。ブルペンは涌井以外全員休めたし。

 続けてチャンスを潰すわけにはいかないと、決勝タイムリーを打った中島もよかったです。7月後半以降の中島は、振ればヒットになるような印象があります。「ボールが止まって見えた」とか「野手の間が海みたいに広く見えた」という、今風に言えばゾーンに入ったと思われる発言を聞いたことがありますが、連日猛打賞を打っていたころの中島もそういう境地になっていたかもしれない。

 お待たせしました、明日先発は菊池です。8.9月で菊池が五勝以上してるとかなりありがたいので、明日は期待。マリーンズの先発が今季二戦目の阿部って、ローテキツイんだね。唐川、藤岡がローテ落ちしているからキツイよなあ。敵ながらお察しします。

おまけ

 期待通り、ボクシング・村田選手がメダル当確です。ミドル級は日本人、いやアジア人には縁のない階級だと思っているので、嬉しいな。プロ、アマ問わず日本人ボクサーが今後ミドル級でチャンピオンベルトや金メダルを取る可能性はかなり低いと思われるので、村田選手の金メダル獲得をお祈りします。

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/08/07 22:15] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
埼玉の祭典
 今週末西武鉄道創立100周年記念シリーズが開催されます。この手のイベントって好きなんですが、今回は興味ないです。だって僕が応援しているのはライオンズというプロ野球チームであって、西武グループの野球部じゃないからね。親会社接待試合に興味が持てるわけがない。

 ライオンズ・クラシックはOB呼んでいい話を聞かせてもらえるけど、今回はそういうのないし。創業者一族である、堤元オーナー連れて来たら凄いけどないだろうな。

 提案ですが、マリーンズが胸に「CHIBA」と書いたユニで試合をしたように、来年は胸に「SAITAMA」を記したユニを着て試合してはどうだろうか。埼玉の祭典やろうよ。大宮開催も含めて数試合実施して、始球式は埼玉とゆかりのある人間呼んだらいいし。

 内山に始球式やらせて、らきすたデーやるなら、これぐらいやってもいいでしょ。埼玉ライオンズやろうぜ。
 

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/08/06 20:50] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
夏の祭典.1
 今まで「夏だ、野球だ!」のタイトルで高校野球のことを書いてきましたが、野球ファン、高校球児に取って、甲子園大会は「祭典」の二文字が相応しいと思ったので、これからは「夏の祭典」というタイトルで高校野球のことを書いていきます。

 甲子園の組み合わせが発表されました。智弁和歌山はセンバツに出ていないチームだったから、神村の方が上だよね()神村の二戦目は観戦予定に入れている、17日の第一試合に組まれているから勝ってくれないと困る。一度は甲子園で地元代表の試合見たいし。もし勝っても三回戦の相手は、おそらくセンバツ準優勝の光星学院になるから初戦からキッツイ組み合わせだなあ。

 一発勝負はなにが起こるかわからないから、神村の相手は遊学館かもしれないけど。それを言うなら、智弁和歌山×遊学館の可能性だってあるし。

 もし神村と大阪桐蔭が初戦勝てば、17日は神村と大阪桐蔭の両チーム見られる美味しい日になります。地元代表とセンバツ覇者が見られるのは最高だな。神村と大阪桐蔭どっちも勝ちますように。

 おまけ

 今日ゴンザレスが抹消されて、オーティズが上がってきました。昨日のゴンザレスに激怒した渡辺監督がオーティズを博多まで急遽呼び寄せたとは思えないので、ゴンザレスを一度落としてオーティズを上げるのは規定路線だたと思います。おそらくオーティズは一軍に帯同して博多入りしたんだろうし。

 ゴンザレスが昨日好投していれば、再登録できる10日ごとにゴンザレス昇格、オーティズorカーター抹消というプランもあったと思いますが、それはもうないでしょうね。再びゴンザレスを一軍で見られる日はあるんだろうか。

 せっかく一軍に外国人野手三人いるんだから、おそらくライオンズ史上初になる外国人野手三人使ったスタメンが見たいな。

 ゴンザレスの代わりは潰したマメの回復次第になるけど、菊池が筆頭候補になるでしょう。野上、武隈、菊池の実績のない三人で週末のカードを戦うのは心もとないので、野上と牧田を入れ替えるんだろうな。そうだ一久も落ちているから、次のマリーンズ戦の先発が読めない

 今後は連戦が増えて来るので、渡辺監督がローテをどう組むかも見どころになるでしょう。

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

[2012/08/05 20:13] | 高校野球 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
ザ・完敗
 同じ負けでも接戦で涌井、長田、ウィリアムズ注ぎ込んで負けるよりいいんじゃないの。ってフォローになっているかどうか。今までゴンザレスは危なっかしく抑えていましたが、それがずっと続くわけないよね。正直見ていてゴンザレスより平野、小石当たりに先発のチャンスあげてもいいのにって思いました。

 もしゴンザレスに次があるなら、そこがラストチャンスだと思うので頑張っていただきたい。次ダメなら、外国人は投手一人、野手三人体制になるだろうし。

 ホークス先発武田が捕手のサインにクビを振って投げているのに驚きました。まだルーキーなので、打者のデータから駆け引きまでわかるわけがないから、捕手のサインにはクビを振れない。大卒の上原でさえ、ルーキーイヤーは「村田さんのサイン通りに投げました」って言っていたぐらいだよ。

 捕手のサインにクビを振れるということは、「こういう攻め方の方がいい」という根拠と、「グラウンドの上では、年齢、年数は関係ない」という度胸があるんだろう。武田は大物になるかもしれない。思えば夏の時点で武田、釜田、永江と高卒ルーキーが三人プレーしたシーズンってあるんだろうか。93年組は当たり年かもしれない。

 明日は先日のホークス戦で八回までノーノー未遂をやった武隈先発。対策を練ってくるホークスを返り討ちに出来たら鷹キラーになれます。明日鷹キラー誕生と書けたらいいな。

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/08/04 20:56] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
地獄のキャンプやろうぜ(まだ夏だけど)
 ホークスは一日休みあったのに、ライオンズは当日移動だからキツイだろうな。と思ってたら勝ちました。想像以上に頼もしいぞ

 野上は今日も鷹キラーぶりを発揮。見ていて、ストレートも速くないし、アウトローに落ちるスライダーぐらいしか打てなさそうな変化球もないのに、よく抑えられるもんだと感心していました。6回投げて、四球1とコントロールがよかったのが勝因でしょう。

 つまり、速いストレートなり、凄い変化球が無くてもコントロールさえあれば一軍で通用するってことね。先日野村も「力で抑えたがるマー君に、稲尾のコントロールを説いてコントロールの大事さを教えた」っていってたし。

 涌井はいきなりペーニャにツーベースを打たれても、動揺しているようにも思えなかったので、「お釣り一点あるから、ペーニャは無視でかまわない、後続を断てばいい」と抑えの心構えがわかってきたんだろうな。パリーグのセーブ数のトップは薮田の17Sでうが、現在薮田が抑えから外れているらしいので、今日12S目を挙げた涌井がセーブ王を取る可能性は十分あるでしょう。今まで最多勝とセーブ王を獲得した投手っているんだろうか。中島の首位打者、中村のHR王と合わせて秋の楽しみが増えました

 ホークスの代打の一番手に今季5安打しか打っていない李が出てきたところを見て、秋山さん頭イタイだろうなと少し同情。昨季のホークスは代打に松中、小久保、カブが出て来たから怖かった。昨季と比べてチームの選手層が全然違う

 ホークスは今年のオフも大型補強するんだろうか。去年補強したペニー、帆足が全く戦力になっていないので、あえて補強より、現有戦力の底上げ、地獄のキャンプをやった方がいいと思うけど。

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/08/03 22:16] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
痛いのか、大きいのか。
 牧田×井川のマッチアップってどんな試合になるのかね。と思っていたら投手戦でした。中島の低めをすくい上げてバックスクリーンに放り込む、ゴルフスィング・ホームランはいつみても美しい

 11表の長田、ウィリアムズ、岡本篤が一人一殺を見ていて、交流戦までは(略)と思ってしまいます。交流戦の後投手陣全体でミーティングを行ったらしいのですが、どんなことを話し合ったんだろう。話し合いで改善するなら、開幕前に話し合えば今頃首位だったのにと思わないでもないです。

 マリーンズ、ファイターズが潰しあっているので、バファローズ戦を一勝一敗一分で終えたのは残念です。勝ち越して詰めたかったなあ。一昨年はホークスに勝ち数は上回っているのに、引き分けの差で優勝を逃したし、去年はバファローズに勝ち数は下回っているのに、引き分けの差でプレイオフを取ったことを考えると、引き分けを増やしたのはいいことだったのかもしれません。

 こういう勝ちたかったなと思う引き分けが秋に笑う要因になるかもしれないし。

おまけ

 高校野球のことをあれこれ書いてきましたが、高校野球を知るには甲子園に行かないとということで、8/16~8/18の日程で甲子園に行くことにしました。甲子園に行くのは2005年以来になります。ストレートだけで相手打線を圧倒する辻内を見て、松坂以来の怪物出たなと思ったものです。その辻内が一軍未登板のまま今に至ると。なにが悪かったんだろう。

 日程的にも三回戦に入るので、強いチーム、名前のあるチームが一通り見れそうなのが嬉しいです。センバツ優勝校、藤浪擁する大阪桐蔭は見たいし、地元の神村学園も見たいしとかなり楽しめそうです。じっくり見て、たっぷりルポ書くつもりなので、お楽しみに。

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/08/02 22:33] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
夏だ、野球だ!考察編
 先週末は暑い中高校野球見ていたことは書いたとおり。二日見て、強いチームの理由がわかった気がするので、今日はこのことについて。

 「ひゃくはち」の影響からか、ギリギリベンチ入りを示す背番号19.20を着けている選手は出番はないんだろうなと思っていました。国士舘×成立で18番、20番を着けている選手がスタメンで出ていることに驚きました。強いチームは背番号の大小と選手の実力は余り差がなく、比例しないってことでしょう。

 つまりスタメンから誰を入れ替えても大きな戦力ダウンはないと。そういえばセンバツの大阪桐蔭は四番打者が初戦でケガして二回戦以降欠場したのに、優勝したし。

 土曜の神奈川では、代打→そのままポジションに入るではなく、代打→違う選手がポジションに入る場面も見ました。代打だけで選手を使えるのは選手層が厚いチームだけです。ここまで選手層が厚いチームじゃないと、県四強にすら入れないんだろうな。

 選手層の厚いチームを作るには、部員数十人の中から競争させてベンチ入り20名選ぶのか、、智弁和歌山みたいに、部員は一学年20名と区切って少数精鋭的に鍛えるのか、どっちがいいんだろうね。まあ普通の公立校はどっちもできないけど。

 選手層の厚いチームを与えても、使えなかったら意味がないわけで。選手を育てるのは上手くても、采配がヘタな監督もいるだろうし。今夏の甲子園は采配、特に選手起用も注目しようかと思っています。

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

[2012/08/01 21:16] | 高校野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。