スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
少し繰り上げ
 岸が悪いなりのピッチングをしてくれました。7回中5回先頭バッターを出して一失点で済むわけない。ノックアウトされてもおかしくない内容だったと思います。それでも、7回一失点と試合を作ったのはさすがです。今季のエースは岸だな。

 毎回のピンチを凌ぐ展開は意外に勝つケース多いよね。と思っていたらやってくれました。秋山のライナーで叩きこむ3ランを見て、秋山二番固定の気持ちがますます強くなりました。往年の小笠原、今のグランダーソンになろうよ。

 8裏の浅村スクイズは唸りました。渡辺監督はミンチェが三塁にけん制しない、ノーマークだからスクイズのサイン出したんだろうな。連勝が続いているか、渡辺監督の勝負勘も冴えています

 少し前までお盆が始まるころに首位に立てばいいなでしたが、今は五輪が終わるころ首位、甲子園が始まるころ首位と少し繰り上げました

おまけ

 死球3はぶつけすぎです。岸が後藤に続いてイ・デホにぶつけたときは乱闘になってもしかたないなと思いましたし、長田がバルディリスにぶつけたときは乱闘になっても文句は言えないと思いました。昨年このカードは乱闘が多い殺伐とした試合が多かったので、今年はクリーンにやって欲しいのですが。明日は死球即退場になる、警告試合にしてもいいよ。
スポンサーサイト

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/07/30 21:59] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
夏だ、野球だ!その2
 今日は東東京の決勝戦。甲子園出場校は覚えてもらえるけど、未出場校は誰も知らないよね。決勝はその境目かと毎年思います。オール・オア・ナッシングを地で行く残酷な試合って他にあるんだろうか。

 6~8表にそれぞれ先頭バッターを出したのに、得点できない国士舘の拙攻。6表無死一、二塁で強攻して、7.8表無死一塁で送るのは納得できない。二点ビハインドなんだから、ランナー二人なら送っていいけど、ランナー一人なら強攻しろと。でまとめようかと思っていたら9回にドラマが。

 ヒット5本を集めて同点に追いついた国士舘はお見事でしたが、国士舘は勝ち越していない、9裏の攻撃が残っている成立がまだ有利だと思っていたら、当たりでした。

 サヨナラヒットを放った見目もお見事でしたが、ヒットの直前キャッチャーが捕球に手間取る間に、走って二死二塁の状況を作った小柳が殊勲者です。シングルでホームインの状況を作っていなかったら、サヨナラ勝ちできたかわかりません。6~8表のチャンスを逃した国士舘と、一瞬の隙を逃さなかった成立の差が勝敗に表れたかと

 いい試合でした。

2012東東京決勝

 優勝校は大旗と甲子園出場の権利がもらえますが、準優勝校は小さいカップしかもらえないんですよね。ホントにオール・オア・ナッシングです。
成立学園おめでとう

おまけ

 神奈川の決勝は桐光が勝ちましたね。帰宅して結果を知って驚きました。素人が偉そうに言うのはどうかだなあ(反省)夏だ、野球だ!と称して高校野球のことを書きましたが、続きがあるかもしれません。それはまたあとで

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

[2012/07/29 19:32] | 高校野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
夏だ、野球だ!
 神奈川予選行って来ました。二試合見るのは疲れますね(汗)暑さの中見ているだけでキツイのに、プレーする選手は凄いと毎年思います。本大会全試合見ると言われる8号門クラブの面々は凄いし、マネできない。

 序盤見ていて、平塚学園は勝てないだろうなって思いました。三点ビハインドに関わらず、前進守備を取らないのはどうかですし、毎回ランナーを出しているのに得点出来ないし。対して、桐光学園の捕手宇川はランナーを出すたびにマウンドに行って間を取る丁寧さがよかったです。きっと野球頭はいいな。

第一試合

 あっという間に終わった第二試合でした。高校野球で満塁ホームランを生で見たこともないのに、二本見たのはラッキーといっていいんだろうか。5回10点差着いたらコールドが成立するんですね。コールドの条件は7回7点差しか知らなかった。

 先発斎藤もよくて、二番手檀上もよくて、打線も活発と明日桐蔭が負ける要素が見つからない。接戦を制して体力、精神的に消耗した桐光に対して、桐蔭はいい汗かいたぐらいの疲労感しかないだろうし。どうやったら桐光勝てるんだろう。

第二試合

 明日は東東京の決勝を見るつもりです。プロ含めて三日で四試合見るのは我ながらどうかと(汗)野球バカが最大の褒め言葉だよ。

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

[2012/07/28 22:32] | 高校野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
世間並みにロンドン五輪を考えた
 「世間に反抗する俺カッコいい」と厨二的に無視を決め込むのもどうかなので、ロンドン五輪の個人的な見どころを書きます。

 注目しているのは北島康介(競泳)、吉田 沙保里(レスリング)、村田 諒太(ボクシング)の三選手。もし北島康介が五輪三連覇、金メダル通算6つ獲得したら、国民栄誉賞モノでしょう。金メダル6つ獲得した日本人アスリートなんて今後出るとは思えない。歴史的快挙成るかを見たいです。

 吉田沙保里も同じ理由です。五輪三連覇を達成したらカレリンに並ぶじゃないか。もし五輪三連覇を達成したら、敬意を込めて女カレリンと呼びたいです。北島康介と一緒に国民栄誉賞がダブルで出るかもしれない。

 ボクシングで金メダルを取るのはスーパースターの登竜門ということは、アリ、デラホーヤを見ればわかるとおり。ミドル級はラスベガスで興行を打てる階級なので、村田諒太が金メダルを取ったら、海外のプロモーターが小切手持ってプロ転向を勧めに来てもおかしくありません

 金メダルを取って、ラスベガスで10億円単位のファイトマネーをもらって試合する日本人ボクサーが出たら嬉しすぎて発狂しますね。だから村田選手にはメチャクチャ期待します。パッキャオの後継が日本人なんて、嬉しすぎるじゃないか。

 開会式の演出はダニー・ボイルみたいね。北京五輪の開会式の演出はチャン・イーモウだったことを考えると、「開会式は国際的に評価の高い映画監督がやる」という不文律でもあるんだろう。もし2020東京五輪が実施されたら、開会式の演出は三池さんだな

 おまけ

 今週の刃牙を読んであ然としました。勇次郎がシャドークッキングを披露するとは。「範馬勇次郎に洗い物をやってもらうのは簡単だ。首根っこ捕まえて力づくでやらせればいい」というセリフが伏線だったとは。きっと、勝ち負けより和解で親子対決を終わらせたいんだろうな。

 でも、刃牙の「なぜ母親、朱沢江珠を殺した?」という疑問に勇次郎が答えないと、和解にならないよね。刃牙の疑問をあいまいにしたまま和解しても、説得力がない。あと二回でどうやって説得力のあるラストを提示するんだろうか。

テーマ:ロンドン五輪 - ジャンル:スポーツ

[2012/07/27 22:49] | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
三位と貯金
 今日は投手陣に尽きます。継投とは、投げる人数が多くなればなるほど調子の悪い投手に当たるロシアン・ルーレットと言っていいのに、五人で継投して勝てたのは凄いです。交流戦までのブルペンはいったいなんだったのか。

 「自分がプレーしている間で岩手でオールスターが行われるのはおそらく最初で最後だから、オールスターに出たい」と言っていたのに、出れなかった菊池には内心期するものがあるはずだから、それを感じさせる投球が出来たらと思っていたらやってくれました

 二死ランナーなしから失点する詰めの甘さを除けば、十分満足できる投球でした。ストレートで押して、変化球(カーブ?)で空振りを取れるのは素晴らしい。帰宅して映像で見たら、いいときの西口ばりに躍動感のあるフォームで投げていました。まさにみんなが将来を期待した甲子園の菊池雄星そのもの。前半投げられなかった分、後半戦ローテに定着して、天王山やプレイオフで投げる菊池が見たい

 6表に登板した十亀がよかったです。ストレート150キロ、チェンジアップ110キロの緩急差40キロ着けられたら誰も打てない。左右、投げ方違いますが、緩急差で打者を惑わせた星野、今中のようになっていただきたい。十亀をストレートで押すパワーピッチャーだと思っていましたが、今日で印象が変わりました。十亀は技巧派、マジシャンです。 

 早坂の二盗失敗でゲームセットになるとは誰も思わない結末でしょう。ストライクだったら打ってエンドランになるし、ボールだったら見送って盗塁と早坂の動きを読んでいたから銀仁朗は刺せたと思います。今季銀仁朗の盗塁阻止率が高いのは、どこで走ってくるかという読みが当たっているという部分もあるでしょう。単純にスローイングの技術、肩の強さだけで刺せるとは思えない。盗塁阻止率だけを取っても銀仁朗は捕手としても成長しています。

 今日取って首位と三ゲーム差、三位。もっと勝ってお盆のころには首位に立って、9月にはマジックを出すぐらいの気持ちで行きましょう!


2012.7.26スコア

 栗山のHRは今季まだ1HRしか打っていないバッターとは思えない、打った瞬間ホームランとわかる打球でした。いないと騒いでいた左のスラッガーがいたじゃないか。

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/07/27 00:49] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
戦闘再開
 終盤ピンチを迎えても振り切って勝ち。確実にライオンズは強くなっています。もし交流戦前だったら(以下略)

 「秋山は将来一、二番を打つのか、主軸を打つのかわからない」と書いたことがあります。今日の秋山はプロ初めての二番。逆転のスリーベースを打ったのを見て、10年前の小笠原みたいに強打の二番として使うのも面白いと思いました。左バッターなら引っ張るだけで進塁打になるから、二番に左バッターを置くのは理に適っているでしょう。だから栗山には二番を打たせていたわけで。

 二番に長打があるなら、一、二番二人で得点できるし。一番が出て、二番が2ラン打つのはステキ。秋山は二番打者でHR40本打って、打点王を取ったヤンキースのグランダーソンを目指すのもいいかもしれない。

 スタメン永江に驚きました。一年前は甲子園で戦っていたのを思うと、凄いとしかいえない。こんな選手をよくドラフト四位で取れたもんだよ。昨年の秋山といい、ライオンズのスカウトって優秀だと思う。あとはドラ一を育てられるコーチングだな。同期、同郷の赤川がオールスターに出たんだから、そろそろ中崎出ないとダメだろう。


 失点はあっても、同点、逆転されたことは記憶にないから、涌井はノーミスで10S達成したんだ。上原が抑えに転向したとき、「先発と抑えは調整のやり方が違うのに、シーズン途中でいきなり抑えやらされて結果を出した上原は凄い」と誰か言っていました。涌井も一流ってことね。もうシーズン折り返しに入っているから、シーズンが終わるまで涌井抑えでお願いします。もういろいろ試した結果、抑えを先発から選ぶのはカンベンしていただきたい

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/07/25 21:26] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
衝撃の7.24
 朝テレビを着けたら「イチローヤンキース移籍」のテロップが。驚くと同時に、プレイオフを諦めたチームが主力を強いチームに放出することはよくあることって聞くからやっぱりと思いました。だから、自分の野球人生は自分で決めろって言ったんだよ川崎。

 ヤンキース移籍はイチロー自身の意思もあったと聞きます。「若返りを図るチームに居場所はないと思った」と語っていましたが、「チャンピオンリングが欲しい」という思いもあったのではと。言うまでもなくイチローは記録とタイトルはたくさん作ったり取ったりしましたが、唯一取っていないのは世界一、チャンピオンリングです。プレイオフでさえ最初のシーズンしか出ていないし。

 ヤンキースが所属するアリーグ東地区はレイズ、レッドソックスがあります。そう、松井秀喜、松坂と地区優勝を掛けて対戦する熱いシチェーションが期待できます。そのためにも、松井秀喜、松坂はもっと頑張ってくれないと。そうだオリオールズにはチェンもいるな。アリーグ東地区が一気に熱くなりますね

 カブレラが出場機会を求めて退団しました。移籍期限まで一週間余りしかないのに、手を挙げるチームあるんだろうか。もしチームが無くて引退するんだったら、西武ドームで引退セレモニーをやってあげたい。国籍問わずライオンズ史上最強クラスのバッターだったんだから、これぐらいやってもいいでしょ。

テーマ:MLB - ジャンル:スポーツ

[2012/07/24 21:27] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
勝手に考えた大谷の進路
 ロンドン五輪より甲子園大会の方が楽しみな人間って僕だけじゃないだろう。週末は家でTVK、テレ玉、MXをザッピングしながら東京、神奈川、埼玉予選を見ていたし。今年注目する選手の一人に花巻東、大谷が挙げられます。野手、投手どっちでもドラ一クラスって初めてみたような。

 今回は大谷のことを書きます。最近の大谷を見ていないので、あくまで素人の日記、感想ぐらいに思って読んでいただけたらと。

 大谷が投手としてプロに行きたいなら大学、社会人を経てのプロ入りをお勧めします。二年時はケガに泣かされて投げられず、ぶっつけでセンバツに出たとか。事実、大谷は昨年夏、今年センバツと二回甲子園に出て一度も勝っていません。つまり、同年代の投手と比べても試合経験も着いていないし、完投、連投できる体力も着いていないのではと。

 まだ二、三年目なのに結果を出せなかったら叩かれるのは菊池先輩を見てもわかるとおり。だったら、大学、社会人で試合経験、体力を着けてからプロに行ってもおかしくないでしょう。最近、東浜、島袋、吉永と甲子園優勝投手が進学するのはそういう理由があるかもしれない。

 もしプロが大谷を投手として取るなら、「大学に入ったと思って四年間はファームで体力、試合経験を着けさせる、一軍デビューは五年目からでかまわない」ぐらい考えないと大谷がかわいそう

 野手なら即プロ入りを勧めます。ホームランがレアなプレーになった今、左でホームランが打てる大谷はかなりというか、メチャクチャ魅力を感じます。150キロが投げられるんだから、ライトを守らせてレーザービームでサード進塁、ホームインを防いでもらうと。

 もしライオンズが大谷を野手で指名するなら、2010年代のONになれと中村とコンビを組ませたいし、ライトを守らせてセンター秋山と鉄壁の右中間を組ませたいし。メチャクチャ見たいな

 センバツで投げ合った藤浪ともども両者の今後を見守りたいです。

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

[2012/07/23 21:08] | 高校野球 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
前半戦総括と後半戦展望(ザックリと)
 オールスターは週末に行われるイメージが高いのですが、今日はお休みで明日開催。松山→大阪→岩手と北上するように組んだら三連戦出来たんじゃないのと思うけど、松山~岩手を移動日なしで動くのはキツイと選手会から言われたんだろう(多分)。

 今日は前半戦の総括をザックリと。開幕前評論家の下馬評は高かったのですが、誰が投げても、牧田の代わりに抑えをやれる保証がないからうまくいかないだろなと思っていたら、やっぱりでした。「昨季牧田が記録した22Sを挙げられる人間は現状いないし、外国人に求めるのはギャンブル」と牧田抑えでよかったのにとどれだけ思ったことか

 牧田は足がつったり、豆を潰したりとアクシデントで降板するケースが多いので、長く投げる先発は向いておらず、短いイニングを投げるリリーフが適所だと思うのですが。

 いろいろあって涌井に抑えをやらせてから安定して戦えるようになったと思います。このチームって抑えが安定していたら強いけど、安定していなかったら弱いね。事実、抑えが安定していた2008年は優勝、2010年は二位、安定していなかった2009年は四位、2011年は三位だし。

 今の順位は五位ですが、一位マリーンズとのゲーム差は5と優勝を狙える位置に着けています。昨季は三位と7ゲーム差離れた最下位から三位を取ったことを考えると、可能性はあるでしょう。野上、武隈、ゴンザレスが勝ち星を挙げ、あとは菊池待ちとローテの層が厚くなってきましたし、打線も外国人をベンチに置けるほど層が厚くなってきたし。約70試合を費やしてやっと戦力が整ってきたと思います。これが最初から出来ていれば今頃一位だよ。

 オールスター明けのマリーンズ二連戦が見ものですね。ここで二つ勝つと三ゲーム差に縮まるので、射程内に入ってきます。開幕前の目標、アジア制覇は諦めてないですよ!

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/07/22 19:51] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
三連覇放棄、続き
 昨日に続いてWBCのことを書きます。スポーツニュースをザッと見ましたが、違和感が一つ。なぜNPBではなく、選手会がビジネス周りの話をしているんだ?ビジネス周りはNPB機構、加藤コミッショナーがやって、選手会は代表に選ばれたときの日当やら、ケガしたときの補償を求めるならわかるけど。

 サッカーも選手会が代表絡みで揉めることがあると聞きます。アフリカはW杯のたびに揉めるし、日本だって昨年のアジアカップ前に日当絡みで揉めていました。でもサッカーの場合、選手会がW杯の収益をもっとよこせとFIFAに求めるなんて聞いたことない。サッカーは、ビジネス周りの話はサッカー協会がやって、選手個人の日当やら保険の話は選手会がやると分けているんだろう

 なぜ野球は分けていないのかわからない。NPB機構と選手会は話し合いを持っているんだろうか。今こそ加藤コミッショナーが「ビジネス周りの話は責任持ってやるから、選手会はなんの心配もなくWBCに参加して欲しい」と言うべきでしょう。そうじゃないと駐米大使を務めて、アメリカ人との交渉に長けている人をコミッショナーにした意味がない

おまけ

 大相撲を見ていたら疑問が一つ。白鵬が巻いているサポーターに企業名らしきロゴがあった。大相撲は懸賞金以外には企業広告を入れていないのに、力士のサポーターに入れていいの?これが通るなら、柔術着みたいにまわしに企業広告入れてもいいでしょう

 大相撲が伝統を重んじるなら、軽くはない疑問だと思うんですが。

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2012/07/21 21:41] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
三連覇放棄
 来年のWBCは球界の中心に座りつつある88年組がどれぐらい代表入りするんだろう?とかそもそも指揮は誰が取るんだろうとか、キューバ以外の中年米勢と戦いたいと楽しみに思っていました。選手会が不参加を表明したことは残念です。これで日本はNPB選手会以外の日本人、メジャーリーガー、社会人、大学生から選出する格差ジャパンを組むしか選択肢が無くなりました。

 NPB所属の選手がいない格差ジャパンをスポンサードする企業があるとは思えない。これでは主催者側が折れて日本が有利になる落とし所を設定するはずだからなんとかまとまるはずと思っていたのですが。日本で開催される第2Rがその落とし所だったんだろう。

 WBC辞退で残念なのは日本の三連覇が掛かっているだけではなく、プロ野球ファンが一つになる一体感を味わえないことです。三月の台湾戦では一体感を味わっただけに残念です。

 今後も主催者側、NPB機構、選手会の間で話し合いが続くでしょう。選手会が納得できる落とし所を作って、選手会が気持ちよく参加出来ることを祈っています。代表の四番を打つ中村が見たいんだ。岸が参加できなかった前回のリベンジを果たすところが見たいんだ。アメリカの野球ファンに牧田のアンダースローを見せて、こんなフォームがあるのかと驚かせたいんだ。頼むよ。

おまけ

 オールスターの中村の一発は、松坂とガチ勝負を演じた全盛期を思わせる打球でした。近鉄(現存のバファローズと紛らわしいので、あえて企業名で書きます)のホーム、大阪Dで打てたことが感慨深い。近鉄OBが少なくなっている今、中村は近鉄のユニを着て今日参加しても許せます。いてまえ打線が懐かしい

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2012/07/20 21:51] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ノーノーまであと五人
 少し遅めの試合レビューもこれで最後。やっと追いついた。武隈×大場のマッチアップは球場で知りました。「打撃戦かな」と思ってたら、まさかの投手戦、武隈の8回途中までノーノーを見ることになるとは。野球ってホントにわからない

 武隈は球速があるわけでも、凄い変化球があるわけでもなく、なぜ打ち取れているかわかりませんでした。帰宅後スポーツニュースを見て納得。武隈は和田みたいに、左腕を胴体に隠すフォームで投げています。ボールの出どころがわからないから、打者はタイミングを合わせづらいはず。

 5回を終えたところから、ノーノーやるかなとドキドキしました。7回終わったときの緊張感と言ったら。8回途中でヒットを打たれたときは、ノーノー見れなくて残念という思いと、もうドキドキしなくて済むという安堵感が入り混じってました

 ヒットになった打球はレフト栗山の前に落ちるフライヒット。飛びつけよと思いましたが、外野が最もやってはいけないプレーは後逸ですし、リードは二点しかないのでランナーを得点圏に置きたくないはず。ランナーが帰って一点差に詰められたら、ラッキーパンチ的な一振りでも同点、逆転になりますし。

 だからムリしないでシングルで止めるために捕球した栗山は責められないです。この試合のライオンズはホークスに勝ち越して、借金を減らして三位とのゲーム差を減らすのが目的ですし。ノーノーより勝ち負けが大事です。貯金を多く持って、二位を引き離している首位チームなら、リスク承知で突っ込んでも許すね。

 空き番になっている47は武隈に着けさせたいと思わせるピッチングでした。野上は好投し続けていますし、菊池が勝ってくれたら野上、菊池、武隈の次世代三本柱ができます。あとは十亀、大石で8.9回を任せられたらライオンズの未来は明るいな。 


2012.7.12スコア

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/07/19 22:19] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
2013年WBCについてあれこれ
 朗報です。来年のWBCは第1Rに続いて第2Rも日本でやるとか。

来年3月の第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の概要が17日までに明らかになった。4チームで行う第1ラウンド(R)では、第1回大会準優勝のキューバとの同組が有力。日本3連覇への道のりは、いきなり強豪国との激突で幕を開ける。また、今回は第1Rに加え、第2Rも日本国内で行うことが決定的。最大7試合のホーム開催は、侍ジャパンに強い追い風となりそうだ。

 つまり日本でアメリカ、ドミニカ、プエルトリコ、ベネズエラ戦が見られる可能性が出てきたってことですね。WBCでは、キューバ以外の中南米のチームとは戦ったことがないので見たいです。2006年WBCは台湾戦を見ましたが、2009年WBCは見ていないので、2013年は見たいです。見るならキューバ戦かな。

 気になるのは、NPB選手会が参加を表明していないことですね。もし選手会が不参加なら、NPB所属以外の日本人、メジャーリーガー、社会人、大学から構成されるジャパンになることもあるでしょう。ダルとバッテリーを組むのが大学生、イチローと一二番を組むのは社会人。これじゃ実力差がありすぎてチームまとまらないな。第1Rを勝ち抜ける自信がない。

 だから、監督が決まらなくても加藤コミッショナーを責めることはできないです。どういうメンツでチームを組めるのかわからないのに、手を挙げる人間なんているわけない。選手会の反応待ちといったところでしょうか。

 そうそうアメリカは名将ジョー・トーリが指揮を取るらしいですね。今までホスト役なのにやる気が無いと矛盾した態度を取っていたアメリカですが、やっと本気を出してくれるんだろうか。ハミルトンとかプリンス・フィルダーにボコボコにされて、バーランダーとかリンスカムに手も足も出なくてアメリカ強いと思いたい気もします。

 今後スーパースターになると期待されているストラスバーグ、プライス・ハーパーも見たいし。なんだ、WBCで一番見たいのはアメリカとのガチ勝負なんだな。

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

[2012/07/18 20:54] | プロ野球 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
ポスト88年組対決
 今日は7/8イーグルス戦のレビュー。菊池×釜田の若手同士のマッチアップでしたが、結果は両者ノックアウトとプロの洗礼を味わうことになりました。

 菊池は「先週のファイターズ戦はなんだったの?」とクビを捻るほど悪かったです。好投しても、次にノックアウトされたら評価が下がるのがプロの世界。100点を取ることは望みませんが、コンスタントに7.80点を取らないとローテに定着できません。

 5表に喫した牧田の2ランが余計でした。あの2ランがなかったら、5回3失点ギリギリ及第点で終わったのに。去年の菊池はいつも試合を作っていたイメージが強いので、ここまでわかりやすくノックアウトされたのは初めてでしょう。ノックアウトされないピッチャーなどいないので、この試合をいい経験にして、ローテに入ってくる後半戦に臨んでくれたらと思います。

 釜田も楽しみにしていましたが、印象に残りませんでした。5 1/3回、被安打9、失点4じゃ記憶に残りませんね。釜田はまだルーキーなので、菊池同様この試合をいい経験にしてくれたらと思います。マー君がダル、涌井、岩隈を越えようとしたように、いずれは菊池、釜田も球界の中心に座りつつある88年組と世代闘争をしていかないといけないし。そうじゃないとプロ野球は盛り上がりません。

 この試合を決定づけた6裏も語らないといけないですね。ハウザーを見たときは、左サイドで右バッターのインコースにクロスファイアを投げられたら手が出ないなと思っていたら、栗山、片岡に連打を喰らってノックアウト。そもそも左サイドでストレート150キロ出るなら日本に来ないよね。打ちづらそうなピッチャーだけど、なにかしら悪いところがあるんだろうな。

 後を継いだ橋本も最悪でした。中島死球、ヘルマン死球、暴投、カータータイムリーってなにしに来たのかと。ドラゴンズ一次政権時の星野だったら、ベンチ裏でボコボコにされています。いかに中継ぎが頼りないと試合にならないかがよくわかりました。まあ交流戦までのライオンズはこんな試合ばっかりでしたが。

 大石にプロ初勝利が着きました。球速は出ていませんが、ファール、空振りを取れていた印象があります。球速じゃなくて、ファール、空振りを取れる実用的なストレートを求めているかもしれません。来年以降は十亀、大石で8.9回を任せられたらよしと思っているので、大石の今後も楽しみです。

珍しい外国人三人並ぶスコアボード。ピッチャーが外国人だったら四人だね。インターナショナル。  
外国人三人

8回中5回で得点できるのは理想。ビッグイニングもいいけど、小まめに得点して相手の心を折るのもいいね。

2012.7.8スコア

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/07/17 21:03] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
想定外
 今日はどんなKOシーンを見せてくれるかと思ってたら、内山の偶然のバッティングにより3R負傷判定でドロー。初めて見たのであ然としました。こんなことってあるんだな。

 ボクシングは国内でも死亡事故多数という危険なスポーツなので、レフリーが試合を止めたのはしかたないです。内山に試合後リング上でインタビュー取るなよ。3Rしかやってないし、自分の出血で試合が終わったから話すことがないだろう。情けってものはないのかね。

 勝って、次戦粟生と統一戦というプランはあったと思いますが、統一戦やりたいって言える雰囲気ないなあ。挑戦者ファレナスがリマッチを申し込んでも断れないし。そもそも内山、粟生両者が勝ち進める保証はないから、統一戦やりたいと思ったらやらないと実現できないわけで。

 久しぶりにスポーツで想定外を味わいました。
 


テーマ:ボクシング - ジャンル:スポーツ

[2012/07/16 22:17] | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
稲尾クラシック
 予告どおり、ブログ休止中に見た試合のレビューを書いていきます。「今さら遅いよ」と言わずにおつき合いしてくれたら幸いです(汗)

 まず7/1の稲尾クラシックからですね。常々「パーフェクトゲームとトリプルプレーを生で見られたら思い残すことはない」と思っていましたが、本当にトリプルプレーを見られるとは思いませんでした。状況は2表無死一、二塁、打者陽のところで5-4-3のトリプルプレー

 サードヘルマンは、三遊間を抜かれても一点入って一、二塁だけど、三塁線を抜かれたら一点入って二、三塁、もしくは二点入るから三塁線に着いておこうと思って、三塁線で守っていたと思います。そうしたら注文通りのサードゴロ。あっさり行われたので、トリプルプレーとは信じられませんでした

 パーフェクトは西口(9回パーフェクトに抑えたのは事実だから、私認定のパーフェクトゲーム)で見たので、もう思い残すことはなく、あとは余生だな(爆)

 菊池は言うことなかったです。ストレートも150キロ出たし。ただ、3表二死ランナーなしから三点取られたのはいけません。統計的にいえば、二死ランナーなしから得点される確率はかなり低いと聞きます。取られるケースはソロHRしかないってことでしょう。この詰めの甘さを除けば、十分合格です。7/1のようなピッチングが出来れば、ローテ定着できるでしょう。

 6回終了、三点ビハインドから追いついたのが収穫でした。交流戦前までのライオンズなら6回終了してリードされていたら負けていました。この試合を含めて、最近のライオンズは粘り強く戦えていると思います。

 稲尾リスペクトで全員背番号24。体形でしか選手を判別できない(汗) 
稲尾クラシック

おまけ

 試合後に流された野村インタビューが面白かったです。「プロ生活50年、ベストは稲尾」という言葉が重い。「稲尾のシュートは打ちづらかった。人間は本能的に体の近くに来るボールは怖がるから、決め手のない投手にはシュートを覚えさせた」、「8mmフィルムで稲尾のクセを分析して打った」という話は面白かったです。

 「稲尾の背番号24を永久欠番にするのは遅すぎた」という言葉には、ホークスのOBとして扱われない野村自身の悔しさが混じっていたと思います。森福から19を取り上げて野村の永久欠番にしろとまではいいませんが、ホークスは野村を招いて南海クラシックぐらいやってもいいんじゃないかな。

テーマ:埼玉西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

[2012/07/15 19:50] | ライオンズ | トラックバック(0) | コメント(5) | page top
リニューアル
 引っ越しも無事終わり、やっとネットが使えるようになったので、ブログも再開です。ネットがないと不便ですね(汗)スポーツニュースでスコアはわかっても、スタメン、継投、途中交代がわからないのでもどかしかったです。一二軍の上げ下げ、予告先発すらわからないし。

 思ったほどテレ玉の中継もなく、MXのホークス×ライオンズ戦の中継もないので野球に餓えた生活でした。博多で開催された稲尾クラシック見たかったのに。ネットの大事さを痛感した二週間でした。

 ネットが使えないときも西武ドームには行っていたので、その試合レビューは書きたいなと思っています。今さら遅いよと言わずに読んでくれたら幸いです。

 というわけで、これからもよろしくです。

おまけ

 知らないうちに野上、武隈、ゴンザレスが好投と先発が揃ってきました。これで菊池が勝ったら最高だな。野手も外国人をベンチに置けるほど選手層が厚くなってきたし。采配を振う上で、誰を出そうかと悩むぐらいがベストでしょう。選択肢が少ない采配は采配とは言えない。後半戦は期待してもいいのかな

 抑えで使っていて、軽く一イニングで二、三失点したゴンザレスが5回一失点で勝ち投手になるとは驚きです。抑えのとき、自信なさげに投げていた姿を考えると、ゴンザレスは先発向きの投手かもしれません。

 いつも、「先発は初回に二、三点取られても、二回以降ゼロ着けたらいいだろと居直って投げられるけど、抑え9回の二、三失点は致命傷になるから投げづらいだろうな」と思っていました。ゴンザレスにはそれが当てはまるかもしれないです。

 そうそう、150キロ連発でT-岡田から三球三振を奪ったウィリアムズも褒めるところですね。きっとファームで「日本には長身のサウスポーで150キロ投げられる投手はいないんだから、もっと自信持って投げろ」って言われたんだろな。僕なら絶対言うけどね

テーマ:日記 - ジャンル:日記

[2012/07/14 22:02] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。